瀬戸際の暇人

只今、夏休み中

アドベント到来。

2005年11月27日 00時00分19秒 | クリスマス
『待降節(アドベント)』…主イエス・キリスト降誕の日、つまりクリスマスを迎える準備期間の事です。



毎年、11/26に近い日曜日の第一主日~第四主日まで、4週間続けられるんだそうな。


という事は、今年は本日よりの開始、と。


キリスト教圏の国家では、始まった日より『アドベントキャンドル』や『アドベントカレンダー(←これは12月入ってからかな?)』等を用意して、クリスマスまでの日々を指折り数えつつ、準備を進めたりするそうで。


アドベントキャンドル』…4本の蝋燭を飾って準備、迎えた日曜日毎に1本づつ火を灯してく習慣です。

全部点いたら目出度くハッピーメリークリスマスってな訳ですな。



アドベントカレンダー』…これは最近、日本のデパートなんかでも販売されるようになって来ましたね~。(←商魂逞しいから、日本の企業は…)

クリスマスまでの、12月限定日めくりカレンダーっぽい物です。

めくる度にマリア様や天使の絵が飛び出して~みたいなね~最近は絵のモチーフに決まりは無く、様々色々で御座いますね~。




買い物して備えたり、飾り付けをしたり、料理をしたり……日、1日と近付いて来る嬉し楽しく好い日を迎える為に…宗派乗り越えクリスマスは人の心をワクワクさせるものです。


叔母が実は網走でシスターやってまして、その関係上クリスマスは、自分が子供の頃から『特別な日』という刷り込みされちゃいました。(笑)


「1年で1番好きな日は?」って聞かれたら、「クリスマス(←正確にはイブの方が好きだが)かな~」と答えちゃいますよ、多分。


もっとも本当は、『クリスマス』ってイエス・キリストとは、何の関係も無いそうで。


ええ、誕生日でも何でも無いらしいっす。(笑)


元は冬至のお祭で、キリスト教徒が異教徒圏にまで教えを広める際に、ちゃっかりその祭日を「キリストの誕生日」という事にして、布教に利用しただけだそうな。(笑)


かなし乱暴な手段では有りますが、その結果としてクリスマス文化が生み出された訳ですからね。


良いんじゃないでしょか~?素直に楽しんじゃえば。




クリスマスは 年にたったの1度だけ


でもやって来れば 持って来る 美味しいご馳走


財布いっぱいのお金


酒蔵いっぱいの ビールもね




――マザーグースから。




クリスマスだからって、特に世界は代り映えする事無く、人が死んだり生まれたり。


でも1日位、こんな日が有っても良いんじゃないか?と思ったり…


そんな貴方にメリークリスマス。




11月中は何かとオタク話題ばっかでしたが(笑)、12月はまるでそんなノリが嘘だったかの様に、『クリスマス浪漫月間』と題しまして、夢の有るブログ記事を皆様にお届けする…予定ですv(←予定かよ?)

 

ではまた、12/1よりお会い致しましょう~。




――行って来まっす♪




…あ、ちなみに、写真は去年のクリスマスにハウステンボス行った時、『開園前、オレンジ広場にて』。


丁度クラシックバスが通りましたんで、パシャッとなv




も1つちなみに…本日のブログ、日付詐称しておりますが、此処は「貴方と私の秘密」という事で、どうか内緒にしといて下さいねv(←殴)






コメント (5)

徒然なるままに語ってみた…(後編)

2005年11月26日 15時19分44秒 | 漫画&アニメ
――はいはい、後編ですよ~~本日は二本立てでお送り致しますよ~~。(汗)

――大丈夫ですかー?本当、無理はしないで下さいね~~。(焦笑)



最近自分が楽しみで読んでいるのは『アイシールド21』、『DEATH NOTE』。『ワンピース』目当てでジャンプ読んでるせいで、他ジャンプ漫画も良く読んでしまうマジック。『魔人探偵脳噛ネウロ』も、探偵物として読むと物足りないのですが、キャラが魅力的。探偵物読みたいなら『名探偵コナン』でしょう。コナンもそうだが、犯人頭良過ぎ、「咄嗟に思い付いたトリック」?嘘だ、どう見ても計画的だ!(笑)同作者による『まじっく快斗』もお勧めです、こっちは怪盗物。『銀魂』、アニメ化おめでとう御座います!テンポの良いギャグが好きですねー。『HUNTER×HUNTER』…この作者の作品を褒めるの、何となく悔しいんですが(苦笑)、面白いです。だからこそ漫画本当は描きたくないのなら、御本人は原作だけで、絵は誰か他の人に頼んでは?…と言いたくなりまする。もう終っちゃったけど『ヒカルの碁』、好きでした。連載打切る位なら、第1部で完結してくれれば良かったのに…一体裏で何が有ったんですか?(汗)『GS美神極楽大作戦!!』、この作者の作品『Dr.椎名の教育的指導!!』連載時から嵌ってました。如何にも大阪人なえげつない(←偏見?)ギャグが冴えてます。(笑)その博識ぶりに驚かされもしますね。『天使な小生意気』も好きでした。少年漫画誌連載だったけど少女漫画っぽい内容でした、女の子に人気が有ったんでは?あだち充氏の作風は独特、特別ファンではないけれど、『スローステップ』、『H2』は好きでした。『スローステップ』は最終回が印象的だったです、『H2』は『タッチ』では実現しなかった「正面対決」に観応え感じました。昔の作品の話もしますかね?『マカロニほうれん荘』、大好きでした!スキヤキ奪い合いだけで話作りますか!?(爆笑)自分はギャグもしくは怪奇物を気に入る傾向が有るらしいです。『イオナ』(←最終回は切なかったが)、『奇面組』、『ストップ!!ひばりくん』(←結局完結しなかったね…)、『×(ペケ)』(←「ギャグって、観て笑ってる人と泣いてる人と半々だと思ってる」は名言)、『魁!!クロマティ高校』、『かってに改蔵』(←この方も相当博学だよな~と感心してしまう)、『燃えよペン!!』(←続編も色々出てますね)(笑)、『県立地球防衛軍』(←『陸軍中野予備校』の続刊は何時…?)、『てりぶる少年団』…とり・みき氏のこの作品中での一言、「世の中漫画にして描いてはいけない事なぞ何1つ無いんだぁぁ!!!」は名言だと思います、次の回で打ち切りんなったけど。(笑)ブラックギャグの旗手、吾妻ひでお氏の作品も挙げねば!『オリンポスのポロン』(←後、『コロコロポロン』の名前でアニメ化)、『ななこSOS』、人気復活して欲しい~~!!もう一方、ブラックギャグがお得意と言えば、あさりよしとお氏!『宇宙家族カールビンソン』みたいなのだけでなく、『なつのロケット』の様にしんみりさせられる作品も描いておられますが。大体ギャグ巧い方ってシリアスも結構巧かったりするもんです。楠桂氏、『八神君の家庭の事情』の様なギャグだけでなく、『鬼切丸』みたいなシリアス怪奇物も得意な方。永野のり子氏の作品も、最初ギャグでも最終回はボロ泣き注意。先ずは『GOD SAVE THE すげこまくん!!』からお勧めしましょう。川原泉氏の作品も最初爆笑後感動の嵐ですが…でも『架空の森』などは中頃大泣き後爆笑なんですよね。(笑)以前はコミカル作風だったけど、写実的な作風に化けた作家も居られます。星里もちる氏、『危険がウォーキング』の頃の作風に慣れてる方はその後『わずかいっちょまえ』や『りびんぐゲーム』といった作品を氏が描かれた事に驚いたでありましょう、自分もその1人です。当り前の世界で、当り前に人々が暮す世界。万人に勧められる作品を描く作家…不可能と思しき難しいテーマですが、最も近い所で浦沢直樹氏なんてどですかね?『YAWARA!』、『20世紀少年(←ケンヂ、生きてるだろうとは思ってたけど、本当に生きてて良かった…)』、氏の描く『鉄腕アトム』=『PLUTO』も続きがひたすら気になる所…お勧めです。そうそう、忘れちゃいけない手塚治虫氏!『ブラックジャック』と『海のトリトン』が自分的お勧めです。でもトリトン死んじゃうんだよ~~~~!!!(号泣)氏の作品の主人公はよく死んじゃうよね…。(涙)弓月光氏の作品もどうでしょ?『エリート狂走曲』、『甘い生活』、何年経っても衰えず面白い作品描けるって凄いですよね。一条ゆかり氏の『有閑倶楽部』もお勧め、男性にもお勧めで御座います。7巻の怪奇話、本気で怖かった~~!!逆に万人に勧められないけど自分が好きだーー!!という作家さんは小山田いく氏。『ぶるうピーター』、『君はノルン』…弟のたがみよしひさ氏と併せて、長野の観光広報の一役も担ってると思うんすが。名誉県民に選んで欲しいですね。(笑)竹本泉氏、デビュー作『夢見る7月猫』からファンでした!!「あぎゃぎゃ!」とか「うじゃv」とか最早口癖。(苦笑)あ、何かまた文字数限界そうっすか?(焦)ええい、こうなったら片っ端から!!『よつばと!』、『動物のお医者さん』、チョビよりミケが好き!、『やじきた学園道中記』、白妙様が好きでした!『NHKへようこそ!!』、日本初の引篭もり青年が主役の連載ギャグ漫画!!(笑)『超少女明日香』、『桃色サバス』、3巻作家中津先生が初めて3巻以上出した漫画!(笑)『ブラッディエンジェルズ』、『リングにかけろ』、「ギャラクティカマグナムーー!!!」、『もっけ』、『湘南爆走族』、この漫画のせいで間違った暴走族への憧れ持たれた方多いでしょう。(笑)山口美由紀氏の『オルゴールガーデン』、泣きます…泣かせます!!(涙)『ネコじゃないモン!』、『うしおととら』、『あ~る』、『ケロロ軍曹』……………………


…………あああ!!書き切れない!!!!(汗)



…お…お疲れ様でした…!!(ぜはーぜはー…)(汗)


あの…本当、無理して読まなくて良いですから、目、悪くしますよv(苦笑)


とまあ、このカテでは、これから毎回好きな漫画1つづつ挙げてって、紹介したり語ったりするよって事です。(笑)



で、突然ですが、明日から実は傷心旅行に出かけてしまうので、暫くブログ休みますです。

開始は12/1~。



――いえ!行き先は断じて北海道じゃありません!!(←誰に対して言ってるのか?)



明日、出来れば出かける前にしたい事が有るんですが~~、ま、出来たらですがv


ではまたこの場でお会い致しましょう~♪

コメント (4)

徒然なるままに語ってみた…(前編)

2005年11月26日 15時17分41秒 | 漫画&アニメ
【警告】

これより先、重濃度のオタクガスが充満しております。
長時間吸い込めば、人体に有害な作用をもたらす事が、調査の結果解明されております。
安全の為、ガスマスク着用しておられない方は、入室を極力お控え下さい。




…え、のっけから何言いたいかっつうと、こっから徒然なるままに好きな漫画挙げたり文句やら何やら言いたい放題してるんで御了承下さいね、気に入ってる漫画にケチ付けられてたとしても、どうか大人になって聞き流してやって下さいねっつう事です。(苦笑)


また、改行もせず文字詰めて読み難いのは、わざとですんでv


此処まで注意しても尚読む気有り有りな方、よ~~く深呼吸してからお願いしますね~~v(や、本当…目に悪いからあんま無理しないで…)



自分が人生の1番最初に購入した漫画、それは『墓場の鬼太郎』でした。そうですあの『ゲゲゲの鬼太郎』の原作版ですね。兎に角怪奇漫画の好きな子供だったんで、楳図かずお氏や古賀新一氏やささやななえ氏や日野日出志氏や犬木加奈子氏の描く怪奇漫画を貪る様に読んでおりました。自分が子供だった当時は所謂オカルトブーム到来期、本屋へ行くと下から棚3段位まで怪奇漫画で埋められていて、全冊立読みしてたもんで御座います。お陰で本屋の主人に「毎日怪奇漫画を立読みしてる不気味な小学生」として顔を覚えられてしまいました。そんな恥しい少女時代。思い出に残る怪奇漫画、やっぱり楳図かずお氏の漫画で御座いましょう。氏の漫画は絵からして怖い。『洗礼』、『鬼姫』…思い出しただけで怖い。一方では『マコトちゃん』なるギャグ漫画も発表。近所のお宅が「今夜は松茸御飯なのv」と自慢した事で、それが本当かどうかママりんより指令を受けたマコトちゃんがそのお宅に潜入捜査に入る話には爆笑。「1番怖いのは人間の心、妬み嫉み憤り憎しみの心理なのだ」というテーマはギャグでもオカルトでも氏の作品の一貫したテーマなのではないかと。『エコエコアザラク』のヒロイン「黒井ミサ」は、漫画界最初のブラックヒロインではないでしょうか?エコエコアザラク、エコエコザメラク、彼女から恨みを買った者にはただ、死、有るのみ。しかしミサよ、学校鞄に種々雑多の黒魔術グッズぎっちり詰め込みはどうかと思うぞ。猿の手まで持ち込んでるし。校則違反だ、先生、何とか言ってやって下さい。あ、呪われたくないから嫌?ささやななえ氏の『空ほ石の…』、怖かった…!!お陰で暫く背後が気になるわ、押入れが開けられなくなるわの甚大な被害が!!美内すずえ氏の『白い影法師』もメチャ怖い。『ガラスの仮面』で有名な御方ですが、怪奇漫画も相当巧い方で御座います。『妖鬼妃伝』も怖くて面白い。デパートの家具売り場の洋服箪笥の中に隠れて泊り込むシーンが有りまして、憧れたもんです。1度やってみたかったよ。(笑)っつか『ガラスの仮面』、本人続き描くつもり有るのでしょうか?未完の大作になりそな匂いプンプンで御座いますがな。作品にピリオドを打つ前に、作者のが先にその人生にピリオド打ちそうじゃないすか。(←失礼)先にピリオド打つで思い出した、『チンプイ』のヒロイン、エリちゃんは結局誰と結婚したのでしょうか?作者様がお亡くなりになられた今、全てが謎に包まれたままで御座います。もう、恐山のイタコさんにでも御本人呼び出して貰って伺うしか方法が…!!長編に嵌ったファンはまったくもって大変、『こち亀』と『パタリロ』と『あぶさん』と『浮浪雲』と『ドカベン』と『ワンピース』と『王家の紋章』と『ガラスの仮面』と『コータローまかりとおる!』、この9作品全てに嵌り単行本蒐集してる方、御愁傷様で御座います。何時か床が抜けやしないかと他人事ながら心配で溜りません。『パタリロ』の作者魔夜峰央氏、まともにオチ付けてるの『おらが丸』位しか無いじゃないですか!(爆笑)まぁ氏の作品は何処でオチ付けても良いよなのばっかで御座いますが。(笑)氏もまた怪奇物の巧い方、『横須賀ロビン』の「妖怪教室」の話?アレは好きだ~!異空間表現の巧い作家さんだな~と感心します。『あぶさん』はあぶさんが死ぬまで連載する気だろうか?それとも作者様が死ぬまで連載する気だろうか?微妙微妙。『こち亀』、あれ程長期間連載していて今もって面白さ持続している…凄い事だよね、っつか作者様、稀代の趣味人だよね。『浮浪雲』、「人生とは無意味」という事を教わった漫画、漫画を超えて最早哲学書で御座います。同作者様の作品『ギャラ』にも自分は大いに影響を受けました。明るく優しい皆の人気者な女の子が、お金の魔力に魅入られ人柄が少しづつ豹変して行く…少年漫画でこれ程残酷な描写をされるとは、作者もそうですが、当時の編集部の英断に拍手したいです。同じ意で『デビルマン』、アニメとは全く違う話、もしアニメのデビルマンのイメージで観るならば止めておきましょう。子供心にも集団心理の怖さ、人間とは残酷な生物なのだと教わった作品。作者永井豪氏は所謂ハレンチ漫画の旗手でも在る方。『00学園 スパイ大作戦!!』、「あ~やっぱりヒロインは脱がされる運命にあるのね~、特にこの漫画では」―日本漫画界に遺したい名台詞だと思います。(爆笑)『王家の紋章』も何時終るのだろう?っつか此処の所ヒロイン「キャロル」の奪い合いばっかやってて全然話が進んでないような。(汗)「おお…!!キャロルが憎い!!何故キャロルばかりがあんなにも愛される…!!」―まったくもってアイシス様の仰る通り!!何故にキャロルはあんなにも愛されてるでありますか!?(爆笑)「ラガシュ王」が出て来て「そんな娘、殺してしまえ」っつった時はおお!!遂にキャロルに惑わされない人物出現!?と思ったらあっさり「欲しい…神の娘…!!」―ラガシュ王よ…お前もか!!(笑)いや私もキャロル好きですよ?(笑)でも今は何となくアイシス様ファンクラブでも設立したい気分です。(笑)何でもいいから早く話を進めましょう。(そして早く終らせましょう)これ程女の欲望をはっきり形にした漫画も珍しいっつか潔いと思います。『ラブひな』みたいな「男主人公がひたすらモテまくる漫画」は嫌いだと大抵の女性が仰いますが、少女漫画作品にだって大して変らん作品結構有るような…男も女も欲望の度合いは結局一緒だからして、お互いあんま文句言えない気がするな~~とも考えまする。(苦笑)っつか可愛くて明るくて周囲皆の人気者で煩い母親居なくて美形の父ちゃん居て親友金持ちで毎回キュートな衣装着れて優しい美形のお兄さん多数に囲まれて相手して貰って実は魔法が使えて世界救ったりしてる――人生ナメてんじゃねえぞ!?…とも、言いたくなるv(←はい、何について言ってるでしょー?)(笑)漫画は読者の夢(欲望)を作品中で叶える物だからして、い~んじゃないの~?と結論付けてみますかね?(苦笑)『コータローまかりとおる!』…未だ連載してたんですね…これも。(汗)面白いとは思います、自分も。「ひと~つ!人よりハゲが有る~♪」なるハゲ数え歌には爆笑しました。(笑)『3×3EYES』…これも…未だ終ってないんですか…ね?最終編で連載ストップしたままな気が…(涙)新連載ばっかあらゆる雑誌で始めてる場合じゃないでしょが、作者様。お願いだから先ずこの漫画終らせる為に腰据えて下さい。(←2006年6/22追記…調べてみたら2002年10月に終了しておりました。失礼しました。)(汗)長編漫画に嵌ったファンは、まったくもって根性必要というお話でした。(汗)



――うぉう!また文字数限界!(汗)


――以下、またもや後編へ!!(汗)
コメント

アニメの大王(後編)

2005年11月25日 21時08分54秒 | 漫画&アニメ
――つう訳で、後編です。(汗)



【第三巻:アニメ絶頂期編】


(1)ドラえもん (2)ドラえもんED (3)キャッツアイ (4)キャッツアイED (5)不思議の国のアリス (6)銀河漂流バイファム (7)銀河漂流バイファムED (8)牧場の少女カトリ (9)ウィングマン (10)とんがり帽子のメモル (11)ルパン三世パート3OP1 (12)ルパン三世パート3OP2 (13)GU-GU-ガンモ (14)GU-GU-ガンモED (15)ガラスの仮面 (16)魔法の妖精ペルシャOP1 (17)魔法の妖精ペルシャOP2 (18)魔法の妖精ペルシャED2 (19)ガリアン (20)キャッツアイ2 (21)北斗の拳OP1 (22)北斗の拳OP2 (23)名探偵ホームズ (24)名探偵ホームズED (25)タッチOP3 (26)マジカルエミ (27)ダーティペア (28)蒼き流星SPTレイズナー (29)ゲゲゲの鬼太郎3 (30)宇宙船サジタリウス (31)ドラゴンボール (32)パステルユーミ (33)めぞん一刻ED2 (34)めぞん一刻OP3 (35)めぞん一刻ED4 (36)めぞん一刻OP5 (37)めぞん一刻ED6 (38)銀牙 (39)イッキマン (40)聖闘士星矢OP1 (41)聖闘士星矢OP2 (42)新メイプルタウン物語 (43)北斗の拳2 (44)映画ダーティペア (45)映画ダーティペアED (46)きまぐれオレンジロードOP1 (47)きまぐれオレンジロードOP2 (48)きまぐれオレンジロードED2 (49)きまぐれオレンジロードOP3 (50)シティハンターOP2 (51)ミスター味っ子 (52)ビックリマン (53)ビックリマンED (54)仮面の忍者赤影 (55)ビデオ版ダーティペア (56)ビデオ版ダーティペアED (57)魔神英雄伝ワタル (58)魔神英雄伝ワタルED (59)ビデオ版パトレイバー (60)となりのトトロ (61)闘将!ラーメンマン (62)新ひみつのアッコちゃん (63)新ひみつのアッコちゃんED (64)美味しんぼOP2 (65)ピーターマン (66)魔動王グランゾート (67)魔動王グランゾートED (68)新ビックリマン (69)新ビックリマンED (70)悪魔くん (71)悪魔くんED (72)シュラト (73)ドラゴンボールZOP1 (74)ドラゴンボールZED1 (75)ドラゴンボールZOP2 (76)ドラゴンボールZED2 (77)新おそ松くん


…この頃が今の所、アニメは1番輝いてた気がする…。(汗)

や、これからまた輝くかもしれませんし、解りませんがね…。(汗)

疲れましたか?(苦笑)

でも後一巻、此処まで来たら意地張り通して行っちゃいます!(汗)



【第四巻:アニメ混迷期編】


(1)らんま1/2 (2)YAWARA!OP1 (3)YAWARA!OP2 (4)YAWARA!OP3 (5)私の足長おじさん (6)私の足長おじさんED (7)NG騎士ラムネ&40ED1 (8)NG騎士ラムネ&40OP2 (9)NG騎士ラムネ&40ED2 (10)不思議の海のナディア (11)新モーレツ!ア太郎 (12)まじかるタルるーとくん (13)きんぎょ注意報! (14)サイバーフォーミュラ (15)絶対無敵ライジンオー (16)新ミンキーモモOP2 (17)新ミンキーモモED2 (18)ママは小学4年生 (19)セーラームーンOP1 (20)セーラームーンOP2 (21)スーパーヅガンED (22)パプワくんED2 (23)幽遊白書OP1 (24)幽遊白書OP2 (25)無責任艦長タイラー (26)勇者特急マイトガイン (27)セーラームーンROP1 (28)セーラームーンROP2 (29)アイアンリーガー (30)ヤイバ (31)GS美神極楽大作戦!! (32)ムカムカパラダイス (33)ムカムカパラダイスED (34)バーチャファイターOP1 (35)バーチャファイターOP2 (36)セーラームーンS (37)ガンダムG (38)マクロス7 (39)魔方陣グルグル (40)ブルーシード (41)魔法騎士レイアースOP1 (42)魔法騎士レイアースOP3 (43)飛んでぶーりんED (44)忍空 (45)ZENKI (46)セーラームーンSS (47)ガンダムW (48)天地無用!地球編 (49)ふしぎ遊戯 (50)新世紀エヴァンゲリオン (51)爆れつハンター (52)怪盗セイントテール (53)怪盗セイントテールED2 (54)名探偵コナンED1 (55)名探偵コナンOP4 (56)名探偵コナンED6 (57)名探偵コナンOP5 (58)キューティーハニーF (59)少女革命ウテナ (60)少女革命ウテナED2 (61)カウボーイビバップ (62)夢のクレヨン王国 (63)マスターキートン (64)おじゃ魔女どれみ (65)も~っと!おじゃ魔女どれみ (66)おじゃ魔女どれみドッカ~ン! (67)陽だまりの樹 (68)天使になるもん! (69)ハンター×ハンターOP1 (70)ハンター×ハンターED2 (71)ハンター×ハンターOP2 (72)ココロ図書館 (73)ヒカルの碁OP2 (74)ワンピースOP1 (75)ワンピースOP3 (76)ワンピースED2 (77)紅の豚ED



…お…お疲れ様でした…!!(←己もな)(汗)


この巻の後半になるとOPは良いんだけどね~ってものが出て来る、アニメ界全体がキツクなって来た時期と言いますか、セルアニメからCGへと移行して行って、どさくさに手抜きが横行し出すという。(製作サイドからすれば色々理由有るらしいですが…)

文字通り『混迷』し出した時期ではないかと。



此処まで根性で読まれた方(居られましたら、有難う御座います…)、「なしてアレが無い!?コレが無い!?」っつう意見も持たれたかもですが…まぁ、結局は個人的趣味で、っつう事で、お許し下さいませ。(苦笑)


入れたくてもビデオ無くて入れられなかったモノも多いんですよ~~!!

「ムテキング」「モスピーダ」「ダイターン3」「ジリオン」「あかぬけ1番!」「奇面組」「ツヨシ!しっかりしなさい!!」、その他云々だとか~~~!!!(悔)



…しかし本当、アニメを巡る環境、昔と今では大分違って来ました。

正直親子で一緒に観られるアニメが減ったよな、と。

放映時間からして深夜だとか…。

ワクワクしながら観る事が出来る作品が減って来た様な気がします、偉そうながら。(御免なさい)



この件について、『ヤッターマン』等の作詞作曲された山本正之氏が↓と現代アニメ界皮肉った歌作っておられまして…歌詞まんま載せると本当はマズイんだけど(汗)載せちゃう。

済みません、どうか1つ内緒にしてて下さいませ。(土下座)



ワン♪ナイン♪ナイン♪ナイン♪ ワラも無い~♪

わななく7の月~♪

ワン♪ナイン♪ナイン♪ナイン♪ 降りて来る~♪

アニメのぉ~大王~♪


む~ね遥~か~麗しき~♪ TVが有~った~♪

少年の夢をかき立てる~♪ ドラマを映してた~♪

ヒ~ロォ~が~空を飛び~♪ 悪を懲ら~しめる~♪

あ~いと笑顔の直ぐ傍に~♪ 歌が歌が流れてた~♪


宇宙~の波間~の彼方♪ 数千億光~年♪ 過ぎても♪

見てたぞ~♪ 寂しい~♪ 栄耀栄華~♪(ah~!)


おもちゃが売れて~嬉しいか♪(NO!) アイドルになれて楽しいか♪(NO!)

今~こそ♪(ボカン!) も1度~♪(J9!) 燃~え~よ~ぅよ~♪(あ~る!ハイ!!)


ア・ニ・メーが好ーきだー♪ だ~い大好きだーー♪

フィルム抱締め~♪ ギャグに頬染め~♪ 轟~轟~轟と~♪


正義の行進♪ 勇気のローリング♪

降臨♪ 降臨♪ 此処に降り立つーー♪

アニメの♪ 大王ーー♪(オー!!!)



ワン♪ナイン♪ナイン♪ナイン♪ ワニも鳴く~♪

わななく 7の月~♪

ワン♪ナイン♪ナイン♪ナイン♪ 降りて来る~♪

アニメのぉ~大王~♪


む~ね遠~く美しき~♪ TVが有~った~♪

少~女の夢を呼び起こす~♪ 浪漫を映してた~♪

ヒ~ロイン~が海を越え~♪ 星を光~らせる~♪

こ~いと涙の直ぐ傍に~♪ 歌が歌が流れてた~♪


時~の煙~の果ての♪ 数千億微量♪ 近くで♪

見てたぞ~♪ 空しい~♪ 百~花繚乱~♪(ah~!)


スペシャルだけで~済ませるか♪(NO!) リピ~トばかりで許せるか♪(NO!)

今~こそ♪(ボカン!) 一緒に~♪(J9!) 燃~え~よ~ぅよ~♪(あ~る!ハイ!!)


ア・ニ・メーが好ーきだー♪ だ~い大好きだーー♪

セルを抱締め~♪ キャラに頬染め~♪ 堂~堂~堂と~♪


正義の行進♪ 勇気のローリング♪

降臨♪ 降臨♪ 此処に降り立つーー♪

アニメの♪ 大王ーー♪(オー!!!)



タイトル、記事のタイトルにした『アニメの大王』…や、自分も歌詞カード無くヒアリングだけで書いたから、本当かどうかははっきりしないけど。(汗)

テープ借りたんですわ、友人から自分も。

途中で「ボカン!」とか「J9!」とか「あ~る!」とか言ってるのは、氏が作詞作曲した作品の意からです、『タイムボカン』、『ブライガー』、『究極超人あ~る』ですね。

多分、この歌発表したのは1999年前後なんでしょね、だから『アニメの大王』なんではと。

山本正之氏の作る歌は好いですよ~!!

爆笑したり、ほろっと来たり…稀代の作詞&作曲家だと思ってます。



……何言いたいか忘れちゃった…。(暮)



えっと、要はこのカテでは、此処まで挙げた作品1つづつ上げてってOP&ED中心に語って行きますよ~という事。

付いて行けたら…行けるんだろか?誰か…?(焦)どうぞ宜しくお願い致します。(汗)


皆さん、此処までお読み頂き、有難う御座いました~!!(土下座)
コメント (6)

アニメの大王(前編)

2005年11月24日 20時38分07秒 | 漫画&アニメ
…あああ、またアレなタイトル…。(頭抱)



今更ですが、私はアニメオタクで御座います。(←もう知ってます)

どの位かと言うと、気に入ったアニメのオープニング&エンディング(以下OP&EDと表記)をセレクト、趣味でビデオコレクション作る程。(痛)

や、勿論個人の趣味範囲ですんで、どっかに売ろうとかそんなそんな、大それた事考えておりませんよ?(汗々)


もう閉店してしまったんですが、近所にアニメビデオレンタル専門店なるものが御座いましてねー、そこに昔のアニメのOP&ED集ビデオなんて有ったんですよ、何本か。

で、借りて観てる内に…「もっと色んなアニメのOP&EDが観たい~そんで集めて何巻かのセレクト集なんぞ作りたい~」とか考えちゃった訳ですよ。(はいはい、どうせ暇人ですよ~)

で、アニメのビデオ片っ端から借りて観て、「好いOP&EDだな~」と思ったら即ダビング(←違法です)、そんでそのアニメの放映時期調べて、その順番に編集してって1本に纏め上げたんすな。



120分ビデオテープにして全4巻完成。(頭痛)



…実は5巻も有る、ただ、この5巻は「好きなアニメのOP&ED」ではなく、最近のどうにも手抜きなOP&EDを集めて皮肉って作った意地の悪いセレクト集故。(汗)


こんなん作ってどうなるもんではないんですがねー、ま、観ると懐かしいですよ。(苦笑)

「昔は良かったな~」なんてノスタルジックに走っちまう。(笑)

「あの○○さんがこの番組の製作に関わっていた!!」って事がテロップで解ったりな…ああ、此処から有名になってったんだね~~と、立派になった息子を見詰る母親の様な気持ちにもなれる。(←だから何だ)



いやまぁ実際の所、特に作ったメリット何も無いので(…)、ブログ開設したこの機会に、「この作品のOP&EDがね…」とか、好きなアニメOP&EDについて語ってみましょかねと。(苦笑)

で、自分にとって思い出深い作品については、その内容についても思い出語る、と。



企画タイトル付けるなら、『あの頃俺は若かった』!! で……(嫌だな~)



でもね、最近のアニメOP&ED観てると偶に怒りたくなったりするんですわ。


昔某アニメ番組のチーフディレクターさんが、「アニメのOPは作品の顔(←EDは?)、あまり顔をコロコロ変えては視聴者が戸惑ってしまう。」っつったりしまして、ああ、確かにその通りだと頷きましたですよ。


変らないOP、それ故に視聴者(特に子供)は、作品とその主題歌のイメージが一致する。

その主題歌が耳に入って来るだけで、作品をも想起出来る訳ですよ。


それがああた、コロコロ変っちまったらば…出来るわきゃねぇだろボケェェ!!!              (↑あら、お下劣v)


スポンサー様の御意向だか何だか知りませんが、あんま宜しくない事だと思いまぁす!


はい、だもんでこのカテゴリー、昔を懐かしみつつ、現代(のアニメ)への愚痴をぶつけ…あいや、警鐘を鳴らすコーナーとさせて頂きますんで~ってゆーか温故知新?(笑)



ちなみに自分が蒐集したアニメOP&ED(殆どOPばっかだけどね…映像として観た場合、EDはあんま動かんので面白くないのが多いんで…)は以下の通り。



【第一巻:アニメ黎明期編】


(1)鉄腕アトム (2)狼少年ケン (3)ジャングル大帝 (4)ジャングル大帝ED (5)魔法使いサリー (6)悟空の大冒険 (7)リボンの騎士 (8)ピュンピュン丸 (9)ゲゲゲの鬼太郎 (10)巨人の星 (11)サイボーグ009 (12)サスケ (13)佐武と市捕物控 (14)妖怪人間ベム (15)ひみつのアッコちゃん (16)ひみつのアッコちゃんED (17)モーレツ!ア太郎 (18)忍者カムイ外伝 (19)忍者カムイ外伝ED (20)ハクション大魔王 (21)ムーミン (22)アタック№1 (23)あしたのジョー (24)魔法のマコちゃん (25)新おばけのQ太郎 (26)新おばけのQ太郎ED (27)新ゲゲゲの鬼太郎 (28)新ゲゲゲの鬼太郎ED (29)ルパン三世OP1 (30)ルパン三世OP2 (31)ルパン三世OP3 (32)ルパン三世ED (33)海のトリトン (34)魔法使いチャッピー (35)赤胴鈴之介 (36)デビルマン (37)デビルマンED (38)ガッチャマン (39)ど根性ガエルOP1 (40)ど根性ガエルOP2 (41)ど根性ガエルED (42)パンダコパンダ1 (43)マジンガーZ (44)マジンガーZED (45)バビル二世 (46)バビル二世ED (47)パンダコパンダ2 (48)ミクロイドS (49)人造人間キャシャーン (50)どろろんえん魔くん (51)どろろんえん魔くんED (52)エースをねらえ (53)冒険コロボックル (54)侍ジャイアンツOP1 (55)侍ジャイアンツED (56)侍ジャイアンツOP2 (57)キューティハニー (58)アルプスの少女ハイジ (59)アルプスの少女ハイジED (60)魔女っ娘メグちゃん (61)ゲッターロボ (62)星の子チョビン (63)グレートマジンガー (64)グレートマジンガーED (65)はじめ人間ギャートルズ (66)宇宙戦艦ヤマト (67)フランダースの犬 (68)みつばちマーヤの冒険 (69)勇者ライディーン (70)勇者ライディーンED (71)ガンバの大冒険 (72)シンドバッドの冒険 (73)シンドバッドの冒険ED (74)大昔クムクム (75)タイムボカン (76)鋼鉄ジーグ (77)グレンダイザー (78)元祖天才バカボン (79)一休さん (80)母をたずねて三千里 (81)コンバトラーⅤ (82)コンバトラーⅤED (83)ポールのミラクル大作戦 (84)ロボっ子ビートン (85)ヤッターマン (86)あらいぐまラスカル (87)ボルテスⅤ (88)一発貫太くん (89)風船少女テンプルちゃん (90)家なき子 (91)ザンボット3 (92)サザエさん (93)サザエさんED


…はいはい、目に痛いですね~……頑張って読まなくても良いですよ?(汗)

この頃のアニメ、「お前観たんかい?」聞かれると――殆ど観てませんv(←殴)

や、再放送で、完全では無いけど観た作品も有りますが(焦)、OP観て素直に気に入った作品入れたって事です、つまりは。

『ED』とか表記されてないのは『OP』って事です。(OP2つ有った場合は1とか2とか入ってます)

ちなみにラストが『サザエさん』なのは単なる編集上の演出です。(焦笑)

そゆ演出、ビデオ最初や最後で、自分必ずやってますんで、必ずしも放映開始時期通りの順になってないです。(笑)



【第二巻:アニメ発展期編】


(1)新ルパン三世OP1 (2)新ルパン三世OP2 (3)新ルパン三世OP3 (4)新ルパン三世OP4 (5)女王陛下のプティアンジェ (6)魔女っ子チックル (7)宇宙海賊キャプテンハーロック (8)闘将ダイモス (9)未来少年コナン (10)銀河鉄道999 (11)銀河鉄道999ED (12)宝島 (13)新エースをねらえ (14)キャプテンフューチャー (15)赤毛のアン (16)赤毛のアンED (17)ゼンダマン (18)ゼンダマンED (19)花の子ルンルン (20)新サイボーグ009 (21)機動戦士ガンダム (22)円卓の騎士物語アーサー (23)ベルサイユのバラ (24)トム・ソーヤーの冒険 (25)オタスケマン (26)オタスケマンED (27)魔法のララベル (28)ムーの白鯨 (29)イデオン (30)がんばれ元気 (31)がんばれ元気ED (32)あしたのジョーOP2 (33)ヤットデタマン (34)ヤットデタマンED (35)Dr.スランプ (36)六神合体ゴッドマーズ (37)銀河旋風ブライガー (38)うる星やつらOP1 (39)うる星やつらED1 (40)うる星やつらED2 (41)うる星やつらED3 (42)うる星やつらED4 (43)うる星やつらOP2 (44)うる星やつらED5 (45)うる星やつらOP3 (46)うる星やつらOP5 (47)うる星やつらED8 (48)うる星やつらED9 (49)あさりちゃん (50)ザブングル (51)ザブングルED (52)逆転イッパツマン (53)逆転イッパツマンED (54)ミンキーモモOP1 (55)ミンキーモモOP2 (56)ミンキーモモED2 (57)パタリロ! (58)パタリロ!ED1 (59)パタリロ!ED2 (60)THEかぼちゃワイン (61)超時空要塞マクロス (62)ときめきトゥナイトED (63)さすがの猿飛 (64)未来警察ウラシマン (65)キャプテン (66)キャプテンED (67)愛してナイト (68)アルベガス (69)みゆき (70)ななこSOS (71)キン肉マンOP1 (72)キン肉マンOP2 (73)キン肉マンOP3 (74)キン肉マンED1 (75)キン肉マンED2 (76)こてんぐテン丸 (77)プラレス3四郎 (78)クリィミーマミ (79)クリィミーマミED2 (80)オーガス (81)ストップ!!ひばりくん (82)ストップ!!ひばりくんED


…こうしてチマチマ書いてるとよく解る。

OP&ED曲がパカパカ替るのって『うる星やつら』から始まった事なんですね~~。(汗)

でも自分、ルーミックファンだから、多く選択してるのはお許し下されい。(汗)(単に元から所持してたからっつうのもある)

はい、まだまだ行きますよ~。



――後編に続く!(←ちびまる子ちゃん風に)(や、文字数限界で全部投稿出来んかったのですよ…。←汗)





コメント (8)

嗚呼、青春のうる星やつら。

2005年11月23日 19時50分18秒 | 漫画&アニメ
…何か思っきし嫌なタイトルですが。(笑)



「あのラムちゃんが出て来る作品ですよ」と言えば、大概の方が「ああ!」と頷く…それ程までに『うる星やつら』はエポックメイキングな作品ですな(←と、敢えて苦手な横文字で格好付けてみたり…)。

クロネコヤマトの社長さんも、この作品のファンらしい。
だからラム役の声優さん平野文氏と、あたる役の声優さん古川登志夫氏に、自社キャラCM猫の声アテお願いしたんだそうな。
めぞんの響子さんもJRや何とかハウス?の宣伝キャラに使われてたよな~そういえば…ルーミックは人気有るよね~。

高橋留美子氏の絵はあまし人から嫌われ難いっつか、そゆのも一因となってんではないかとね。



こゆ事素面で告白すんのも恥しいのですが(照笑)、『うる星やつら』は紛れも無く私の青春でした。


実際アニメが放送してたのは、私が小学生の頃なんですけどね…原作なんて昭和53年開始!?うっっわ古…!!(汗)


でもアニメの映画、今迄6本公開してるんですが、2~6までは全て観に行ってますね。

これ自分としては結構凄い事。

アニメって何となくビデオ(今ならDVD)で観賞するもんだって意識が有るのか、映画館行ってまで観た作品、うる星以外だとパトレイバー位で御座います。



映画第一作『オンリーユー』も観に行きたかったんですが、幾ら何でも年が小さかったから(親共働きで多忙だったんで、連れてけとは言い難かったし)…映画観に行く勇気今一持てなかったんす。(汗)

当時はビデオレンタル屋なんか世間に無くて(無かったよね?)、暫くこの作品観られなかった事が心底悔しかった~。

だからTVで放映して貰った時は、そりゃあもう嬉しかったんだよ~…色々な部分カットされてたらしいけど。(苦笑)



第二作『ビューティフルドリーマー』は頑張って観に行った!友人誘って!(笑)

お話は何と言いますか…支離滅裂(汗)…でも何故か面白く感じた。
あたると面堂が夜中に買出しに行く場面、観て憧れた。
自分も学校泊り込んで夜中買出しに行ってみたいな~と考えた(後の高校時代、決行した)。(笑)

夜中にちんどん屋がうろついててびっくりするシーンとか、風鈴屋の出て来るシーンとか、学校が異次元空間(エッシャー?)になってたとか…今でも記憶に残ってる、台詞も浮かぶ。

っつかフィルムブックス、実は未だ持ってるし。(汗)

その幻想的な異空間表現に見惚れた。

あ~これは次回映画も観なければ~って決意しましたよ、ガキだったクセに。(照笑)



第三作、第四作…と公開して行く内に、観客が減って来て、良い席が並ばずとも確保出来る様になって来てね~…哀しかったな、あれは。

実際自分も、この頃のアニメうる星はあんま面白く感じなくなってたっつうか。


アニメうる星は途中で製作スタジオが変更したんですよ。

『スタジオぴえろ』から『スタジオディーン』に替ったんです。

主要スタッフもかなし交代になった、ランちゃん役の声優さんも交代した。

正直、『スタジオぴえろ』時代の作品の方が自分は好きでした。

ディーンになってから、絵は格段に綺麗で可愛くなったんですが、どうにもマンネリ化して、パワーが無くなって行った。

やっぱりぴえろ時代のチーフディレクター、押井氏の力は大きかったという訳で…後、脚本伊藤氏の力も。


第三作、四作目とも、個人的には『絵』と『音楽』だけだな~とキツイ事言ってみたり(汗)…記憶に残ってるシーンも有るんですが…作品への愛情も感じるんですが…何度も観たいか?と聞かれれば、答はNOでして。(汗々)



第五作目…この公開までの間に、うる星は幾つかの事件が有りました。


TVアニメ放映の終了。

映画四作目公開と同時期でした。

この頃になると、TVアニメうる星の衰退っぷりは、観ていて痛々しい程で、終ると伝え聞いた時も、ああ、やっぱりな…と。


そして原作漫画も終了。

その頃の連載当時からして、「何か最終回みたいな展開だな~」と感じてはいたんですが…友人にも「うる星は今連載してる話で終るんではないか?」と話したりね。(笑)

続ける気さえ有れば一生続けられそな作品終らせる…作者もそうですが、編集部思い切ったな~と感じたもんです。(笑)

結果的には良かったんじゃないか、とね。

終りなき世界っつうのは、居る人間としちゃ、時に途方に暮れたりするもんでして。(笑)



自分はあんま気の長い方でないです。

うる星以外の長期連載漫画で、最終回まで付き合った作品…『うしおととら』位かも?(汗)

他漫画は好きでも途中で読むの止めて、最終回後に纏め読みっつうのが大概でして…今やってる漫画では『ワンピース』は最終回まで付き合ってしまうような気がしますが。(苦笑)

1巻~34巻ですか………凄い事だよね~~。(遠い目)



映画第五作目は、漫画の最終エピソードをまんまアニメ化したものでした。

最後辺りに、今迄の思い出振り返るシーンが入れられてましてね…ああ…有ったよな…こんな事って…しんみりした。

あたるの「忘れるもんかー!!!」って台詞には…自分も気持ち入ってたな~~。(照笑)

観ながら泣いてましたねー……。

作品としては、良く言や素直、悪く言や工夫があんま無いな~っつう…でも感動した。

せっかくアニメはアニメで、漫画とは別の道切拓いたってのに、最後の最後で原作回帰…勿体無いな~と感じなくもないですが、まぁ、感動したから良いか~~とね。

アニメうる星と漫画うる星とは、全く別作品だと解釈してます。

その件で原作ファンからは「アニメはうる星ではない!!」って声、TVアニメ放映当初からかなし多かったみたいでして、抗議の手紙も毎回凄かったらしいです…ネット時代でだったら回線爆発してたりしたかもね。(笑)

私はアニメも漫画も好きですね。

うる星に此処まで嵌った理由の一環には、アニメの存在も少なからず有りますから…漫画とは違った面白さが有ったと思うんですよ。

スタッフも当初から「漫画とは別物」発言されてたんで、こちらもすっぱり割り切って観られました。(笑)



映画第五作目公開後…自分はうる星のファンサークルに入りました。
正確には「入れられた」。(苦笑)

高校の友人がファンサークルに入る時に、自分の事も紹介して引き摺り込んだんですよ。(笑)

うる星のファンサークルって、この当時女の子会員かなし少なかったんだそうです。
男の子ばっかでね~、出す同人誌も二次創作漫画・小説でなくて、作品検証・論文とかいったお堅いもんが多かった…や、漫画も多かったですが、小説は…あんま無かったんじゃないかな~?(汗)

…そ言えば昔、うる星のファン大会とか開催された時、会場の女トイレ行ったら自分しか居なくてびっくりした経験が…。(汗)

で、著しく女の子が不足しておると。

入って来たばかしの友人に、会長が聞いたんだそうです。
「他に知ってる女の子で、うる星が好きで、出来れば絵それなりに描けて、弁もそれなりに立つの居ない?」と。

んで、私を紹介したと。(笑)

作品に関する論文(←何だそれは?)とか発表する機会多いんで、やっぱそれなりに理屈っぽい人間求めてたらしいっす。(苦笑)

このサークルは現在既に解散、でも未だに付き合いは残ってますね~。

時々代々木のファーストフード店に入り浸って、皆して「今旬な漫画・アニメ」について語ったり評論したりしてます。(←揃いも揃って暇人…)
前に「ワンピが面白いよ~」と私に言って来たのは、この元サークル仲間の人間で御座いました、ちなみに。


そんなこんなで、うる星は自分の人生&人間関係に、かなし関わって来てますよ~っつうお話。



原作終了映画第五作目公開以降も、作品への熱は暫く冷めなかったですね、自分も、周りのファンも。

このサークルに居た奴が言うんですわ。

「自分は最終回載ってる雑誌は読まずに封印した、多分一生読む事は無いだろう」と。

「読めば自分の中の何かが終るから」、と。

原作終了時のファン大会で、集まってた大勢のファンが、良い年した大人の男達が、皆して号泣したそうですよ。

声優の千葉繁氏は、この光景見て相当びっくりされたそうです。(そりゃな~)


うる星は私だけでなく、時代を共にした大勢のファンにとっての『青春』でした。


アニメ放映終了してから10周年を記念してのイベントで、あの『西村知美』嬢がゲストとして来たらしいです。(笑)

「ひょっとして来るんじゃないか?来たら大盛り上がりだよね~」とか友人と話してましたが…本当に来るとはね~。(笑)



で、久々の映画第六作目、『いつだってマイダーリン』の公開…


……済みません、これ、無かった事にして良いですか?(苦笑)


絵は良いんですが…お話がね…。


この作品によって「ああ、うる星は本当に終ってしまったんだな」と、却って冷静になれてしまったっつう…。

もう2度と作品としての『うる星』は観たくないです、自分は。(ゲーム化は未だなってるが…っつかパチンコにまで進出した時はびっくりした…そうか…もう旧い漫画になるんだね…)



うる星は過去に流れた『時代』でした。

振り返る事は出来ても、もう2度と体感する事は出来ないのです。


「うる星は遊園地だった」、「いや、デパートだった」…様々な方が、様々な説仰って下さいますが………


そうですね……『場』では在ったんじゃないかと……


『作品』として楽しむよりも『場』として楽しんでいた。


その『場』に入れば、沢山の仲間に会えて、共通する話出来て、遊べて……だからこそのルーミック『ワールド』なのでしょう。


今の自分がこの作品を観直す時、どうしても『同窓会に来たよ』的感覚で観てしまう。

自分は『ルーミックワールド』をもう卒業してしまったらしいです。



…で…結局…「じゃあ、カテゴリー作ってまでして、これから何語って行くの?」って言われそうですが(苦笑)……


原作漫画もそうなんですが、アニメの各回の紹介でも書いてくかと…評論って程大したもん書く気は無いですが…書けねぇし。(汗)

『うる星アニメを観た事無い』って方も増えて来た事でしょうし、観た方には「ああ、そんな話有りましたね~」と懐かしく感じて頂けるよな、そんな事語れれば良いな~とね。(焦笑)


はい、ではこれから宜しく~。

毎度ダラダラ長文読んで頂き、有難う御座いました!!(汗)





コメント (8)

酉の市 過ぎりゃ今年も オチ近し

2005年11月22日 19時45分17秒 | ただいまおかえり(雑記)
『酉の市 過ぎりゃ今年も 後僅か』と…どっちが良いものか?
…と、のっけからどうでもいい事で悩む。(苦笑)


昨日は近所の大鳥神社の『酉の市』に行って来ました。

所謂、家内安全商売繁盛のお守りの、『熊手』を売る市ですね~。

今年1年の家内安全商売繁盛を感謝し年の熊手を神社に奉納、来る年はより以上の幸運を祈願して一回り大きい熊手を新しく購入する訳ですな。

…つってそれ以上大きい熊手が無くなった時はどうすんのかな…?(汗)


大きいのんなると、優に大人の顔の8倍は有ろうかっつうサイズ。
飾りも凝ってまして、神輿とか宝船七福神とかを中心に、大判小判、稲穂に金の米俵、大入袋、金の小槌、お多福と、思い付かん限りの幸運アイテムが、そりゃもうどっさりべったり貼り付いてる…1度こんなん買ってみたいね。(笑)


家内安全商売繁盛、そりゃ幸運かっ込めかっ込め…で、『熊手』なのですね~。
御購入の際は出店の人が皆して三本締めしてくれます。


「○○様の益々の商売繁盛を祈願しましてぇ~よ~お!!

 パパパン♪(そぉれ!)パパパン♪(そぉれ!)パパパンパン♪(繁盛繁盛~!)

 パパパン♪(そぉれ!)パパパン♪(そぉれ!)パパパンパン♪(もういっちょ~!)

 パパパン♪(そぉれ!)パパパン♪(そぉれ!)パパパンパン♪(有難う御座いました~!!)」


大体こんな感じ。


この景気の良さが好きで、毎年毎回熊手買ってないクセに訪れてます。(笑)
取敢えず神社にお参りはして、お神酒は貰って来てますがね。


今年は二の酉までしか無かったんでやたら参拝客が多かった。
鳥居の外まで人はみ出てたもんね~。


去年は三の酉まで有ったんですよ。
三の酉まで有る年は火災が多いっつうんだそうで、言われてみれば去年は災害が多かったな。


御祭神は日本武尊…知らなかった、日本武尊って商売繁盛家内安全の守り神だったのね。


境内の中では甘酒振舞われてました。
此処の甘酒ちゃんと米麹で造ってて美味いんだ~。


お参りの後は屋台巡り、正直こっちのが主要目的だったりする。(笑)


最近は飲食系の屋台ばっかですね~。


たこ焼き・お好み焼き・大阪焼き・焼きソバの定番屋台に始まり、五平餅・ベビーカステラ・クレープ・ジャージャー麺・ワンタンラーメン・蕎麦・うどん・寿司・モツ煮込み・から揚げ・サザエのつぼ焼き・イカ焼き・キヌカツギ・点心・しるこ・おでん・焼き鳥・フランク・ドーナツ・ワタ飴・リンゴ飴・ビール・ソースせんべい・じゃがバター・牛串焼き・玉コンニャク…変り所でチヂミとかシャーピン(中国のお焼きらしい)とかドネルサンドとかの他国系食べ物屋台。


飲食以外の屋台は姿消して来てますね。


有ったのは射的・スーパーボール掬い・金魚掬い位。
三角くじやハッカパイプや輪投げやヒヨコやお面や風船や型抜きは無かったっす。


ヒヨコは兎も角、今の子供はあんま屋台で遊ばないのかな~。


水餃子が美味しそうだったんで、買って食べました。
モチモチした皮でね~本当美味しかったですよ。


後は揚げ餅、揚げた餅をだし汁に浸して、ミツバに鰹節に海苔散らして、七味かけて食べまする。
美味いんだよ~~。
でもこれ一杯でお腹いっぱいになる。(汗)


他屋台は適当にひやかし、寒くなって来たんで帰る事に。
家は1つ駅向う、でも距離にして歩いて30分かかんないんですよね~。
お土産に買った焼きソバとベビーカステラ抱締め暖をとりながら、てくてく歩いて帰りました。



【おまけ:本日の大予想】

1年の世相を漢字一文字で表す…今年は恐らく『揺』。


……当ったら誰か私に、賞品としてピコピコハンマー下さいv(笑)
コメント (7)

『ONE PIECE』との馴れ初め。

2005年11月20日 20時37分18秒 | ワンピース
え~…お先に注意、今回かなし暑苦しくって(←冬で良かった…)電波入ってて読んでるだけで痛いですんで…すんませんが読む前に宜しく御覚悟の程を。(汗)


目下1億冊を超える発行数、現在週刊少年ジャンプで出血大人気連載中の冒険活劇海賊浪漫漫画、それが尾田栄一郎氏原作の『ONE PIECE(ワンピース)』です。

私がこの作品と出会った馴初めは、漫画・アニメ仲間の1人から「○ちゃん、ワンピースって漫画知ってる?今大人気なんよ。結構面白いんよ。いっぺん観てみ?○ちゃんなら絶対嵌るから!」と勧められちまった事から。
「絶対嵌るから!」言われると逆らいたくなるのが人の常、天邪鬼な自分は「ん、解った~今度読むね~v」とその場では応答しつつ、元より「テーマは『飽くなき戦闘、強さは正義!!』です」的イメージ有るジャンプ漫画は苦手っつうのも有ってその後暫くは読みませんでした。

それから半年位…経ってか?入ったコンビニで、時間潰しにコミックスでも立ち読むかと、そん時並んで有ったのがワンピース9巻だったんすね~。
時間潰しだったから始めに書いてある粗筋もキャラ紹介も飛ばし読みしたんですわ、当初。



時は大海賊時代。今や伝説の海賊王G・ロジャーの遺した『一繋ぎの大秘宝(ワンピース)』を巡って、幾人もの海賊達が旗を掲げ戦っていた。

そして、そんな海賊に憧れる1人の少年が居た。その名はルフィ。村に滞在する海賊団のリーダー、シャンクスを慕うルフィだったが、或る日シャンクス達の戦利品『悪魔の実』を食べてしまう。

その実の能力により、一生泳げない体の代りに、全身がゴムの様に伸びる不思議な体を手に入れた!

だがその直後、シャンクス達と敵対する山賊団の怒りを買い、囚われの身となったルフィは、海の真ん中に投げ込まれてしまう。

溺れるルフィを海獣が襲わんとした瞬間、ルフィを救ったのはシャンクスだった!―その片腕と引き換えに…。

それから10年―シャンクスから受け継いだ麦藁帽トレードマークに、ルフィは1人航海に出る。海賊王を目指して大いなる旅が始まった。
(↑コミックス9巻粗筋まんま抜粋)


…長いんですわ…粗筋が…飛ばし読みしたくなるって…。(汗)
ぱっと観した粗筋で連呼されてるキャラ名は『ルフィ』、そして『シャンクス』…どっちが主人公名かは判んなかったけど、この2人が活躍する漫画なんだな~って思った。


そんで立読みスタート―



のっけから鼻がべらぼうに長い男が登場、如何にも悪人面の化物相手に勇敢に立ち向かい、そして鮮やかに逃亡…。

「こいつがルフィ!?或いはシャンクスか!?」


――違いました。


正解は『ウソップ』。嘘が得意で狙撃の腕は百発百中のお調子者。


解らないながらも更に次へと頁を捲る―


笑顔の素敵な(←言い張る)美少女登場。

「は!?この娘がルフィ!!?はたまたシャンクス!!?」


――違いました。


正解はナミ。海賊専門の泥棒にして天才航海士。ナイスバデェの謎めく美少女。絶賛し過ぎに聞えるのは貴方の気のせいです。


更に更に次へと読み進む―


ただ座ってるだけなのに無駄に偉そなチンピラ腹巻野郎登場。

「このチンピラ兄貴がルフィ!!!?或いはシャンクス!!!?」


――違いました。


正解はロロノア・ゾロ。『海賊狩り』の異名を馳せた、三刀流のクールな方向オンチ剣豪。


いいかげん焦れつつも次へと頁を捲る―


腕を漫画みたいに(←漫画です)伸ばして海獣をぶっ飛ばす男登場。ちなみにぶっ飛ばした理由は自分の飯を狙われたから。

「こいつこそルフィ!!!!?或いはシャンクスだよな!!!!?」


――こいつがルフィでした。


モンキー・D・ルフィ、本編の主人公。悪魔の実を食べ驚異のゴム人間と化した麦藁少年。


何とか主人公らしきキャラ、無事把握。此処に来て少し余裕を持って読み出す。

…やっぱですね~誰が主人公かはっきりしない内は、誰視点で話見ていいか判断付かんので落ち着かないんですよ~。(苦笑)

で、一緒に居る男の1人が『究極超人あ~る(ゆうきまさみ氏原作の漫画)』の『あ~る君』に似てるな~と…気になる。髭と渦巻いてる眉毛消して、髪黒く塗ればそっくりなような。
このあ~る君もどきが海獣ぶっ飛ばしたルフィに対し、「無闇に腹空かしてる奴ぶっ飛ばすな。怪我でもして自分で餌を捕れないから、俺達の飯狙ったのかもしれないじゃないか。」と諌める…良い奴じゃないか。

海獣に「さァ食え」と温かい飯を差し出す…優しい奴じゃないか!


したら次頁で「死ねコラァ!!!!」と海獣蹴たぐり飛ばしてる彼の姿が!!!(爆笑)


彼の名前はサンジ、ヘビースモーカーの一流コック、一撃必殺のキック力持った色男、しかして弱点は女のエロ男。


…ちなみに蹴たぐり飛ばした理由は「自分ごと食おうとしたから」。


何かね、この時点でギャグ漫画なんだろうと認識した。間違った認識でもないんだろうけど。(笑)
で、面白く感じたんで、こっから真面目にキャラ紹介&粗筋改めて参照しながら丁寧に読み出したのですよ。


…此処までに来る展開として、主人公ルフィは海を出てから、剣豪ゾロに嘘吐きなウソップ航海士ナミの3人を仲間にして海賊団結成したと。
で、今度は是非コックを仲間にしたいね、と…んで航海してる途中、出会った海上レストランコックのサンジに白羽の矢を立てた。
仲間になれと説得するルフィ、しかしその途中で凶悪海賊団に、サンジの海上レストランが襲われちまう。
何故かそのドサクサに、ナミがお宝とルフィ達の船奪ってトンズラ。

どうする?――仕方ない、ルフィは海上レストランを襲う凶悪海賊団を倒す為に、残ってサンジと一緒に戦う事を決意。
ゾロとウソップは、ナミを追っ駆け連れ戻すよう、ルフィから命令されて先へ向う。
激しいバトルだったが凶悪海賊団を撃退、サンジも仲間に引き入れるのに成功したルフィは、ウソップ・ゾロ達の後を追い、と或る島に上陸した。(←この辺から9巻のストーリーっす。)


そこはナミの生れ故郷の島だった。
アーロンと言う、魚人最悪海賊に支配されてい、何とナミはそのアーロン一味の航海士だった。
連れ戻しに来たルフィ達の前で、「自分はもうあんた達の仲間ではない。最初から利用してただけ。」と冷たく告げるナミ。


――実はナミには秘密が有った…


ナミの秘密――8年前、10歳だった頃の彼女の村は未だ平和だった。
血の繋がりが無いとは言え、豪胆で優しい母と姉に囲まれ、貧しいながらも蜜柑畑を営み幸福な暮らしをしていた。
そこに或る日、アーロン一味が来襲した…。


平和な村は一変した、暴力と殺戮の嵐が吹荒れる。
「奉貢として金を出せ、出さない者は殺すぞ」と村人を脅すアーロン一味。
ナミの義母ベルメールには、自分1人分の奉貢は有ったが、ナミと、ナミの義姉のノジコ分の奉貢は持っていなかった。


「可哀想だがナミとノジコを島から逃がして家族の縁を切れ。でないとベルメール、お前は殺されてしまう。」―そんな親しい村人からの忠告…


でも、ベルメールは首を縦には振らなかった。


「家族が居ないなんて言えない。たとえ命を落としても、口先だけでも親になりたい。血が繋がってなくとも、あいつらは私の子供。」


――ノジコ!!ナミ!!…大好きv


――何が有っても、生まれて来たこの時代を憎まないで…!!


――生き抜けば、必ず楽しい事が…沢山起きるから…!!!


アーロンから、最初の見せしめとして、公開処刑される母、ベルメール。


自分の目前での母の死…悲しみ喚くナミ、ノジコ。


しかし、更なる悲劇がナミを襲う。


幼くして天才的な彼女の航海術、描いた海図の見事さに目を付けたアーロンは、ナミを自分の一味の幹部に無理矢理引き入れる。


勿論ナミは拒んだ、しかし、アーロンの「一味として海図を描き続け、1億稼いで俺に払えば、お前の村を(お前に)売ってやろう。」という言葉に、彼女は孤独な戦いを決意する。


「私が誰かに助けを求めたら、その人まで傷付く。政府の海軍ですら敵わなかった恐ろしい敵。ならば自分独りで立ち向かうしかない。」


「海賊相手の泥棒をして金を稼ぐの。もう泣かないって決めた、絶対に生きて、自分の村をあいつらから取り戻すの…!!」


…あれから8年…決して人に助けを乞わず、文字通り血の滲む様な思いをしてまで貯めた金…後少しで1億…やっと夢が叶う…やっと自分は…解放される…。


しかし、1億貯まる寸前に、海軍からの横槍が―


「君が泥棒して1億貯めて隠し持ってるとの通報が有った。盗品は全て政府の下に没収させて貰う。」


通報は、アーロンがしたものだった。
そしてこの海軍は、アーロンとグルだった。
最初からアーロンは、天才的航海術を持つナミを解放する気は無かった。約束を守る気など毛筋程も持っていなかった。


絶望するナミ…。


そんなナミの姿を見て…今迄彼女の負担になってはならぬと…辛かったら何時でも彼女が逃げ出せる様、知らぬ振りをしていた村人達はぶち切れ、遂に一斉蜂起する!


アーロン一味と戦おう!
あの娘の優しさを此処まで弄ぶ奴等は許せない!!
自分の命、たとえ失くしたとしても!!


悲痛な決意で血気逸る村人達、それを押し止めようとするナミ。


「待って皆!!私、また頑張るから!!!もう一度お金を貯めるから!!!簡単よ…!!!」


――お願い、皆…早まらないで…!!


――死んじゃいけない…生き抜かなきゃ…何もかも終わっちゃう!!!



…此処まで読んで、私、ボロ泣きしましてね~。(号泣)

や、泣いたっつうならベルメールさん死すの場面でボロ泣きしてましたが…コンビニで大の大人がみっともないと思いつつね~~。(照笑)


たまんないですよ…女の子が幼い時からたった独りで、誰の助けも借りずに戦ってて…自分の戦いに巻き込んで、他人まで傷付けたくないっつってね~~。(号泣)
そんでそこまでして何とか希望が叶うかと思った矢先に、全てが奪われ絶望する。愛する者を誰1人救えぬ自分の無力さを呪うっつう…。


止めてよ~私、マジにこういう話弱いんだよ~~~!!!!(号泣)



武器を手に手に、アーロンの居る城へと走る村人達…

『死』へと向う、愛する者達を止められない彼女…

自分の左肩には、アーロン一味に入れられた時に、無理矢理彫られた奴等の入墨の印…


やり場の無い憎しみを、彼女は肩の入墨にぶつける。

ナイフで幾度も突き刺す。

突き刺す彼女のその手を、主人公ルフィが止める―


――何も知らないくせにって…関係無いから島から早く出てけって…自分は追い払ったのに…


――なのに…!!


「ルフィ………助けて……」




「当り前だ!!!!!」




――振り返れば、そこには、ルフィだけでなく、ゾロ、ウソップ、サンジ…全員集合した仲間の姿が…!!



一巻完読して…もうね…走りたくなった。
走ったし、実際!(笑)

そいや時間潰ししてた訳だから、何か用事有った筈なんだけど…済みません、爽やかに忘れっちゃいましたv(←殴)


そいや、『シャンクス』って結局出て来なくて、誰の事だか判らなかったけど、もうどうでもよくなってた!!!(大笑) (←ちなみにシャンクスがまともに活躍してる場面は今の所1巻のみにしか出て来ません。)



なんて~のかな~、久々に、キャラに感情移入出来る漫画見付けたようなね~、あ~好いな~、キャラの喜怒哀楽にちゃんとシンクロ出来るって気持ち良いな~と思った。


何かこれだけ取り上げるともの凄暗くて悲惨な話っぽいですが、実際には元気爆発冒険活劇ですから。(笑)

各々夢持つ若者が、各々能力をフルに活かし、そして一緒に大海原に乗り出す話です。

ジュール・ベルヌ作品やトム・ソーヤーシリーズ読んでワクワクした記憶の有る方なら、大人でも読んで面白いと思いますよ。

お勧めです!マジ今最高にお勧めです!!

只今39巻まで刊行中で、長い連載故ちょい気後れするやもしれませんが~


先ずはこの紹介した9巻を読んでみましょう!!!


9巻読んで嵌るんなら、嵌るから!!!!(←断言)


…9巻が1番面白いって言いたい訳じゃなくて、この9巻にワンピの言いたいテーマが全て詰め込まれてるんじゃないかな~と自分では考えてる…や、自分だけでしょうが。(苦笑)


どうかどうか、機会が有りましたら読んで下さいましよ皆々様方!(お辞儀)

此処までダラダラ文お読み頂き有難う御座いました、はっきし言ってかなり疲れたで御座いましょう?(苦笑)

明日はブログ休みます。
酉の市行くんでv


っつか、今は『オープン(開設)・ハイ』で毎日ブログ更新してますが、その内休み休みやってくようになるでしょうから~と先に断っておく。(笑)

まぁ、このブログ開いてる内は生きてますんで、心配しないで下さいねっとv(笑)

コメント (8)

『ハウステンボス』を知っていますか?

2005年11月19日 18時04分17秒 | ハウステンボス雑感
そうそう!『ハウス』、『テン』、『ボス』と3つに区切って『10人のボスの家』って…


――違う!!!


正解は、オランダ語で『森の家』という意味です。


オランダのベアトリクス女王が現在お住まいの宮殿は、周囲の緑濃い環境から、『森の家』と国民から呼ばれ、親しまれている…その宮殿を忠実に再現し、パークの象徴として置く際に、パーク全体の呼称もそう決めたそうです。


長崎県佐世保市に展開された広大なテーマパーク。
しかして唯の『テーマパーク』で非ず。
実際には『エコノミーとエコロジーが共存する街』

いや、『共存の可能性を探る為の未来実験都市』と呼べるかも。


此処に来て先ず驚く事、それは電柱が1本も無い事です。
全てのライフラインを地下に潜らせているのですね。
凄いな~と感心しましたよ。


話ちょい逸れますが、阪神大震災有ったじゃないですか?
酷い震災でした…揺れで建物が次々と倒壊したのもショックでしたが、その後の火災の酷さ…想像を絶してました。

地震が収まっても尚拡大し続ける火の恐怖。
TVでね、朝番でやってたの丁度観てたんですよ。
女の子がね、現場にリポーターとしてやって来てた福留アナにね、泣いて訴えてる。

「この下に…瓦礫の下に…家族が埋まってるんです…!!
 お願いです…助けて下さい…!!誰か助けて下さい…!!」

火がじりじりと近付いて来てて…でも助けは何時まで待っても来なくて…

福留アナも、

「…そうなんだ…」

としか、その女の子に言ってあげられなくてね…。

助けたくても皆助けられないんですよ!!
助ける為の重機も何も無かったから!!
周りに居る人達も被害に遭ってて、自分や自分の家族を助けるだけでも精一杯だったから!!

済みません、TV観てた時…私、呑気に朝ご飯か何か食べてました。
今思い出しても胸が痛む光景です。

じりじりと近付く火。
そこかしこで救援を求める声。

多分、あの女の子の家族は亡くなったでしょう。


火災の原因の多くは、電柱が倒れてショート、木とかに火が燃え移った事からだったそうです。
地震が襲った後、ライフラインが切断されたでしょう?
水道は公共(苦笑)だったから、復旧までかなりの時間を要したけど、電気は違ったんで直ぐさま復旧されたんですよ。
「災害に遭って、何時までも暗い中に居ては、不安を増幅してしまうだろうから~」って…でもその気遣いが仇となった。


更に話逸れますが、「ガスより電気のが安心。これからは安全クリーンな電気の時代♪」って風潮、自分は疑問です。
私の友人にですねー、正に電気中心の生活してる奴が居りまして。
キッチンで調理するのも電気使ってなんですよ。
自分も使わせて貰ったんですがね。
怖いんですよ、使っててむしろ!
実際には『熱』が発生してるのに、形として見えないから!
火が点いてれば気を付けられるじゃないですか?「触れたら熱いぞ~」って。
でも見えないから!水零してジュッッ!!とか音した時に、初めて「そこに熱が発生してる」って判るっつう。
…なので、ガスのが私には安心出来ます。(笑)
供給する会社も予め気を配ってて、何か異常有った時は直ぐストップする様な仕組にしてくれてますしね~。


え…大分話ズレちゃって、話何処までしてたか忘れちゃいましたが(汗)、


兎に角此処は徹底した街造りしているよと。
他にも、道殆ど煉瓦敷きにして雨水が地面に滲み込む様にしたり、植樹する時は大木じゃなく苗木にして街の成長と併せたり。

ノー電柱イズムと同じ位感心したのが場内の『照明』。

初め訪れた時から不思議だったんですよね~。
ほら、街灯なんかによく蛾とかが寄って来るじゃないですか?
そゆ事が無いんですよ、昼間は結構虫居るっつか多い、夏なんか蝉じゃんじゃん鳴いてます、蜻蛉飛び回ってます、蚊は少ないけどな(←これにも秘密有)。

何でかな~?と長い事不思議に思ってたんですが、ハウステンボス十周年記念特設サイト観て謎が解けました。
場内ではオレンジ(関係無いけど、良いよね…オレンジカラー…心が休まるよ←笑)の照明が幅利かせてるんですけどね、これナトリウム灯だったか?後で自メモ見直してみますが(汗)、虫が忌避するんですって、自然と。

良~く~考えてるな~~と頗る感心しちゃいました。
完璧です、完璧な街システムです!
建築に詳しい方ならもっと多くの点に気が付かれるんじゃないかな?


この国家レベルの大規模街造りをやってのけたのは、或る理想に燃えた数人の男達です。(あ、此処ね、是非『プロジェクトX』のテーマ曲流して読んで下さい。)
ふくちゃんさんのブログにとても解り易く紹介されてますので、頭にh付けて飛んでみましょう。

→ ttp://huis.exblog.jp/m2005-02-01/ 

…済みません、勝手に紹介してしまいまして…で、こんなジャンル不明瞭なブログにリンクまんま貼ると申し訳無いんで、まんまでは貼らず。(汗)


実は私はハウステンボスを知るまで、「自然と人間の文化は共存出来ない」と思い込んでました。

自然を守るというのなら、人間は皆殺しでもしなきゃならない。
人間の文化守るというのなら、自然は最早諦めて失くす方向に向うしかないだろう、と。


ハウステンボスという存在を知って…

実はやれば出来るんじゃないの?
っつか出来るんじゃん!!
もしかして未来に希望が持てる!?

…と、嬉しくなった。

明るい未来に向って頑張ってる方が、世の中にはちゃんと居るんだな~という事に、嬉しくなったんですね~。

こゆ頑張ってる方が創り上げた街…これからも、そこに在って欲しいんですよ。



何か堅い話になっちまって申し訳無い。(照笑)

まぁそんな難しいテーマ持って訪れようとしなくて良いんですよ。(笑)
楽しい所ですから、ネズミーランドと同じ様にして廻りさえしなければ!



長崎空港から高速船使って約50分、バスも有るけどやはりワクワク感持って入国するなら高速船で。
そう、此処に訪れた時は『来場』とは呼ばずに『入国』、んで帰る時は『出国』…ハウステンボス仲間の間では、来場の時が『帰国』?心の故郷だから、かな。

四方を陸に囲まれ『琴の海』とも称される波穏やかな大村湾、暫くして、次第に姿現す森に包まれし煉瓦の王国。

――それが、ハウステンボスです。

時は止まり(←そんな様に思える)、カロヨンの音が響き、美しい花々が咲き誇る、浪漫の都。
そろそろ紅葉も見頃を迎える事でしょう。

夜の帳が降り、街に暖かなオレンジのイルミネーション灯る頃、かつての大航海時代に日本を目指し、オランダより海を越え渡って来た帆船、デ・リーフデ号(や、勿論レプリカですが)が泊まるオレンジ広場にて、華麗な花火の宴が開かれます。

海上で開く、大輪の華。

イルミネーションが煌びやかに灯っていても、此処の街からは星が良く見えるのです。
星の輝きに混じって、次々と地上に降り注ぐ光の飛礫。


本当に素敵な所なんですよ。


私が下手に説明するよりも、実際に写真で観た方が手っ取り早いだろうから、公式サイトのリンク、ブックマークに入れときますね。
行く予定は無い方でも、写真集観る感覚で、是非覗いて観て下さいませv


あ、上の写真の説明~、去年の今頃に行った時の、早朝のパレスハウステンボス前庭の写真です。
此処は場内にホテルが4軒在りまして、泊まれば朝から夜までずっと居られて、好きな時間にうろつけるのが楽しいのですよ、また♪

…済みません、画像UPがどうにも下手してしまった様なので、再度書き直しUPです。

皆様、お見苦しい所お見せしてしまい、失礼致しました!!!(汗)
コメント (6)

郷に行っては郷に従う。

2005年11月18日 20時14分23秒 | ただいまおかえり(雑記)
解釈:郷ひろみの家行ったら、主の郷ひろみに従うのが宜し。

…例えば、郷ひろみの家行って、ひろみがいきなり「えきぞちぃっ~く♪えきぞちぃ~~~っく♪―じゃぱぁん♪」と歌いかけて来たらば、すかさず合いの手入れて「じゃぱぁん♪」と歌うようにする…そんな様に、『その地に行ったら、その地のしきたりに倣え』っつう訳ですよ。


嘘です、違います。


正解は、『郷に入っては郷に従う。』―その土地に入ったら、その土地の風俗習慣に従うのが処世の法である、です。


…解釈はそんな違ってないですけどねv(笑)


済みません…自分、基本的に直ぐ嘘吐きますから。(汗)
言葉勝手に創りますから。
『日本語の乱れを助長する会』名誉会員ですから。
あんま鵜呑みにしないようにして下さい、特にお子様。



何が言いたいかってぇと、そろそろこのブログでのお約束事とか、方向性とか考えてみようじゃないかと。(今頃)
今迄自分がお世話になって来た公共の掲示板&人様のサイト(汗)とかでは考える必要無かったんですがねー。(←そりゃそうだ)
公共の場合はそもそもが特に決り事無いですし…精々ヤフーさんが言う「公の場なので、あまり非常識な行為は控えて頂きたい」っつう位で、実際には各人の良識頼り、ほぼ無法地帯みたいなもんでしたしね(トピによっては2ちゃんねるよりも酷い)。(苦笑)

で、人様のサイトさんの方は…こりゃ~もう、そこの管理人様の言う通り、逆に言えばそこの管理人様が或る程度厳しく統治して下さるお陰で、自分は安全にその領土内で楽しむ事が出来ました、その節はどうも有難う御座いました、管理人様方。(土下座)


自分のブログですからね~此処は、自分が何でも決めてかないとね~。(←当り前)


方向性としましては、兎に角自分が今嵌ってるジャンルについてダラダラ述べる所(月並みだな~)…で、特に好きなジャンルとしましては、漫画・アニメ・ハウステンボス・オカルト…中でも、『ワンピース』って漫画と『ハウステンボス』について、メインに述べさせて頂こうかな~とね。


ただね…此処で問題に気付いたというか…


『ワンピース』


『ハウステンボス』


…この両ジャンルの接点…貴方何か思い付けますか?(汗)
まるで『沖縄』と『北海道』の接点探せって位難しく感じるんですけど。

あ、1つ思い付いた。
どっちも実は日本国土繋がり。(←殴)
最後が『ス』とか…?


当初だから、2つブログ作ろうかとも思ったんですよ、ジャンル分けて。

でもそれ面倒だし、絶対私挫折するし。(焦)
早々と廃棄案にさせて頂きました。

2つに分けても、どっちも観ようとする方が居られるでしょうしね。(笑)
そんな訳でごった煮ブログとしてスタート致しました。


んで、ごった煮ブログとした中で…各ジャンルについて書く曜日を決めようかと。
日曜はアニメ~、月曜は漫画~、火曜はハウステンボス~、水曜はオカルト~とか。

でもそれも面倒だし。絶対私挫折するし。(焦々)
やっぱり早々と廃棄案にさせて頂きました。

そもそもが私、一旦その気になったらダァ~~ッと書いてって、或る程度自分の中でオチ付けないと落ち着かないんですよ。
済みませんが、カテゴリー分けはきっちりするつもりなんで、興味無い話題だったら御覧にならない方が宜しいかと。
興味無いけど読むだけ読むよっつう方は読んでやってみて下さいませ。(礼)



どんなカテゴリー用意する気か書いときますね。


『ハウステンボス』

…12/1~2/2まではこれメインで書く予定です。
何故か?ハウステンボスは冬が最高に綺麗だから、宣伝するには最適だと考えるからです。


『ワンピース』

…実際には『ONE PIECE』と表記する、大人気少年漫画です。
自分はこれに今マジ嵌りしております。


『うる星やつら』

…ラムちゃんが出て来る漫画・アニメです。
この作品は、自分の言わば『青春の一部』でして(←実際の放映時はまだ小学生でしたが、その後サークル活動した切っ掛けがこれ)、語りたい事ワンピース同様、かなし多いのですよ。(笑)


『アニメ』

…上記2作品とジャンル重なって来ますが、2作品は思いが強く、絶対分けとく必要が有る程語るだろうと。(汗)
その他自分の好きなアニメについて語らせて頂きます。


『漫画』

…これも同様の理由ですね。(汗)
2作品以外の好きだった作品について紹介したいと…自分が好きな漫画、もっと売れて欲しいし。


『オカルト』

…いや、怖い話とか好きなんです。(苦笑)
「幽霊とか信じてるの?」ってマジに聞かれると悩んじゃうんですが(笑)…まぁ、居ると考えた方が夢有って楽しいですよねぇ?
多分盆近くなったら語り出す、自然発生的に。(笑)
後『占い』なんかも、信じる信じないは置いといて好きですね、自分自身長い事タロット占いして遊んで来ました。(苦笑)
そんな感じの話をダラダラと…。



お約束事の方なのですが…


私は元来口悪いです。
調子に乗ってブラックな事も平気で口走ります。
さっき「日本国土~」なんかの発言も、真面目な方なんかは腹立たしく感じたりすんではないかな~とね、或いは拘って薀蓄書き込もうとする方。

本人大した意味から発してる訳じゃないので、相手にするのは止めましょう。(苦笑)
「ああ、馬鹿なんだな」と思ってどうか聞き流してやって下さいませ。

「それちょっとどうなの?」と、御自身の良識からコメントを書きたい方もいらっしゃるかもしれません。
言われて「成る程、確かに自分が悪かった」と納得出来れば、ブログ上で謝らせて頂きます。


でも「悪かった」と納得出来なければ、謝りません!!(微笑)


気に喰わないコメント貰ったら、無言で削除致します。
我儘です、さながら暴君ネロの様に。


それでもへこたれずに気に喰わないコメント書き続けられた場合は、


「貴様諸共、この船(?)沈めてくれるわぁぁぁ~!!!」


…とばかりに高笑いしながらブログ閉鎖させて頂きますんで!!


その際は周囲にいらっしゃる皆様にも是非協力して頂きたいですね。
「ギャー!!!」とか「ワー!!!」とか「グヒェーー!!!」とか「ひ!人でなし…!!鬼だ、あんた鬼だ!!!」とか「死にたくねェ~~!!!」とか「ミシ!!メキメキ…!!!」「バリバリバリ…!!!」っつう効果音とか、BGMでタイタニックのメイン主題歌流して頂けると雰囲気出て嬉しく思います。


…って書いてて凄ェ楽しそうで既にやってみたくてウズウズしてる、それでなくとも最近やさぐれモード続行中なので、此処は1つ、


お互い大人になって無益な争いはしないように致しましょう。(礼)


開いた側から閉鎖した時考えるのも何だかアレなのですが。(苦笑)



世の中沢山楽しいブログ有りますから、こんな所に拘って貴重な時間割かんでも良いんじゃないかとね。(笑)


自分はそのジャンルによってキャラ器用に変えられる、言ってみりゃ『女優』なんで(苦笑)、観ている方は「どれが本性か?」「本音はどう思ってるのか?」不安になったりしたりもするでしょうが、どれも自分で、本音です。(笑)


清も濁も併せ持った、普通の人間なんですよ、要するに。
全部受け入れろとは流石に申せませんが、取敢えず存在を許して頂けると嬉しいですねv



長々とした前置き、お読み頂き有難う御座いました。(礼)



【おまけ:本日のQ&A】


Q: このブログって何のブログなんですか?


A: ゴメン、俺にもよく解らないんだ…

コメント (10)