「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。インフル10/1~接種開始。

小坂クリニックの来年2020年の健康標語 入賞作品の発表

2019-11-29 10:20:17 | 小児医療
 2020年の当院の健康標語を決定致しました。

 素晴らしい標語ばかりで、選考に大変悩みました。毎年、たくさんのご応募を、ありがとうございます。心から感謝申し上げます。

 2020年もご家族全員の健康な一年を支えていけますように、当院もスタッフ一同、小児医療・病児保育・子育て支援の各事業に励んで参る所存です。

 『予防接種泣かずに終えて誇らしげ』、医療現場での子ども達の頑張りに私たちも応えて行きたいと思います。


    <2020年 健康標語 入賞作品>

最優秀賞  『予防接種泣かずに終えて誇らしげ』        N.Y様(6歳) 
 
準優秀賞  『ごあいさつ きちんとできたね 金メダル』    T.A様(41歳)
 
優秀賞   『すいみんをとってげんきになろう 』       O.K様(6歳)

優秀賞   『元気はね 余るくらいが ちょうどいい』     T.F様(40歳)

優秀賞   『えいようとって いつもてあらい うがいします』 K.T様(4歳)

優秀賞   『選手村のある街はみんな元気!』         T.K様(43歳)

優秀賞   『あきらめない 健康 家庭 仕事 人生』     M.T様(6歳)

優秀賞   『ゆめにむけ元気いっぱい月島っ子』        A.K様(8歳)


 来年も募集いたします!

 たくさんの御応募お待ちしております。
コメント

小坂クリニックのお知らせ:11/30(土)8:30-9:30及び11:30-12:30、 12/1(日)9:00-13:00急病対応実施/フルミスト入荷決定へ/例年通り12月31日まで診療いたします。

2019-11-29 06:48:48 | 日程、行事のお知らせ

こんにちは、小坂クリニックです。

 いよいよ、12月へ。今年もわずかとなってまいりましたが、どうか、一年の集大成が出来ますように。たいへん寒くなってきました。風邪の子も増えてきています。
 病児保育含め、スタッフ一同、子ども達の健康を支えて参る所存です。また、例年通り、年内は、12月31日まで、診療いたします。

 11/30は、月島第二小学校110周年・月島第二幼稚園65周年の記念式典が挙行されます。おめでとうございます。同校は、中央区の特別支援学級の取組みを担いとても重要です。これからも歴史と伝統が受け継がれていくことを祈念いたします。

 さて、おなかの風邪が増えてきました。咳の風邪もやや多いです。喘息の発作の子もいます。
 手足口病など夏特有のかぜが依然出ています。溶連菌も多いです。
 RSウイルス、マイコプラズマは少し出ています。局地的にマイコプラズマの流行にも気をつけてください。
 インフルエンザが出ており、学級閉鎖や学年閉鎖も局地的に出ています。先週よりは少し増加を見せています。爆発的な流行には入らないまでも、このままだらだらと続くかもしれません。
 水ぼうそうも局地的に出ています。

 

 〇インフルエンザ予防接種の接種を、実施中です。年内に2回を終わらせるのが理想です。

 〇チメロサールを含まないインフルエンザワクチンは、入荷が少々ありました。ご希望のかたは、予約時に申し出てください。なお、妊婦さんを優先に接種を振り分ける方針は引き続き続けます。 

 〇注射でない鼻への噴霧式インフルエンザワクチンであるフルミストが入荷が可能になりました。すでに入荷数に対して予約が埋まっており、現在、キャンセル待ちで受け付けております。

 
1、12月の日曜・祝日(1日(日)、8日(日)、15日(日)、22日(日)は、すべて急病対応致します。


11/30(土)8:30-9:30 11:30-12:30、

12/1 (日)9:00-13:00

 

2、診療時間の変更のお願い(病児保育は通常通り)

11月30日(土) 午前8:30~9:30、午後11:30~12:30

 

3、早朝予約枠(平日早朝7:15-8:15)の予約のとりかた

 この枠は、予約制で対応致します。

 インターネットで、19時までにご予約下さい。ネットが出来ない場合、当院に予約のお電話を下さい。
 なお、日曜、祝日の次の日の早朝予約は、カルテ準備の都合上、前日12時までに手続き下さい。

 診察券番号と生年月日でログインができます。

 https://www2.i-helios-net.com/pc/hw2_pc_login.php?MID=4825     

 早朝予約枠:平日 午前 7時15分~8時15分

 8時15分以降は、通常の受付順の診療となります。

4、発達相談、いじめ相談、不登校外来など、相談外来の時間を設けます。

 クリニックに、ご相談のお電話を下さい。

 準夜間診療枠(平日準夜間19:00-20:00)でもお受け致します。その場合は、同上のやり方で、ネット予約下さい。


4-2、進学に向けての公的支援について

 塾代20万円・受験料(高校受験27400円、大学受験8万円)の貸し付け(無利子、返済免除も有り)のご案内、連帯保証人1人必要(原則) 中央区社会福祉協議会03-3206-0506  


4-3、災害への備え 『災害時地域たすけあい名簿』のご登録と『個別避難計画』の作成を


 医療的ケア児・者含め災害時に避難をすることが困難で特に支援を必要とされるかたは、万が一に備え、『災害時地域たすけあい名簿』のご登録と『個別避難計画』の作成をすることが安心に繋がります。

 ご関心のある方、登録や作成について疑問やご相談がある方は、お気軽に当院までお問い合わせ下さい。

 


5、病児保育について:(幼児教育・保育無償化対象事業、還付申請に対応可能な領収書を発行しています。)

 お子さんの急な発熱、ご病気で保育園・幼稚園・小学校に登園・登校できない場合、病児保育でお預かりいたします。

 *利用当日でも登録は可能ですが、念のための事前登録をお勧め致します。
 
 *原則17時30分までですが、18時30分までの延長も可能です。当院にご連絡下さい。

 *土曜日の病児保育もまた、ご相談ください。

 *保育園での急な発病の場合、親御さんに代わって当院スタッフが、保育園に出向き、そのまま当院で病児保育へ移行することも可能です。

6、予防接種、乳幼児健診:午前11:30-午後1:00、午後3:10-3:30(診療時間内においても、実施可能)
 *インフルエンザ含め予防接種は、乳幼児は特に、小児科で実施を。痛くない努力をするとともに、同時に、順調な育ち、発達など含めフォローさせていただいております。

 *当院では独自にブックスタート事業と連動し、赤ちゃんに絵本をプレゼント致します。
 
 *乳幼児健診においては、全例にスクリーニング器機を用いた簡易視力検査を行い、弱視なども見落さぬようにチェックします。
 
 *土曜日、日曜日も予防接種や乳児健診をお受けいたします。

 *おとなの方の風しん抗体価検査及び風しんやMRの予防接種も致します。

 *シナジスの予防接種にも対応可能です。

 *抗体価のつき方に問題はございませんが、厚労省から通知があった件について
  母子手帳をご覧になられて、4種混合ワクチン欄に「4K23A、4K23B、4K23C、4K24A、4K24B、4K24C」のいずれかのシールが張られているかたが対象です。
  当院では、2018年5月~2019年2月ごろで接種されていると考えられます。
  ご不明な点は、当院までお気軽にお問い合わせ下さい。

 ⇒ 4種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ 製造番号4K23及び4K24系統)の一部有効成分が承認規格を下回り、製薬会社が自主回収された件(厚労省2019.10月)

 *子宮頸がんワクチンも対応いたします。医学的に重要なワクチンと認識しています。

7、インフルエンザ予防接種 接種実施中。

 今年はどうなるかわかりませんが、インフルエンザワクチンの供給量が、去年は不足しました。 
 また、いまでもインフルエンザは散発しており、インフルエンザの流行が、早くなることも予想されています。
 接種をお考えのかたは、お早めにされますことを、推奨させていただきます。
 13歳未満の小児のかたには、年内に4週間の間隔で、2回接種されることをお勧めしております。
 
小児:3000円/回(消費税込み)
成人:3000円/回(消費税込み)

*接種価格は、クリニックや病院によって値段は様々ですが、使用しているワクチンは、全て厚労省の検定済みのもので効果は同等です。
 その中で、できるだけご負担のないような価格設定を当院は目指しています。昨年と同じ価格設定とさせていただきました。

*チメロサールを含まないものを使用していきたいと考えていますが、今年もまた供給が十分でなく、昨年同様にチメロサール入りとなることをご了承願います。
 あきらめずに、なんとか、チメロサールを含まないワクチンの入手を頑張る所存ではあります。
 現在のところ、チメロサールを含まないワクチンは、まず、妊婦さんを優先に接種を振り分けさせていただきます。

*注射でない、フルミストの供給が可能になりました。

 接種の予約状況につきましては、現在、キャンセル待ちです。
 ご予約いただいた皆様の接種開始は、入荷日確定後ご案内いたします。

⇒ 2019年11月25日現在の当院のフルミストの入荷の状況について:12月中旬頃の入荷予定

 

8、毎年恒例、クリニックの来年度の標語、たくさんのご応募ありがとうございました!

 2020年の当院の健康標語を決定致しました。

 素晴らしい標語ばかりで、選考に大変悩みました。最優秀、準優秀賞作品は、2020年カレンダーに掲載、入選された皆様全員に図書券をプレゼントさせて頂きます。

 毎年、たくさんのご応募を、ありがとうございます。心から感謝申し上げます。

 2020年もご家族全員の健康な一年を支えていけますように、当院もスタッフ一同、小児医療・病児保育・子育て支援の各事業に励んで参る所存です。

 『予防接種泣かずに終えて誇らしげ』、医療現場での子ども達の頑張りに私たちも応えて行きたいと思います。


  <2020年 健康標語 入賞作品>

最優秀賞  『予防接種泣かずに終えて誇らしげ』        N.Y様(6歳) 
 
準優秀賞  『ごあいさつ きちんとできたね 金メダル』    T.A様(41歳)
 
優秀賞   『すいみんをとってげんきになろう 』       O.K様(6歳)

優秀賞   『元気はね 余るくらいが ちょうどいい』     T.F様(40歳)

優秀賞   『えいようとって いつもてあらい うがいします』 K.T様(4歳)

優秀賞   『選手村のある街はみんな元気!』         T.K様(43歳)

優秀賞   『あきらめない 健康 家庭 仕事 人生』     M.T様(6歳)

優秀賞   『ゆめにむけ元気いっぱい月島っ子』        A.K様(8歳)


 来年も募集いたします!

 たくさんの御応募お待ちしております。


9、イベント
「支えあいのまちづくり協議体」が作られるとのこと、中央区社会福祉協議会地域ささえあい課

12/3(火)~9(月) 「障がい者週間」

11/16(土)~12/15(日) 東京都エイズ予防月間、12/1 WHO 「世界エイズデー」/ HIV(エイズ)・性感染症検査 匿名・無料 予約制03-3541-5930中央区保健所

11/12(火)~25(月) 女性に対する暴力をなくす運動

⑤11月は、児童虐待防止推進月間

歳末たすけあい募金 運動期間12/1(日)~12/31(火)

⑦12/4(水)~12/10(火)人権週間

 

10、五輪を契機に「一校一国運動」のさらなる充実を

 中央区のすべての幼稚園・小学校・中学校で、国際理解教育がなされています。さらなる充実を考えて参ります。

11、月島の大規模再開発問題について

 東京高等裁判所2019.11.07法廷にて、中央区がなした月島三丁目南地区再開発に関する「都市計画決定」には「処分性」をみとめていただけるように、意見陳述を致しました(パネル使用)。

 記者会見映像; http://www.news-pj.net/movie/84672

 現在建設工事中のもの(503戸)に続き、月島三丁目に190m~200m級がさらに2棟(723戸と1384戸)計画されています。規模が大きすぎ、月島第一小学校の教室が大幅に不足するなど社会インフラの整備がまったく追い付いていません。月島第一小学校校庭に増築スペースの余裕はありません。

 電源が地下にあり、武蔵小杉と同じ浸水被害への脆弱性など建物自体の問題点も多数あり改善が求められます。

<教育委員会の試算>

12、中央区政について:

 来年度令和2年の予算構築に向け意見しました。⇒ 中央区2018年度(H30)決算に対する区議会決算特別委員会審議(2019年令和元年10月)を通して、2020年度(令和2年度)予算の構築を考える、子ども政策を基本に据えて(根拠資料添付)

 今後は、申し述べている点を中心にさらに具体の施策を進めて参る所存です。

 ①障がいのあるかたやご高齢のかたの災害時の『個別避難計画』のひとりひとりの整備

 ②がん治療などで、抗体を失った子へのワクチン再接種の導入を。

 ③子どもの育ちに重要な成育基本法施行令案に対し、意見書を厚労省に届けました。⇒ 成育過程にある者及びその保護者並びに妊産婦に対し必要な成育医療等を切れ目なく提供するための施策の総合的な推進に関する法律施行令案(仮称)に関する意見

 ④がん対策基本法の着実な実施 第3期がん対策推進基本計画(H30.3.9閣議決定)。中央区も、がんに罹患された方々を支える支援のさらなる充実を。

 ⑤包括的な相談窓口の開設 中央区の来年度の予算付けでも最重要項目のひとつ:地域福祉の課題について相談体制の強化

なども重要課題と認識しています。

13、選手村を抱える中央区の交通問題・安全対策等の課題

 ①選手村セキュリティ内にある臨港消防署の緊急出動動線の確保および消防官の増員

 ②晴海一丁目町内への五輪バス車両の流入をなくす

 ③環状二号線「豊洲⇒築地間封鎖」に伴う市場関係車両のスムーズな晴海通りへの誘導

 ④黎明橋公園通りの生活者優先の措置

 ⑤勝どき駅のこれ以上の混雑をなくすためUAC(ボランティアに物品を配布する施設)を他の場所に移転させるなど含めた抜本的な見直し

 ⑥晴海通りの渋滞のできる限りの軽減

 ⑦新大量輸送機関BRTのスムーズな運転開始

 ⑧保安要員の十分な配置

 ⑨選手村周辺トラブルの対応電話窓口の一本化

 ⑩環状2号線西側歩道の封鎖をやめ東側同様に通過を可能にすること

 など、安全対策、区民生活に支障を来さない対応につき、議論を深める所存です。

〇最新の状況 ⇒ https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/c/277e8b9e9eb5104506faa58e66fce64e


14、11月補正予算、11月議会の進捗など

〇 子ども達のICT環境整備が前進、11月補正予算(中央区議会第4回定例会)3億907万8千円債務負担行為の形で計上!

 

〇環境アセスメント手続きにおける公聴会で小児科医師の観点から公述致しました。

「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」に関する環境アセスメント意見書(子ども達が健やかに育つ環境を将来に引き継いでいくべき小児科医の立場から)

公文書管理へ大きな前進!民事裁判記録の廃棄停止 最高裁、全国の裁判所に指示2019.11.18付。

東京都の皆様へ、東京にはカジノ不要。都知事選の重大争点。ほとんどの医師が、現段階で日本でのカジノ解禁は、慎重にすべきものと考えているのではないでしょうか。

2019.11.25 中央区議会 第四回定例会 一般質問第一日目のメモ。



15、最重要の3つの計画の改定、パブコメ実施の際には、それぞれにご意見を中央区へお届け願います。

①『教育振興基本計画』https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/kyouikuiinkai/kyogikai/kentouiinkai/_user_kyosyomu_time_20190711.html

⇒ 今後10年間の中央区の教育の方向性を決める重要な『教育振興基本計画2020』の策定作業中。「中間まとめ」(案)をお示しします。今後パブコメ有り。
 

②『第2期子ども・子育て支援事業計画』https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/keikaku/kodomokosodatekaigi/index.html

⇒ 子どもの育ちを支える最も重要な計画の一つ『第二期 中央区 子ども・子育て支援事業計画』の 「中間報告」(素案)が 出されています。今後パブコメ有り。

③『保健医療福祉計画https://www.city.chuo.lg.jp/kenko/tiikihukushi/fukushi_keikaku_suishiniinkai/kaigi_kaisaizyoukou/reiwagannendo/_user_fkanri_time_.html


⇒ 地域福祉の向上のためには、欠くことのできない最重要の計画のひとつ『保健医療福祉計画』が改定作業中です。次回第四回推進委で、中間報告(案)が出されてくる予定。


小坂和輝メール:kosakakazuki@gmail.com      


以上

コメント

公文書管理へ大きな前進!民事裁判記録の廃棄停止 最高裁、全国の裁判所に指示2019.11.18付。

2019-11-28 10:22:58 | 情報公開請求、公文書管理

 公文書をしっかり保存・管理し検証作業ができることは、何事においても大事なことです。民主主義であり続けるための大事な土台のひとつでもあると考えます。

 裁判所の取組の前進に期待を致します。

 あわせて中央区にも期待をするところです。


*******東京新聞2019.11.28*******

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201911/CK2019112802000137.html

民事裁判記録の廃棄停止 最高裁、全国に指示 近く保存範囲指針

2019年11月28日 朝刊




 戦後の憲法裁判の記録が多数廃棄されていた問題で、最高裁は全国の裁判所に対し、あらゆる民事裁判記録の廃棄を一時停止するよう指示した。どのような範囲の裁判記録を重要資料として保存するか、指針となる「運用例」を近く示すとし、それまでの暫定的措置という。

 最高裁の規定は、民事裁判の記録を原則五年保存後廃棄とする一方、重要な裁判記録は「特別保存」として事実上永久保存するよう義務づけている。ところが、一審で自衛隊違憲判決が出た長沼ナイキ訴訟など、憲法判例集に掲載された重要裁判の記録の大半が廃棄されていたことが共同通信の調査で八月判明。識者や関係者が批判し、最高裁は同月、全国の裁判所の保存実態調査に着手していた。

 廃棄停止の指示は十一月十八日付で全国の高裁、地裁、家裁宛てに出された。特別保存する必要があるか否かを各裁判所で適切に判断する必要があり、特別保存の「運用例」を最高裁が連絡するとした上で、各裁判所は裁判記録の廃棄を「原則として留保」するよう求めた。

 最高裁の村田斉志総務局長は十五日の衆院法務委員会で、重要な裁判記録の保存に「運用上の問題があった」と述べ、見直す考えを示していた。憲法裁判の記録を巡る調査では「憲法判例百選第6版I、II」(有斐閣)掲載事例のうち、検察庁が保存する刑事事件を除く百三十七件中百十八件(86%)が廃棄、保存十八件、不明一件だった。

 判決文など結論文書はおおむね残されていたが、審理過程の文書が失われ、検証ができなくなっていた。



*******東京新聞2019.11.27*******
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019112701001785.html

民事裁判記録の廃棄停止 最高裁、全国の裁判所に指示

2019年11月27日 18時34分


 戦後の憲法裁判の記録が多数廃棄されていた問題で、最高裁は27日までに全国の裁判所に対し、あらゆる民事裁判記録の廃棄を一時停止するよう指示した。どのような範囲の裁判記録を重要資料として保存するか、指針となる「運用例」を近く示すとし、それまでの暫定的措置という。

 最高裁の規定は、民事裁判の記録を原則5年保存後廃棄とする一方、重要な裁判記録は「特別保存」として事実上永久保存するよう義務づけている。

 指示は11月18日付で全国の高裁、地裁、家裁宛てに出された。

 憲法判例集に掲載された重要裁判の記録の大半が廃棄されていたことが共同通信の調査で8月、判明していた。

(共同)

コメント

ACPの考え方の普及は、大事な福祉保健医療分野の課題の一つ。

2019-11-28 10:19:02 | 医療

 ACP(アドバンス・ケア・プラン、人生会議)の考え方「人生の最後をどのように遂げたいか本人の意思を事前に確認する作業」の普及は、大事な福祉保健医療分野の課題の一つ。

 その中での事件であり、メモしておきます。

⇒ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191126/k10012192071000.html

コメント

重要:「(旧)こどもの城」の改修計画!「都民の城(仮称)改修基本計画」の策定に向けてパブリックコメントを東京都へ、募集〆切12/21(土)当日消印有効。

2019-11-28 10:02:01 | 意見書提出

 大切なパブリックコメントゆえ、シェアさせていただきます。募集期間:令和元年11月22日(金曜日)から令和元年12月21日(土曜日)まで(郵送は当日消印有効)。
 なお、最終日は、〝必着〟ではなく、〝当日消印有効〟と東京都は配慮下さっています。


********東京都HP*********

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/11/22/07.html?fbclid=IwAR16TKn-IGmE928aWVg8nFDcLBEP9ulEwlordFGDR4uzROOSRRHWVvSxIaw

コメント

「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」に関する環境アセスメント意見書(子ども達が健やかに育つ環境を将来に引き継いでいくべき小児科医の立場から)

2019-11-27 17:49:52 | 意見書提出

「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」に関する意見書

 東京都中央区月島で小児科クリニックを開業しております小児科医師の小坂和輝と申します。気候変動から地球環境を守り、子ども達が健やかに育つ環境をこれからも残していくべき小児科医師の立場から、今回の「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業(以下、本件事業)」に対して意見を申し述べます。環境影響評価条例の趣旨を生かし、環境への配慮がなされることで環境保全がなされるようお願い申し上げます。

 資料として、令和元年6月11日開催の中央区議会環境建設委員会で配布された「令和元年度(中央区内における)再開発事業等の取組」と題する資料(以下、「添付資料」という。)のコピーを添付致します。添付資料からは、現在中央区内には、大規模な再開発事業が29進行中であることがわかります。添付資料の中で、No.6が本件事業となります。

 

【意見1】風環境が大幅に悪化しており、本件事業の建物高さを低くすることや規模を小さくすることなど抜本的な対策を求めます。
 もし、本件事業を、当初案のまま続行する場合には、建築後の「事後調査報告書」において、領域Dが出現する場合には、都及び事業者が責任を持って対応をすることを求めます。

 

理由:建設後(対策前)に風環境評価指標で、「好ましくない風環境」である風環境評価指標の「領域D:強風地域相当」が3地点出現し(評価書案 図7.5-8(2) 226頁)、建設後(対策後)にそれらは領域Cや領域Bに軽減しています。建設後(対策後)に、他の場所、例えば外堀通り内などで、領域Dが移動をして発生している可能性もあります。

また、風環境は、領域Aが、建設後(対策後)が、建設前から5地点減少し、領域Cは、建設後(対策後)が建設前から8地点増加しており、風環境について大幅な悪化が認められています(評価書案 223頁、表7.5-5(2))。

 従って、本件事業の建物高さを低くすることや規模を小さくすることなど抜本的な対策を求めます。

なお、「領域D」「強風地域相当」の3地点が、対策後に消失した部分については、どのような防風対策をしたのかを具体的に詳細に記述をお願いします。









【意見2】環境影響評価において、「工事の施行中の建設機械の稼働に伴う二酸化窒素が0.069ppm」(評価書案 表7.1-36、また、「工事用車両の走行に伴う騒音が64~71dB」(評価書案 表7.2-23であり、環境基準を超えた数値が出されています。再度、工事日程を調整するなど対策をとった上で、環境基準内にそれら数値を押さえることを求めます。前述の風環境において、対策後に領域Dが消失した記述があるように、大気汚染及び騒音の環境基準超過箇所にも対策をして、環境基準内におさめたことの記述をお願いします。もちろん、どのように対策をしたかの記述も具体的にお願いします。

 

理由:添付資料で分かる通り、この再開発事業だけならまだしも、同時期に、多数の再開発事業が日本橋川周辺でなされます。「塵(ちり)も積もれば山となる」と言われますように、それらが複合的に合わさって大きな環境負荷をかけることをたいへん懸念しています。ゆえに、それぞれの再開発が、少なくとも環境基準内で抑えることが重要と考えています。それこそが、この環境影響評価をすることのひとつの重要な意義ではないでしょうか。

 大気汚染については、見解書の記載において、最新の排出ガス対策型建設機械の導入を何台したかなど具体的な対策の記載を求めます。

大気汚染において「事後調査報告書」を取りまとめるということであるが、大気汚染も、騒音・振動も都民生活に密着しており、事後調査中の基準の超過があった場合、工事を止めて再点検をするなど、きめ細かく東京都が指導に入れるように庁内連携をお願いいたします。

 



【意見3】「調査計画書」を再度作成する段階に立ち戻り、環境影響評価を行うことを求めます。

 

理由:本来、東京都の環境影響評価は、「調査計画書」を作成・検討し、その後、「評価書案」を作成・検討、最終的に「評価書」を作成していく流れになっています。ところが、本件事業は、「調査計画書」のプロセスを省略しています。現在の条例の規定に沿ったとは言え、延べ床面積18万㎡を越し、高さも233m、工期を2023年度から2035年度と12年間の長期間の工期をかける大規模な施設を建設するため、慎重に環境への負荷を検討するべきであり、「調査計画書」の段階を省くことはできないと考えます。

 

【意見4】本件事業単体ではなく、「首都高速都心環状線の地下化(神田橋JCT~江戸橋JCT)」含め、日本橋川周辺の同時期の大規模な少なくとも6事業を一体として、環境影響評価を行うことを求めます。

 

理由:日本橋川周辺には、本件事業以外に再開発事業は、以下の4地区(①~④)が少なくとも進行中であり、首都高地下化をする事業もあり、少なくとも合計6事業がほぼ同時期に進んで行きます。

①日本橋一丁目1・2番街区(所在地 日本橋一丁目1、2番) 敷地面積6600㎡ 図面No.1

②日本橋一丁目中地区(所在地 日本橋一丁目4~12番) 敷地面積24600㎡ 図面No.2

③日本橋一丁目東地区(所在地 日本橋一丁目14~17番、18番の一部、20、21番)敷地面積9300㎡ 図面No.3

④日本橋室町一丁目地区(所在地 日本橋室町一丁目5番の一部、6、8番)敷地面積6830㎡ 図面No.5

 

 これら6事業がそれぞれに規模が大きく、現実的には総体として周辺地域への環境負荷を及ぼすこととなるため、6事業を合せた形での環境影響評価を行うべきと考えます。

 少なくとも、これら事業の影響も加味して、本件事業の環境影響評価を行うべきと考えます。


【意見5】工事用車両走行ルートは、「日本橋」の橋梁や中央通りを通過しないことを求めます。

 

理由:工事用車両走行ルートが、「日本橋」の橋梁や中央通りを通過することが示されています(見解書 25頁と26頁、図3.3-1(1)と同(2))。中央通りは、特に、中央区の商業観光の中心である場所であり、訪れる方々が、極力、工事車両の騒音や排ガスに暴露しないようにして、「日本橋」の橋梁を中心に楽しめるようにするため、走行ルート変更を求めます。人通りも多く、交通事故などを防ぐためにもよろしくお願い致します。

【意見6】排水において、トイレからの糞尿の負荷が多大になることからすると「水質汚濁」の項目も、環境影響評価に入れることを求めます。

 

理由:「水質汚濁」の項目の評価がなされておりません。糞尿は、結局、下水道から公共下水道に流されていくことになります。公共下水道が合流式のため、水質汚濁の原因の一つとなりますので、評価に入れることを求めます。(参照 評価書案の概要 23頁 図5.2-9)

 



【意見7】日本橋川沿いの空間を活かすために、日影や建物の圧迫感がないように建物の位置に配慮することを求めます。

 

理由:本事業の基本的な目標・方針自体、日本橋川交流拠点の象徴を謳っています(評価書案16頁)。

【意見8】施行区域内で、エネルギーをまかなうZEB(Net Energy Building、ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)の取組みを行うことを求めます。

 

理由:延べ床面積18万㎡と大規模な開発であり、排出する温暖化ガスも多量となることが考えられます。(熱源計画 評価書案の概要 19頁)

 本件事業の基本的な目標・方針にある環境負荷を減らすために(評価書案16頁)、同取組を求めます。

 

【意見9】本件事業で建設された施設・建築物を、耐用年数が過ぎて取り壊す際に、どれだけ廃棄物が出るかの評価も併せて行うことを求めます。

 

理由:大規模な建築物であり、耐用年数後の取り壊しにおいても、多量の廃棄物が出ることが明らかです。それらも併せて、全体で評価をすることが、後の世代への環境負荷を減らすためにも重要だと考えます。

 

【意見10】日本橋川周辺へは、日影をさける更なる配慮をお願いいたします。

理由:日本橋の橋梁付近はじめ日本橋川の川沿い空間において、日影時間が、周辺開発建物も含めるとかなりの時間がかかることとなります。せっかく首都高を地下化して上空を取り戻したのであるから、ぜひとも、太陽のある上空であることを願います。(参照 評価書案 181頁、表7.3-9)

 

以上

 

コメント

2019.11.27「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案及び見解書に係る都民の意見を聴く会

2019-11-27 09:29:10 | 意見書提出

 私も、公述して参ります。

*********東京都HP*******
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/assessment/reading_guide/oshirase/358_yaesu1kita_ken.html

「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案に係る見解書が提出されました。
ページ番号:506-799-602

更新日:2019年10月17日

「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案に係る見解書の縦覧
図書はこちら

1 期間 
 令和元年10月11日(金曜日)から同月30日(水曜日)まで
(日曜日、土曜日及び祝日を除く。)

2 時間
 午前9時30分から午後4時30分まで

3 場所
 (1)中央区環境土木部環境政策課(中央区築地一丁目1番1号)
 (2)千代田区環境まちづくり部環境政策課(千代田区九段南一丁目2番1号)
 (3)東京都環境局 総務部環境政策課(新宿区西新宿二丁目8番1号 都庁第二本庁舎19階)
 (4)東京都多摩環境事務所管理課(立川市錦町四丁目6番3号 東京都立川合同庁舎3階)

4 閲覧
 前記の縦覧を補うため、次の場所において、縦覧図書を閲覧に供する。

(1)中央区
  日本橋特別出張所(中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号)
  月島特別出張所(中央区月島四丁目1番1号)
  京橋図書館(中央区築地一丁目1番1号)
  日本橋図書館(中央区日本橋人形町一丁目1番17号)
  月島図書館(中央区月島四丁目1番1号)

(2)千代田区
  麹町出張所(千代田区麹町二丁目8番地)

5 問合せ先
 〒163-8001 新宿区西新宿二丁目8番1号 都庁第二本庁舎19階
 東京都環境局総務部環境政策課環境アセスメント担当 
 電話:03-5388-3406

「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案及び見解書に係る都民の意見を聴く会
1 都民の意見を聴く会
(1)日時
 令和元年11月27日(水曜日)午後1時30分開始
 ※ 午後1時から傍聴券の配布開始

(2)場所
 千代田区立スポーツセンター 8階 第3集会室(千代田区内神田2-1-8)

(3)傍聴
 当日直接会場へお越しください。
 なお、公述人の申し出がない場合は中止いたします。事前にお問い合わせください。

2 都民の意見を聴く会の公述人募集
(1)人数
 25人程度(多数の場合は抽選)

(2)申出
氏名(ふりがなを付すこと。)、住所、電話番号、公述要旨、事業名を記入し、持参または郵送(様式自由)
(法人その他の団体を代表して意見を延べる場合は、名称、代表者の氏名及び東京都の区域内に存する事務所又は事業所の所在地並びに都民の意見を聴く会において意見を述べようとする者の氏名住所及び役職名並びに連絡先(自宅又は勤務先等の電話番号)を記載。)

(3)申出期間
 令和元年10月17日(木曜日)から同年10月31日(木曜日)まで(消印有効)

(4)申出先
 東京都環境局総務部環境政策課環境アセスメント担当(審査二ライン)
 〒163-8001  新宿区西新宿二丁目8番1号 都庁第二本庁舎 19階南側
 電話:03-5388-3453(直通)

お問い合わせ
このページの担当は総務部 環境政策課です。

コメント

東京都の皆様へ、東京にはカジノ不要。都知事選の重大争点。ほとんどの医師が、現段階で日本でのカジノ解禁は、慎重にすべきものと考えているのではないでしょうか。

2019-11-26 08:43:53 | 街づくり

 ほとんどの医師が、現段階での日本でのカジノ解禁は、慎重にすべきものと考えているのではないでしょうか。IR法成立以降、医療部分についてどれだけ議論が深まったのでしょうか。

 本日2019.11.26、朝のNHKで、カジノの問題が取り上げられていました。


 東京都も、名乗りをあげようという動きがあるようですが、少なくとも築地市場の跡地にはいりません。都知事選の重要な争点のひとつ。

 



コメント

2019.11.25 中央区議会 第四回定例会 一般質問第一日目のメモ。

2019-11-25 18:37:24 | 区政などの進捗状況

 2019.11.25、第四回定例会 一般質問のメモ。私は登壇はありません。

 発言者の皆様、理事者の皆様、お疲れ様でございました。

 いろいろ、学びましたことをメモまで。

 正式な議事録は、後日出るものでご確認を。



〇第一発言者

1、中央区の災害対策について

①災害時要援護者支援

区回答:今年度、防災拠点運営委員会訓練で3箇所、要援護者支援の訓練実施。
    安否を示すステッカー使用、安否確認訓練

②集合住宅への防災意識向上

区回答:震災時の手引き配布、優良マンション助成、防災マニュアル、マンション防災講演会


2、避難所の衛生・感染症対策について

①スフィア基準

区回答:理念を取り入れる

②感染症対策

区回答:『地域防災計画』に位置づけている

③防災拠点の備蓄品、特にマスク

区回答:避難所のマスク50枚は、医療従事者用。マスク必要な場合、新型インフルエンザ対策用備蓄30万枚を使用する。

④プライバシー確保

区回答:台風15号、19号の国、都の検討会を注視

⑤福祉避難所開設

区回答;区内12箇所。
    3日後に開設。障がいのある方の福祉避難所は、12時間以内に開設。
    施設の量は十分あると判断。


⑥住所をもたない方の避難所支援

区回答:住所要件は確認する。
    都の動向を注視

⑦液体ミルク

区回答:25℃以下で保存で備蓄に課題、正しい理解のため平常時の普及啓発、都や他区の動向を見る

⑧エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)

区回答:簡易ベッド10台配備
    段ボールベッドの初期配備は難
    リーフレット配布

⑨ペット同行避難

区回答:犬と猫で策定を進める
    共生推進員と連携
    獣医師会と協定



3、共生社会づくりについて

①インクルーシブ公園

区回答:必要性がある。整備を検討。

②受動喫煙防止

区回答:都の補助制度 公衆喫煙所設置補助など利用

4、出産と子育て等にかかる支援サービスの向上について

①出産

区回答:平成22年(2010年)聖路加助産院開設

②中央区版「ネウボラ」

区回答:妊娠出産子育て、一貫した支援

③産後ケア助成

区回答:産後ケア 平成29年(2017年)開始  H29 165件、H30 228件
    利用者アンケート満足
    誕生お祝い品で使える施設へ登録を働きかける、

〇第二発言者

1、防災対策について

①区民の防災意識向上
区回答:防災訓練、防災講演会

②ヤフー株式会社との災害協定締結

区回答:19号の際、一部の区で使えず
    安定性、信用性、情報の出されるタイミングの一致

③LINE公式アカウントからの情報配信

区回答:プッシュ型でよい、情報内容の重複

④大規模停電発生時の電力確保

区回答:東京電力と迅速に連携

⑤防災船着き場

区回答:防災船着き場の発災時の検討会で協議中
    月島地域は、川の流れが速く船着き場が難しいところがある。朝潮運河内、但し、大きな船舶無理。
    豊海、晴海五丁目、築地。

⑥本庁舎、集合住宅、聖路加国際病院での非常用自家発電機の点検及び備蓄燃料

2、行政改革について
①自治体間ベンチマーキング

区回答:スリムな執行体制、業務を絶えず見直していく。
    すぐれた学ぶきものは可能な限り取り入れる



〇第三発言者

一、環境問題について
①地球温暖化対策

発言者指摘:中央エコアクト かつて83企業が、31になり、52企業がやめている

区回答:都市のコンパクトし、都市全体として温暖化ガス排出削減している


二、豪雨災害への対策について

①マンションの水害対策

区回答:エントランスの止水板有効
    マンション備蓄
    アドバイザー派遣

②水害時の垂直避難

区回答:想定した地域に避難場所がある
    今後、マンション、民間施設も避難所として検討


三、共同建て替えについて

区回答:小規模では、資金準備に困難、事例多くない
    7月改定の地区計画で、小規模の共同建替えも利用可能で負担が軽減できる

四、聞こえのバリアフリーについて
①補聴器購入費助成
 区独自 65歳以上 3万5000円、

区回答:都の包括的補助制度を利用する

五、障害のある児童・生徒への支援について
①「ことばと聞こえの教室」の拡充

区回答:拡充含め、整えていく。

②相談体制

区回答:年度途中でも、相談に応じている。

六、放課後等デイサービスについて
①放課後等デイサービスの拡充

区回答:子ども発達支援センター開設にあわせ、15名から20名に拡大し、送迎サービスも行う。
    H29 2施設、H30 3施設。月島の申請もなされている。

②学習支援

区回答:個別支援計画を立てる。民間では、宿題の補助もしている。

③民間施設の質

区回答:研修で質の向上を、集団指導、個別相談実施、
    指導検査、第三者評価、自己評価などを行う。
    連絡会を立ち上げる。

以上

コメント

2019年11月25日現在の当院のフルミストの入荷の状況について:12月中旬頃の入荷予定

2019-11-25 12:36:41 | 小児医療
輸入代理業者から、本日11/25、フルミストの入荷に関する情報が入りましたので、お知らせ致します。
 
1、入荷日は、12月中旬頃となります。
 
2、ご予約されている皆様(予約番号がある皆様)には、全員に接種可能な本数が入荷されます。
 
3、入荷日が確定しましたら、再度お知らせし、接種日のご予約の受付を開始するように致します。
 
4、予約されている方がキャンセルされた場合、キャンセル待ちのかたに、順にお知らせし、ご予約されるかどうかご確認をさせていただきます。
 
以上
 
 たいへんご心配をおかけいたしておりましたが、入荷の目途が立ち、少々安堵致しております。
 引き続き、入荷日の確定等の動きがありましたら、お知らせをして参ります。
 
小坂こども元気クリニック・病児保育室
小坂和輝
03-5547-1191
コメント

五輪のレガシーとなるべきもののひとつバリアフリー。

2019-11-24 13:11:38 | 医療

 五輪のレガシーとなるべきもののひとつバリアフリー。

 企業も取り組まれています。

 IBMの例。
https://www.ibm.com/thought-leadership/smart/jp-ja/?cm_mmc=Display_N1114924.8650NIKKEI-_-Corporate+Advertising_Pillars-_-JP_JP-_-259163713_Tracking+Pixel&cm_mmca1=000027JP&cm_mmca2=10006704&cm_mmca4=259163713&cm_mmca5=123208915&cm_mmca6=AMsySZbfM5Jm38gnijiNRjzcdYMd&dclid=CMPn7fX8geYCFQMeKgoduHoMlQ


コメント

二酸化窒素および浮遊粒子状物質に関する環境基本法における規定の確認

2019-11-23 22:21:56 | 地球環境問題

○ 二酸化窒素に関する環境基本法における規定

→ https://www.env.go.jp/kijun/taiki2.html

 

○ 浮遊粒子状物質に関する環境基本法における規定

→ https://www.env.go.jp/hourei/01/000065.html

コメント

小坂クリニックのお知らせ:連休23(祝、土)9:00-13:00、24(日)9:00-13:00急病対応実施。25(月)と26(火)午後開始が6:30と遅れます(午前通常)。

2019-11-22 17:27:33 | 区政などの進捗状況

こんにちは、小坂クリニックです。

 12月も目前です。今年もわずかとなってまいりましたが、どうか、一年の集大成が出来ますように。寒い日も多くなってきました。風邪の子も増えてきています。病児保育含め、スタッフ一同、子ども達の健康を支えて参る所存です。

 特に、おなかの風邪が増えてきました。咳の風邪もやや多いです。喘息の発作の子もいます。
 手足口病など夏特有のかぜが依然出ています。溶連菌も多いです。
 RSウイルス、マイコプラズマは少し出ています。
 インフルエンザが出ており、学級閉鎖や学年閉鎖も局地的に出ています。爆発的な流行には入らないまでも、このままだらだらと続くかもしれません。
 水ぼうそうも局地的に出ています。

 

 〇インフルエンザ予防接種の接種を、実施中です。一回目お済みでしょうか。

 〇チメロサールを含まないインフルエンザワクチンは、入荷が少々ありました。ご希望のかたは、予約時に申し出てください。なお、妊婦さんを優先に接種を振り分ける方針は引き続き続けます。 

 〇注射でない、フルミストの供給が厳しい状況をお伝えさせていただきます。引き続き納品の働きかけはして参る所存です。

 
1、11月の日曜・祝日(3日(日)、4日(祝、月)、10日(日)、17日(日)、23日(祝)、24日(日))は、すべて急病対応致します。

11月

23(土、祝)9:00~13:00
24(日)9:00〜13:00

 

2、診療時間の変更のお願い(病児保育は通常通り)

11月25日(月) 午前通常通り 8:15~11:30、午後変更 6:30~7:00

11月26日(火) 午前通常通り 8:15~11:30、午後変更 6:30~7:00

11月28日(木) 午前通常通り 8:15~11:30、午後変更 3:30~6:00

11月30日(土) 午前8:30~9:30、午後11:30~12:30

 

3、早朝予約枠(平日早朝7:15-8:15)の予約のとりかた

 この枠は、予約制で対応致します。

 インターネットで、19時までにご予約下さい。ネットが出来ない場合、当院に予約のお電話を下さい。
 なお、日曜、祝日の次の日の早朝予約は、カルテ準備の都合上、前日12時までに手続き下さい。

 診察券番号と生年月日でログインができます。

 https://www2.i-helios-net.com/pc/hw2_pc_login.php?MID=4825     

 早朝予約枠:平日 午前 7時15分~8時15分

 8時15分以降は、通常の受付順の診療となります。

4、発達相談、いじめ相談、不登校外来など、相談外来の時間を設けます。

 クリニックに、ご相談のお電話を下さい。

 準夜間診療枠(平日準夜間19:00-20:00)でもお受け致します。その場合は、同上のやり方で、ネット予約下さい。


4-2、進学に向けての公的支援について

 塾代20万円・受験料(高校受験27400円、大学受験8万円)の貸し付け(無利子、返済免除も有り)のご案内、連帯保証人1人必要(原則) 中央区社会福祉協議会03-3206-0506  


5、病児保育について:(幼児教育・保育無償化対象事業、還付申請に対応可能な領収書を発行しています。)

 お子さんの急な発熱、ご病気で保育園・幼稚園・小学校に登園・登校できない場合、病児保育でお預かりいたします。

 *利用当日でも登録は可能ですが、念のための事前登録をお勧め致します。
 
 *原則17時30分までですが、18時30分までの延長も可能です。当院にご連絡下さい。

 *土曜日の病児保育もまた、ご相談ください。

 *保育園での急な発病の場合、親御さんに代わって当院スタッフが、保育園に出向き、そのまま当院で病児保育へ移行することも可能です。

6、予防接種、乳幼児健診:午前11:30-午後1:00、午後3:10-3:30(診療時間内においても、実施可能)
 *インフルエンザ含め予防接種は、乳幼児は特に、小児科で実施を。痛くない努力をするとともに、同時に、順調な育ち、発達など含めフォローさせていただいております。

 *当院では独自にブックスタート事業と連動し、赤ちゃんに絵本をプレゼント致します。
 
 *乳幼児健診においては、全例にスクリーニング器機を用いた簡易視力検査を行い、弱視なども見落さぬようにチェックします。
 
 *土曜日、日曜日も予防接種や乳児健診をお受けいたします。

 *おとなの方の風しん抗体価検査及び風しんやMRの予防接種も致します。

 *シナジスの予防接種にも対応可能です。

 *抗体価のつき方に問題はございませんが、厚労省から通知があった件について
  母子手帳をご覧になられて、4種混合ワクチン欄に「4K23A、4K23B、4K23C、4K24A、4K24B、4K24C」のいずれかのシールが張られているかたが対象です。
  当院では、2018年5月~2019年2月ごろで接種されていると考えられます。
  ご不明な点は、当院までお気軽にお問い合わせ下さい。

 ⇒ 4種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ 製造番号4K23及び4K24系統)の一部有効成分が承認規格を下回り、製薬会社が自主回収された件(厚労省2019.10月)



7、インフルエンザ予防接種 接種実施中。

 今年はどうなるかわかりませんが、インフルエンザワクチンの供給量が、去年は不足しました。 
 また、いまでもインフルエンザは散発しており、インフルエンザの流行が、早くなることも予想されています。
 接種をお考えのかたは、お早めにされますことを、推奨させていただきます。
 
小児:3000円/回(消費税込み)
成人:3000円/回(消費税込み)

*接種価格は、クリニックや病院によって値段は様々ですが、使用しているワクチンは、全て厚労省の検定済みのもので効果は同等です。
 その中で、できるだけご負担のないような価格設定を当院は目指しています。昨年と同じ価格設定とさせていただきました。

*チメロサールを含まないものを使用していきたいと考えていますが、今年もまた供給が十分でなく、昨年同様にチメロサール入りとなることをご了承願います。
 あきらめずに、なんとか、チメロサールを含まないワクチンの入手を頑張る所存ではあります。
 現在のところ、チメロサールを含まないワクチンは、まず、妊婦さんを優先に接種を振り分けさせていただきます。

*注射でない、フルミストの供給が厳しい件について
 ご予約されている方や、キャンセル待ちの方には、いただいたメールアドレスに既にお知らせをさせていただいておりますが、フルミストの供給が、米国で追いついておらず、最悪、納品がない可能性もあるとのことです。輸入代理業者と納品の働きかけは引き続きやって行きます。最新情報は今後ともお知らせをして参ります。
 念のため、注射のインフルエンザを一回接種され、待たれることが納品がない場合のリスク回避できる手法として一つおすすめいたします。

⇒ 2019年10月末現在のフルミストの入荷の状況について

 

8、毎年恒例、クリニックの来年度の標語、たくさんのご応募ありがとうございました!

2020年の健康標語 「予防接種泣かずに終えて誇らしげ」に決定させていただきました。

2019年の健康標語 「それぞれのメダルに向かって一歩ずつ」でした。

9、イベント
「支えあいのまちづくり協議体」が作られるとのこと、中央区社会福祉協議会地域ささえあい課

12/3(火)~9(月) 「障がい者週間」

11/16(土)~12/15(日) 東京都エイズ予防月間、12/1 WHO 「世界エイズデー」/ HIV(エイズ)・性感染症検査 匿名・無料 予約制03-3541-5930中央区保健所

11/12(火)~25(月) 女性に対する暴力をなくす運動

⑤11月は、児童虐待防止推進月間

歳末たすけあい募金 運動期間12/1(日)~12/31(火)

ボッチャ体験&福祉ちょこっと相談会 2019年11月23日(祝)午後1時~4時 月島区民センター1階会議室 対象:どなたでも、講師:パラリンピアン秋元妙美氏



10、五輪を契機に「一校一国運動」のさらなる充実を

 中央区のすべての幼稚園・小学校・中学校で、国際理解教育がなされています。さらなる充実を考えて参ります。

11、月島の大規模再開発問題について

 東京高等裁判所2019.11.07法廷にて、中央区がなした月島三丁目南地区再開発に関する「都市計画決定」には「処分性」をみとめていただけるように、意見陳述を致しました(パネル使用)。

 記者会見映像; http://www.news-pj.net/movie/84672

 現在建設工事中のもの(503戸)に続き、月島三丁目に190m~200m級がさらに2棟(723戸と1384戸)計画されています。規模が大きすぎ、月島第一小学校の教室が大幅に不足するなど社会インフラの整備がまったく追い付いていません。月島第一小学校校庭に増築スペースの余裕はありません。

 電源が地下にあり、武蔵小杉と同じ浸水被害への脆弱性など建物自体の問題点も多数あり改善が求められます。

<教育委員会の試算>

12、中央区政について:

 来年度令和2年の予算構築に向け意見しました。⇒ 中央区2018年度(H30)決算に対する区議会決算特別委員会審議(2019年令和元年10月)を通して、2020年度(令和2年度)予算の構築を考える、子ども政策を基本に据えて(根拠資料添付)

 今後は、申し述べている点を中心にさらに具体の施策を進めて参る所存です。

 ①障がいのあるかたやご高齢のかたの災害時の『個別避難計画』のひとりひとりの整備

 ②がん治療などで、抗体を失った子へのワクチン再接種の導入を。

 ③子どもの育ちに重要な成育基本法施行令案に対し、意見書を厚労省に届けました。⇒ 成育過程にある者及びその保護者並びに妊産婦に対し必要な成育医療等を切れ目なく提供するための施策の総合的な推進に関する法律施行令案(仮称)に関する意見

 ④がん対策基本法の着実な実施 第3期がん対策推進基本計画(H30.3.9閣議決定)。中央区も、がんに罹患された方々を支える支援のさらなる充実を。

 ⑤包括的な相談窓口の開設 中央区の来年度の予算付けでも最重要項目のひとつ:地域福祉の課題について相談体制の強化

なども重要課題と認識しています。

13、選手村を抱える中央区の交通問題・安全対策等の課題

 ①選手村セキュリティ内にある臨港消防署の緊急出動動線の確保および消防官の増員

 ②晴海一丁目町内への五輪バス車両の流入をなくす

 ③環状二号線「豊洲⇒築地間封鎖」に伴う市場関係車両のスムーズな晴海通りへの誘導

 ④黎明橋公園通りの生活者優先の措置

 ⑤勝どき駅のこれ以上の混雑をなくすためUAC(ボランティアに物品を配布する施設)を他の場所に移転させるなど含めた抜本的な見直し

 ⑥晴海通りの渋滞のできる限りの軽減

 ⑦新大量輸送機関BRTのスムーズな運転開始

 ⑧保安要員の十分な配置

 ⑨選手村周辺トラブルの対応電話窓口の一本化

 ⑩環状2号線西側歩道の封鎖をやめ東側同様に通過を可能にすること

 など、安全対策、区民生活に支障を来さない対応につき、議論を深める所存です。

〇最新の状況 ⇒ https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/c/277e8b9e9eb5104506faa58e66fce64e

〇2019年10月段階の選手村、交通環境の問題点 ⇨ 東京五輪における選手村中央区の交通問題について、考えること(2019年10月末日現在)

〇11月の委員会で意見した概要 ⇒ 中央区議会東京オリンピック・パラリンピック対策特別委R1.11.19質疑メモ:環状二号線晴海~勝どき間西側歩道通行不可の問題。小中学校へ五輪選手表敬訪問。交通問題対応電話開設。

〇 東京2020の成功に向け、東京都及び組織委員会の皆様へ 人が多く行き交う場合(マスギャザリング)に、感染症もまん延する可能性があり、予防接種などの対応を!日本感染症学会のホームページをご参照願います。

14、11月補正予算、11月議会の進捗

〇 子ども達のICT環境整備が前進、11月補正予算(中央区議会第4回定例会)3億907万8千円債務負担行為の形で計上!


〇 子どもの虐待防止に向けた連携の強化として、子ども家庭支援センターと警察が、児童福祉法に基づく情報共有に関し、協定を締結します。

⇒ 児童虐待対応で、一歩前進。子どもを守るために、中央区と区内警察の間における児童福祉法に基づく情報共有等に関する協定締結。

〇 所属する福祉保健委員会の11月委員会での質疑:本日保健福祉委質疑メモ:指定管理評価項目に福祉避難所整備の観点導入。児童虐待で子家センと警察との情報共有の協定/子どもの権利擁護のための第三者機関設置。親亡き後の生活支援ノートなど。

〇 城東小学校が入る再開発の状況: 八重洲二丁目地区 〝地域冷暖房施設〟の都市計画 公告・縦覧令和元年12月上旬、都市計画審議会令和2年1月下旬、都市計画決定告示令和2年下旬

〇 ほっとプラザはるみの温浴施設存続問題: 「ほっとプラザはるみ」の温浴施設存続問題。区の整備方針と、温浴施設の存続は、両立できるのではないでしょうか?


15、最重要の3つの計画の改定、パブコメ実施の際には、それぞれにご意見を中央区へお届け願います。

①『教育振興基本計画』https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/kyouikuiinkai/kyogikai/kentouiinkai/_user_kyosyomu_time_20190711.html

⇒ 今後10年間の中央区の教育の方向性を決める重要な『教育振興基本計画2020』の策定作業中。「中間まとめ」(案)をお示しします。今後パブコメ有り。
 

②『第2期子ども・子育て支援事業計画』https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/keikaku/kodomokosodatekaigi/index.html

⇒ 子どもの育ちを支える最も重要な計画の一つ『第二期 中央区 子ども・子育て支援事業計画』の 「中間報告」(素案)が 出されています。今後パブコメ有り。

③『保健医療福祉計画https://www.city.chuo.lg.jp/kenko/tiikihukushi/fukushi_keikaku_suishiniinkai/kaigi_kaisaizyoukou/reiwagannendo/_user_fkanri_time_.html


⇒ 地域福祉の向上のためには、欠くことのできない最重要の計画のひとつ『保健医療福祉計画』が改定作業中です。次回第四回推進委で、中間報告(案)が出されてくる予定。

 
16、災害への備え 『災害時地域たすけあい名簿』のご登録と『個別避難計画』の作成を

 医療的ケア児・者含め災害時に避難をすることが困難で特に支援を必要とされるかたは、万が一に備え、『災害時地域たすけあい名簿』のご登録と『個別避難計画』の作成をすることが安心に繋がります。

 ご関心のある方、登録や作成について疑問やご相談がある方は、お気軽に当院までお問い合わせ下さい。


17、書評

〇 『119』長岡弘樹著、文藝春秋 2019年第一刷

〇 次回(2020年1月中旬頃)の課題本、『夜間飛行』サン=テグジュペリ


小坂和輝メール:kosakakazuki@gmail.com      


以上

コメント

塾代20万円・受験料(高校受験27400円、大学受験8万円)の貸し付け(無利子、返済免除も有り)のご案内、連帯保証人1人必要(原則) 中央区社会福祉協議会03-3206-0506

2019-11-22 16:00:21 | 教育



コメント

歳末たすけあい募金 運動期間12/1(日)~12/31(火)

2019-11-22 15:54:43 | NPO・地域力

コメント