「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

川﨑の事件、不安な気持ちは、担任や養護、学校カウンセラーの先生、そして私達小児科医にご相談下さい。/病児保育鋭意実施中。

日本の農業政策・食料安保の大事な視点:自然や共同体を壊さない小規模農業の追及、種子法廃止・種苗法改正は食料安全保障を脅かす

2019-07-27 13:04:27 | 国政レベルでなすべきこと

 本日の毎日新聞が、日本の農業政策・食料安保に関連して大事な解説記事を書かれています。

 自然や共同体を壊さない小規模農業の追及を目指していくべき方向性の提示をされています。

 種子法廃止・種苗法改正は食料安全保障を脅かすことを書かれています。

 種子法廃止・種苗法改正は注視していく必要があります。
 問題意識のある自治体は、条例を作り日本の農業を守ろうとして下さっています。

*****毎日新聞2019.7.27*****


 

コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について9:消費税を0%にして財源は大丈夫?いえ、法人税率を消費税導入前の税率に戻すと30兆円を超える財源確保ができます。

2019-07-21 12:04:58 | 国政レベルでなすべきこと
 消費税を0%にすることで、財源が大丈夫かと批判するかたもおられると思います。

 いえ、「法人税を消費税導入前の税率に戻し収入に応じた負担にすれば、国税と地方税合わせて30兆円を超える財源を確保できる」と、元静岡大学教授 湖東京至税理士は述べられています。

 国際ジャーナリスト 堤未果氏の著書における議論を見ておきます。

 今後とも、社会保障財源の持続可能性が課題であり、考察を深めていきたいと考えます。


******『日本が売られる』堤未果(幻冬舎新書 2018年10月5日第1刷 2019年2月25日第14刷) ***********









コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について8:目指すべき日本社会のかたちについて、「リベラリズム」=「他人の自由を侵害しない限りにおいて各人の自由が存在しうる」

2019-07-21 01:48:46 | 国政レベルでなすべきこと
 売国や、やめるべき日本社会の現況を前に延べましたが、目指すべき日本社会のかたちを述べます。

 ノーベル経済学賞に最も近かった経済学者 宇沢弘文氏が、『社会的共通資本』岩波新書 2000年11月20日第1刷、2019年4月5日第25刷で述べられています。

 ノーベル経済学賞は手にしなくとも、宇沢氏は、時代の変換点において出されるローマ法王の回勅「レールム・ノヴァルム」の指導を1991年当時のローマ法王ヨハネ・パウロ二世にするという輝かしい功績があります。

 以下記載にある日本社会のかたちを目指すことのできると考えられる政党やひとをぜひとも、選んでください。

 宇沢氏は、いわゆる“自由主義”を「リベラリズム」とカタカナ表記をされています。

 いろいろな“自由主義”があるために、あえて英語発音のカタカナ表記をされています。

 宇沢氏の意味するところは、「他人の自由を侵害しない限りにおいて各人の自由が存在しうる」という意味の「リベラリズム」です。
 誤った解釈がなされがちである“自由主義”をとらえ間違えては決してならないと考えます。


********『社会的共通資本』**********



コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について7:やめるべき日本社会の現況について

2019-07-21 01:34:30 | 国政レベルでなすべきこと
 やめるべき日本社会の現況について、経済学者 金子勝氏は、近著『平成経済 衰退の本質』岩波新書 2019.4.19第1刷、同年6.25第4刷において、書かれています。

 該当箇所を抜粋致します。

 金子氏は、「バラマキのポピュリズム、「見せかけのポピュリズム」に続き、「無力化のポピュリズム」の中で、日本社会の現況を論じています。

 いまこそ、やめるべきではないでしょうか。


******『平成経済 衰退の本質』******************










コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について6:売国=「自国民の生活の基礎を解体し、外国に売り払うこと」を決して許さないひとを、ぜひとも選んでください。

2019-07-21 01:20:52 | 国政レベルでなすべきこと
 売国、「自国民の生活の基礎を解体し、外国に売り払うこと」が、水道、農地、種子、警察、消防、物流、教育、福祉、医療、土地などのモノやサービスを安定供給する責任を放棄して、市場を開放し、外国人にビジネスとして差し出すことが日本でもなされつつある。

 参院選では、売国を許さないひとをぜひ、選んでください。


 冷戦後、戦争の舞台は金融市場へと移り、デリバティブがあらゆるものを国境を越えた投資商品にした。エネルギー、温暖化ガス排出権、国家の破産、食糧、水等が投機の対象になり、外交では他国への攻撃力を持つ新しい大量破壊兵器になっている。
 外国籍企業群は民間商品だけでなく公共財産にも触手を伸ばし、土地や水道、空港に鉄道、森林や学校、病院、刑務所、福祉施設に老人ホームなどがオークションにかけられ企業に落札、企業は税金を使いながら利益を吸い上げる。トラブルがあったら、責任は自治体に負わせて速やかに国外に撤退をし、水源の枯渇や土壌汚染、住民の健康被害や教育難民、技術の流出や労働者の賃金低下等、本来企業が支払うべき社会的コストの請求書は、結局、納税者に押し付けられる。

 誰かが丁寧にわかりやすく説明をしてくれたら、国民は理解をするし、これはまずいと気付くことができるはずである。しかし、実際は、わかりやすい敵に目を奪われて、すぐ近くで息を潜めながら、大切なものを奪ってゆく別のものの存在を見落としている。政府は、わかりやすく説明をするどころか、わかりにくくさせているのではないかと、例えば、知らぬ間に法律の文言の原則と例外が逆にされたりしている。
 大手メディアが気付かなくとも、その現実を知り声高に叫ぶ方々もおられる。SNSが発達したから、一個人でも全世界に発信をすることが今や可能になっている。しかし、その発信が、ふたをあければ、自分の気が合う仲間とのやりとりだけで、反対の意見が入ってこなく、実際は広がりに欠けることに注意が必要である。日本でもSNSで盛り上がった政党が、選挙で惨敗をするパターンが少なくない。
 売国の例を知っていたとしてもそれらに警鐘を鳴らす具体的な行動がとれない事情のかたもおられる。それは、日々の生活に追われてのことであったり、子どものこと、親の介護、自らの病気や老いなど。それら自らの家庭や生活を犠牲にしてわざわざそのような行動をするかと言われれば、一人が動いたところでどうなるのかというあきらめもまた生じ、積極的に動くかたはまれであろう。

 気づいた方々の多くが行動した事例もある。その一方で、行政の側も一度決めたことは必ずやり遂げることを何度も目にして来た。18年6月カジノ法の成立の喧噪の中、ひっそり成立した「卸売市場法改正」では、公設卸売市場の民営化が進められている。市場は、食の安定供給に欠かせないものであると同時に、都市部に集めた富を、地方の生産者と商店街に戻すことで地域経済を循環させている大切な場所である。その中心的な存在が築地市場であった。築地騒動の本質は、単なる「移設問題」だけではなく、「物流センター」化させることで、仲卸業者を通さない直接取引を解禁させ企業の仕入れコストを最大限削減するなど物流の変革であった。その本質をも見通して仲卸業者は立ち上がり、デモをし、組合の長を取り、移転反対を支持する勢力が一時は都議会の多数を取ったが、結局は、18年10月豊洲へ移転した。現在、アスベスト飛散のモニタリングが不十分なままで、築地市場跡地では解体工事が進められている。

 「今だけ金だけ自分だけ」とも言える売国を止めるためにできることは、やはり、一人ひとりが声を挙げることだろうか。そのためには、自らの声が、決定プロセスに加わり、意味をなしたことの実感を得る体験をすることがまずは必要なのだと考える。実際に、イタリアでは、SNSやネットを有効に使い、市民参加型民主主義を目指す政党が8年で政権を取った実例がある。その政党の最も大事なポリシーは、地元のことは政治家に丸投げせずに、そこに住む当事者である住民達が決めることだという。特定企業や大口スポンサーに忖度する状況を作らないよう、選挙資金は専用アプリからの少額寄付で賄う。
 自らの声が決定プロセスに関わりその効果が直視しやすい基礎自治体なら売国の流れに抗うことも可能ではないか。18年の春から廃止された種子法を、自分たちの地域だけでも元にもどそうと種子条例を成立させた自治体は複数ある。50万人外国人労働者を受け入れに際し、基礎自治体が住居を提供したり現場の監督により労働環境改善の後押しができるはずである。
 まずは、起きていることがらをわかりやすく市民に伝え、市民誰からも声があがるような中学校単位の地域課題を話し合う住民協議会を一部の団体からだけでなく、多様な参加を可能にして継続的に運営をする中で、まさに当事者が決めていると実感することに繋がっていくと考える。コミュニティの再生があってこその売国への対策が始まる。

以上

参考文献:『日本が売られる』 幻冬舎新書 堤未果 
コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について5:民主主義を形だけで終わらせないこと

2019-07-19 23:30:00 | 国政レベルでなすべきこと

 国だけの問題ではありませんが、民主主義を形だけで終わらせては絶対になりません。 



********

コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について4:最低限の条件、公文書の管理ができること

2019-07-18 23:00:00 | 国政レベルでなすべきこと

 投票先の条件として、最低限の条件ではありますが、公文書の管理ができることが重要です。

 公文書管理の現状や、その見解を各紙で見て見ます。


******毎日********




******朝日********




コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について3:各政党のスタンス

2019-07-17 23:00:00 | 国政レベルでなすべきこと

 各政党のスタンスを見てみます。

 朝日新聞が以下、分析手法を用い、各政党のスタンスを分析しています。






 

 

 

 












コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について2:東京には、カジノはいらない。東京選挙区の各候補者のカジノについての考え方

2019-07-15 23:00:00 | 国政レベルでなすべきこと

 重要な政策のひとつ、カジノ誘致論。

 東京にはカジノは不要であると考えます。

 以下、東京選挙区のカジノへの考え方を見ておきます。

******毎日新聞2019.07.15******




 

コメント

参院選、大切な一票を投票するべき政党の条件について1:正確な信頼できる統計をつくることができる政党であって、統計結果をごまかさずに真摯に向き合えること

2019-07-11 18:20:00 | 国政レベルでなすべきこと

 大事な一票の投票先は、ぜひとも、国の政策を作る根幹の資料となる統計について、正確な信頼できる統計をつくることができる政党を選んでください。

 以下、なぜ、統計が大事なのか、日本経済新聞において、西村清彦教授(専門、理論経済学)が日本経済新聞で論じておられます。

 同日、朝日新聞において、蟻川恒正教授(専門、憲法学)も視点を変えて、論じておられます。

 なお、「約2000万円」という金融庁だけではなく、経済産業省でも、老後の必要な蓄えを「2895万円」としており、「政府の政策スタンス」ではないでしょうか?

 
*****日本経済新聞2019.07.11*******

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20190711&c=DM1&ng=DGKKZO4718149010072019KE8000 



*****朝日新聞2019.07.11*********




*****朝日新聞2019.06.28*********


コメント

水道の「公設民営」、最も慎重に審議しなければならない事柄のひとつです。

2018-11-30 11:00:00 | 国政レベルでなすべきこと
 水道の「公設民営」、最も慎重に審議しなければならない事柄のひとつです。

 国会での十分な議論を望みます。

********朝日新聞*****
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13791135.html

水道の「公設民営」、有識者ら弊害指摘 料金や情報開示 改正案審議
2018年11月30日05時00分

 水道法改正案を審議している参院厚生労働委員会で29日午前、参考人質疑があった。争点は水道事業を「民営化」しやすくする制度変更で、有識者から営利企業が運営を担う弊害への指摘が相次ぎ、午後の質疑でも質問が集中した。

 今回の民営化の手法は「コンセッション方式」と呼ばれ、自治体が公共施設の所有権を持ったまま、運営権を民間企業に売却できる制度。水道事業で導入する場合、自治体が事業認可を手放す必要があり、今回の改正案で認可を持ったまま導入できるようにする。給水の最終責任を自治体が負う形にして、導入を促す狙いがある。

 参考人質疑では、導入を検討している宮城県の村井嘉浩知事が「今の法律では完全民営化か完全公営化しか選択肢がない」と法改正を要望。水ジャーナリストの橋本淳司氏は、料金高騰や必要な設備投資が行われないといった海外の失敗例を挙げ、導入に反対した。

 午後の質疑でもコンセッション方式部分の削除を求める声が相次いだ。欧米では企業が情報開示に応じない事例があったとして、立憲民主党の川田龍平氏は「民営化によるブラックボックス化、金の流れが不明瞭になる」と問題視。社民党の福島瑞穂氏は、役員報酬や株主配当にいくら使われているのか情報開示されるのかを質問したが、厚労省は「財務状況や事業運営にかかる情報は確実に自治体に提出しなければならない」とだけ答えた。

 (姫野直行、阿部彰芳)
コメント

「他よりよさそう」?で、政権を選んで果たしてよいのか。諦め感を、打破するには。

2018-08-24 17:49:16 | 国政レベルでなすべきこと

 「他よりよさそう」?で、政権を選んで果たしてよいのか。

 諦め感を、打破するには、どうすれば、よいのだろうか。

 永井愛さんが述べられておられますが、「知る」ことから、始まるのだと思います。

 だからこそ、「知らせない」ように、公文書は、破棄されるようにする力が働きます。


***********朝日新聞20180824*******************






コメント

水道は、最も大切な公共事業のひとつ

2017-11-06 23:00:00 | 国政レベルでなすべきこと

 水道は、最も大切な公共事業のひとつであり、企業にまかせるべきものではないと考えます。

 法改正の行方に注目していきたいと考えます。

 

 

コメント

首都大学東京准教授 山下祐介氏による、内閣総理大臣安倍晋三氏宛て公開書面。憲法を守れないかたが、新たな憲法は作れないということ。

2017-11-02 23:00:00 | 国政レベルでなすべきこと

 首都大学東京准教授 山下祐介氏による、内閣総理大臣安倍晋三氏宛て公開書面。

 社会学を専門としてもつかたの視点から、大切な内容が書かれていると思います。

 私が大事だと思った箇所は、憲法を守れないかたが、新たな憲法も作れないという趣旨の部分。


********************
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53366 

安倍総理、あなたの読みは正しい…だからこそ警告したいことがある
どうかこの公開書面を見てほしい

山下 祐介

首都大学東京准教授
社会学

コメント

10月22日投票先を迷っているかたへ、「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、中島岳志さんと現代日本を読み解く政治学。江川紹子氏による論考。

2017-10-22 12:22:10 | 国政レベルでなすべきこと

 10月22日、投票先を迷っているかたへ、

 ひとつのよき指針を与えて下さるジャーナリスト江川紹子氏による論考です。


 

**********************************

江川紹子 ジャーナリスト


神奈川新聞記者を経てフリーランス。司法、政治、災害、教育、カルト、音楽など関心分野は様々です。

「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、中島岳志さんと現代日本を読み解く政治学

江川紹子 | ジャーナリスト 10/20(金) 19:32

⇒ https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20171020-00077161/ 

コメント