「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

いよいよ、来週7/12(月)第4回こどもカフェ:こどもと親との関係性を可視化する「オヤトコ診断」 講師:日本こども成育協会 大塚千夏子さん

2021-07-10 18:39:30 | 健康教育、ヘルスリテラシー

 子ども関連で、専門にされているかたがたと連携し、これだけは知っておいてほしいと考えますこどもの健康に関する情報を、「こどもカフェ」と名付けた時間をつくり、手作り発信しています。

 いよいよ、来週、第4回のお知らせです。

     記

第4回こどもカフェ

7月12日(月)12:15-13:00

テーマ
こどもと親との関係性を可視化する、
オヤトコ診断

講師:一般社団法人 日本こども成育協会 理事
   大塚千夏子さん

対象:子育て中のかた、子育てに関心のあるかた、保育士・幼稚園教諭・保育教諭などの他、子どもたちの育ちに関わっておられるかた、どなたでも参加可能です。

参加費:無料

お申込み:genkids1@yahoo.co.jpへ、件名「第4回こどもカフェ参加申し込み」として、①お名前と住所(差しさわりなければ市・区まで、例:東京都中央区)②ZOOM参加の際のメールアドレス③参加理由をご連絡願います。追って、ZOOMの接続URLをお伝え致します。

なお、ZOOMご参加の際は、顔出しの有無やハンドルネームはご自由に。


*次回予告、第5回こどもカフェ

8月16日(月)12:15-13:00

テーマ:コロナ禍のこどもの急病について

講師:私、小坂和輝

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「子どもの急病、どう対応?救急車を呼ぶべきは、こんなとき。( 阿真 京子氏 解説2016.2.10)」かかりつけの小児科医が、ご家族に行っていくべき最も大切な健康教育のテーマの一つ

2020-02-12 09:04:22 | 健康教育、ヘルスリテラシー

「子どもの急病、どう対応?救急車を呼ぶべきは、こんなとき。」かかりつけの小児科医が、ご家族に行っていくべき最も大切な健康教育のテーマの一つだと考えています。

 阿真 京子氏2016.2.10の解説。

 なお、急病の際に、平成16年度(2004年)から厚労省が実施の「子ども医療電話相談事業(#8000事業)」https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.htmlへも電話相談ができます。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナウイルスの知識を確認しよう!新型コロナウイルス検定。

2020-02-11 09:57:59 | 健康教育、ヘルスリテラシー

 感染症の専門の先生が、新型コロナウイルス検定を作って公開されています。

 基礎知識をご確認ください。

 2020.2.8作成⇒ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe-QfOfCCUm-8IoJWh6enPdeBuL4J2Ek5F8nQI6RY7iwCv_Cg/viewform

 

 こちらは、ラジオで新型コロナウイルスが解説されています。田中秀臣氏、村中璃子氏。

 2020.2.11放送 http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20200211062712

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン):小6~高1の女子を対象に、高額な費用のワクチンが無料で受けることができます。他のワクチン同様、健康被害への調査・救済措置は行政の責任で実施。

2020-01-28 08:42:28 | 健康教育、ヘルスリテラシー

 健康教育によって、ヘルスリテラシーをつけていくことが大切です。

 そのヘルスリテラシーを持って、選択をしていくべき重要な予防接種が、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)です。

 その是非は別にして、いろいろな意見があるという点で、記事を掲載させていただきます。

 現状、HPV予防接種のメリット・ディメリットを知る機会が十分でないところは、改善を急がねばならないと考えるもののひとりです。


●HPV接種の積極的勧奨を控えるという考え方:神戸新聞2020.1.26




●HPV接種の積極的勧奨を再開すべきという考え方:毎日新聞2020.1.27

 ぜひ、かかりつけ小児科医にも、HPV接種の是非について、御相談してみてください。

 信頼関係のあるかかりつけ医で、接種を行うことが、副反応を限りなくゼロにするうえで、最も重要な点であると、私は考えています。はじめての場所での極度の緊張状態での接種。副反応が生じた事例には、この要因が多分にあるのではないでしょうか。



以上


参考:ファクトチェック https://www.buzzfeed.com/jp/soutaromine/hpvv-mine-2

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする