「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。インフル10/1~接種開始。

コロナ禍、自死と向き合う。

2020-12-15 16:28:55 | 医療

 京大100人論文、

 私が、最も悩んだテーマ。

 自死の正当化に関し論じるテーマであったため、以下のように研究者とやりとりしました。


研究者からの発題:
演題名:自死を問う:生きる理由と死ぬ理由
1







私:自死の正当化を考えることができるのは、生があるからです。
  よって、自死の正当化はありえません。

研究者:このコメント、最初あんまり理解できなかったのですが、
    噛めば噛むほど、と言いますか
    読んでいるうちに確かに…?と思いました。
    でも生→死の変化って不可逆的かつ
    必ず起こるものなので、自分で
    そのタイミング選ぶ権利はあるのかな、とも思います。
    すごく刺さりました。ありがとうございます。

私:刺して、ごめんなさい。なお、「自分でそのタイミングを選ぶ権利」もありえません。
  自死されている方は、「権利行使」ではなく、自身の苦しみから逃れるためにやむを得ず、
  あたかも出口を探すかのように向かわれているのだと思います。
  真っ暗闇の中で、唯一光がさしている方向が、自死であるかのような。
  救急・集中治療医の先生が書かれていますように(下に添付)、「死に向かわせるまでの理由」があります。
  どうか、本研究により、それら理由を減らすことができるように生かして下さい。
  最も重要な研究テーマの一つです。
  がんばってください。

研究者:権利ではなく、それしか道がないときに自分で死ぬ、ということでしょうか?
    この研究(研究というより、今の自分の中のもやもやですが)が
    どういう形で死に向かわせる理由を減らすのか、見当がつきません。
    自分で書いていながらなんですが、難しいテーマだな、と思っています。
    ありがとうございます。 


私:例えば、学び続けることは、「死に向かわせる理由を減らしてくれる」と考えます(演題No.113参照、後掲)。
  本研究をされているときに、死にたいと思わなかったように。
 


 以下、研究者との議論のようす。



***********

 現場の救急・集中治療医のコメント



*********演題 No.113*****************




コメント

「社会的ケア関連 QOL 尺度 the Adult Social Care Outcomes Toolkit(ASCOT)の日本語翻訳:言語的妥当性の検討」

2020-12-05 17:43:16 | 医療

「社会的ケア関連 QOL 尺度 the Adult Social Care Outcomes Toolkit(ASCOT)の日本語翻訳:言語的妥当性の検討」

https://www.niph.go.jp/journal/data/67-3/201867030009.pdf

コメント

医学的見地からの合理的判断に基づき、ご高齢の方も、子どもも大人も、インフルエンザを予防していきましょう。厚労省の見解に対し現場はどうあるべきか。

2020-09-12 09:59:46 | 医療

 インフルエンザワクチンの予防接種について、お問い合わせを数10件かいただいています。

 当院は、ワクチンを確実に確保し、親御さんも含め例年通り鋭意接種を行っていく計画です。

 厚労省からは、以下のような通知が出されています。

 通知の意図するところについては、中央区行政にも伺ってみます。
 例えば、小児科の現場にとって、高齢者のインフルエンザワクチン予防接種を早められたとしてもなんら影響なく、10月から子ども達に同予防接種を開始できます。大人の内科の現場でも、今までも、10/1から高齢者へのインフルエンザワクチン接種を開始していたのではないでしょうか。


 医学的見地からの合理的判断に基づき、ご高齢の方も、子どもも大人も、感染症を予防していきましょう。

********厚労省ホームページ 抜粋************
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index_00011.html






 

コメント

9月15日開催です。中央区 第9回自立支援協議会

2020-09-11 10:16:35 | 医療

 大切な会議のひとつ、自立支援協議会が開催されます。

 親なき後の支援など、進めるべき課題が多くあります。

 

************************

https://www.city.chuo.lg.jp/kenko/sinsin/keikaku/jiritsushienkyogikai/jiritusienkyougikai.html




 

コメント

『親なき後 支援ノート』、群馬県手をつなぐ育成会からは、無料でダウンロード

2020-09-06 10:30:55 | 医療

 障がいのあるかたがたの親亡き後の支援、最重要課題のひとつです。

 支援ノートのひろがりや後見人のひろがりがカギを握っていると考えます。

 以下、ご紹介まで。

********以下 転載*************

【 支援ノート、拡がってくれてうれしい🤗🍀
9月5日の毎日新聞の夕刊の一面に
『親なき後 支援ノート』として
大阪市内の社会福祉法人さんが作成されたノートが紹介されていました✨
『つながりノオト』というそうです😊
これは、私が配布をお手伝いさせて頂いている『親心の記録®』とは全く別のものですが
私が常々お薦めしている“バインダー式”のようだし
実物を拝見したことはないのですが、とても書き易そうです✨
記事によると、このノートを作成された社会福祉法人さんが運営するデイやグルホの利用者さんの家族に配布されているそうで、
こうして、事業者様が主体となって『親なきあと』への備えのサポートをして頂けるのが、大変素晴らしいです✨
最近また『親なきあと』のキーワードをあちこちで見かけるようになりました。
今回もこうして大々的報じて下さることで
私たち障がい者の親きょうだいが直面する問題を
広く知って頂けるということだけでも本当に有難いです😊
私は『親心の記録®』はもちろんのこと、こうして独自で作成されたものも、どんどん普及して欲しいです🍀
障がいのある子をいきなり誰かに託すことになったら、
支援者さんたちが非常に困るし、何より子ども自身が、より不自由で辛い想いをすることになるかもしれません。
これまた記事によると、群馬県手をつなぐ育成会さまのものは、無料でダウンロードさせて頂けるとのことです✨
ノート式、バインダー式(藤井奈緒のお薦め)、PCでデータ入力してクラウド保存など、色んなやり方がありますが、
大切なのは、その人に合った方法で
最後までしっかり記入して準備しておくことだと思います🍀
扱いが大きくてすごくビックリしたけど
とっても嬉しい記事でした😊💖
もっと拡がれ~✨『親心の輪』🙆💕
 
以上
 
コメント

多種多様な専門家の意見への接し方。より安全になれるほうを選べるように、自らがメディア・リテラシーを着けることと及びかかりつけ医の助言。

2020-08-10 10:58:36 | 医療

 コロナ禍、専門家の意見にどのように接していくか、生命・健康に直結しているため、とても重要な課題になっています。

 三木義一青山学院大学名誉教授が、その問題点をご指摘くださっています。

 「科学的結論を政治がゆがめてはならない」、命題のうちのひとつとして持っており、三木先生のコラムを興味深く読ませていただきました。

 三木先生が、ご指摘のように、専門家の意見が、たくさん出てきて取捨選択に迷うこともあります。

 より安全なほうを、自らがメディア・リテラシーをつけて選ぶことが最も大事であり、また、なにがより安全かを助言し、専門家と患者さんをつなぐところに、かかりつけである現場の医師(そもそも医療者としての専門家であるが)の役割があると考えます。

 専門家側で大事なことは、①公開の場で議論し、②その記録を検証可能なように残すこと。そして、③発信していくこと(図表参照)。④リスクコミュニケーションの機会を作っていくこと。

 国側で大事なことは、学問の自由を保障すること(憲法23条)。
 

 

●東京新聞2020.8.6


●坂本氏のコメント

研究者→臨床研究の専門家の助言を受けて研究デザインを構築、実施し、査読論文を発表

専門家→データに基づき政治家に助言

政治家→助言を受けて判断し、市民に分かりやすく説明

マスコミ→正確な発信や建設的批判ができる勉強をしてから報道

騒動を防ぐために必要なこと。


●専門家(研究者)の発信について(日経新聞2020.8.4)https://www.nikkei.com/article/DGXKZO62140160R30C20A7KE8000/




●政治と科学 朝日2020.8.10
https://www.asahi.com/articles/DA3S14581427.html

●教養主義 日経2020.8.10


●毎日社説2020.8.12 https://mainichi.jp/articles/20200812/ddm/012/070/049000c

●毎日 戦争と科学2020.8.12

コメント

結核対策多言語動画(長引くその咳、結核かも)中国語(北京語)、韓国語、ネパール語、ベトナム語、ミャンマー語、タガログ語、英語の7言語

2020-07-28 09:28:39 | 医療


⇒ https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/kekkaku/videomaterial.html

コメント

恩田聖敬(さとし)さん寄稿:「ALSとは適切な介助者チームとテクノロジーの力を借りれば乗り越えられる病気です! 余命宣告では断じてありません!」2020.7.26

2020-07-26 10:45:29 | 医療

 医師による嘱託殺人事件。
 大変残念に思います。

********岐阜新聞******************
https://www.gifu-np.co.jp/news/20200726/20200726-259443.html

【寄稿】日本ALS協会・恩田さん「余命宣告でない」

2020年07月26日 14:56

 

 京都府で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者の依頼を受け、医師2人が薬物を投与して殺害したとされる事件。日頃から「ALS患者も自分らしく幸せに生きられる」と発信し続けている日本ALS協会岐阜県支部長で、まんまる笑店社長の恩田聖敬(さとし)さん(42)=岐阜市=が、事件について本紙に寄稿した。死にたいと訴える女性患者に、生き生きと暮らす患者の姿を伝えられなかったことに無念さをにじませ、生きる選択肢を示さなかった医師への憤りとともに「ALSは余命宣告ではない」と強く訴えた。

    ◇

 ついに起きてしまった-。事件について聞いた時、最初に思ったことです。同時に(2016年の)やまゆり園事件を思い出しました。「障害者は社会のお荷物。死にたいと言っているのだから死なせてやればいい」という至極短絡的な発想が、実行した医師たちにはあったに違いありません。そうでなければ、仮にも医師が頼まれたとしても自ら人を手にかけることができるわけがありません。本来は人の命を救う役割の医師が、死にたいという患者に生きる選択肢を示せなかったことは極めて遺憾です。

 今回亡くなった患者さんのプロフィルを報道などで拝見するに、強い意思を持ってやりたいことをやって生きてきた印象を受けました。重度訪問介護の制度を使って24時間の介護体制を築き、会員制交流サイト(SNS)も使いこなしていたそうです。24時間の介護体制を築くのはたやすいことではありません。それを踏まえて考えると、この患者さんは交渉力とマネジメント力にたけた優秀な方と想像ができます。

 優秀であるが故に自分の理想と現実のギャップに耐えられなかったのかもしれません。でももしSNSで生き生きと暮らす先輩ALS患者との出会いがあったとしたら、結末は変わっていたかもしれません。

 現在、私は日本ALS協会岐阜県支部長を務めており、患者さんからメールなどでよく相談を受けます。SOSを発信さえしてもらえれば、私なりに救う手段を全力で答えます。かく言う私も何度もSOSを出して救ってもらったからです。本件の患者さんはSNSという発信手段を持っていました。SOSが誰にも届かなかったことが残念でなりません。

 あえてALSになって良かったことを考えると、障害者の世界を知れたことが一番に思いつきます。私の中の世の中が2倍にも3倍にも広がりました。障害者の生きる工夫、それを支える人たちの情熱、障害者の賢さ、当たり前のありがたみなど、健常者として生きていたら一生、接点がなかった出会いや気付きがありました。その経験をより多くの人に伝えていくことで、障害者も健常者もないフラットな社会づくりの一助になりたいと本気で思っています。知ることから全てが始まると思います。

 最後に誤解なきよう申し上げます。「ALSとは適切な介助者チームとテクノロジーの力を借りれば乗り越えられる病気です! 余命宣告では断じてありません!」。彼女にもこの事実を伝えたかったです...。無念です...。ご冥福をお祈りいたします。

 おんだ・さとし 1978年、山県市生まれ。京都大大学院工学研究科修了。アミューズメント会社を経て2014年、サッカー・FC岐阜を運営する岐阜フットボールクラブ社長に就任。その後、ALSを発症して15年に退任。16年、まんまる笑店を設立、社長に就いた。

 

コメント

第2回東京都高齢者保健福祉計画策定委員会【令和2年7月21日開催】

2020-07-15 09:43:07 | 医療

⇒ https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kourei/shisaku/koureisyakeikaku/08keikaku0305/08sakutei/iinkai02.html

コメント

東京都版 受動喫煙防止対策解説動画 5分版

2020-07-11 13:34:14 | 医療

解説動画:https://www.youtube.com/watch?v=Z10R3u7x_uE&feature=youtu.be

解説:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kensui/tokyo/kangaekata_public.html

コメント

(医療関係者用)【3分でわかる鎮静剤:ミダゾラム】

2020-06-27 15:12:09 | 医療

⇒ https://www.youtube.com/watch?v=kOeK0fao0xk&feature=youtu.be

コメント

AIで「失った声」を取り戻す 東大生チームの挑戦

2020-06-18 11:18:56 | 医療

 ぜひ、実現を!

⇒ https://style.nikkei.com/article/DGXMZO60229880R10C20A6000000/

コメント

大麻精神病は存在しないことの証明?日本での大麻使用障害の調査結果を解説します

2020-06-07 07:00:41 | 医療

 医師として、フォローすべき重要なテーマと考えています。

→ http://www.greenzonejapan.com/2020/06/06/matsumoto/

報告書全文 https://www.ncnp.go.jp/nimh/yakubutsu/report/pdf/R1_S-2.pdf

*********まとめ部分抜粋*********

9) まとめ

・2019年に国立施設が“精神科に辿り着いた大麻使用者”の詳細な調査を行った
・大麻依存症とされた人は濃縮製剤の使用が多かった
・大麻の使用量や使用頻度は“大麻精神病”とは関係がなかった
・大麻の長期使用が無動機症候群に繋がるという関係は示されなかった

10) 市中調査の必要性

この調査報告書を読み、筆者(正高)は改めて、日本の市中大麻使用者における大規模調査の必要性を感じています。というのは本調査の対象集団は、一般的な大麻使用者と大きく隔たっている印象を受けるからです。幸いにして、SNS や Googleフォームを使用することで匿名での情報収集が可能になりました。今後、研究計画を立案していきたいと思います。その際には皆さまの御協力を頂ければ幸いです。

コメント

本日5/28福祉保健委員会。雇われる方への新型コロナ傷病手当金を中央区国民健康保険に創設!&消費増税10%の使い道の一つ介護保険料の総額1億円分軽減。

2020-05-28 17:55:54 | 医療

 5月議会である中央区議会臨時会に提案された議案を審議するために、福祉保健委員会が開催されました。

 提案された内容は、重要議案2題。

1、中央区国民保険条例を改正して、雇われている方々に対するコロナ感染の場合の傷病手当金(国民健康保険法上は任意規定の位置づけ、社保の根拠法健康保険法では義務付けられている。)を創設

 予算額1400万円。

 ①新型コロナウイルスだけは特別に考えた上での自営業者への適用拡大
 自営業者へも適用を広げてほしいという声が届けられているが、今後の課題となりました

 ②10月以降への延長
 そのうえで、9月末までに新型コロナウイルスに感染したかたが対象となる期限が9月までの考え方の条例であるため、それでは、来るべき第二波に備えられないため、財源確保しつつ、期間延長をお願いしました
 期間は、「規則」で定めているため、条例改正せずとも、延長が可能であるとのことです。
 柔軟に対応をいただきたいと思います。

 ③実は、自営業者のその家族が被用者なら適用あるし、給与を受け取る形をとっている自営業者は適用される
 自営業者が適用をされないということでしたが、自分の会社を持っていて、その会社から給与の支払いという形を税法上とっているかたは対象になるし、本人は無事で、一緒に働く家族がり患した場合、その家族への適用はなされます
 したがって、自営業者への適用もある意味広がるのではないかと考えます。

 ④「国民健康保険運営協議会」で審議したうえでの提案
 4/20開催予定であった福祉保健委員会資料には本件条例改正の記載がありませんでしたが、きちんと「国民健康保険運営協議会」を4/22に書面で開催し、手続きを踏んでの提案でした
 できれば、四月の福祉保健委員会でも報告に入れていただきたかったと思っています。

 ⑤1400万円の算出根拠と足りない場合の予備費の活用
 1400万円は全額国からの補助金でありますが、積算根拠は、被保険者28305人のうち40%11000人が被用者となっており、そのうち160人(19.7%32人が感染、残り128人が感染疑い)となるとして、その分の傷病手当金として見積もったとのことです。
 少なくないかと尋ねましたが、十分と考えているとのことで、万が一、足りない場合は、予備費から出していただけるように要望しました

 ⑥後期高齢者医療保険にも同じく創設
 後期高齢者医療保険にも同様の傷病手当金が創設されるとのことでした。

 ⑦十分な広報
 使い勝手がよい制度であり、十分な広報をお願いしました。
 

2、介護保険条例改正し、低所得者の方々の保険料を軽減

 ①軽減のための財源1億円
 10月の消費税を10%にしたことに伴う一つの使い道であった。
 国から1/2、都から1/4、区から1/4。
 一度一般会計に組み込んで、介護保険へ繰り出す。三月予算で予算へ組み込み済み(条例と後先逆だが)。
 
 ②第8期介護保険計画(令和3、4、5年)への引き続きの反映
 第7期介護保険計画が令和2年度で終わる。次期へは今後計画を立てていく。引き続きの反映は要望。

 ③第一号被保険者(65歳以上)のみ
 第一号被保険者のみであり、第二号被保険者(40歳~64歳)への同様な軽減の考え方はない。

 ④臨時会への提案とならざるをえなかたのは、国の関連政令改正が、3/30公布4/1施行であったため。

以上

コメント

介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等 に関する政令の一部を改正する政令の施行について

2020-05-27 22:43:08 | 医療

→ https://www.zenhokan.or.jp/wp-content/uploads/tuuti698.pdf

コメント