「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

中央区が、東京都に対し、一度、都市計画決定で是とした都市計画を事業計画認可後・工事着工後の段階で、都市計画変更に再度臨みます。

2021-04-22 18:13:36 | 街づくり

 アクロバット的な挑戦を、中央区が、東京都に対し、臨みます。

 一度、都市計画決定で是とした都市計画を事業計画認可後かつ工事着工後(ほぼ完成)の段階で、当該計画の都市計画変更に再度臨みます。

 場所は、築地市場跡地。

 工事完了まじかの環状二号線において、築地(築地場外市場)ー豊洲を結ぶことがたやすくなるように、側道などの道路を作ります。

 都市計画変更には、それなりの相当な理由が必要になるのではないかと推察します。

 このまま環状二号線ができた場合に、そして、築地市場跡地が整備された段階において、道路渋滞が出る具合がどれほどなのか、客観的なデータに基づき証明する必要があると考えます。

 科学的な分析に期待をします。

 ただし、道よりも重要なことは、築地市場跡地に何を建築するかが、もっと大事です。
 その内容によっては、中央区がいう道路の都市計画変更は、不要にもなります。

<現況の都市計画>



<中央区が目指すであろう、都市計画変更のイメージ>

 果たして、ここまで、道路が必要だろうか?




 

 

コメント

小児科医として伝えていただきたいこと科学的に述べて下さっています。「私は一斉休校に反対する 小児科医が語る変異株の事実」長崎大森内浩幸教授

2021-04-22 09:40:57 | 小児医療

 長崎大森内浩幸教授が、小児科医として、科学的に、変異株に関連して子どもへの対応に関し、重要なことを述べて下さっています。

 (朝日新聞の記事表題のつけ方は、刺激的ですが、決して、森内先生が、一切の一斉休校を反対しているわけではなく、大人の活動をすべて禁止するぐらいのロックダウンが必要な感染拡大の場合には、一斉休校の検討の必要性がでることは留保しながら発言されておられます。)

 朝日新聞:「私は一斉休校に反対する 小児科医が語る変異株の事実」
 ➨ https://digital.asahi.com/articles/ASP4P12ZDP4NUTFL003.html
 本日4/22(木)、朝のNHKでも、インタビューに答えられておられました。

 感染制御と学びの場の保障を両立させて参りましょう!

 感染制御で、大事なポイント。

 一、専門家に聞いて疑問を解消すること

 一、対策を立てる際は、子ども達の意見を聞き、子ども達にお願いする姿勢で臨むこと























コメント

『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』をテーマにした講義集

2021-04-17 18:43:25 | 教育

 この絵をテーマに、なされた講義を集めてみます。
 テーマにされているかたを何度か聴講したため。

 

● 心を切り口に
長谷川寿一「ヒトの心はどのように生れ、進化してきたか?」ー公開講座「心」2015

 

コメント

小坂クリニック:4月17日(土)18日(日)日本小児学会参加のため休診とさせていただきます。

2021-04-16 22:27:33 | 日程、行事のお知らせ

こんにちは、小坂クリニックです。

 新たな年度が始まりました。桜の花から、桜の緑へ。そして、つつじが満開。
 新しい学校・園、職場、新しい学年、そろそろ体も慣れて来られたところでしょうか。

 あたたかい日が増えて参りました。花粉はまだ飛んでいるようです。
 現在、おなかのかぜ、せきのかぜが少し、流行っています。

 新型コロナウイルスの感染者は、第4波の増加へ。
 ワクチン接種もはじまりました。正確な科学的な情報のもと、接種の是非が選択できることを願っています。
 私も、医療従事者として4/9に2回目の接種を済ませました。
 私の場合は、局所的な疼痛のみでした。その疼痛も数日で引きました。

 なんとか、かかりつけの皆様のコロナへのご不安を払しょくできますように、安心・安全の医療、そして、病児保育をスタッフ一同全力で提供して参る所存です。コロナのこと含め、お気軽にご相談下さい。

 ワクチンの接種体制が整いつつあります。当院もできる限りのご協力をして参る所存です。
 中央区のワクチン接種体制:https://www.city.chuo.lg.jp/kenko/hokenzyo/kansen/corona-vaccine.html

 当院も、4月から、新たな取り組みを始めました。

 1,心理士との連携のもと、相談事業を強化します。さまざまな子どもたちのご相談、子育て相談、お持ちください。(【6】へ)
 4/20(火)10:00-16:00、心理士による子育て相談、発達相談ほか、なんでもご相談受付中。

 2,子ども関連の専門家、研究者の皆様と連携のもと、子ども健康情報の発信を積極的に行ってまいります。(【8】へ)
 第1回こどもカフェ、ZOOM開催しました。
 次回、第2回5月10日(月)12時15分-13時、予約受付中、無料。テーマは、子どもの食について、特に離乳食。大学の先生からわかりやすくお話します。

 小児科医にとって最大の学術集会「日本小児科学会」に参加のため、この土日の休診をいただきます。どうか、よろしくお願い申し上げます。


【1】日程
(1)4月の日曜日、祝日の診療体制、18日(日)を除き休まず急病対応致します。

 11(日) 10:00-13:00 急病対応

 25日(日)、29日(昭和の日) 9:00-13:00 急病対応

(2)日本小児科学会 参加のため、4月17日(土)、18日(日)、お休みをいただきます。


【2】予防接種、極力痛くなく実施が、小児科の役目!

 *おたふくは、当院では、自己負担分は、無料とします。

 *乳幼児予防接種は、ブックスタート事業と連携しています。
  お好きな絵本を、予防接種の機会に。

 *シナジスの接種も対応いたします。

 *日本脳炎のワクチン及びおたふくワクチンがやや不足しています。(この部分の表示は、変わる可能性があります。)



【3】コロナの検査
(1)保険の場合、検査代は、無料となります。小児は無料となります。

 PCR検査を最短1時間程度で判定致します。

 診断を早くつけ、予防につなげて参りましょう。


(2)自費のだ液PCRのご案内(検査日当日の結果)

 帰省やご高齢のかたにお会いする前に調べておきたいという自費のだ液PCR検査にも当院も応じています。

 ⇒ だ液PCR検査、自費(1万円税込み)での実施について https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/e/aa8162215cbecc319043cedcdf81d9eb
 
 申込:03-5547-1191 小坂クリニック

 検査の流れ:検査日の当日9時半までにご来院いただき、だ液を採取。当日の午後18時以降に、お電話をいただき、結果をご報告します。

 なお、診療においては、適切にコロナのPCR検査(保険適用の場合は2000円程度・子どもは無料)へとつなげております。

(3)新型コロナウイルス感染症の感染・発病時の相談先


【4】花粉症、食物アレルギーご相談下さい。
(1)花粉症のお薬処方致します。12歳以上で条件があえば、注射による治療も可能です。

(2)食事制限表など記載します。

*アレルギーについての参考:国立成育医療研究センター資料
https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/allergy/allergy_achievement.html



【5】健康教育を!

(1)生と性の教育
 
 性について学ぶ、たいへんわかりやすい動画です。ぜひ、ご覧ください。
 → https://www.youtube.com/watch?v=JafLDZ1mem0

(2)新たな学年で、内科検診も実施されます。
 
 当院でも、進学、進級のこの機会に、健康点検を行っています。
 自分の体、そして健康への気づきにつながりますように!

(3)ご入院の際の学びの継続、ご相談ください。

→ 入院中で学校で学びたくとも学べない病気の子の学びの継続、中央教育審議会答申(令和3年1月26日開催、第127回中央教育審議会総会)


(4)事故は防げます!予防を。

兄弟姉妹がいる中での、乳幼児の事故に注意。親御さんがきちんとされていても、上のお子さんが事故の原因をつくることも。


(5)4月から、一人一台、タブレット端末配布です。

 一つ学びのツールが増えました。
 これで、一斉休校になったとしても、学びの継続が可能になります。
 学校と家族との事務連絡も、簡単に。

 ただし、そのようなスマホやタブレットによる学びや健康への影響は注意すべきことでもあります。

 親御様におかれましては、以下の本の一読をお勧めいたします。

 *アンデシュ・ハンセン 久山葉子訳 『スマホ脳』新潮新書 2020.11.20 980円+税


(6)友人(リアルではあっていませんが京大宮野公樹先生の全分野交流会で出会う)の佐伯恵太氏による子ども向け番組!

第1回 【遊び=勉強?!】色ってフシギ!!色彩・コミュニケーションデザイン研究室に、とつげき!【らぶラボきゅ〜】
➝ https://www.youtube.com/watch?v=BGzRLtSF1P4

(7)学びは、ネットからもできると思っています。それも無料で。

 ネットでであった勉強になる講義は、こちらでご紹介していきます。

https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/e/d19e38c06b7a9885c0a4f194cb4d4528


【6】4月から、心理士との連携を強化し、心理・発達相談を開始します。

 発達のご相談、いじめ・不登校のご相談、なんなりとお持ちください。

 4/13(火)、4/20(火)10時-16時、相談お受けします。

 ご予約は、当院へお電話下さい。03-5547-1191

【7】病児保育 鋭意、実施中。

 全員に、抗原検査を実施し、新型コロナウイルス感染ではないことの確認後、ご入室いただきます。
 
 預かる子ちゃんから、ネットでご予約お願いします。

 ご予約:https://azkl.jp/facilities/2011

New!【8】こどもの健康情報発信、行ってまいります。

第2回 こどもカフェ

 

テーマ: 『それってほんと!?離乳食の新常識!』

 

日時:2021年5月10日(月) 12時15分~13時

場所:ZOOMでのオンライン


講師:東海大学 健康学部 森真理さん(管理栄養士)

対象:0~5歳児。離乳期からそれ以上のお子さまをお持ちのお母様やご家族の方、その他、小さなお子様の食育に興味のある方なら、どなたでも参加可能です。

 

参加費:無料

お申込み:genkids1@yahoo.co.jpへ、件名「第2回こどもカフェ参加申し込み」として、①お名前と住所(差しさわりなければ市・区まで、例:東京都中央区)②ZOOM参加の際のメールアドレス③参加理由をご連絡願います。追って、ZOOMの接続URLをお伝え致します。

なお、ZOOMご参加の際は、顔出しの有無やハンドルネームはご自由に。

 


森真理さんからのメッセージ:

離乳食の悩みや日頃のお母さまの食事の不安が少しでも解決できればと思っています。気軽な気持ちでご参加ください。


【9】中央区の令和3年度予算

 課題など、考えて参ります。
 ご要望、ご意見、お気軽にお届け下さい。

https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/zaisei/yosan/r3/r3_tousyoyosanan.html

中央区の令和3年度予算と中央区の課題



【10】3.11を思う、考える。
(1)3/6(土)写真家中筋純に問う 3.11から10年 絵画、彫刻、写真、映像、そして音楽…表現は未来へ何を語り紡ぐのか?

 3.11から10年。何を私たちは、学び、その学びを活かしただろうか。

 そして、コロナ。

 コロナの学びを、活かしていけるだろうか。

 写真家中筋純、実は、中学・高校時代の悪友、彼は、チェルノブイリ原発を追ってきたところ、3.11の後は、福島第一をも追っています。

 その彼と、彼のとらえた風景を観ながら、語り合う時間をつくることができました。

 ●中筋氏の写真の抜粋:写真家中筋純氏への問い、その問いから生まれる自分への問い。3月6日(土)13時-15時、語り合いたいことがら

 ●実際の対談の録画:
本編(3.11を思う、考える)
https://us02web.zoom.us/rec/play/GEjCQqzpVTmGWShAlJPIWj41-QqPL5J6BtzegcmY5hiUh7DPTswmjSC6Oqua091Yv8ma31PpxIiFScJZ.p3-WPxgjHNL-KkgP?autoplay=true&startTime=1615006787000

パスコード: Xt$4*TRz

導入編(なぜ、このような講演会を企画したのか、なぜ、中筋純氏はチェルノブイリに行ったのか)
https://us02web.zoom.us/rec/play/F8TUu3kJppsdfTf6y8QO1-1VGuqIUJr3n0iDH8U0ilGaiwH73KiT-gQ0BbLzUMcimUWx7OE5gjlFhUgt.LIx03Yl_AX4KgzuA?autoplay=true&startTime=1615003419000

パスコード: D3R4L4?D


(2)もやい展 中筋純氏が企画する作品展、大盛況のうちに終了、入場4300人。

パンフ:写真家 中筋純氏が主宰する企画、『もやい展』開幕。4/1-4/8 10時-20時、江戸川区タワーホール船堀(都営新宿線船堀駅スグ)。入場無料。



https://www.facebook.com/2019moyai/


問い:3.11から10年 絵画、彫刻、写真、映像、そして音楽…表現は未来へ何を語り紡ぐのか?

回答: https://www.facebook.com/noriaki.kobayashi.50/videos/3660765017367137/


(3)思考停止を促す「風評」という言葉の鎧をかぶり、強行しようとする「汚染」水放出。

⇒ https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/e/29aa549b07a781df44fade404b8c279a

以上

文責:小坂こども元気クリニック・病児保育室 院長 小坂和輝
   東京都中央区月島3-30-3ベルウッドビル2~4F 電話03-5547-1191
   メール kosakakazuki@gmail.com
   クリニックホームページ:http://kosaka.clinic/

コメント

変異株の子どもへの感染について、従来株と同じ程度。国立感染症研究所『日本国内で報告された新規変異株症例の疫学的分析(第1報)』

2021-04-15 10:14:48 | 新型コロナウイルス感染症:感染の広がり状況

 国立感染症研究所から、変異株と従来株の年齢別発症率のデータが示されました。

 ➨ 国立感染症研究所『日本国内で報告された新規変異株症例の疫学的分析(第1報)』
  https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/10279-covid19-40.html
 
考察部分の抜粋:



*******************

レポートを経て、時田章史医師の分析、私も同感です。

国立感染症研究所から、変異株と従来株の年齢別発症率のデータが示されています。15歳未満で特に感染者数が増えているという状況ではないようです。おそらくそのほとんどが家族内感染でしょう。引き続き保護者をはじめ成人の感染対策を徹底すること、こどもたちはすでに大人以上に真面目に感染対策を実践しています。過剰な制限は不要です。


従来の株(上段)と変異株(下段)

コメント

中央区論点20:人口急増と35人学級:4/14(水)開催、中央区教育委員会第4回定例会(会場:中央区立教育センター 4階 第3・第4研修室)

2021-04-15 08:37:16 | 財務分析(予算・決算)

 人口急増と35人学級の達成。

 重要課題。特に、人口急増がからみ調整がものすごく難しいです。

 知恵を絞って参りましょう。

 4/14(水)開催、中央区教育委員会第4回定例会(会場:中央区立教育センター 4階 第3・第4研修室) でも議論されました。

コメント

いよいよ、4/14(水)12:15-13:00、開催します!第1回こどもカフェ「大丈夫⁈うちの子、ハイ順調です」(1)福山市立大学教育学部 大庭三枝さん 

2021-04-14 08:47:50 | 子育て・子育ち
 第1回こどもカフェ 「大丈夫⁈うちの子、ハイ順調です」(1)福山市立大学教育学部 大庭三枝さん 終了致しました。

 現在、録画を限定公開中です。

 ご視聴ご希望のかたは、

お申込み:genkids1@yahoo.co.jpへ、件名「第1回こどもカフェ録画視聴申し込み」として、①お名前と住所(差しさわりなければ市・区まで、例:東京都中央区)②ZOOM視聴のアドレスとパスワードの送信先のメールアドレス③視聴ご希望の理由をご連絡願います。


*******************
いよいよ、本日4/14(水)12:15-13:00、開催します!
 
福山市立大学教育学部の大庭三枝先生が講師です。
子育てで大事なこと、お伝えいただきます。
 
いかに、ひとに伝えるか、教育学というものを真に実践されており、その点でも、大いに学びになります。
 
無料です!
お父さん、お母さん。
子どもにかかわられておられる皆様、ぜひ、ご参加下さい!
 
ちょうど、昼休憩にはまるようになっています。
 
         記
 
第1回 こどもカフェ
 
(この試みは、子どもを成長の主人公と考え、子育てを応援し認め合うことを目的として始めたものです。ネット上のマナーを守り、趣旨をご理解の上ご参加ください。)
 
 
テーマ:「大丈夫⁈うちの子、ハイ順調です」(1)
 
日時:2021年4月14日(水) 12時15分~13時
 
  (ZOOMのほうは、12時過ぎからはいれるようにいたします。)
 
場所:ZOOMでのオンライン
 
講師:福山市立大学教育学部 大庭三枝さん
 
対象:0~5歳児の発達と子育てを中心にお話します。子育て中のかた、子育てに関心のあるかた、保育士・幼稚園教諭・保育教諭などの他、子どもたちの育ちに関わっておられるかた
 
参加費:無料
 
お申込み:genkids1@yahoo.co.jpへ、件名「こどもカフェ参加申し込み」として、①お名前と住所(差しさわりなければ市・区まで、例:東京都港区)②ZOOM参加の際のメールアドレス③参加理由をご連絡願います。
 なお、ZOOMご参加の際は、顔出しの有無やハンドルネームはご自由に。
 
​大庭さんからのメッセージ:
 
少しでも子どもや子育て家庭がポジティヴに生活できるお手伝いができると嬉しく思います。
乳幼児期の発達理解を事例とともにお話します。
 
以上

******************

(次回 予告)

第2回 こどもカフェ

テーマ: 『それってほんと!?離乳食の新常識!』

日時:2021年5月10日(月) 12時15分~13時

場所:ZOOMでのオンライン

講師:東海大学 健康学部 森真理さん(管理栄養士)

コメント

思考停止を促す「風評」という言葉の鎧をかぶり、強行しようとする「汚染」水放出。

2021-04-13 09:21:22 | 地球環境問題

 言葉が、本当に真実を言い尽くしているか。

 逆に、真実を覆い隠すような、耳当たりのよい言葉や表現が、利用されることがあります。

 言葉に対し、言葉そのものが、訂正、修正する力を有しています。
 そして、言葉に対し、芸術の力が対抗してくれることもあります。

******写真家中筋純SNS*******

思考停止を促す「風評」という言葉の鎧をかぶり、強行しようとする「汚染」水放出。オリンピックに選挙、全ては政治的な思惑だろう。
「常磐ものを台無しにしやがって!」
死んじまった魚屋の大将が震災直後に出刃振りながら叫んでいた姿を思い出す。
たとえゼロベクレルでも売れなくなる。これは消費者が非科学的なのではなく原発事故というものが本質的に持ち合わせた実害なのだ。
加害側が風評被害を喧伝する。
こんなトンチンカンな状態だと「もやい展」、まだまだやんないとダメそうだな。
浜通りの海はいつも美しい。撮影に行くといつもしばらく眺めてるのだ。



コメント

文科省 要請2021.4.12:感染防止と面接授業・遠隔授業の効果的実施等による学修機会の確保の両立に向けて適切に対応することを要請する。

2021-04-13 08:42:11 | 教育

文科省発表新着情報

令和3年4月13日



+++
 内容は、「大学等については、感染防止と面接授業・遠隔授業の効果的実施等による学修機会の確保の両立に向けて適切に対応することを要請する。部活動、課外活動、学生寮における感染防止策、懇親会や飲み会などについては、学生等への注意喚起の徹底(緊急事態宣言区域においては、部活動における感染リスクの高い活動の制限)を要請する。」


******遠隔授業の情報サイト*******

○大阪大学サイバーメディアセンター・「遠隔講義などメディア授業に関する情報提供ページ」
https://www.cmc.osaka-u.ac.jp/?page_id=6184
○金沢大学金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援系/部門・「オンライン授業に関するガイド・リソース」
https://herd.w3.kanazawa-u.ac.jp/support/online/
○高知大学大学教育創造センター・「Tips」
https://www.kochi-u.ac.jp/daikyo/publication/index.html
○星槎大学・「オンライン授業に関する取り組みついて」
http://seisa.ac.jp/about/online.html
○名古屋大学教養教育院事務室・「オンライン授業に初めて関わる教員のための教授法(ティップス)」
https://office.ilas.nagoya-u.ac.jp/%e3%82%aa%e3%83%b3.../...
○京都大学高等教育研究開発推進センター・メディア授業は大学設置基準でどこまで認められているのか
https://www.highedu.kyoto-u.ac.jp/.../media_facilitated...
○有斐閣(出版社)・【オンライン授業】先生教えて!学校で迷わないための著作権の話②
https://note.com/yuhikaku_hhsh/n/n0d862cf1dbe8...

コメント

本日4/12(月)より、一部自治体で、新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が開始されました。

2021-04-12 16:44:51 | 【各論】新型コロナ 治療薬とワクチン

 本日4/12(月)より、一部自治体で、新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が開始されました。

 中央区も、医療者が協力しながら、スムーズな接種ができる環境を整えて参りましょう!

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000756894.pdf




コメント

国交省 ~自治体・民間企業保有のバリアフリー情報をオープン化!データの活用促進~

2021-04-11 09:08:38 | 街づくり
 今後も、バリアフリー情報のとりまとめに期待!

***********************

国土交通省 バリアフリー情報をオープンデータとして整備・公開
誰もが移動しやすい社会の実現に向け、オープンデータ化を拡大!
~自治体・民間企業保有のバリアフリー情報をオープン化!データの活用促進~
コメント

小坂クリニック:明日10-13時、救急診療/ZOOMでご参加を!第1回こどもカフェ、大学保育学の先生から「大丈夫⁈うちの子、ハイ順調です」14日(水)12時15分-13時、予約受付中、無料。

2021-04-10 12:19:37 | 日程、行事のお知らせ

こんにちは、小坂クリニックです。

 新たな年度が始まりました。桜の花から、桜の緑へ。場所によっては、つつじが満開。
 入学・入園、進学、就職された皆様、ご家族の皆様、おめでとうございます。

 あたたかい日が増えて参りました。花粉はまだ飛んでいるようです。
 現在、おなかのかぜ、せきのかぜが少し、流行っています。

 新型コロナウイルスの感染者は、第4波の増加へ。
 ワクチン接種もはじまりました。正確な科学的な情報のもと、接種の是非が選択できることを願っています。
 私も、医療従事者として4/9に2回目の接種を済ませました。
 私の場合は、局所的な疼痛のみでした。その疼痛も数日で引きました。

 なんとか、かかりつけの皆様のコロナへのご不安を払しょくできますように、安心・安全の医療、そして、病児保育をスタッフ一同全力で提供して参る所存です。コロナのこと含め、お気軽にご相談下さい。

 ワクチンの接種体制が整いつつあります。当院もできる限りのご協力をして参る所存です。
 中央区のワクチン接種体制:https://www.city.chuo.lg.jp/kenko/hokenzyo/kansen/corona-vaccine.html

 当院も、4月から、新たな取り組みを始めます。

 1,心理士との連携のもと、相談事業を強化します。さまざまな子どもたちのご相談、子育て相談、お持ちください。(【6】へ)
 4/13(火)、4/20(火)10:00-16:00、心理士による子育て相談、発達相談受付中。

 2,子ども関連の専門家、研究者の皆様と連携のもと、子ども健康情報の発信を積極的に行ってまいります。(【8】へ)
 第1回こどもカフェ、ZOOM開催します。
 14日(水)12時15分-13時、予約受付中、無料。


【1】日程
(1)4月の日曜日、祝日の診療体制、18日(日)を除き休まず急病対応致します。

 11(日) 10:00-13:00 急病対応

 25日(日)、29日(昭和の日) 9:00-13:00 急病対応

(2)日本小児科学会 参加のため、4月17日(土)、18日(日)、お休みをいただきます。


【2】予防接種、極力痛くなく実施が、小児科の役目!

 *おたふくは、当院では、自己負担分は、無料とします。

 *乳幼児予防接種は、ブックスタート事業と連携しています。
  お好きな絵本を、予防接種の機会に。

 *シナジスの接種も対応いたします。

 *日本脳炎のワクチンがやや不足していますが、なんとか、受け付けています。(この部分の表示は、変わる可能性があります。)



【3】コロナの検査
(1)保険の場合、検査代は、無料となります。小児は無料となります。

 PCR検査を最短1時間程度で判定致します。

 診断を早くつけ、予防につなげて参りましょう。


(2)自費のだ液PCRのご案内(検査日当日の結果)

 帰省やご高齢のかたにお会いする前に調べておきたいという自費のだ液PCR検査にも当院も応じています。

 ⇒ だ液PCR検査、自費(1万円税込み)での実施について https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/e/aa8162215cbecc319043cedcdf81d9eb
 
 申込:03-5547-1191 小坂クリニック

 検査の流れ:検査日の当日9時半までにご来院いただき、だ液を採取。当日の午後18時以降に、お電話をいただき、結果をご報告します。

 なお、診療においては、適切にコロナのPCR検査(保険適用の場合は2000円程度・子どもは無料)へとつなげております。

(3)新型コロナウイルス感染症の感染・発病時の相談先


【4】花粉症、食物アレルギーご相談下さい。
(1)花粉症のお薬処方致します。12歳以上で条件があえば、注射による治療も可能です。

(2)食事制限表など記載します。

*アレルギーについての参考:国立成育医療研究センター資料
https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/allergy/allergy_achievement.html



【5】健康教育を!

(1)生と性の教育
 
 性について学ぶ、たいへんわかりやすい動画です。ぜひ、ご覧ください。
 → https://www.youtube.com/watch?v=JafLDZ1mem0

(2)新たな学年で、内科検診も実施されます。
 
 当院でも、進学、進級のこの機会に、健康点検を行っています。
 自分の体、そして健康への気づきにつながりますように!

(3)ご入院の際の学びの継続、ご相談ください。

→ 入院中で学校で学びたくとも学べない病気の子の学びの継続、中央教育審議会答申(令和3年1月26日開催、第127回中央教育審議会総会)


(4)事故は防げます!予防を。

兄弟姉妹がいる中での、乳幼児の事故に注意。親御さんがきちんとされていても、上のお子さんが事故の原因をつくることも。


(5)4月から、一人一台、タブレット端末配布です。

 一つ学びのツールが増えました。
 これで、一斉休校になったとしても、学びの継続が可能になります。
 学校と家族との事務連絡も、簡単に。

 ただし、そのようなスマホやタブレットによる学びや健康への影響は注意すべきことでもあります。

 親御様におかれましては、以下の本の一読をお勧めいたします。

 *アンデシュ・ハンセン 久山葉子訳 『スマホ脳』新潮新書 2020.11.20 980円+税


(6)友人(リアルではあっていませんが京大宮野公樹先生の全分野交流会で出会う)の佐伯恵太氏による子ども向け番組!

第1回 【遊び=勉強?!】色ってフシギ!!色彩・コミュニケーションデザイン研究室に、とつげき!【らぶラボきゅ〜】
➝ https://www.youtube.com/watch?v=BGzRLtSF1P4

New!(7)学びは、ネットからもできると思っています。それも無料で。

 ネットでであった勉強になる講義は、こちらでご紹介していきます。

https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/e/d19e38c06b7a9885c0a4f194cb4d4528


【6】4月から、心理士との連携を強化し、心理・発達相談を開始します。

 発達のご相談、いじめ・不登校のご相談、なんなりとお持ちください。

 4/13(火)、4/20(火)10時-16時、相談お受けします。

 ご予約は、当院へお電話下さい。03-5547-1191

【7】病児保育 鋭意、実施中。

 全員に、抗原検査を実施し、新型コロナウイルス感染ではないことの確認後、ご入室いただきます。
 
 預かる子ちゃんから、ネットでご予約お願いします。

 ご予約:https://azkl.jp/facilities/2011

New!【8】こどもの健康情報発信、行ってまいります。

(1)第1回 こどもカフェ

(この試みは、子どもを成長の主人公と考え、子育てを応援し認め合うことを目的として始めたものです。ネット上のマナーを守り、趣旨をご理解の上ご参加ください。)


テーマ:「大丈夫⁈うちの子、ハイ順調です」(1)

日時:2021年4月14日(水) 12時15分~13時

  (ZOOMのほうは、12時過ぎからはいれるようにいたします。)

場所:ZOOMでのオンライン

講師:福山市立大学教育学部 大庭三枝さん

対象:0~5歳児の発達と子育てを中心にお話します。子育て中のかた、子育てに関心のあるかた、保育士・幼稚園教諭・保育教諭などの他、子どもたちの育ちに関わっておられるかた

参加費:無料

お申込み:genkids1@yahoo.co.jpへ、件名「こどもカフェ参加申し込み」として、①お名前と住所(差しさわりなければ市・区まで、例:東京都港区)②ZOOM参加の際のメールアドレス③参加理由をご連絡願います。

 なお、ZOOMご参加の際は、顔出しの有無やハンドルネームはご自由に。

​大庭さんからのメッセージ:

少しでも子どもや子育て家庭がポジティヴに生活できるお手伝いができると嬉しく思います。

乳幼児期の発達理解を事例とともにお話します。

以上



(2)5月開催企画中!『それってほんと!?離乳食の新常識!』

 大学の栄養学専門の先生から。

 乞うご期待。

【9】中央区の令和3年度予算

 課題など、考えて参ります。
 ご要望、ご意見、お気軽にお届け下さい。

https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/zaisei/yosan/r3/r3_tousyoyosanan.html

中央区の令和3年度予算と中央区の課題



【10】3.11を思う、考える。
(1)3/6(土)写真家中筋純に問う 3.11から10年 絵画、彫刻、写真、映像、そして音楽…表現は未来へ何を語り紡ぐのか?

 3.11から10年。何を私たちは、学び、その学びを活かしただろうか。

 そして、コロナ。

 コロナの学びを、活かしていけるだろうか。

 写真家中筋純、実は、中学・高校時代の悪友、彼は、チェルノブイリ原発を追ってきたところ、3.11の後は、福島第一をも追っています。

 その彼と、彼のとらえた風景を観ながら、語り合う時間をつくることができました。

 ●中筋氏の写真の抜粋:写真家中筋純氏への問い、その問いから生まれる自分への問い。3月6日(土)13時-15時、語り合いたいことがら

 ●実際の対談の録画:
本編(3.11を思う、考える)
https://us02web.zoom.us/rec/play/GEjCQqzpVTmGWShAlJPIWj41-QqPL5J6BtzegcmY5hiUh7DPTswmjSC6Oqua091Yv8ma31PpxIiFScJZ.p3-WPxgjHNL-KkgP?autoplay=true&startTime=1615006787000

パスコード: Xt$4*TRz

導入編(なぜ、このような講演会を企画したのか、なぜ、中筋純氏はチェルノブイリに行ったのか)
https://us02web.zoom.us/rec/play/F8TUu3kJppsdfTf6y8QO1-1VGuqIUJr3n0iDH8U0ilGaiwH73KiT-gQ0BbLzUMcimUWx7OE5gjlFhUgt.LIx03Yl_AX4KgzuA?autoplay=true&startTime=1615003419000

パスコード: D3R4L4?D


(2)もやい展 中筋純氏が企画する作品展、大盛況のうちに終了、入場4300人。

パンフ:写真家 中筋純氏が主宰する企画、『もやい展』開幕。4/1-4/8 10時-20時、江戸川区タワーホール船堀(都営新宿線船堀駅スグ)。入場無料。



https://www.facebook.com/2019moyai/


問い:3.11から10年 絵画、彫刻、写真、映像、そして音楽…表現は未来へ何を語り紡ぐのか?

回答: https://www.facebook.com/noriaki.kobayashi.50/videos/3660765017367137/

 


以上

文責:小坂こども元気クリニック・病児保育室 院長 小坂和輝
   東京都中央区月島3-30-3ベルウッドビル2~4F 電話03-5547-1191
   メール kosakakazuki@gmail.com
   クリニックホームページ:http://kosaka.clinic/

 

コメント

私も、本日4/9、新型コロナウイルスワクチンの第2回目の接種を受けて参ります。

2021-04-09 12:49:25 | 【各論】新型コロナ 治療薬とワクチン

 接種を終え、午後診療へ。

 接種4時間後頃から、接種部位の疼痛なり、張りを前回同様に感じる。

 接種ワクチンロットと、説明書類を以下、いただいく。

 今回は、微熱覚悟か。








***********************

    予防接種を勧める医師としての立場ゆえ、
 新型コロナウイルスワクチンの接種を受けて参ります。

 3/19、第1回接種日。
 3週間目の本日4/9、第2回接種日。




コメント

文部科学省「学校における教職員によるたんの吸引等 (特定の者対象)研修テキスト」

2021-04-09 12:11:24 | 医療的ケア
 中央区でも、医療的ケアが必要な子ども達が、保育園や学校へ通えるように、環境を整えて参りましょう!

**********下川和洋氏SNSより********

昨年(令和 2(2020)年 3 月)に文部科学省「学校における教職員によるたんの吸引等 (特定の者対象)研修テキスト」が改訂されました。
「看護師用マニュアル」は、「学校配置の看護師等が、学校現場で戸惑わず医療的ケアを実施できるような内容となっています」とのこと。学校看護師に期待される役割等が確かに分かりやすくまとめられていますので、おすすめです。
今回の改訂で見つけた重要ポイントを一つあげます。前回のテキスト(平成24年3月30日発行)では、人工呼吸器装着者の吸引に関する評価票が無かったのですが、今回は評価票がちゃんと添付されていたことです。厚生労働省のテキストにあって、文部科学省のテキストから無くなっていたのがこの人工呼吸器関連の評価票です。(この点は、みんなのねがい2017年12月号に「医療的ケアの現状と制度 ~みなさんの地域のローカルルールはなんですか?」のタイトルで書きました。検索していただくと本文が読めます。)
これで、介護職員等が可能な医療的ケア(ここでは特定行為)に人工呼吸器の必要な子どものケアが入ったと言うことです。ただし、この評価票が現場で活用されるかは……です。




コメント

開催決定!2021年4月14日(水)第1回 こどもカフェ「大丈夫⁈うちの子、ハイ順調です」(1)講師:福山市立大学教育学部 大庭三枝さん

2021-04-07 10:51:50 | 日程、行事のお知らせ

 開催決定!お知らせいたします。

第1回 こどもカフェ

(この試みは、子どもを成長の主人公と考え、子育てを応援し認め合うことを目的として始めたものです。ネット上のマナーを守り、趣旨をご理解の上ご参加ください。)


テーマ:「大丈夫⁈うちの子、ハイ順調です」(1)

日時:2021年4月14日(水) 12時15分~13時

  (ZOOMのほうは、12時過ぎからはいれるようにいたします。)

場所:ZOOMでのオンライン

講師:福山市立大学教育学部 大庭三枝さん

対象:0~5歳児の発達と子育てを中心にお話します。子育て中のかた、子育てに関心のあるかた、保育士・幼稚園教諭・保育教諭などの他、子どもたちの育ちに関わっておられるかた

参加費:無料

お申込み:genkids1@yahoo.co.jpへ、件名「こどもカフェ参加申し込み」として、①お名前と住所(差しさわりなければ市・区まで、例:東京都港区)②ZOOM参加の際のメールアドレス③参加理由をご連絡願います。

 なお、ZOOMご参加の際は、顔出しの有無やハンドルネームはご自由に。

​大庭さんからのメッセージ:

少しでも子どもや子育て家庭がポジティヴに生活できるお手伝いができると嬉しく思います。

乳幼児期の発達理解を事例とともにお話します。

以上

事務局:小坂こども元気クリニック・病児保育室
東京都中央区月島3-30-3ベルウッドビル2~4F
電話03-5547-1191、FAX03-5547-1166

コメント