「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

インフルエンザ予防接種実施中。そろそろ一回目を済ませて下さい。/病児保育鋭意実施中、幼保無償化対象事業です。

小坂クリニックのお知らせ:連休は急病対応 2(土)9:00-15:00、3(日)&4(祝)9:00-13:00。インフル接種中。7(木)午後診療開始4:15と遅れます。

2019-11-01 20:12:43 | 日程、行事のお知らせ

こんにちは、小坂クリニックです。

 いよいよ11月です。読書の秋、スポーツの秋、音楽の秋、文化の秋、食の秋、子ども達がそれぞれの充実した日がどうか過ごせますように。寒い日も多くなってきました。風邪の子も増えてきています。病児保育含め、スタッフ一同、子ども達の健康を支えて参る所存です。

 特に、おなかの風邪が増えてきました。咳の風邪もやや多いです。喘息の発作の子もいます。水ぼうそうもあります。
 手足口病やヘルパンギーナなど夏特有のかぜはだいぶん減ってきましたが依然出ています。特に手足口病がまだ出ています。
 RSウイルス、溶連菌は少し出ています。
 インフルエンザが出ており、学級閉鎖や学年閉鎖も局地的に出ています。爆発的な流行には入らないまでも、このままだらだらと続くかもしれません。


 〇インフルエンザ予防接種の接種を、実施中です。そろそろ、一回目を実施下さい。

 〇チメロサールを含まないインフルエンザワクチンは、入荷が少々ありました。ご希望のかたは、予約時に申し出てください。なお、妊婦さんを優先に接種を振り分ける方針は引き続き続けます。 

 〇注射でない、フルミストの供給が厳しい状況をお伝えさせていただきます。引き続き納品の働きかけはして参る所存です。

 〇クリニックの健康標語へ、たくさんのご応募、ありがとうございました!
  最優秀は、「予防接種泣かずに終えて誇らしげ」とさせていただきます。
  次点は、「ごあいさつ きちんとできたね 金メダル」です。
  毎年思うのですが、甲乙つけがたい多くの標語をいただいております。本当にありがとうございました。


1、11月の日曜・祝日(3日(日)、4日(祝、月)、10日(日)、17日(日)、23日(祝)、24日(日))は、すべて急病対応致します。

11月

2(土)9:00~15:00
3(日)9:00〜13:00
4(祝)9:00〜13:00

 

2、診療時間の変更のお願い

11月7日(木) 午前通常通り 8:15~11:30、午後変更 4:15~7:00


3、早朝予約枠(平日早朝7:15-8:15)の予約のとりかた

 この枠は、予約制で対応致します。

 インターネットで、19時までにご予約下さい。ネットが出来ない場合、当院に予約のお電話を下さい。
 なお、日曜、祝日の次の日の早朝予約は、カルテ準備の都合上、前日12時までに手続き下さい。

 診察券番号と生年月日でログインができます。

 https://www2.i-helios-net.com/pc/hw2_pc_login.php?MID=4825     

 早朝予約枠:平日 午前 7時15分~8時15分

 8時15分以降は、通常の受付順の診療となります。

4、準夜間診療枠(平日準夜間19:00-20:00):

 同上のやり方で、ネット予約下さい。

 発達相談、いじめ相談、不登校外来など、相談外来の時間を設けます。


5、病児保育について:(幼児教育・保育無償化対象事業、還付申請に対応可能な領収書を発行しています。)

 お子さんの急な発熱、ご病気で保育園・幼稚園・小学校に登園・登校できない場合、病児保育でお預かりいたします。

 *利用当日でも登録は可能ですが、念のための事前登録をお勧め致します。
 
 *原則17時30分までですが、18時30分までの延長も可能です。当院にご連絡下さい。

 *土曜日の病児保育もまた、ご相談ください。

 *保育園での急な発病の場合、親御さんに代わって当院スタッフが、保育園に出向き、そのまま当院で病児保育へ移行することも可能です。

6、予防接種、乳幼児健診:午前11:30-午後1:00、午後3:10-3:30(診療時間内においても、実施可能)

 *ブックスタート事業と連動し、赤ちゃんに絵本をプレゼント致します。
 
 *乳幼児健診においては、全例にスクリーニング器機を用いた簡易視力検査を行い、弱視なども見落さぬようにチェックします。
 
 *土曜日、日曜日も予防接種や乳児健診をお受けいたします。

 *おとなの方の風しん抗体価検査及び風しんやMRの予防接種も致します。

 *シナジスの予防接種にも対応可能です。

 *抗体価のつき方に問題はございませんが、厚労省から通知があった件について
  母子手帳をご覧になられて、4種混合ワクチン欄に「4K23A、4K23B、4K23C、4K24A、4K24B、4K24C」のいずれかのシールが張られているかたが対象です。
  当院では、2018年5月~2019年2月ごろで接種されていると考えられます。
  ご不明な点は、当院までお気軽にお問い合わせ下さい。

 ⇒ 4種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ 製造番号4K23及び4K24系統)の一部有効成分が承認規格を下回り、製薬会社が自主回収された件(厚労省2019.10月)



7、インフルエンザ予防接種 接種実施中。

 今年はどうなるかわかりませんが、インフルエンザワクチンの供給量が、去年は不足しました。 
 また、いまでもインフルエンザは散発しており、インフルエンザの流行が、早くなることも予想されています。
 接種をお考えのかたは、お早めにされますことを、推奨させていただきます。
 
小児:3000円/回(消費税込み)
成人:3000円/回(消費税込み)

*接種価格は、クリニックや病院によって値段は様々ですが、使用しているワクチンは、全て厚労省の検定済みのもので効果は同等です。
 その中で、できるだけご負担のないような価格設定を当院は目指しています。昨年と同じ価格設定とさせていただきました。

*チメロサールを含まないものを使用していきたいと考えていますが、今年もまた供給が十分でなく、昨年同様にチメロサール入りとなることをご了承願います。
 あきらめずに、なんとか、チメロサールを含まないワクチンの入手を頑張る所存ではあります。
 現在のところ、チメロサールを含まないワクチンは、まず、妊婦さんを優先に接種を振り分けさせていただきます。

*注射でない、フルミストの供給が厳しい件について
 ご予約されている方や、キャンセル待ちの方には、いただいたメールアドレスに既にお知らせをさせていただいておりますが、フルミストの供給が、米国で追いついておらず、最悪、納品がない可能性もあるとのことです。輸入代理業者と納品の働きかけは引き続きやって行きます。最新情報は今後ともお知らせをして参ります。
 念のため、注射のインフルエンザを一回接種され、待たれることが納品がない場合のリスク回避できる手法として一つおすすめいたします。

⇒ 2019年10月末現在のフルミストの入荷の状況について


 

8、毎年恒例、クリニックの来年度の標語、たくさんのご応募ありがとうございました!

2020年の健康標語 予防接種泣かずに終えて誇らしげ

2019年の健康標語 それぞれのメダルに向かって一歩ずつ

9、イベント
①11/4(祝、月)第12回まるごとミュージアムhttp://www.marugoto-chuo.jp/

② 中央区の子育て支援に関わる皆様へ、高岡昴太氏ご講演『保育・地域子育てと子ども家庭支援センター・児童相談所の関わり』11月6日(水)15時~区役所8F大会議室

③ 「支えあいのまちづくり協議体」が作られるとのこと、中央区社会福祉協議会地域ささえあい課

 
10、中央区立の小学校特認校制度(申請10/1-10/21)、中学校自由選択制(申込み10/24迄)のご説明、特に学校説明会の日程など。


11、五輪を契機に「一校一国運動」のさらなる充実を

 中央区のすべての幼稚園・小学校・中学校で、国際理解教育がなされています。さらなる充実を考えて参ります。


12、中央区政について:


 来年度令和2年の予算構築に向け意見しました。⇒ 

中央区2018年度(H30)決算に対する区議会決算特別委員会審議(2019年令和元年10月)を通して、2020年度(令和2年度)予算の構築を考える、子ども政策を基本に据えて(根拠資料添付)

 今後は、申し述べている点を中心にさらに具体の施策を進めて参る所存です。

13、来週以降、まちづくり協議会が開催され、選手村を抱える中央区の交通問題・安全対策等を中心とした協議がなされます。

 内容はお伝えして参ります。安全対策、区民生活に支障を来さない対応につき、議論を深める所存です。

〇最新の状況 ⇒ https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/c/277e8b9e9eb5104506faa58e66fce64e

〇2019年7月段階の選手村、交通環境の問題点 ⇨ 

都心の交通環境向上のレガシーを作るべく五輪の交通計画の提示と実行を!中央区の三地域のまちづくり協議会を終えて

〇2019年10月段階の選手村、交通環境の問題点 ⇨ 

東京五輪における選手村中央区の交通問題について、考えること(2019年10月末日現在)

10月現在の最新資料から見る東京五輪での交通等の問題点 令和元年10月23日開催 銀座地区まちづくり協議会 配布資料より

 小坂和輝メール:kosakakazuki@gmail.com      


以上

コメント

中央区の子育て支援に関わる皆様へ、高岡昴太氏ご講演『保育・地域子育てと子ども家庭支援センター・児童相談所の関わり』11月6日(水)15時~区役所8F大会議室

2019-11-01 07:52:53 | 子育て・子育ち

 『子ども虐待へのアウトリーチー多機関連携による困難事例の対応』(東京大学出版会)などのご著書のある臨床心理士、司法面接士 髙岡昴太氏による講演会が、要保護児童対策地域協議会主催で開催されます。

 たいへん有意義な講演会になると考えます。

 保育園スタッフなどの皆様もぜひ、ご参加されてはいかがでしょうか?




〇中央区の虐待に関連した数は、以下、決算特別委員会資料をご参照下さい。



コメント

東京五輪における選手村中央区の交通問題について、考えること(2019年10月末日現在)

2019-11-01 07:35:55 | 2020東京五輪

 まちづくり協議会が開催され、選手村を抱える中央区の交通問題・安全対策等を中心とした協議がなされました。

 安全対策、区民生活に支障を来さない対応(通勤通学と駅混雑、経済活動、生活の平穏、交通事故防止、テロ対策など)につき、議論を深める所存です。

 課題として考えている点を記載します。

〇全体図


1、臨港消防署の課題

 ①緊急出動時の専用の緊急動線の確保

 ②黎明橋公園通りは、環状二号線下を通過できないため、小型車両しか通行できない。


2、晴海地区の課題

 ①晴海一丁目への五輪関係車両流入をさせず、晴海通りでUターンをするこt

 ②黎明橋公園通りを生活者優先としていく配慮、ここにも五輪関係車両が300台の二往復が通過

 ③市場関係車両の流入、安全保安員の確保

 ④その後のまちづくりとしてのトリトンからBRT基地へのデッキでの接続

 など








3、勝どき、豊海、佃月島地区の課題

 ①勝どき駅、晴海通り周辺への選手村関係者による混雑の緩和策
 (UACを他の地域に移転させるのも緩和策ではないかとの着想に、私もありではないかと賛同。)

 ②選手村対岸のセキュリティー 

 など

 






4、築地、銀座地区の課題

 ①築地デポからの車両が合物門から勝どき門へ変更され進展。

 ②その後のルートで、明石小学校前の道路は通過しないと変更され進展。

 
5、環状二号線の通行形態

 



など



コメント