「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

インフルエンザ予防接種実施中。そろそろ一回目を済ませて下さい。/病児保育鋭意実施中、幼保無償化対象事業です。

東京五輪における選手村中央区の交通問題について、考えること(2019年10月末日現在)

2019-11-01 07:35:55 | 2020東京五輪

 まちづくり協議会が開催され、選手村を抱える中央区の交通問題・安全対策等を中心とした協議がなされました。

 安全対策、区民生活に支障を来さない対応(通勤通学と駅混雑、経済活動、生活の平穏、交通事故防止、テロ対策など)につき、議論を深める所存です。

 課題として考えている点を記載します。

〇全体図


1、臨港消防署の課題

 ①緊急出動時の専用の緊急動線の確保

 ②黎明橋公園通りは、環状二号線下を通過できないため、小型車両しか通行できない。


2、晴海地区の課題

 ①晴海一丁目への五輪関係車両流入をさせず、晴海通りでUターンをするこt

 ②黎明橋公園通りを生活者優先としていく配慮、ここにも五輪関係車両が300台の二往復が通過

 ③市場関係車両の流入、安全保安員の確保

 ④その後のまちづくりとしてのトリトンからBRT基地へのデッキでの接続

 など








3、勝どき、豊海、佃月島地区の課題

 ①勝どき駅、晴海通り周辺への選手村関係者による混雑の緩和策
 (UACを他の地域に移転させるのも緩和策ではないかとの着想に、私もありではないかと賛同。)

 ②選手村対岸のセキュリティー 

 など

 






4、築地、銀座地区の課題

 ①築地デポからの車両が合物門から勝どき門へ変更され進展。

 ②その後のルートで、明石小学校前の道路は通過しないと変更され進展。

 
5、環状二号線の通行形態

 



など



コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年10月末現在のフルミス... | トップ | 中央区の子育て支援に関わる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2020東京五輪」カテゴリの最新記事