マダムようの映画日記

毎日せっせと映画を見ているので、日記形式で記録していきたいと思います。ネタバレありです。コメントは事前承認が必要です。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

2011-10-25 09:09:16 | 映画ー劇場鑑賞

ーキャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーー

2011年 アメリカ

ジョー・ジョンストン監督  クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)トミー・リー・ジョーンズ(フィリップス大佐)ヒューゴ・ウィーヴィング(シュミット/レッド・スカル)ヘイリー・アトウェル(ペギー・カーター)セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ)ドミニク・クーパー(ハワード・スターク)トビー・ジョーンズ(ドクター・ゾラ)スタンリー・トゥッチ(エイブラハム・アースキン博士)ニール・マクドノー(ダム・ダム・デューガン)デレク・ルーク(ゲイブ・ジョーンズ)ケネス・チョイ(モリタ)リチャード・アーミテージ(ハインツ・クルーガー)ブルーノ・リッチ(デルニエ)サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)

 

【解説】

『ウルフマン』のジョー・ジョンストンが監督を務め、伝説のアメコミヒーローを実写化したアクション大作。軍の秘密実験で超人兵器となった「キャプテン・アメリカ」が、祖国のために敵に立ち向かっていくさまを描き切る。スーパーヒーローを演じるのは、『PUSH 光と闇の能力者』のクリス・エヴァンス。軍の上官役に、『ハリソン・フォード 逃亡者』などの名優トミー・リー・ジョーンズがあたる。宿敵のレッド・スカルとの壮絶なバトルが観る者を引き付ける。

 

【あらすじ】

2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強じんな肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変ぼうを遂げる。(シネマトゥデイ)

 

【感想】

マーヴェルが贈る「ハルク」「アイアンマン」「マイティーソー」に続く最後にして重要人物の「キャプテンアメリカ」の登場です。

来年公開の「アベンジャーズ」のための1作に過ぎないと思っていましたが、なかなか面白かったです。

 

キャプテンアメリカ(クリス・エヴァンス)とはいうものの、彼の正義感はアメリカ人だけのためではありません。

その精神はゆるぎなき「善」そのものでした。

そこがよかったなあ。

 

しかも、キャプテンアメリカの持つ鋼鉄の盾を作ったのは、「アイアンマン」の主人公トニー・スタークの父、ハワード・スターク!!

 

 

レッドスカルのシュミット(ヒューゴ・ウィーヴィング)が狙うコズミック・キューブはマイティソーの父オーディンの持ち物です。

 

まるで「アベンジャーズ」の予告編のような扱われ方ですが、古風な顔立ちといい、完璧な肉体といい、いかにもアメリカンヒーローっぽいところがいたく気に入りました。

 

 


コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 桜田門外ノ変 | トップ | ランゴ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ミーママ)
2011-10-25 09:57:39
うんうん、その盾、アイアンマン2に出てたよね~~

とりあえず劇場鑑賞の予定はないけど、そのうち見るね。
あの筋肉、自前で作ったんだってね~立派なおからだ。
で、変身前の貧相な体のほうがCGだってww
ミーママへ (マダムよう)
2011-10-26 08:41:38
やっぱりそうなんだ!!
別人のようだったね。

アベーンジャーズ、楽しみだね!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画ー劇場鑑賞」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

映画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(3D版)」観に行ってきました。軍の秘密実験で超人的な能力を身につけた「キャプテン・アメリカ」が、レッド・スカル...