ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『レッドクリフ PartII』

2009-02-06 00:15:36 | 新作映画
(原題=Red Cliff II 赤壁:決戦天下)

「さて、今日は久しぶりの“驚速”をやっちゃうかな」
----あっ『レッドクリフ PartII』だね。
でも、原作読んでいないからよく分からないって言ってなかった?
「そのとおり。
ぼくは『レッドクリフ PartI』がけっこうオモシロかったんだけど、
どうもあの映画、
原作ファンにあまり評判がよろしくない。
そのほとんどが『三国志演義』とは違うというものだったみたい。
それを意識したのか、
今回のプレスにはこの映画は『正史三国志』を基にした、
ジョン・ウーのオリジナルということが強調。
確かにそうでなきゃ、
わざわざ映画として作る意味はないよね」

----オリジナルの部分って?
「『PartII』は、映画ならではのキャラクターがさらに増えてくる。
それと、女性に与えられた役割だね。
小喬にしろ尚香にしろ、
彼女らは自分の意志で行動するんだ」

----前作に比べて戦闘シーンが多くなったと聞いたけど、
その話だけ聞くと、
ドラマの方が強いみたい。
「前半は、そうだね。
簡単に言えば、今回のストーリー、
その出だしはこうなる。
慣れない土地での逗留のため、
曹操軍に疫病が発生。
ところが曹操は兵を葬るどころか死体を川に流して対岸へ。
自軍にも疫病が蔓延したことから、
劉備は兵を引き上げる。
そのため矢が少なくなったことを怒った周瑜は諸葛亮に
矢の調達を命じる。
今夜の舞台挨拶で金城武
『矢を取ってくるところ』を
その見どころにあげていたけど、
なるほどここかって感じだったね」

----えっ?舞台挨拶があったの?
「うん。今夜の試写会は
『レッドクリフ』フェスティバルと銘打って、
TOHOシネマズ六本木ヒルズの全スクリーンを使用。
リン・チーリンや主題歌を歌ったアランまで来ていて、
それを同時開催の大阪と福岡にも流していたんだ。
しかも羽根ペンやプレミアムIDカード(シリアル入り)と大盤振る舞い。
さらにはドリンクにポップコーンまで…」

----それは確かにスゴいけど、
話がそれていニャい?
アクションはどうだったのよ?
「ゴメンゴメン。
あまりにビックリしたから。
さて、今回のハイライトの
2000隻の船の大炎上シーンは
正直言って思ったほどでもなかった。
どこかで観た感じと思ったら、
『パイレーツ・オブ・カリビアン』のスタッフがVFXを担当。
フォーンは知っていると思うけど、
あの第一作って、ぼくはそれほど買っていないんだ。
それよりもその後の地上戦の方が迫力だったね。
劉備軍も加わり、
最後に曹操を追いつめるところは、
諸葛亮を除いて全員が勢揃い。
お得意の三すくみどころか、
いくつもの睨み合いが出てくる」

---そうか。諸葛亮は直接戦いに加わらないものね。
他には?
「監督はラストは『七人の侍』というようなことを言っていた。
で、例のセリフが出てくるのかなと思ったら……」

----思ったら?
「まあ、これは言わない方がいいか。
それよりも夜の戦が多くて分かりにくいところがあったな。
『影武者』ほどではなかったけど。
後はラストの夢のように美しい長江の風景。
これはおそらくVFXだろうね。
ダムの建設で、あんな山水画みたいな風景は
もう望めないんじゃないかな。
そうそう、最後に『あの馬』も出てくるよ」

---ニャんだっけ、それ?
「う~ん。
そういう人は、
もう一回、前作を復習した方がいいかも」



           (byえいwithフォーン)


※ある必要性から、もう一度プレスを見直してみたのですが、
INTRODUCTIONには
「歴史書の『三国志』、小説の『三国志演義』を踏襲し、
勇気、友情、愛をテーマにしたまったく新しい物語として完成した
『レッドクリフ』二部作」
コラムの『レッドクリフに見る』三国志の項には
「ベースとなるのは中国における正当な歴史書、つまり正史の『三国志』。
同じくコラムの「これがジョン・ウー版『赤壁の戦い』」には
「『正史三国志』『三国志演義』とは違った解釈で魅せる勇気、
友情にこだわったジョン・ウー版『赤壁の戦い』を紐解く」
とありました。



フォーンの一言「ポップコーン・ムービーにしていいのかニャ?」複雑だニャ

※またまた賛否両論ありそうだ度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はプレスの袋に入っていた記念品です
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
« 『ワルキューレ』 | トップ | 『スラムドッグ$ミリオネア』 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゑ~、正史だったんですか!? (よろづ屋TOM)
2009-02-06 10:30:08
もちろん後編(ですよね、3あったら笑いますよ)はまだ未見ですが、1で曹操を悪臣そのものとして描いた時点で『演義版』以外の何ものでもないんですが…
正史だと魏を王朝の正統継承国とする歴史ですから蜀も呉も統一の邪魔をする第三国な筈なんです。もちろん矢を調達する孔明の知略とかの講談ネタ話もないし。

ジョン・ウーは確信犯でしょうけど、なんとなく1の時といい、肝心の広報の人がちゃんと三国志演義を知らない可能性が…
■よろづ屋TOMさん (えい)
2009-02-06 12:21:40
こんにちは。
今回のプレスを読んでみて感じたのは、
大ヒットにも関わらず『三國志』ファンからのツッコミがあまりにも多かったため、
少し釈明が入っているのかな…ということ。
ただぼくも、ざっくり読んだだけなので、
誤読している可能性も。
今夜読み直して、違っていたら訂正させていただきます。
m(__)m
はじめまして。正史ですよ (kei)
2009-02-07 16:13:01
 私は最初からこれは史実(特に呉志)が基本だと思ってましたから、我が意を得たりですね。
 歴史には主人公などありません。周瑜伝なんかでは、曹操は「曹賊」と言われますしね。失礼ながらよろづ屋TOMさんは、史書自体を読まれたのか?と思ってしまいます。
 ただ、史実をふくらます過程で、演義のイメージが強く、かつ史実とさほどに矛盾しないことについては、演義を使っていますね。例えば十万本の矢や劉備夫人の井戸への身投げなどですね。
 しかし、周瑜が赤壁の戦いの中心であったという史実は曲げていません。ここが演義と大きく違うところですね。
すみません、漢文の原書は読めませんので (よろづ屋TOM)
2009-02-07 21:05:17
私の知ってる正史や演義はすべて日本人が解釈した本や文書によるものですので、漢書や史記に関するものもそういう本でしかありません。
その乏しい知識の中では、歴史書として曹家を指しての賊扱いはなかったもので、上記のコメントに至ったものです。
勉強不足でえいさんにもご迷惑をお掛けし、申し訳ありませんでした。
こんばんは。 (えい)
2009-02-07 22:24:13

まとめレスで失礼します。

■keiさん

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。
そういえば、
今回、曹操が悪役(?)ながらも魅力的に描かれていました。
本文には書き忘れてしまったのですが、
病に伏した兵たちを鼓舞するシーンなどは、
なるほど
こうやって人心を掌握するのかと、
感心させられました。
(好きではないですが…)
あと、オモシロかったのが
周瑜と曹操が、それぞれ
お互いを「逆賊」と言い合うところ。
どちらも自分が正しいと思っているわけで、
あたりまえではありますが
立場によって「逆賊」は変わるんだなと思いました。


■よろづ屋TOMさん

お心遣いありがとうございます。
この映画、ぼくにも「三国志」への目を開かせてくれました。
そういう人、他にも多いかも。
舞台挨拶では例の「十万本の矢」について、
金城武が「本ではいま一つはっきりしなかったイメージがくっきりとなった」
みたいなことを言っていました。
あと、これはプレスに載っている金城武のコメントですが、
興味深いので少し引用します。
「僕が見てほしいのは、孔明が『風を借りる』シーンです。
僕が読んだ本にそういう表現があったのですが、
監督が読んだ本には『孔明は計算上、風が吹くのがわかっていた』と書かれていたみたいで、
『それは読んだことがない。おもしろいからやってみよう』と言ってくれたんです」
とのこと。
「三国志」って
ほんと、いろんな本が出ているんだなということがわかったエピソードでした。
Unknown (keyakiya)
2009-02-13 20:59:27
もうご覧になられたのですね。
なんともうらやましい。
自称三国志オタクですが、パート1はよかったですよ。
三国志の名場面は一応魅せてくれています。
何ぶん、有名登場人物が多いので、それぞれの人物に思いを寄せて物語を想像できるのが三国志の魅力です。
ちなみにボクは大の孔明ファンですが、周瑜も大好きで、
ゲームでは周瑜キャラもよく使います。
といいながら、実は曹操も好きなんです。
北方三国志では曹操もなかなか魅力的に描かれています。
というわけで、とにかくパート2が待ち遠しい春です。
■keyakiyaさん (えい)
2009-02-14 17:15:20
こんにちは。

そうでしたか。名場面はすべて入っていたんですね。
どうりで、ぼくみたいな
素人でも楽しめたはずです。

第二部では曹操も魅力的に描かれています。keyakiyaさんでしたら
十分にお楽しみいただけるのではないかと…。

ぜひ、ご期待ください。
とても残念でした (JK)
2009-03-29 22:29:57
いやー、これは久々に見た"やっちゃった"映画ですね。
どうでもいいエピソードがダラダラと続く退屈な展開、
余計なだけの女優陣、パート1と代わり映えしない男優陣
ちゃぶ台があったら、お茶ごとひっくり返したくなりました。
こんな内容でラストにそれらしいことを言われても少しも心に響きません。

戦闘シーンで多少盛り返しますが、それとて新鮮味はなし。
中村獅童は架空の人物だけに設定にこだわらない人物になって良かったです。
しかし前後編に別ける必然性はほとんど無いですね。
■JKさん (えい)
2009-04-01 22:39:00
こんばんは。

JKさん的にはダメでしたか。
ぼくは楽しめたので、
こういうとき、どうお答えすればよいのやら…(汗)。

ぼくは、ラストのそろい踏み、
ゾクゾクしたんだけどなあ。
チャン・イーモウの方が・・・ (にゃむばなな)
2009-04-10 20:40:12
個人的には張芸謀監督に「三国志」は撮ってほしかったのですが、まぁジョン・ウー監督でこれなら及第点ではないでしょうか。

歴史モノというよりは最後は『男たちの挽歌』の頃と変わらず英雄モノとして締めたところもこの監督らしかったと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

65 トラックバック

レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (LOVE Cinemas 調布)
最近試写会によく当選しまして、本日も厚生年金会館へ行ってきました。18:30開演なのに仕事終わりが18時。全速力で走った走った!汗だくになりましたが、それだけの価値ある作品でした。監督は当然ジョン・ウー。周瑜=トニー・レオン、諸葛亮孔明=金城武、小喬=...
「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」 (原題:RED CLIFF: PART II 赤壁) 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (労組書記長社労士のブログ)
【 17 -4-】 レッドクリフ PartIも試写会で観れたんやけど、なんとPart?も試写会が当たった{/m_0151/} 実は、数人の友人から「試写会当たったから行く?」「試写会のチケットもらったけど行く?」と誘われていたけど、「いや~うちも当たってるねん」{/m_0199/} どんだけ...
『レッドクリフPartII-未来への最終決戦-』 (2009)/アメリカ・... (NiceOne!!)
原題:REDCLIFF:PARTII/赤壁監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン試写会場 : 中野サンプラザ公式サイトはこちら。<Story>曹操(チャン・フォンイ...
『レッドクリフ PartII ─未来への最終決戦─』試写会 (エミー・ファン!ブログ)
レッドクリフ PartII ─未来への最終決戦─ Chi bi xia: Jue zhan tian xia/RED CLIFF: PART II/赤壁 2009/04/10公開 公式:http://redcliff.jp/ パート1を見たとき...
レッドクリフ Part ? / RED CLIFF 2 / 赤壁・決戦天下 (我想一個人映画美的女人blog)
前作は最速マスコミ試写というもので観たのは去年の8月初旬! その時は「part 1」なんてタイトルにも全くなくて え?!これで終わり!?いいとこで続くなの{/eq_1/}前後編だなんて聞いてないよ!状態。 そのせいもあるし、そもそも三国志を良く知らないっていうのもあ...
レッドクリフ prat? (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
力技の豪傑から繊細な頭脳派まで、百花繚乱の戦う男たちに萌え~! 赤壁で繰り広げられる、手に汗握る頭脳戦!、いよいよ決戦!!曹操の非情な攻撃に、孔明が秘策で挑む・・・。 物語:眼前に姿を現した曹操軍の2000隻の大船団に声をなくした連合軍。 その頃、...
レッドクリフ Part?☆独り言 (黒猫のうたた寝)
Part?は長~~~~~~~いプロローグで、待ってたよとPart?がもうじき公開ですが一足お先に(笑)『レッドクリフ Part?』今度も2時間以上ありますが、おなかいっぱい堪能させていただきました。三国志の中身をほとんど覚えていない猫はエンタメとして十分楽しめました。...
「レッドクリフPartII」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「レッドクリフ」公式サイトレッドクリフPartIの続編となる歴史スペクタクル。ものすごいいいところで終わってた前作から半年、期待をこめて待ってたせいか三国志の固定観念があるからか、これ・・三国志じゃあなかった^^;さ、三国志風~引き....
劇場鑑賞「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」 (日々“是”精進!)
レッドクリフオリジナル・サウンドトラックコンプリート・アルバム「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」を鑑賞してきました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後...
[映画『レッドクリフ PartII』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ ♪チャン・チャン・チャン チャラリルン!   ♪チャ・チャ・チャ   ♪チャン・チャン・チャンラリルン!  「レッド・クリフ」のテーマ曲を文字にして見ました^^;  この後の雄大なメロディがいいですよね^^  つい最近、『―未来への最終決戦―』と言...
レッドクリフPart? (めでぃあみっくす)
やっぱり「三国志」は面白いです。歴史としてよりも映画として個人的にはあれこれ不満が残るところはありましたが、それでも最後まで楽しめる映画だったと思います。そして改めてジョン・ウー監督は英雄が大好きなんだと思いました。英雄大集合のラストも『男たちの挽歌』...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (映画君の毎日)
//ストーリー//西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が...
レッドクリフ/赤壁 Part II -未来への最終決戦- (そーれりぽーと)
というわけで、どうもしっくり来なかったPart Iに続いて『レッドクリフ/赤壁 Part II -未来への最終決戦-』を観てきました。 ★★★★★ 前半のドラマパートは前回と同じく変わりまくるカメラアングルに目がチカチカして時々イラっとしますが、前回は総集編のような早...
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」孔明の経験と周瑜の用意周到の策略で曹操軍を切り崩した赤壁の戦いの勝利 (オールマイティにコメンテート)
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」は昨年11月に公開された「レッドクリフ PartI」の続編で赤壁へ攻め込んできた曹操軍を迎え撃つ孫権・劉備軍が内部分裂の危機を回避し、欺きながら孔明と周瑜の策略で曹操軍を追い込み赤壁の戦いで激突するストーリーである。...
映画「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」 (FREE TIME)
注目の映画「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」を鑑賞しました。
レッドクリフ Part?―未来への最終決戦― (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました~【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足と...
レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦― (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4...
レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― (to Heart)
製作年度 2009年 原題 RED CLIFF: PART II/赤壁 上映時間 144分 製作国・地域 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監督 ジョン・ウー 音楽 岩代太郎 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォン/イーチャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン/...
『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』 (Sweet*Days**)
監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、 他 西暦208年、中国三国時代。大群を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍に対...
レッドクリフ Part 2 未来への最終決戦 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/日本 アメリカ 韓国 台湾 中国 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、 金城武、 チャン・フォンイー、 チャン・チェン、 ヴィッキー・チャオ、 フー・ジュン、 中村獅童、 リン・チーリンetc・・・ 茶を飲んでる...
【レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―】 (映画@見取り八段)
レッドクリフ PartII  ―未来への最終決戦― ~赤壁 RED CLIFF Part2~ 監督: ジョン・ウー 出演:  トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイ...
「レッドクリフ part?」みてきたよ♪ (+++turbo addiction+++)
「レッドクリフ part?」見てきたよー!! ☆-(ノ゜Д゜)八(゜Д゜ )ノ ついに終わっちゃった。。。 ♪♪以下、感想(ネタバレあり!?♪♪
「レッドクリフ Part ? -未来への最終決戦-」 歴史に残るスペクタクル (はらやんの映画徒然草)
「レッドクリフ part?」は昨年10月に試写会で観たので、半年間も待ちました。
「 レッドクリフ Part? -未来への最終決戦-」プチレビュー (気ままな映画生活)
レッドクリフ2部作の完結編、Part?を鑑賞してきました。 本日、地上波にてPart?が放送されます。 ある記事で、Part?は50億の興行収入、Part?は100億を 狙っていると書いていました。
「レッドクリフ Part? ~未来への最終決戦~」 (利用価値のない日々の雑学)
昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ Part?」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通説」があったにも関わらず、新たにジョン・ウーとしての新解釈を...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-/Red Cliff Part2 (いい加減社長の映画日記)
公開初日の金曜日に観ていたんですが、書くのがちょっと遅くなってしまいました^^; 「Part I」では、肝心の戦いになる前に終わってしまい、ちょっと肩透かし気味でしたが。 今回は、たっぷりと見せていただきましょう。 「UCとしまえん」は、平日の夕方にしては、ちょ...
レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦― (虎猫の気まぐれシネマ日記)
いやー,これほどまで続編公開を待ち焦がれた作品は初めて!公開初日は仕事で無理だったが,2日目にはもちろん劇場へ駆け付けた~!同じ日にクローズZERO?も観たので,ここ数日,仕事でたまっていたストレスが,豪快なアクション連発によって一気に解消されましたわ。 Pa...
■赤壁の闘い~レッドクリフ・パーツ?-未来への最終決戦 (AKATUKI DESIGN)
TVでしきりにプロモーション活動をしているレッドクリフ。 パ-ト?を見損なっていたので我が家の5.1ch初のDVD鑑賞を。 臨場感たっぷりで金城武の魅力が存分に伝わってきます。 周愉役のトニーレオンもかっこ良かったですが、甘興役の中村獅童もグッド。 う~ん細マッ...
レッドクリフ Part?-未来への最終決戦- (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年33本目(31作品)です。 前作ではスケールの大きな戦闘シーンにインパクトを与え、今回の場合は、ストーリー中心の内容になっています。 ジョン・ウー監督が「アジアのスタッフ中心でハリウッドに負けな...
世界に平和を、あなたに「決断」を。~「レッドクリフPart2」~ (ペパーミントの魔術師)
やっぱり孔ピーが好きっ♪ ということで、この画像。(壊れてる壊れてる・・・) さあこれからって時に 続くってなんだよぉ~~~だったパート1. ある意味、フィクションをノンフィクションに近づけ、 ないもんを膨らませて完結したパート2.(わわわわわ) それはホ...
レッドクリフ Part II (花ごよみ)
監督はもちろんジョン・ウー。 前回に続き、今回も最初に、 人物に関しての、説明が成されていて、 サービス精神たっぷり、 理解しやすくなっています。 中国・長江での戦いのクライマックス、 三国志の中のレッドクリフ 赤壁の戦い! 両軍の戦いの心理作戦の面白さ。...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョン・ウー 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チ...
「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」 (原題:RED CLIFF: PART II 赤壁) 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン...
【レッドクリフ Part? 未来への最終決戦】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・ウー 出演:金城武、トニー・レオン、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童      風は未来へ。 いよいよです♪ Part?の感想はこちら → ☆ いよいよタイトルにもな
レッドクリフ Part? -未来への最終決戦- (Diarydiary!)
《レッドクリフ Part? -未来への最終決戦-》 2009年 アメリカ/中国/
レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「三国志」の前半部分でも特に人気の高い「赤壁の戦い」を描いた、ジョン・ウー監督のスペクタクル時代劇の完結編。 「レッドクリフ Part? ―...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (ダイターンクラッシュ!!)
4月12日(日) 20:20~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』公式サイト 完結編は、アクション満載の人海戦術戦闘映画だ。 劉備と三武将が...
勝者はいない。『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』 (水曜日のシネマ日記)
昨年11月に劇場公開された『レッドクリフ Part I』の続編です。
レッドクリフPart2 (ももママの心のblog)
Part1にすっかりハマった人も多かったのではないかしら?壮大な三国志サーガを、ダイナミックに描いていることと、キャラが立っていて魅力的。トニー・レオンと金城武の魅力も炸裂中です。 いよいよPart2にて、赤壁の戦いの火蓋が切られます。楽しみにしていた方、裏切ら...
No.041 「レッドクリフ Part II 未来への最終決戦」(2009年 144分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン    金城武    チャン・フォンイー 先ほど日曜洋画劇場で「レッドクリフ Part I」をやっておりました・・・早や! 昔なら劇場公開されてから数年たたないとTV放映なんてなかった時代を知ってる者に取っては異例のス...
レッドクリフ Part II 未来への最終決戦 (だらだら無気力ブログ)
曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ Part?』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を...
★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (Yuhiの読書日記+α)
ジョン・ウー監督の「レッドクリフ Part?」に続く、赤壁の戦い2部作の後編。キャストは前作と変わらず、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン他。 <あらすじ> 大軍を率いて赤壁へ進行して...
レッドクリフPart? を観ました。 (My Favorite Things)
あのTVはないよね?観ちゃうよ~。本でも予習中だったしね。
レッドクリフPart?-未来への最終決戦- (悠雅的生活)
案山子の舟。冬至の団子。東風吹かば。
レッドクリフ Part2 ―未来への最終決戦― (future world)
これは劇場スクリーンで観るべき、 迫力十分で楽しめました~。 パート1での序章、いよいよ決戦というところから。 前作を観ているのでキャスト・人物関係は三国志を知らずとも すんなりパート2には着いていける。 80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ連合軍・・...
レッドクリフ Part?-未来への最終決戦-(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年39本目(35作品)です。 大家好!我是電影先生! (みなさん、こんにちは!ミスターシネマです!) 実を言うと、僕は大学時代に2年間中国語を勉強していました。 ですので、今回のレッドクリフも字幕を...
レッドクリフPart2 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  日本語吹替版を観てしまったからか、何となく前作よりもスケールが小さく感じてしまった。それに本作のメインシーンは、戦争そのものなので、前作のような派手な個人技の披露がないのが淋しい。  だから前作から間髪を置かずに、本作に臨んだほうが良いだろう。...
「レッドクリフPart? ―未来への最終決戦―」 (或る日の出来事)
おもしろくは、なかったなー。(つまらない、とは言っていないことに注意。)
レッドクリフ (トニー・レオンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり) 映画『レッドクリフ Part ? -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【映画】レッドクリフ PartII (新!やさぐれ日記)
▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も...
レッドクリフPart2★★★☆+劇場56本目:迫力あるけど・・... (kaoritalyたる所以)
良くも悪くも、三国志という物語に興味を持った・・ということがこの映画の功績・・かな。といきなり〆言葉のようですが、三国志に興味が無かったので、ストーリーもほとんど知らないから楽しめたし、知りたいと思った。だけどきっと、三国志が好きな人には、この演出が気...
あまりにも勧善懲悪では面白くない「レッド・クリフ Part2」 (映画好き集れ!!)
あまりにも勧善懲悪では面白ない「レッド・クリフ Part2」ストーリー西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の...
『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍...
レッドクリフPartII~未来への最終決戦~■BADJOB! (映画と出会う・世界が変わる)
「未来への最終決戦」とまるでB級SF映画のようなサブタイトルが付いている。「ターミネーター」や「猿の惑星」あたりについている方がピッタリするようだ。このタイトルによって作品の感じはぐっと軽量級になってしまったが、実際に実に軽い作品である。この種の作品に...
レッドクリフ PartII 未来への最終決戦 (メルブロ)
レッドクリフ PartII 未来への最終決戦 256本目 2009-17 上映時間 2時間24分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン  金城武  チャン・フォンイー  チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン  中村獅童 リン・チーリン 会場 新宿ピカデリー ...
レッドクリフ PartII/未来への最終決戦 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
レッドクリフ PartII/未来への最終決戦 ’09:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国  ◆原題:RED CLIFF: PART II/赤壁 ◆監督:ジョン・ウー「男た...
「レッドクリフ Part? ~未来への最終決戦~」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 大軍を率いて赤壁へ進行して来た魏の曹操[チャン・フォンイー氏]軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権[チャン・チェン氏](呉)&劉備[ヨウ・ヨン氏](蜀)連合軍の元へ船で流し...
レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- (うふふ・映画三昧。)
ぶっちゃけ、私、1の方が好きかも。 いざ、決戦の時になると、そりゃ迫力あるし、めちゃくちゃカッコイイんだけど、そこまでが、なんかしんどかった(^^; しかも、チームプレーより個人プレーの方が大好きな私としては(バカ?) 猛将たちの見せ場が、少なーい!...
レッドクリフ Part 2 (Addict allcinema 映画レビュー)
戦いは赤壁へ。 連合軍は、絶体絶命…激戦は続く。 【関連記事】 「レッドクリフ Part I」
レッドクリフPart2~未来への最終決戦~ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
昨日Part1を観て しっかり復習してから観に行ったよPart1も迫力はあったけど やっぱしPart2の方が断然、迫力があって映画館の大きなスクリーンで観るのが絶対、お勧めついに 赤壁の戦いですわ 水上戦ですわ 2000隻の戦艦と80万の兵士だとって ...
ストレス解消活劇 「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」  久しぶりの正統派スペクタクル時代劇。      【原題】赤壁下 決戰天下 【英題】RED CLIF...
ジョン・ウーとは何だったのか (RISING STEEL)
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...