ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

2007-06-20 12:36:30 | 新作映画
(原題:Harry Potter and The Order of The Phoenix)

----この原作って、映画化しにくいのでは?って心配していたよね。
観てみてどうだった?
「ぼくが最も気にしていたのは
クライマックスの魔法省のシーン。
そこで描かれている
“予言の間”での戦いを映像化するのは至難の業と思ったわけだ。
まあ、これはぼくの読解力不足かも知れないけどね。
ところが、無数の予言が保管された部屋にダンプルドア軍団6人が到着してからの一連の流れ。
ルシウスとハリー、ベラトリックスとシリウス、ダンプルドアとベラトリックス----。
とりわけダンプルドアとヴォルデモートの戦いは
火、水、砂などの元素を総動員。
一瞬の息をつく暇もない。
全編、ダークに統一されたこの暗黒物語の総決算と言う感じだ」

----ダーク?暗黒物語?
『ハリポタ』って、そんなお話だったっけ?
「うん。前作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』でセドリックの死に直面し、
悪と戦いながらもまだどこかイノセンスでいられた子供の時間を終えたハリーたち。
この『不死鳥の騎士団』では、
その『炎のゴブレット』に輪をかけてダークになっていく。
まず、冒頭からハリーの受難が描かれる。
人間界に死喰い人が出現。
自分ばかりかダドリー・ダーズリーまでも襲ったことから
ハリーは彼を救うべく魔法を行使。
しかしそのことでホグワーツを退学になってしまうんだ----。
と、話し始めたらきりがないので止めておくけど、
魔法省の尋問会を経て復学した彼を
周囲は疑いの目で見る」

----どういうこと?
「ヴォルデモートが復活してセドリックを殺したと言うハリーの主張は嘘だと言うんだね。
日刊予言者新聞もハリーを糾弾。
そんな中、闇の魔術に対する防衛術の新任教師としてやってきた
ドローレス・アンブリッジがホグワーツを魔法省の支配下に置こうとする。
このあたりの描き方は管理教育が進むどこぞの国を思い出したね」

----あらら。
ところでドローレスはだれがやってるの?
『ヴェラ・ドレイク』のイメルダ・スタウントン。
いやあ、これはお見事だね。
いつも人を小馬鹿にしたような笑みを浮かべ、
猫なで声(ちょっと違うか)で話しかける。
そうそう、猫と言えば彼女の部屋に飾られている絵皿には猫。
『ハリポタ』の世界だから、もちろんそれらは動き回る」

----え~っ、また猫が悪いイメージで使われている。
まったく、向こうの映画は…。
「まあまあ押さえて押さえて。
それはともかく、このイメルダ・スタウントンの演技は楽しい。
こういうのにオスカーあげてもいいんじゃないかな。
まずありえないけど…。
着ている服はいつもピンク。
これが権力が大きくなるにつれて
同じピンクでもだんだんとケバくなっていくんだ。
それにしても今回は女性陣が強烈。
悪女ベラトリックスには、もうこの人しかいないヘレナ・ボナム=カーター。
その異様なメイクとエキセントリックな演技は
ティム・バートンの世界での彼女を思い出す。
あと、ルーナ・ラブグッドに扮している新人イバナ・リンチも
オーディションをやって選んだかいがあったって感じ。
病的な個性で周囲の生徒たちを圧倒。
考えてみれば、このエピソードでは
それまで“いい子ちゃん”だったハーマイオニーがアンブリッジに反旗を翻し、
ダンプルドア軍団結成の要因を作るし、
ハリーのガールフレンド、チョウ・チャンも決定的な役割を果たす。
ある意味、女性が目立った映画だね。
さらに“禁じられた森”の巨人グロウプやケンタウルスを始め、
空を飛ぶセストラルなど、
原作に登場するさまざまなクリーチャーがいっぱい出てきて飽きさせない」

----じゃあ、原作ファンも大満足?
「いや、そう言い切るのは早計だね。
たとえば、シリウス・ブラックの生家。
その名もクリーチャーがそこでなぜぼやいているのかなど、
原作を読んでいないと分からないし、
実際、物語にあまり大きく絡むこともない。
また、ロングボトムはあまりにもあっさりと“必要の部屋”を見つけてしまう」

----ニャに言ってるかまったく分からないよ(笑)。
「そうだよね(笑)。これは第一作『賢者の石』のときからのぼくの持論なんだけど、
このシリーズは大ベストセラー。
すでにみんな原作を読んでいることが前提となっている。
だから、形だけでもいろんなエピソードやクリーチャーを出そうとしたと言うことじゃないかな。
いままでにもエピソードを丸まる割愛してファンがガッカリなんてことが
しばしばあったし…。
でも、次作『謎のプリンス』は大変だな。
クライマックスはもっともっと比較にならないほどダーク。
どんな風に映像化するんだろう?」


  (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「このシリーズはいつも目ぱっちりニャ」ぱっちり

※『ハリポタ』はいつも待ちどおしい度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー 

画像はアメリカ ・オフィシャル壁紙より。

コメント (9)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
« 『西遊記』 | トップ | 『ダイ・ハード4.0』 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見てきました (くまんちゅう)
2007-07-16 01:05:35
まだTB出来ないのでコメントします。
いや原作ファンですけど、満足でした。
あれくらいの端折り方なら納得できますね、よくぞ2時間半でここまで魅せてくれたかと思いました。
■くまんちゅうさん (えい)
2007-07-16 23:10:55
こんばんは。

今回、短かったですね。
あの長大な物語をよくぞここまでまとめたものと感心。
ただ、いくつか
次につながるのか?と、
不安になったシーンはありましたが…。
コンバンハ (武蔵)
2007-07-18 11:08:10
なんとなくコンバンハにしてみました,イバナ・リンチの大ファンの武蔵で~す!
どうぞよろしく~~!!!
■武蔵さん (えい)
2007-07-20 16:15:00
こんにちは。

イバナ・リンチ。かわいかったですね。
原作のルーナ・ラブグッドが
こんなキュートな形で出てくるとは
夢にも思いませんでした。
こんばんは (ノラネコ)
2007-07-21 00:48:38
原作もそうだから当たり前といえば当たり前ですが、あまりにもダークな雰囲気に驚きました。
これ、子供には重過ぎるかもしれませんね。
物語的には過渡期という感じですが、最後の二作への橋渡しと考えるとこれで良いのかもしれません。
完成度は高いとおもいました。
ところで、8月5日に私の友人がプロデュースした映画の完成披露試写があるのですが、えいさんを御招待してもいいでしょうか?
私はスタッフではないのですが、贔屓目無しで素晴しい作品だと思いますから、日ごろお世話になっているブロガーの皆さんに観ていただきたいのです。
もしご都合がよろしければ、私のブログの管理人メールからご連絡いただければと思います。
やっぱり! (ノラネコ)
2007-07-21 01:07:18
すいません、もしやと思って過去記事を検索してみたら、えいさん件の映画を既にごらんになってます。
えいさんとは是非一度お会いしてみたいと思っているのですが、さすがに私も同じ映画を二度観てくださいというのはちょっと・・・(汗
しかも素晴しく的確な評を書かれていて、こちらの評をスタッフが読んだらとても喜ぶと思います。
お騒がせいたしました。
■ノラネコさん (えい)
2007-07-21 20:38:29
こんばんは。

いよいよ『ハリポタ』最新作発売ですね。
あ~。早く読みたいです。

試写会のご招待ありがとうございます。
ぼくがすでに観ている映画って、なにかなと
自分で検索してみました。
最初は『キャプテン』か『黒帯』と思ったのですが、
8月5日の試写会と言うことで
あ~と、思い当たりました。

先日、プレスも届きました。
夏休みにピッタリの映画だと思います。
公開が楽しみですね。
こんばんは。 (ふぴこママ)
2007-08-04 22:59:24
私も絵皿に目が、いってしまいました。
魔女といえば黒猫のイメージがありますが、
長毛系が多かったような。

もはやお子様映画とはいえないダークさでしたが、
ヴォルデモートとの対決シーンは見応えありました。
ルーナ、独特の雰囲気でしたね。
今後が楽しみです。
■ふぴこママさん (えい)
2007-08-05 12:08:06
こんにちは。

あの絵皿は原作にあったのかな?
ちょっと思い出せないのですが、
どうもイギリスでは孤独な女性と猫を結びつける嫌いがありますね。

それにしても最終巻が読みたい。
英語力のなさが
いまにして悔やまれます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

46 トラックバック

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。7月20日公開  「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」公式サイトまず あの 長~い原作が2時間18分になってるのがちょっとびっくりでしたおかげで 反抗期のように自己中で八つ当たりするハリーの様子が 目減りしてます。魔法イエーイ!...
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」試写会 (ミチミチ)
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 監督 デヴィッド・イェーツ 原作 J・K・ローリング CAST ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ヘレナ・ボナム=カーター・・・story ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー(ダニエル・ラド...
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 (Sweet* Days**)
監督:デイビッド・イェーツ  CAST:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン 他 STORY:蘇った闇の帝王、ヴォルデモード卿と闘ったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。しかし魔法界の人々はヴ
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」過去との戦いを乗り越えた末にみた予言とは・・・ (オールマイティにコメンテート)
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」はハリー・ポッターシリーズ第5弾の映画として公開された映画で、今回はハリーが不死鳥の騎士団を結成して闇の帝王ヴォルデモート卿と戦うストーリーが描かれている。夏休み最大の目玉作品として今年の興行収入No1の呼び声の高い作...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
台風による大雨、次男が蜂(?)に刺されて左手がグローブ・・・という悪条件の中、先行上映へ―吹き替え版です【story】ホグワーズ魔法魔術学校の5年生で15才になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)が甦った事実が全く信じら...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (Diarydiary!)
《ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団》 ネタバレありますので原作は未読だけど映画
「 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団/ HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】 7月20日(土)公開 監督 : デヴィッド・イェーツ
映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」に関するトラックバックを募集しています。
ハリーポッターと不死鳥の騎士団/HarryPotter&theOrderofthePhoenix (我想一個人映画美的女人blog)
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} とくにファンでもないのに、公開されると必ず観てしまうシリ...
ハリーポッターと不死鳥の騎士団(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
台風なんて関係ないねっ!! とばかりに先行上映初回を張り切って観てまいりました。
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
ハリーの本当の秘密、解禁って、、、。それよりダンブルドア校長の本気の魔法力に正直ビックリ!                           評価:★6点(満点10点) 2007年 監督:デヴィ...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (It's a Wonderful Life)
こういう娯楽映画は大好きなもんで、 1作目から多分全て初日か先行に観ているような気がします。 でも今回タイトルなんだったっけ?「失われた騎士隊?」おろ?って 実は始まってから忘れている事に気づきました。 原作読んだ事が無いもんで、いつも間が空くとメ....
【劇場映画】 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ホグワーツ校の5年生となったハリー。彼が闇の帝王ヴォルデモート卿と戦ったという事実があるにも関わらず、魔法界の人々は、ヴォルデモート卿の復活を信じようとしない。そんな最中、魔法大臣のコーネリアス・ファッジは、ホグワーツのアルバス・ダンブ...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(先行上映にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ついに始る魔法戦争に備え、ハリーたちも立ち上がる。ダンブルドア軍団結成!!ついに、ハリーとヴォルデモートを結ぶ秘密が、「予言」によってあかされる。 ホグワーツの5年生となったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。魔法界はヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ...
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を観る (紫@試写会マニア)
ついについに観られることに感動すら覚えます。 とうとうハリポタ・シリーズ第五弾「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の公開です。 7/20のロード・ショウを前に先行ロードで鑑賞してきました。 毎回(このレビューを書く時は)そうなのですが、この「ハリポタ・シ...
映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年51本目の劇場鑑賞です。先行レイトショーで観ました。デヴィッド・イェーツ監督作品。魔法学校で学ぶハリー・ポッターとその仲間たちの成長と活躍を描く人気シリーズ第5弾。今回5年生となったハリーは、恐るべき因縁と向き合いながら、復活した宿敵ヴォルデモート卿...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『西遊記』を観た後、勢いがついて(笑)夜の23:10~スーパーレイトショーで鑑賞です。あ、ただし吹替え版ですが^^;まぁ、頭働いてないから、字幕読むのも面倒だし(ぉ『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』観てきました。(そう、あの台風の日なのよね~^^;;...
まだまだ引っ張る。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 (水曜日のシネマ日記)
ハリー・ポッター映画版シリーズ第5弾です。
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
少年時代の終わり・・・ このシリーズ、毎回思うのだけど、子供の成長って本当に早い。 第一作の「賢者の石」なんて、ついこの間の事のように思っていたが、主人公たちはもう別人の様だ。 ハリーやロンはすっかり逞しい若者
激突!!ポケモンVSハリー・ポッター (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 3連休の土曜日から「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」(長っ)が公開されました。 そして、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」も20日からの上映に先駆けて3日間の先行上映...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ~ 個性の尊重と現代教育への警鐘 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 個性の尊重と現代教育への警鐘 ~ ハリー・ポッターシリーズの最新作。今回はハリーやロン、ハーマイオニーといったおなじみのキャラクター達もかなり成長し、ちょうど思春期という微妙な年齢にさしかかった年頃の感情を上手く絡めて描いています。 同時に、出演...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団★★★★+先行ロードショー劇場... (kaoritalyたる所以)
ミーハーなもんで、先行ロードショー初日に観に行ってきました、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』。やっぱり期待してみちゃいますね~。最初に自分の感想を言っちゃうと、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の方が良かったかな~と。今回も原作は読んでいないので...
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』鑑賞レビュー! 画像をクリックで別窓拡大~! ドル箱シリーズ「ハリー・ポッター」第5作 今回の監督はイギリスTV界出身の ★デビッド・イェーツで 本作が長編映画デビュー 脚本家も初めて変わり ★『コンタ...
映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 (FREE TIME)
話題の映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を鑑賞。 この映画ハリー・ポッターシリーズの第5弾目で、この夏、話題の作品の1つでもあります。
まだまだ引っ張る。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 (水曜日のシネマ日記)
ハリー・ポッター映画版シリーズ第5弾です。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、リチャード・グリフィス、ジェイソン...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (まぁず、なにやってんだか)
とても楽しみに待っていた「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を息子たちと観てきました。 原作を読んだのはかなり前なので、だいぶ内容を忘れたままでの鑑賞です。 面白かったぁ。 あれだけのボリュームのある本を映画にまとめたので、原作を読んでいないとわかり...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『これからお前は[すべて]を失う』  コチラの「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は、いよいよ7/20に公開となった"ハリー・ポッター"シリーズの第5弾となる最新作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪とは言っても、既に先週の先行上映でご覧になられてる...
「不死鳥の騎士団」 シリーズ最高のオープニング (映画コンサルタント日記)
20日(金)より国内史上最多となる950スクリーンで公開されました「ハリー・ポッ
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 ボリュームある原作をまとめるだけで精一杯 (はらやんの映画徒然草)
「ハリー・ポッター」、小説も映画もだんだん惰性で追っかけているようになってきまし
■説明がちょっと足りない気が・・・~ハリポッターと不死鳥の騎士団 (AKATUKI DESIGN)
先週末、新宿バルト9にて”ハリポッターと不死鳥の騎士団”を鑑賞してきました。 しかし、”バルト9”いい劇場ですね。 初めて行ったのですが、綺麗だし、予約できるし、どの席も前の人の頭が邪魔にならない造りになっているなど申し分ない。 また、ここで映画を見たいと...
★「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 (ひらりん的映画ブログ)
ハリポタシリーズの何作目だっけ??? 5作目だそうで・・・一応全部見てるので、見ないわけにはいきませーーん。 だんだん、ファンタジーとは呼べない展開になってきてるけど・・・
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 イギリス&アメリカ  ファンタジー&アドベンチャー  監督:デヴィッド・イェーツ  出演:ダニエル・ラドクリフ      ルパート・グリント      エマ・ワトソン      ゲイリー・オールドマン 【物語】 ホグワーツ魔法学校の5年生に進級したハ...
映画鑑賞記「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
 鑑賞日:07.07.24 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ  成長したハリーやハーマイオニー、ロンたちホグワーツの生徒たち。 そこには、闇の陰がひたひたと迫っていた。 ハリー・ポッター7部作の5作目 <ストーリー> (シネマカフェより引用)  ホグワ...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (メルブロ)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 179本目 上映時間 2時間18分 監督 デヴィッド・イェーツ 出演 ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ヘレナ・ボナム=カーター ロビー・コルトレーン レイフ・ファインズ 評価 7点(10点満点) 会場...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (映画通の部屋)
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 HARRY POTTER AND THE
ハリーポッターと不死鳥の騎士団 (ふぴことママのたわ言)
シリーズの5作目。 ちょっとネタバレ、あります。 ずっとみているので、観ておこうという感じですね。 映画を観続けているか、原作を読み続けていないと 登場人物が多いのでわかり辛いです。 ところで子どもたちの成長が早くて、 毎回びっくり。{/cat_5/} 今回は、ドロ...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Harry Potter and The Order of the Phoenix”シリーズ5作目。原作=J.K.ローリング。脚本=マイケル・ゴールデンバーグ。撮影=スラボミール・イジャク。音楽=ニコラス・フーパー。監督=デイヴィッド・イェーツ。思春期ハリーの心の隙間にダークサイドからの誘惑が...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団★ピンクの性悪おばさん! (銅版画制作の日々)
   7月20日、MOVX京都にて鑑賞。夏休みに入ると、込むだろうと思い早速行きました。だけど鑑賞して、もう随分時間が経ってしまいました。記事を書きながら、映画を振り返ることに・・・・。   ハリー役のダニエル君、すっかり大きくなっちゃいました。シリーズ5...
ファンタジーのはずが…☆『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『ハリー・ポッター』シリーズも、5作目。 原作を1作も読まず、映画だけでここまで物語を進んできちゃった ハリー、ロン、ハーマイオニーはみんなも知ってる通り、見た目はもうすっかり大人。 ストーリーの雰囲気も1作目のファンタジー、ファンタジーした感じから徐...
ハリー・ポッター5/ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団?(2007年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ シリーズ第5作目。ハリー・ポッターと仲間たちがヴォルデモート卿相手に戦う。 今回の監督は英国テレビ界出身のデヴィッド・イェーツ。監督が替わるたびに、多少映画の雰囲気が変わってきたが、今回は正解だったような気がする。 今回...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (Yuhiの読書日記+α)
 これまで「ハリー・ポッター」シリーズは全話映画館で見てきました。特にすごいファンというわけではないのですが、小説版の1巻を読んで面白かったということと、周りの人たちがこのシリーズのファンで、見に行くチャンスが多かったのだと思います。 で、今回なんです...
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (シェイクで乾杯!)
ハリーポッターと不死鳥の騎士団2007年度・米・138分 HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX ■監督:デヴィッド・イェーツ ■出演:ダニエル・ラドクリフ/エマ・ワトソン/ルパート・グリント/エバナ・リンチ/ジェイムズ・オリバー・フェルプス/ケイティー・ラ...
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』'07・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじホグワーツの5年生になって学校に戻ったハリー。しかし、ホグワーツでは「闇の帝王」ヴォルデモートが蘇った事実が全く知られていなかった。ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が自分の地位を狙って嘘をついていると疑う。ダンブルドアとホグワーツの生徒たち...
映画評「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督デーヴィッド・イェーツ ネタバレあり
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (mama)
HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX 2007年:アメリカ・イギリス 原作:J・K・ローリング 監督:デビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、アラン・リックマン、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、ルパート・グリント、マイケル・ガンボン、...