電脳筆写『 心超臨界 』

自由とは進化向上のチャンスにほかならない
( アルベール・カミュ )

尖閣めぐり日本が動く好機――古森義久さん

2020-07-19 | 04-歴史・文化・社会
「東京裁判史観(自虐史観)を廃して本来の日本を取り戻そう!」
    そう願う心が臨界質量を超えるとき、思いは実現する。
  ( 心が臨界質量を超えるとは → http://tinyurl.com/5kr6f
    ( 東京裁判史観とは → https://tinyurl.com/ugz9qah
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼▼▼ 時代の転換期を迎えた今必見のネット動画▼▼▼
★我那覇真子・靖国神社「英霊に国難の正体(安倍政権)についてご報告します」【特別提言】令和元年 https://tinyurl.com/yaly6b6p
★デモ参加者は大半が中学生 中共邪悪に戦う香港の勇敢な若者に捧ぐ「香港反送中一周年」https://tinyurl.com/y9d27lp3
★『米中断交前夜:休眠状態だった武器製造会社フル稼働・海軍中心に退役軍人50万人緊急募集』第182回【水間条項TV】https://tinyurl.com/y6gwxxbf
★トランプ政権本気モード!米国が南シナ海 尖閣を守るポンペオの歴史的発言【及川幸久−BREAKING−】https://tinyurl.com/yxhd7f3p
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《 いま注目の論点 》
米の南シナ海声明 国際ルール無視許されぬ――産経新聞
「外部環境悪化」の原因は…――石平・評論家
米国の「反警察」運動が抱える虚実――島田洋一さん
バイデン氏 認知症疑惑の影――古森義久さん
おかしな「敵基地攻撃能力」議論――潮匡人さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

尖閣めぐり日本が動く好機――古森義久・ワシントン駐在客員特派員
【「あめりかノート」産経新聞 R02(2020).07.19 】

米国政府は南シナ海の諸島における中国の領有権を否定した。だが米国議会がすでに沖縄県石垣市の尖閣諸島への中国の領有権を明確に否定し、中国艦艇の日本側領海への侵入に制裁を科す政策を超党派の法案で宣言したことはあまり広く知られていないようだ。

同盟国の米国が超党派で尖閣に対する日本の立場をこれほど強く支持するいまこそ、日本が領有権と実効支配の明示のために尖閣で自主的な行動をとる絶好の機会だろう。

ポンペオ国務長官が13日に発表した米国政府の公式声明は南シナ海の紛争対象の諸島すべてへの中国の領有権主張を「完全に違法」として否定した。

トランプ政権のこの動きは実は、議会下院の共和党有力議員たちが6月に公表した強力な政策提言に誘導されていた。

「米国の強化とグローバルな脅威への対抗」と題された同提言書は南シナ海、東シナ海での中国の海洋活動を危険な侵略行動と断じて、米国政府が軍事手段をも含めての対決を強化することを勧告していた。

その提言で注視されるのは、東シナ海の尖閣諸島に対する中国の軍事がらみの攻勢も違法だとみなし、米国議会の上下両院がすでに提案した「南シナ海・東シナ海制裁法案」にハイライトを当てた点だった。

昨年5月に上院に提出され、外交委員会などで審議中の同法案は尖閣について中国側の主権主張を完全に否定していた。その骨子は次のようだった。

・中国は東シナ海では日本が施政権を保持する尖閣諸島への領有権を主張して、軍事がらみの侵略的な侵入を続けているが、米国としてはこの中国の動きを東シナ海の安定を崩す無法な行動として反対する。

・米国は尖閣に対する中国の主権、領有権の主張を認めない。米国政府は中国の尖閣主権に同調する国や組織に反対し尖閣を中国領とする地図なども認めない。米国政府の「他国の領有権紛争には立場をとらない」という伝統的な慣行はこの場合、放棄する。

こんな趣旨の同法案はさらに尖閣の日本領海に侵入する中国側組織の責任者には各種の制裁を科すともうたっていた。まさに画期的な内容だった。

さらに注目されるのは上院で同法案の共同提案者となった15議員は大物が多い点だった。共和党ではマルコ・ルビオ、ミット・ロムニー両議員、民主党では前回の大統領選で副大統領候補だったティム・ケイン議員らである。超党派の一致した意思表示なのだ。

下院でも同じ法案が昨年6月に提出された。立法府として政府に尖閣の中国の主権主張を公式に排除せよ、と求めるのである。ポンペオ長官も南シナ海での中国主権否定を東シナ海にまで拡大するような言辞を口にし始めた。

米国の歴代の政府や議会は尖閣諸島に関しては日米安保条約の共同防衛の適用や日本の施政権尊重をたびたび明確にしてきた。だが中国の主権の否定は前例がない。

米国の支援としては前代未聞の状況なのだ。日本としてはいま深刻に浸食されている尖閣の主権や施政権を現実の行動で明示するまたとない好機だろう。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 不都合な真実 《 チャイナの... | トップ | 中国の豪州いじめ 日米印は連... »
最新の画像もっと見る

04-歴史・文化・社会」カテゴリの最新記事