映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ずっとあなたを愛してる

2010年02月03日 | 洋画(10年)
 『ずっとあなたを愛してる』を、吉祥寺のバウスシアターで見ました。

 この映画は、銀座テアトルシネマで昨年末から上映されていてなかなか評判がいいと聞いていたので、そのうちになんとかと思っていたところ、先週より近くの吉祥寺でも公開されていることが分かり、そんなことならと出かけてきた次第です。

 期待に違わず素晴らしい作品で、心から感動しました。

 実は、見る前は評判がいいという情報以外には何の予備知識を持っておらず、題名からだけでは(注)、この映画は、専ら男女の関係を巡る物語に違いないと思い込んでいました。
 ちょうど、太田治子氏の『明るい方へ―父・太宰治と母・太田静子』を読んだばかりで〔1月24日の記事のロでも触れましたが〕、その中に「太田静子の手紙から、太宰は今も自分が初枝さん(内縁の妻)を愛していたことにしかと気付いた。ずっと愛していたのだと思うと、彼女に抱いていた罪の意識はいくらか和らいでいくように思われた」(P.86)などと書かれていることも影響したのでしょう。

 ですが、この作品は、むしろ家族愛を巡って展開されています。特に、主人公の女性が、なぜ犯罪を犯してしまったのか、15年もの長期にわたる刑務所生活の後、妹夫婦の家で一緒に生活することになりますが、果たしてうまくいくのか、認知症の母親とこの姉妹との関係はどうなるのか、など、さまざまな次元での家族の物語が相互に絡み合いながら進行していきます。

 言うまでもなく挙げようと思えば問題点はいくつもあるでしょう。例えば、
・日本だったら、犯罪人の親族というだけで、妹は周囲から冷たい目で見られるでしょうから、どんなに姉のことを思っていても、この映画のようにサポートし続けることはできないのではないか。
・姉は犯罪者だとしても、知識水準の高い研究者だったようで、加えて美貌でもあるから、出所後かなり恵まれたポストを手に入れることができるのではないか。
・妹は、姉が入所中はほとんど接触しなかったにもかかわらず、出所間際になって姉と接触して、その後もサポートし続けるのはどうしてなのか、余りうまく描かれていないのではないか。
・妹の同僚の教授で、奥さんを亡くしてもいるミッシェルが、以前刑務所に週3回通って講義をしたことがあり、刑務所生活が長かった姉の気持ちをよく理解できることになっているところ、あまりにもご都合主義的な設定ではないか。

 ですがそんな点などは、この映画が与える感動に比べたらマッタク些細なことです。

 映画は、非常に厳しい設定の下で展開していきますから、なにか劇的な盛上がりがあって、問題が一挙に解決すると期待されるところ、現実の世界同様、実に緩慢にしか物語は進行しません。
 例えば、出所後の姉の身に起こる事柄は、大体2度繰り返されます。就職先に関しては、1度目の中小企業では断られ、2度目の病院で採用されます。2週間おきに出頭する警察の担当者は、当初の警察官は途中で自殺してしまい、別の人に変わります、等々。
 ただ、このように物語の細部をジックリと描き出すことによって、この作品の奥行きやリアリティは増大し、観客は一時も目を離すことができなくなります。
 加えて主演のクリスティン・スコット・トーマスの演技には目を見晴らせるものがあって、様々のエピソードにおける振る舞いに対して「きっとそうだろうな」と共感してしまいます。

 さらに、この映画で特徴的だと思える点としては、回想シーンが設けられていないことではないかと思います。普通の映画であれば、主人公やその妹が小さい時分の両親との関係などが、回想シーンで辿られることでしょう。特に、主人公とその息子との関係は、様々に回想されるはずで、観客の涙を一層誘うのであれば、そういった場面をアチコチに挿入すれば良かったのではないかと一見したところ思ってしまいます。
 にもかかわらず、この作品では、安易な回想シーンに頼らずに、すべて現在時点で物語が描かれるのです。逆にそのことが、表面的ではない、より深い感動を観客にもたらすのではと思いました。

 それに、この映画は家族愛を巡る話のところ、現代的な視点も忘れてはいません。例えば、妹の二人の子供は、養子縁組でこの家族となった東洋人の子供なのです。いくらフランスがインドシナの旧宗主国だとはいえ、フランスの地方都市に住むフランス人家族が2人も東洋人を養子にもらう設定になっているとは、すごい時代になったものだと思いました〔妹の夫の友人も、イラン人の女性と結婚しています!〕。

 映画評論家も、総じてこの映画を高く評価しています。
 岡本太陽氏は、「塀の中に15年いるという事はどういう事だろう。本作では世界に取り残された中年女性を演じるクリスティン・スコット・トーマスが特に素晴らしい」などとして80点を与えています。
 また、渡まち子氏も、「心に抱いた悲しみを描く物語にふさわしい、抑制の効いた演出が光る佳作だ」として70点です。
 さらに、福本次郎氏も、「罪の意識と死の影にさいなまれながらも生き続ける道を選ぶ彼女を、クリスティン・スコット・トーマスが抑制の中にも鋭い悲しみを利かせて演じ、物語に深い奥行きをもたらしている」として70点を付けています。
 ただ、福本氏は、「胸の中の重荷を誰かと共有すれば少しは楽になれることも発見する。彼女がミシェルの呼びかけに元気に応えるという未来への希望に満ちたラストに、救われた思いだった」と述べているところ、福本氏には珍しく楽観的すぎる論評ではないか、と思いました。
 どんなに親身になってくれる男性が現れても、姉は、自ら犯した犯罪にやはり一生苛まれるのではないでしょうか?裁判においても一切釈明せずにいて、また15年間の刑務所暮らしの中でもそのことばかり考え続けてきたらしいのに、妹に真実を話しただけで別の方向に向かって生き続けられるとは思えないところです〔むろん、光明がなくなったわけではないでしょうが〕。


(注)原題の「Il y a longtemps que je t'aime」は、英語なら「A long time ago that I like you」でしょうから、邦題は原題を素直に翻訳したものとなっています。


★★★★★

象のロケット:ずっとあなたを愛してる

コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« (500)日のサマー | トップ | ジェームズ・アンソール展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事

22 トラックバック

『ずっとあなたを愛してる』(2008)/フランス (NiceOne!!)
原題:ILYALONGTEMPSQUEJET'AIME/I'VELOVEDYOUSOLONG監督:フィリップ・クローデル出演:クリスティン・スコット・トーマス、エルザ・ジルベルスタイン、セルジュ・アザナヴィシウス 、ロラン・グレヴィル、フレデリック・ピエロ観賞劇場 : 銀座テアトルシネマ公式サ....
ずっとあなたを愛してる (シネマ大好き)
空港で一人座る女性の孤独で悲しげな顔。若い女性が近づき、二人は車に乗り込む。二人は姉妹で、息子殺害の罪で十五年の刑を終えた姉ジュリエット(クリスティン・スコット・トーマス)を、妹レア(エルザ・ジルベルスタイン)が自分の家に迎えたのだ。夫のリュックと二...
ずっとあなたを愛してる (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Il y a longtemps que je t’aime/I'VE LOVED YOU SO LONG。フィリップ・クローデル監督、クリスティン・スコット・トーマス、エルザ・ジルベルスタイン、セルジュ・アザナヴィシウス、ロラン・グレヴィル、フレデリック・ピエロ、ジャン=クロード・ア...
*ずっとあなたを愛してる* (Cartouche)
[[item(http://www.youtube.com/v/fbef7wM42ec&hl=ja_JP&fs=1,384,313)]] [http://www.youtube.com/watch?v=fbef7wM42ec Il y a longtemps que je t'aime trailer] {{{   ***STORY***             2008年  フランス 15年の刑期を...
ずっとあなたを愛してる /IL Y A LONGTEMPS QUE JE T'AIME (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 2009年最後の劇場鑑賞はこちら。 と思ったけど最後にマイケル「THIS Is IT」(3度目)で締めにしちゃった 数々の賞を受賞しているので、期待が大き過ぎたか...
「ずっとあなたを愛してる」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
6才の息子を殺した罪で15年刑務所にいた女が出所し、長年会わずにいた妹の処に暮らす事に・・・・。というお話。どうして息子を殺すに至...
『ずっとあなたを愛してる』 Il y a longtemps que je t'aime (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY )
初監督作とは思えない確かな手応え。涙に枯れて、穏やかな感銘に包まれる。 15年の刑期を終えたジュリエットは妹レアの家庭に身を寄せる。エリック・ロメールの訃報に哀悼の意を捧げながら、本作の会食のシーンにロメール談議が登場したことを思い出す。フランス人とい...
「ずっとあなたを愛してる」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Il y a longtemps que je t'aime」...aka「I've Loved You So Long」2008 フランス/ドイツ ジュリエットに「ルパン/2004」「ブーリン家の姉妹/2008」「お買いもの中毒な私!/2009」のクリスティン・スコット・トーマス。 妹レアに「モディリアーニ 真実の愛/2...
ずっとあなたを愛してる (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
心に抱いた悲しみを描く物語にふさわしい、抑制の効いた演出が光る佳作だ。15年の刑期をおえたジュリエットは、歳の離れた妹レアの家に身を寄せる。再会した姉妹は互いに遠慮して、打ち解けることができない。ジュリエットの犯した罪は、幼い我が子を殺したことだ。その理...
『ずっとあなたを愛してる』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:フランス映画、フィリップ・クローデル監督、クリスティン・スコット・トーマス、エルザ・ジルベルスタイン主演。
ずっとあなたを愛してる (LOVE Cinemas 調布)
2009年英国アカデミー賞最優秀外国語映画賞受賞作品。また今年のゴールデングローブ賞でも最優秀外国語映画賞にノミネートするとともに、主演のクリスティン・スコット・トーマスはも主演女優賞にノミネートされている。監督はフランスの人気小説家フィリップ・クロー...
『ずっとあなたを愛してる』 (千の天使がバスケットボールする)
トニー・パーカーの「殺人者たちの午後」を読んで、重い罪を犯した囚人たちの様々な「Life after Life」にすっかり圧倒されてしまったが、中でも10代で幼なじみの妻と結婚したが、夫婦喧嘩の末に妻の外出中についかっとなって幼い息子を殺してしまった男のインタビュー...
ずっとあなたを愛してる(IL Y A LONGTEMPS QUE JE T'AIME)) (シネマクマヤコン)
本年度最初の劇場鑑賞作品は「ずっとあなたを愛してる」。フランス・ドイツ合作の映画
ずっとあなたを愛してる (映画三昧、活字中毒)
■ 銀座テアトルシネマにて鑑賞ずっとあなたを愛してる/IL Y A LONGTEMPS QUE JE T'AIME 2008年/フランス/117分 監督: フィリップ・クローデル 出演...
ずっとあなたを愛してる (心のままに映画の風景)
わが子を殺害した理由を語ることなく15年の刑期を終えたジュリエット(クリスティン・スコット・トーマス)は、歳の離れた妹レア(エルザ・...
『ずっとあなたを愛してる』 (シネマな時間に考察を。)
赦されるための告白ではなかった。 わが子を手にかけた真の理由を明かす時、姉妹は家族としての深い絆を知る。 支えあう人がいることの幸せと、それを愛する安らかな気持ちを。 『ずっとあなたを愛してる』 Il y a longtemps que je t'aime 2008年/フランス・...
ずっとあなたを愛してる★★★☆+劇場19本目:淡々と進む家族再... (kaoritalyたる所以)
2/13(日)にこの映画を観に行った時は、すでに1日1回の上映だったこともあり満席。立ち見で鑑賞しました。予告から気になってましたが、クリスティン・スコット・トーマスの何気ない演技がとにかく冴えてて素晴らしかったし、妹役のエルザ・ジルベルスタインの、姉....
ずっとあなたを愛してる (とりあえず、コメントです)
世界各国で高い評価を受けた人間ドラマです。 ある事件を起こした女性を主人公に、主人公の負った心の傷の大きさと、 彼女を包むように愛する妹の愛情の深さに胸が打たれました。
「ずっとあなたを愛してる」 フィリップ・クローデル (ヒデヨシ映画日記)
水=泉=生命をめぐる静かな物語。水をたたえるように静かに生きようとする意思が再び芽生えるまでの。 空港のカフェでノーメイクの中年...
『ずっとあなたを愛してる』銀座テアトルシネマ (映画な日々。読書な日々。)
わが子を殺害した理由を語ることなく15年の刑期を終えたジュリエットは、歳の離れた妹レアの家に身を寄せる。長い空白期間を経て再会した姉妹はぎこちなく、彼女はレアの夫や娘たちとも距離を置く。孤独の中に閉じこもるジュリエットだったが、献身的な妹や無邪気な姪と過...
ずっとあなたを愛してる/Il y a longtemps que je t'aime(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[フランス映画] ブログ村キーワードずっとあなたを愛してる(原題:Il y a longtemps que je t'aime)キャッチコピー:15年の刑期を終えたジュリエット。悲しみに沈む彼女の過去に犯した罪と罰、...
『ずっとあなたを愛してる』'08・仏・独 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
個人的には、この作品は悪くはなかったんですが多くのフランス映画のように、かなりの