たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

心躍るスポーツ観戦と足元の課題

2018-12-09 23:12:49 | 考え方

 12月9日・10日の週末、急激に寒くなった週末。土曜日は私が勤める会社の労使によるゴルフコンペ。

  昨年のこの大会で人生初の100切りを達成してから1年、何度かの100切り達成はしましたが、この土曜日はひどい結果になりました。ご披露するには恥ずかしいスコアーで、100を遥かに超えた数字となってしまいました。トホホ、、、。

 さてスポーツの話ですが、12月は様々なスポーツで日本一に向かって熱戦が繰り広げられます。

 先週末には母校関西学院大学アメリカンフットボールが立命館大学に残り2秒で逆転勝利!今週末は社会人ラグビーにて神戸製鋼がトヨタ自動車に勝利。テレビ映像を見ながら世界のスーパースター、神戸製鋼スタンド・オフ、ダン・カーター選手のプレーに魅了され、ヤマハ発動機対サントリーの試合では初の延長戦での決着と、興奮しながらテレビ観戦させて頂きました。

 こんなスポーツ観戦に心ときめく12月ではありますが、本日(9日)夕刻に行われた自治会会合では、地元子ども会野球部の存続、在り方が議論となるなど、足元は時代と共に変化に迫られています。

 スポーツ観戦に心躍らせながらも、自分達の身の周りの課題には全力で解決に向け取り組みたいと思います。

 さあ明日は月曜日12月定例会の最終週です。”明るく元気に前向きに”楽しんでいきたいと思っています(with smile)

 

 

 

 

 

 


高砂の価値を高める提案

2018-12-07 21:23:38 | 一般質問

 12月7日(金)、午前9時から議会にて建設環境経済常任委員会の打ち合わせ。

そして10時からはいよいよ一般質問。今回は14名が質問することになっており本日は私を含む7名が登壇。来週月曜日(10日)に残りの7名が登場します。

その一般質問を行う議員14名の質問項目は以下の通り。

上の①から⑭までの順番ですので、私は本日の6番目。

高砂市の人口減少に対する分析と今後の対策を問うた上で、色々な計画をつくるのは良いがその計画が現場の仕事にまで落とし込まれているか、そうでない場合がある事を事例をあげて質問を行いました。

そして「高砂市は人口が見込み以上に減っている。何とかしないといけない、通常の事だけをしていれば他市に勝る魅力を発信することができない。」

その様な思いから以下の通り3つの提案を行いました。

①組織目標を現場に浸透させるチェックの仕組みの再構築

②市内の危険箇所を市民のスマートフォンで通報して頂く仕組みの導入

③あらゆる組織(市役所、民間企業、学校等々)が連携して高砂の価値を高める事のできるアイデンティティーの確立と実践の奨励(具体的には「横断歩道、止まって、譲る」行動を徹底的に普及させ高砂市民の参画意識を高めると共に高砂市の印象をあげる事)

今、一般質問を終え、自宅でこのブログを書きながら振り返ると「もっと良い言い方、運び方があった?!」と後悔することもありますが、時すでに遅し。仕方ありません。これからも言い続け本当により良い高砂を創りたいと思います。

異常に急激に寒くなってきています。皆様油断することなく良い週末をお過ごしください(with smile)

 

 

 

 

 


高砂市民病院、頑張っています!

2018-12-06 22:20:18 | 議会報告

 12月6日(木)、朝会社に出勤後早々に議会へ。そして10時から本会議質疑。

本日は特別会計(国民健康保険事業、介護保険事業、後期高齢者医療保険事業)、企業会計(上下水道事業、工業用水道事業、市民病院事業)等についての質疑が行われました。

本日の質疑の中でのトピックスは加古川堰堤(高砂市が取水する為に加古川の中に設けている堤防)の再工事の件と高砂市民病院の状況等です。

加古川堰堤とは国道2号線北側にある加古川中の堤防で、これが数年前に修理されていたにも関わらず、今年の大雨で倒壊した事に起因する再工事の事で、わざわざ工事をしていたにも関わらず、早々に倒壊した事に対する責任等が質疑されました。

この責任の結論は予見が難しいとの事で誰かに責任を問えるものではないとの事で共有ができている形です。

また市民病院の事では、現在「在り方検討委員会」にて今後の事が議論されていますが、現在市民病院が如何に努力しているか等が問われました。

その答弁では、高砂市民病院はこれまでかなり拒否していた救急車からの要請の患者を相当な率で受け入れるなど実際の結果にも見える様に努力をされている様で、答弁を聞いていても頑張っている事が伝わってきました。

色々な質疑があり、今後は委員会に付託されて議論が深まります。

明日も”明るく元気に前向きに”過ごしたいと思います(with smile)

 

 


ご存じですか?「面前DV」

2018-12-05 23:44:09 | 議会報告

 125日(水)、朝会社に出勤後は10時開会予定の高砂市議会12月定例議会に出席すべく議会へ移動。

議会では午前945分から【議会運営委員会】が開催されていたのですが、これが中々終わらず午前11時頃から本会議開始。

本会議では一般会計の補正予算議案について質疑され、その中に「児童福祉施設措置事業」なるものがありました。これは保護者(親等)が何等かの事情で子どもの世話が出来ない時に一時的に預かる「子育て家庭支援短期入所(ショートステイ)」という仕組みです。

この話の時に出てきたのが「面前DV」、これは子どもの前での夫婦喧嘩による子どもへの”暴力”というニュアンスです。

心当たりのある方も多数いるかも知れませんが、「そこまでの言葉があるのか?」と驚かされたのも事実です。

色々な分野に研究が進み、より健全な世界が築かれようとしているとは思うのですが、、、、。「誰でもありうる夫婦げんかがDV?」と複雑な心境です。

時代と共に新しい価値観、視点が出てくるのは確かで、止むを得ないことですよね。

そんな中、自分が良いと思うことを発信していきたいと思います。

明日も本会議質疑、しっかり行います。






指定管理者について

2018-12-04 21:34:12 | 政策

 12月4日(火)朝会社に出勤後は早々に議会へ移動。

10時からはいよいよ本会議質疑。その中での本日のメインと思う内容は「指定管理者について」です。

これは様々な公共施設について高砂市が委託料を支払って団体に運営管理して頂く仕組みです。

例えば文化会館、総合運動公園の体育施設、市民プール、ユーアイ帆っとセンター、図書館等々色々ありますが、その中には公園も含まれています。

そんな中で運営等について質問したり質したり確認をしたりします。

先ず私が是正を求めたのが「施設の予約について」毎月月初初日に翌年の月の施設の予約をする為に早朝に並ばないといけないという仕組み。(例えば平成31年12月15日に体育館を予約したい場合、平成30年の12月1日早朝に体育館に行き申し込んで抽選に参加しないといけない、というもの)

お仕事を持っている・いない関係なしに「早朝に集合」です。何故なのか、理由が聞けませんでしたが是正を求めました。

その他、公園管理について問題はないか、草が生い茂っている場合の管理責任は何処にあるのか等など、日頃拘っている公園の事だけに精一杯聞きました。

本件についてはとにかく最終的に市内の公園が「快適な空間であり続けられる様に」仕組みの構築と継続が実現するまで拘っていきたいと思います。

(下は”自主的”公園掃除に集まってくれている人々の活動風景。お金を頂いている訳ではありませんが、公園が美しくなることを願っています)

明日より本会議質疑では「一般会計の補正予算」です。

明日も精一杯”明るく元気に前向きに”取り組みたいと思います(with smile)