旅のプラズマ

これまで歩いてきた各地の、思い出深き街、懐かしき人々、心に残る言葉を書き綴る。その地の酒と食と人情に触れながら…。

スポーツ界での日本の地位は? …W杯サッカーの対ドイツ戦勝利に因んで

2022-11-26 14:53:36 | スポーツ



 カタールで開かれているW杯サッカー初戦で、日本がドイツに勝って大騒ぎである。国内だけでなく、海外でもかなりのニュースになっているらしい。何といってもドイツは、過去4回の優勝を誇る強国であり、日本はべスト8入りを目標にする新興国であるからだろう。
 しかし、近時の出来事を辿ると、日本はスポーツ界でかなりの地位を占めてきたのではないかと思う。野球界では大谷選手が、メジャー100年の記録を塗り替えている。オリンピック陸上100メートルではファイナリスト入りを果たした。世界の8人に入るというのはトップ水準に達したことを意味するだろう。
 失われた30年を取り上げ、日本の国力低下を嘆き続けているが、スポーツ界ではトップ水準に迫りつつあるのかもしれない。
 話は変わるが、大相撲九州場所も大荒れだ。正代の大関陥落、御嶽海の大関復帰ならず、逆に若き王鵬(大鵬の孫)が、前頭13枚目にありながら優勝戦線を争い、ここ3日は、関脇豊登龍(勝利)、元大関高安(敗北)、そして今日は大関貴景勝と戦う。世代は目まぐるしく交代している。
 さて、これから始まる王鵬と、明日コスタリカと戦う日本の勝利に期待しよう。


よき時代を懐かしむ

2022-11-21 13:39:50 | 時局雑感



 昔の仲間と集まると、必ず「あの時代は良かった」という話になる。あの時代、というのは、1960年代後半から90年代初頭までである。
 先日、三井ホーム時代の同僚3人と会食した。ピアニスト付のシャンソン歌手の歌を、3人で聴きながらワインを飲む、という贅沢な会であったが、そこでも、専ら“三井ホーム時代の最後の良き時代”の話に花が咲いた。
 三人は、90年代初頭、家具装飾品の買い付けに、ブダペスト(ハンガリー)、サルデーニャ島(イタリア)、ヴェネティア(イタリア)と回ったが、装飾品の物色もさることながら、ついでに、かなり豪華な旅をさせてもらった。
 思い出話として話題になったことは、
・サルデーニャ島の、ISOLLAの方々との山上パーティ
・同じくパラウの地中海クルージング
・私が地中海を泳いだこと
・ヴェネティアの「ムジカンテ」のオペラ歌手たち
などで、詳しくは省略するが、筆舌に尽くしがたい楽しい思い出である。それから30年…。これが正に失われた30年であれば、当時が「最後の良き時代」と偲ばれても仕方るまい。

 


珍しい月・惑星食

2022-11-09 16:10:39 | 時局雑感



 昨夜は皆既月食ということだった。最近、周囲の出来事に関心がうすまり、すっかり腰が重くなった吾輩であるが、これは単なる皆既月食ではなく、惑星の一つ天王星も月の影に入る惑星食も同時に起きる珍しい天体ショーであり、安土桃山時代以来442年ぶりだと言われると、さすがに重い腰を上げてカメラを構えた。しかも次の発生は300年後だというからだ。
 しかし晩酌片手の操作であり、手許は震え上手く撮れず、最後の皆既状態を納めることを怠った。どうせ各マスコミが、タップリ報じてくれると思ったからだ。案の定、翌日各紙が報じていたので、毎日新聞一面から拝借した。以下、撮影時間入りで並べておく。

 
   
    
     

      



「失われた30年」をもたらした真犯人はだれか?

2022-11-08 15:31:39 | 政治経済



 前回、「全てが壊れつつある」と題して、中でも「日本が壊れつつある」と書いた。その裏には、失われた30年をもたらしたものは何か、という問題意識があった。
 要因については、いろいろと言われている。
①1990年に崩壊したバブルの巨大さ
 しかし、30年もの長きにわたり停滞をもたらした例は、他に見ない。
②新自由主義
 これも日本だけを襲ったのではなく、他国はそれなりに成長している。
③自民党政治が悪い…これは、天に唾するようなものではないか?
 国民はこれを選び続け、近時は特に高支持を与えている。
④労働組合の弱体化、非正規雇用の導入、アベノミクスと黒田金融政策

 いろいろと言われているが、30年の停滞は小さくない。様々な要因が絡み合っているのだろうが、この真犯人だけは捕まえたい。だれかズバリ解明してくれないだろうか?


全てが壊れつつある…

2022-10-30 20:51:57 | 時局雑感



 全てが壊れつつあるような気がする毎日である。
 インターネットの受信エラーが続く。パソコンが壊れたのではないか? それとも私の作業が悪いのか? 何かうまくいかない。
 顧問を務めている会社にも、ゴタゴタが起こり、何かうまくいかない。下手をすると会社が壊れるのではないかと不安がよぎる。
 そお言う自分が、一番壊れつつあると感じる。視力0.1~0.2、足はふらつき、階段は手すりにつかまらねば昇降できない。特に悪いところはなく、食欲在り、酒も毎日2合弱を飲んではいるが、自分の体が着実に壊れていく実感を否めない。
 何よりも、日本が壊れつつあるのではないか? バブル崩壊(1990年)以降32年、GDP(含む一人当たりGDP)、労働者賃金など全く伸びていない。他国はそれなりに伸びているので、当時(1990年頃)世界二位であった一人当たりGDP,、教育水準、技術水準などは、今や20位以下に下がっている。お隣の韓国にも負けている。
 日本は壊れつつあるのではないか?

 自ら壊れつつある自分に、それを心配する力はない。秋を代表する酒、ひやおろしでも飲むか……


             
             『東力士』秋旨純米ひやおろし    

 


気になる中国の動向

2022-10-23 17:09:57 | 政治経済



 中国で5年に一度の共産党大会が開かれ、共産党の一党独裁が強化され、周近平氏への権力集中が強められたようだ。よその国の有様に、口を出す資格もないしそのつもりもないが、海を隔てているとはいえ隣の大国であるだけに、その独裁体制の強化はいささか気になる。
 事実、台湾併合のためには武力行使も辞さない、とか、東シナ海や南シナ海に力による現状変更と言える覇権行為が行われている。
 人類は幾多の試練の後、民主主義的共和体制という体制に到達している。多様な価値観を持つ人々が、共同して生活を営む一つの叡智であろう。中国はその道とは真っ向から異なる国に進もうとしているかに見える。しかもそれは、核兵器を持つ14億人を擁する大国で、日本の隣も位置している。他人ごととして片づけるわけにはいかない。
 それにしても、14億の民は、何を考えているのだろうか?

 

 

 


消えてゆく“もの思う秋”

2022-10-16 11:40:27 | 時局雑感



 昔は、秋はもっと長かったように思う。
 秋来ぬと目には定かに見えねども 風の音にぞ驚かれぬる
と詠われたように、秋はずっと前から来て、長い時間を与えてくれた。その間、歌人は歌をよみ、人はそれぞれ物を思った。
 その秋は、今年は来なかった。猛暑の夏から一挙に冬が来た。人が物を思う時間はなかったが、日本人が考えなければならない事は限りなくある。
・自然災害(含む人災)、気象変動、二酸化炭素……
・ロシアのウクライナ侵攻、中国の覇権行動、北朝鮮の核問題……
・円高(国力低下)、物価高と低賃金、日銀金融政策とその出口……
・統一教会、頻発する事故、世事一般……

 物思う秋までも失ったが、日本は大丈夫か……

 



           


暗い世相の中での明るいニュース…村上、大谷、若田、松木琉森(るいしん)君

2022-10-08 13:22:15 | 時局雑感



 暗いニュースばかりが流れる中で、超明るいニュースを四つ。

・村上選手(ヤクルト22歳歳)王貞治を超える。
 セリーグの覇者ヤクルトの主軸村上が、56号本塁打を放って王さんを超えた。しかも、55号を打って新記録に王手をかけて、十数試合出なかった本塁打を、最終戦の最終打席で打ったのだ。神のなせる業(わざ)としか言いようがない。併せて取った三冠王のタイトルも、影薄くさえ見える。
・大谷選手(エンジェルス28歳)ベーブ・ルースを超える。
 海を越えた米メジャーリーグでは、大谷選手が、これまた最終戦で規定投球回数に達し、すでに達していた規定打席数と共に、投打二部門達成というメジャー初の偉業を達成した。また、「勝利投手・本塁打数共に二桁」というベーブ・ルースの記録を104年ぶりに超えており、日本の若者がアメリカ球史を塗り替えている。
・若田宇宙飛行士(59歳)、5回目の宇宙飛行士として勤務につく
 活躍するのは若者ばかりではない。59歳の若田光一さんが、日本人としては初の、5回目の宇宙飛行士として宇宙船の勤務(約半年)についた。卓抜した知識と技術、極限生活を生き抜く精神力と協調性など、豊かな人間性が求められる仕事だ。余人をもって代えられないのだろう。
・松木琉森君(杉並区堀之内小2年8歳)、バドミントン全国小学生AB大会で優勝
 超若者の活躍を紹介する。私の三井銀行時代から60年に及ぶ親友松木幹治君の孫、琉森君が、バドミントン全国大会の「小学校低学年(1,2年生)の部」で優勝した。全国全県から集まった49人のトーナメントを勝ち抜き優勝杯を手にした。日本のバドミントンはオリンピックや世界選手権でメダルを競う地位にある。日本一は世界一に通じる。並のことではない。

 
 カップと賞状を掲げインタビューに答える琉森君

  
  本人抜き祝勝会で資料を広げ喜ぶ松木幹治おじいちゃん

 


国家指導者の判断ミスと安倍国葬問題

2022-09-21 14:37:44 | 政治経済



 安倍国葬問題で国全体が揺れている。
 そもそもの起こりは、参院選の勝利に酔って、思い付き的に、軽率に決めた岸田首相の判断ミスにあったのではないか? 安倍政治は、その経済政策(アベノミクス)にしても安保政策など政治姿勢にしても国論を二分していた。特に、当面の問題である旧統一教会問題では、岸信介氏に始まる岸・安倍一族の深いかかわりは自明のこととされている。
 とても国を挙げて評価し、国葬をもって葬ることに国論を統一するには無理があった。従って、日を追って国葬反対の世論は高まり、17,18日行われた毎日新聞の世論調査では、反対が62%に達している。(賛成はわずか27%〉 そしてついには、国葬に抗議して焼身自殺する人まで出たのである。
 折しも行われたエリザベス女王の国葬の模様が伝えられたが、その規模と荘厳さに圧倒された。恐らく強行されるであろう安倍国葬は、一層惨めに映るのではないか?
 国の指導者の判断力…、これほど重要なものはない。

 


中秋の名月

2022-09-11 13:23:42 | 時局雑感



 昨夜は中秋の名月。一年で一番美しい月、とされている。
 日本人は月が好きである。新月から満月に至さまざまな月を愛でてきた。山の端にかかる月、春の朧月、天心に冴えわたる月…、時々の月を謳ってきた。中でも、9月の夜空に輝く中秋の名月を、一つの行事として迎えてきた。
 外国には月を愛でる風習はないのだろうか? ナイヤガラ瀑布を照らす月や、ブルージュの尖塔にかかる月は美しかった記憶があるが。
 このところ、雲の多い日が続いたが、昨夜は神の恵みかよく晴れた。わたしも人並みに、何枚かカメラに収めた。

   


 
    


  
  失敗したのではない。どんな顔しているか隅から覗かせたのだ


投票ボタン

blogram投票ボタン