旅のプラズマ

これまで歩いてきた各地の、思い出深き街、懐かしき人々、心に残る言葉を書き綴る。その地の酒と食と人情に触れながら…。

力を出し尽くした「未完の横綱」稀勢の里

2019-01-18 10:43:55 | スポーツ


 稀勢の里の引退に、多くの国民が愛惜の涙を流している。これほど多くの国民に、ひとしく惜しまれて引退した力士がいたであろうか? 彼は、モンゴル勢が席捲した平成の角界にあって、一人それに立ち向かって横綱まで上り詰めた。まさに、上り詰めたという言葉がふさわしいように、横綱になったとき、その体は、怪我のため相撲をとれる状態ではなかったようだ。
 彼は常に力の限りを尽くし、勝っても負けても表情を変えることはなかった。想像を超える逆転劇を演じても、ガッツポーズ一つ見せなかった。賞金の大束をつかんで振りかざす白鵬のしぐさに、出稼ぎ人の金銭の匂いがたたよっているのと対照的であった。
 稀勢の里は引退会見で、「親方から、横綱の世界は大関以下の関取の世界と全く違う、と言われたが、ついに横綱の世界は見えなかった」と言った。悔いが残ったであろう。しかし同時に、「わが土俵人生において一点の悔いもない」とも言った。この「悔いなし」は、努力の限りを尽くした充足感が言わせたもので、彼が求めた横綱の境地は、はるか先にあったのではないか?
 国民は等しく、この、平成時代の一番強い日本人に「完成した横綱」を見たかったのではないか? だから初日からの三連敗に対しても座布団ひとつ投げ入れることなく、彼の引退を惜しんだのであろう。

 双葉山が70連勝を阻まれたとき、「未だ木鶏に及ばず」と言ったことは有名であるが、彼は明らかに横綱の境地には達していたのだろう。稀勢の里は、「横綱の世界は見えなかった」と言っている。そして国民は、不屈の努力でその境地を追い求める「未完の横綱」に愛惜の情を惜しまない。いや、国民は、別の形でも横綱を完成するまで、稀勢の里とともに歩こうと思っているのではないか。

コメント

「レット・イット・ビー」(ビートルズ)、「そのままでいいよ」(高田エージ)…

2019-01-11 15:20:13 | 文化(音楽、絵画、映画)


 前回、今年最初の投稿を「無為に過ごす」と題して書いた。しかし、これは大変なテーマである。。つきつめれば、老子・荘子の教えだ。中国哲学の中でも高位に位置する哲学で、とても私など俗人が身に着け得る境地ではない。
 老子や荘子は、特に無為と言う言葉を使ってむつかしい説明をしているのではなく、「『空っぽ』の大切さ」(老子)とか、「『あるがまま』ということ」、「『役に立たない』ことの意味」(いずれも荘子)などと、身近な出来事を例にとりながら「人の生き方」を説明している。そしてその共通するところが「無為」ということになるらしい。
 辞書などによれば、無為とは、「自然のままに任せて」とか、「手を加えないこと」、「作為のないこと」などとなっている。とすれば、前回の私の投稿などは、正月三が日何もしなかったことの弁明に過ぎず、自己弁護のため「手を加えた」という「作為」が見え見えで、全く「自然のまま」とは言えない。


 嘆かわしい自分を見つめなおしていると、『レット・イット・ビー』という歌を思い出した。あるがままに、とでも訳すのだろうか? 「素直に生きなさい」と言う邦訳がある。まさに、老荘哲学そのものではないか?
 また、暮れの投稿にも掲げた高田エージの『そのままでいいよ』という歌も思い出した。「そのままでいいよ、そのままのお前が一番いい……」という歌で、『永遠だったらいいなあ』と並ぶ高田のヒット曲だ。
 『レット・イット・ビー』も『そのままでいいよ』も、それこそ永遠に歌い継がれるのではないか? ビートルズも高田エージも、音楽という芸を極めていく中で、一つの無為の境地に到達したのかもしれない。

 (注)『そのままでいいよ』については、2008.12.27と、2010.12.23の投稿をご参照。
 

コメント

無為に過ごす

2019-01-04 11:06:55 | 時局雑感


 早くも三が日が終わった。ここ数年、三が日は何もしていない。主としてテレビを見て終わっている。しかも、元旦は実業団駅伝、2日、3日は箱根駅伝、それと、年末の「第九」に続く二つのニューイヤー・コンサート(ウィーンとNHK)ですべてと言っていい。特に、三が日だけ許されている朝酒をチビチビ飲(や)りながら、大好きな駅伝を見るのは楽しい。
 駅伝は三つとも6時間に及ぶ。これだけで合計18時間だ。スタートからゴールまで、トイレ時間を除いてすべて見る。実業団駅伝では、年来のファン旭化成が三連覇して大満足したが、これは最後の100メートルでスパートして決着をつけた。従って最後の100か200メートルの時間、つまり3,40秒だけ見れば勝敗を知ることができたが、6時間前のスタートからすべて見る。すべて見て初めて最後の20秒の興奮を得ることができるのだ。
 駅伝の後は、年賀状の整理や、昨年からやり残した書類の整理などをダラダラとやりながら日が暮れる。夜はまた一杯機嫌でニューイヤー・コンサートを聴く。不満は何一つない。しかし、何かを為したという充実感はない。若い時は、これがたまらなく淋しく、初詣を始めいろいろなところに出かけたり、各紙を読みまくったり、むつかしい本を読んだりしてきたが、そのような意気込みは最早ない。
 四日を迎えて、今朝、やっと髭を剃った。昨年の髭をようやく落とした。と言って、特に不都合なこともない。七回目の年男、特にイノシシ生まれにしては猛進の気配もない。まあ、無為に過ごすのが一番いいのではないか?

コメント

暮れようとしている平成最後の大晦日

2018-12-31 15:58:13 | 時局雑感


 苦難に満ちた平成最後の大晦日が暮れようとしている。
 バブルの崩壊(平成2年)に始まった平成の時代は、続く世界不況リーマンショック(平成8年)も受けて、長い不況に苦しんだ、自然災害も、阪神淡路大震災(平成7年)、東日本大震災(」平成23年)と大震災に見舞われ、その他にも、「想像をはるかに超える災害」で、たびたび途方に暮れた。
 この30年間、得るものより失うものの方が多かったような気がする。
 その最後の年となる今年も、国際的には「南北朝鮮の和解」の動きや、国内的にも「安倍改憲阻止の動き」など明るい兆しもあるが、苦難に満ちた年であった。数えればきりがないので、一つ一つは取り上げないが…。
 個人的にも、3年前の三弟に続き次弟を亡くし、重い年であった。

 ただ、明るい兆しもある。「忘年会をやろう」とやってきた孫の遥人は4歳と7か月。でんぐり返しをやるかと思えば、ハサミを使いながら折り紙を折る器用さも見せ、まさに成長の真っ盛り。買ってもらったギター(オモチャではあるが)を得意満面でケースから取り出し、高田エージの「永遠だったらいいなあ」を弾き歌いした。
 この孫にとって、心の底から「永遠だったらいいなあ」と呼べる社会が来るだろうか? 平成を超えた新しい時代に、ただ、ただ期待するばかりだ。

 (注)高田エージ「永遠だったらいいなあ」は、2008.1.13の投稿をご参照

  
   ハサミだってって使えるよ
      
      「永遠だったらいいなあ」(高田エージ作)を弾き歌い

コメント

美味しい酒を飲む幸せ

2018-12-28 15:48:44 | 


 日本酒が美味しくなったことについては何度も書いてきた。特に最近の傾向は、甲乙つけがたいような高水準の酒が、全国的に出てきたということだ。つまり、日本酒の全般的な水準が上がってきたということだろう。
 飲んでおいしい酒、食べながら飲んでおいしい酒、を基準に全国の蔵から選び抜かれた「純米酒大賞受賞酒」を楽しむ会に参加したが、そこに出された各部門の金賞受賞酒32銘柄47点は、ただただ驚くばかりの水準で、どれを飲んでもおいしかった。
 中でも、本年グランプリを獲得した「陸奥八仙」は素晴らしかった。毎年のグランプリ酒に共通するが、すっきりしたふくよかなコメの甘味、食の妨げにならない豊かな香り、心地よいのど越し、そして後にはイヤ味がなにも残らない。
 このグランプリを、一昨年は山形の「秀鳳」が、そして昨年は山口の「毛利」が獲得した。私は幸運にも、今年の「陸奥八仙」(青森)を含めた3品を入手することができて、この3酒を毎晩少しずつ飲んでいる。上記した特性が共通しながら、またそれぞれの個性を感じさせるこの3品に至福の時を感じながら……

  
  「八仙」を中心に並んだ全国の金賞受賞酒

       
       左「秀鳳」、右「毛利」

コメント

今年の怒り

2018-12-24 17:10:02 | 政治経済


 今年も、一年中怒ってばかりいたような気がする。
 安倍自公政権の国会運営は、全く許せない。戦後最悪の首相と言われる安倍晋三という男は、民主主義と国会の尊厳を踏みにじった男として、歴史に名を残すだろう。不思議なのは、この政権の支持率が高いことだ。国民は、世論調査にまともに答えることもブン投げたのではないか? そのような国民にも腹が立つが。
 トランプ、習近平、プーチンなど、大国のトップたる資格があるか? 自分のことしか考えてない一国主義、覇権主義者どもが世界を支配する世の中は、どうなっていくのであろうか? この三人に対しても、一年中怒り続けていたような気がする。
 しかし、今年最大の怒りは、カルロス・ゴーンだ!
 日産再建のカリスマ経営者などというが、要は大量の従業員の首を切り、家族を含めれば何十万という下請け企業を切り捨てて経費を浮かせ、それで利益を上げただけではないか。しかもそうしてあげた利益を、何十億円も自分の懐に入れてきたとは許せない。しかも、自分の収入を少なく見せるために退職後などに分割して払わせようとしたことなど、汚い手口の典型だ。加えて、自己の金融取引の損失や、家族を含めた生活費の一部を会社に付け替えるに至っては、経営者の資格がないどころか人間の資格もない。罪を逃れる旨い手口を使っているのだろうが、徹底的に解明してほしい。
 従業員と下請けの整理など、従来の経営者に出来なかったことだ、などと評価する向きがあるが、外国人が乗り込んで、他国の労働者や下請け企業だからこそ、血も涙もないことができたのではないか? 外国資本の正体見たりと言う感じで、身震いする思いだ。
 この種の人間は、一体いくら儲かれば満足するのだろうか?

コメント

次弟浩己の死

2018-12-19 11:07:57 | 時局雑感



 暮れも押し迫ったこの13日、次弟浩己が他界した。10月の中旬(確か13日であったか?)、脳幹出血で倒れ、意識が回復せぬまま闘病生活が続いたが、2か月を経てついに事切れた。満81歳と10か月、ちょうど平均年齢ぐらいではあるが、3年前の三弟の死に次ぐ弟の死は、私にとってはショックであった。世の不条理を嘆いている。
 浩己は囲碁が強かった。アマ七段を誇っていた(日本棋院アマ六段免許取得)が、赤旗新聞主催の全国囲碁大会に大阪代表で出場し準優勝したことがあるので、本当に強かったのであろう。また歌がうまかった。大阪のフロイデ合唱団でバスのパートを歌い続け、親族など人が集まると、「ダニー・ボーイ」や「マイ・ウエイ」など得意な歌を披露していた。
 三弟の淳は絵がうまかった。大分県の美術展では常勝的に入賞していたし、得意な「ブナの絵」は、何回かの個展でそれなりに売れていた。子供の頃から山を愛し絵を描いていたのが実った生涯だった。

 男ばかりの五人兄弟を誇ってきた私たちも、長男の私と四男、五男の三人だけになった。いずれも東京組だ。このすさまじい東京を生き抜くエネルギーが、この三人を生かし続けているのだろうか?

コメント

今年はどんな年であったのか? … 私生活

2018-12-12 15:19:14 | 時局雑感

 

 今年を表す文字は「災」という字に決まったようだ。 自然災害も含めて妥当な決定であろう。
 
日本は危険な国になったのではないか? 殺人や強盗などが日常化してきた。弱者(含む動物)虐待や陰惨な事件が相次ぐ。日本の誇りであった治安の良さは、今やなくなりつつあるのではないか?

 その背景に、格差と貧困の広がりがあるように思える。支配層が、儲けのネタを求めて国民のポケットに手を突っ込んで来た結果ではないか? 日本は、危険で、貧しい、悪い国になったのではないか? 特に、医療、年金、介護などに、高齢者の不安は大きい。

 83歳と78歳の、わが老夫婦の話題も多くは暗い。過去の話をしても、悪い思い出と悪い出来事ばかりが話題になる。長く生きてきた生活の中には、歓喜に沸いた出来事や、心ときめいた瞬間もあったのではあるが、それらはあまり話題にならない、暗い、重い、時によってはお互いを責めあう話題ばかりが飛び交う。なぜだろう? これが、老後…人生の末路を示す特徴なのだろうか?
 もちろん、明るい話題がないわけではない。それは過去にはなく、やはり未来にある。その最たるものは、たった一人の孫の成長を見ることだ。まだ四歳の孫が、月に2,3度訪れて、その都度、新たな成長の片りんを見せて帰る。。もう一つは、娘のオペラ活動の進展だ。オペラ界の鬼才岩田達宗氏と組んで、小劇場・演劇的オペラに取り組んで6年目を迎えるが、来年も、五月に『愛の妙薬』の四日間公演が決まったようだ。楽しみにしている
 人間が生きるということは、やはり希望をつなぐということなのだろう。

コメント

人生の始末の仕方 … H.Iさんの自宅火災に因んで

2018-12-06 10:47:13 | 時局雑感

 

 H.Iさんは私より四つ年上の大先輩。銀行時代、特に組合活動を通じてお世話になった。女性にしては珍しく豪放磊落、酒は強いし、豪快な筆力で絵を描くなど文化百般に通じる。付き合いも男性の方が多いのではないか? 我々男性仲間の集まりには必ず顔を出していた。
 そのHさんの自宅が火災にあったと聞いたので、飲み仲間の三人(いずれも男性…89歳二人と私83歳)でお見舞いの会を持った。Hさんの好きな「どじょう鍋」がいいだろうと、渋谷の『駒形どぜう』で鍋をつついた。
 話を聞くと。当日Hさんは飲み会に出席するため銀座に出向いていたという。電車を降りて自宅に近づくと何だか騒がしい。火事だというのでなお近づくと、目の前で自分の家が焼け落ちたというのだ。物的なものはすべてなくしたが、親が残してくれた同敷地内の別の家宅の一室を改良して、無事に暮らしているという。周囲の人からは、「うまくきれいに処分したものだわねえ」と褒められていますと、本人は意外に明るく、けろりと話してくれた。
 もちろん、口で言うほど生易しいものではあるまい。一瞬にしてすべてを失うなど、想像しただけで恐ろしい。しかし、87歳の独身女性の身辺整理の仕方としては、望んでもできない快事かもしれない。私などの小人には耐えられないことであろうが、H.Iさんの気質を見込んで、天はこの快事を与えたのかもしれない。

 人生の始末どころか、今年一年の始末にオタオタしている。年賀状を書かねばならない、処分したい本や書類の整理が進んない、お世話になった人への御礼をどうしようか、脳溢血で倒れた大阪の弟の見舞いをどうしよう、目の注射に行かねばならない、飲み会が五つもある、……ああ、どうしよう。おそらく今年も、何も片付かないだろう。

コメント

日本酒の歴史をたどった「山桜桃の会」の一年 … 締めくくりは、地酒ブームを偲ぶ「利酒処『酒の穴』」

2018-11-26 16:29:04 | 



 発足6年目に入った「山桜桃の会」は、本年124日、会の名前である「山桜桃」という酒を醸す須藤本家を、茨城県笠間市に尋ねた。そしてこの蔵は、日本最古の蔵とも言われているので、図らずも日本酒の広大な歴史に触れた。(1月25日投稿) 続いて418日、戦後間もない飲み屋の風景を今に残す新宿「思い出横丁(旧称ションベン横丁)」を訪れ、昭和20年代の飲み屋風景に思いをはせた。(419日投稿)
 そして今回、戦中戦後を席巻した悪名高き「アル添三増酒」に決別を告げようとする地酒ブーム時代(昭和50年代)に、多くの愛飲家が立ち寄った「利酒処『酒の穴』」に赴いた。場所は銀座4丁目、「銀座らん月」の地下。すでに1か月近く前、1030日のことであった。
 私がこの店に通っていたのはすでに30数年前のこと。当時はもっと狭い店で、客たちは肩を寄せ合い、ひたすら酒の味を求めて杯をかざしていたことを思い出す。まさに「利酒処」と言うにふさわしい雰囲気であった。
 今回久しぶりに尋ねると、店も広くなり奥まったところには個室的なスペースもあって、銀座の店らしく高級感が漂っていた。居酒屋と言うより高級飲み屋という風情であった。しかし、未だ利酒処という名称を残しているだけあって、名だたる銘酒がずらりと並んでいた。しかも、さすが「らん月」さんが営むだけあって、肉料理を始め料理は逸品であった。
 飲んだ酒は、ひやおろしの「赤武」(岩手)と「萩の鶴」(宮城)、冷酒で「菊姫」(石川)、燗酒で「大七」(福島)と「黒牛」(和歌山)、最後を〆たのは「桜正宗」(兵庫)。各2合ずつ合計1升2合。対する料理は、立派な「お通し」(長芋と鶏ムネ肉の梅水晶、高野豆腐煮、ツナと豆苗の和え物、の三品)に始まり、「揚げごぼうと牛しゃぶのサラダ」、「里芋から揚げと厚揚みそ焼き」、「揚げぎんなん」とつづき、メインに「三元豚柚子胡椒炙り焼き」、そしてお口直しに「しらすおろし」と「かにみそ」と、結構食べた。
 酒、料理のいくつかと、大満足の全員写真を掲げておく。


  

 お通し
   
     
  三元豚柚子胡椒炙り焼き…この食い散らかしから美味しさがわかる

  
     大満足でございました  

コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン