旅のプラズマ

これまで歩いてきた各地の、思い出深き街、懐かしき人々、心に残る言葉を書き綴る。その地の酒と食と人情に触れながら…。

コロナと戦う飲み会・・・Kさん親娘との神楽坂の一夜

2020-11-26 11:21:10 | 



 しぶとい新型コロナウィルスの感染は第三波の症状を見せ、東京都は昨日、「夜の会食は極力控えろ」というお達しを出すに至った。

 このような状況に至る前で、感染が小康状態を保っていた先月のことであったが、先輩のKさんから電話があった。「今年はほとんど人に会っていない。娘が神楽坂の行きつけの店に案内するというので、一緒にどうか? もう、コロナなんていいよ」というものであった。二つ返事で応諾して日程を決めたのが今月の19日。
 そこは、神楽坂下から坂を上り、中腹ぐらいにある『おの寺』という素敵なお店。K先輩ともども娘さんもかなりの飲み手、その行きつけに店だけあって酒も料理も相当な水準であった。なんといっても神楽坂の雰囲気、つまり日本伝来の良き雰囲気を湛える店であった。
 そこで美味しい料理と共に飲んだ酒は、これまた名だたる銘酒で、東北泉(山形)、常きげん(石川)、宮の雪(三重)、賀茂金秀(広島)、川鶴(香川)、そして最後を締めたのが開運(静岡)という6銘柄。しかも中味は、雄町を始め各地の米の味を生かした芳醇な純米酒から、山廃仕込特別純米生原酒や純米吟醸活性生原酒など多種多様…、百花繚乱花咲く日本酒の味を味わいつくした。

 断っておくが、はしゃぎまわったわけではなく、マスク、消毒はもちろん、広い部屋に三人の少人数で、来年1月で92歳になるK先輩の蘊蓄ある思い出話をじっくり聞くという、コロナ対策十分の集いであったことを記しておく。

 それにしても19日はギリギリで、昨夜の小池都知事のお達しの後では実現していたかどうかわからない。

 
 6銘柄のお酒を前に
   
   店主の小野寺さん(左端)と共に 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

充実していた大相撲11月場所…白鵬、鶴竜ともに要らない

2020-11-23 15:14:12 | スポーツ



 大相撲11月場所は想像以上に充実していた。
 復活照ノ富士が、千秋楽結びの一番で貴景勝に勝って13勝2敗で並んだが、並ばれた貴景勝は優勝決定戦で本来の相撲を取って賜杯を手にした。双方とも持ち味を十二分に発揮して最高の場面を生み出した。いずれも怪我に泣きながら苦しみぬいて築き挙げた名勝負であった。
 2,3敗すれば休場して、じっくり休養してひょっこり出てきて優勝をもっていくような横綱はもはや不要ではないか。白鵬も鶴竜も、もう要らない。
 貴景勝、朝の山、正代、照ノ富士で横綱を争い、隆の勝、北勝富士、御嶽海、大栄翔などが大関の地位を争い、それに翔猿や志摩の海など新鋭がからみ、遠藤や隠岐の島のベテランが味をつけ、加えて、炎鵬、照強、宇良などの技が絡めば、もう何もいらない。
 重ねて言うが、休場二横綱の引退をお勧めする。十分に評価さるべき業績は残したのだから…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカは民主主議国か?…大統領選結果に思う

2020-11-18 13:39:51 | 政治経済



 米大統領選について、結果が出たら感想を書こうかと思っていた。ところがいつまでたっても結果が出ない。票数も選挙人数も確定したようだが、トランプ大統領が敗戦を認めないから、バイデン新大統領の就任準備も進まないらしい。
 聞けば、トランプ氏は敗戦を認めないどころか、自分は勝利したと主張しているらしい。最大の理由として「俺は7千2百万の票をとった。過去最大の支持票だ」ということを挙げているという。確かにトランプは7千万以上の票をとっているが、相手のバイデンは7千8百万以上を獲得してその差は6百万近くに及ぶ。獲得選挙人の数に至っては70人の差がついている。
 マスコミなどでさかんに「僅差」だと報じられているが、けっこう大差ではないのか? 少々の数え違いがあっても、6百万という数字は覆りようがないのではないのか?
 トランプはまた、「選挙に不正があった。裁判で争う」と主張している。しかも、不正の証拠は「裁判で明らかにする」として、裁判上の不利を防ぐため「今は言わない」と言ってるらしい。
 要するに選挙の結果は認め3ないというのだ。しかし、不正があるというのなら規則に基づいて数えなおしなどをやればいいのであって、そのうえで各選挙管理委員会が確定したものに従うのは民主主義の原理ではないのか?
 日本でも数えなおしなどはいくらでもあり、そのうえでの「選管確定」ですべては決着し、勝者も敗者もそれに従う。それが民主主義だ。
 選挙は民主政治の根幹である。アメリカはその根幹を欠いている国なのだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫 遥人の七五三

2020-11-09 15:39:58 | 時局雑感



 続いて行われた文化行事は、孫遥人の七五三。男児五歳の成長を祝うお宮参りを、5日、大宮八幡宮で行った。

 お宮に着くと、既に紋付き袴に身を整えた孫が、一人前の顔つきと風采を保って待ち構えていた。

 

 ついこの前生れたような気がするが、すでに大人の風情である。子供の成長はかぎりなく早い。再来年は小学校に入る。私はそのころ米寿を迎えるが、この孫と、いつまで成長の夢を追うことができるだろうか?

 
 神社の前で袖を広げポーズをとる

  
  やっと平服に戻り、食事を喜ぶ顔はやはり五歳だ  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラ「泣いた赤鬼」に見る日本の心

2020-11-09 15:08:11 | 文化(音楽、絵画、映画)



 「泣いた赤鬼」は、浜田廣介の名作童話をオペラ化したもの。鬼という日本独特の存在を通じて、日本人の伝説的な行動と友情を説いている。
 3年前に娘のミャゴラトーリが公演したものを、森真奈美さん(ソプラノ歌手)率いる「わらびこども夢プロジェクト」が取り上げ、ミャゴラトーリ後援で、この3日公演された。文化の月11月の始まりと、女房ともども「川口リリア」まで出かけた。
 子供たちの生き生きとした元気な姿は、いつ見てもいいものだ。

 
「泣いた赤鬼」のフィナーレ

 
  
  うれしそうな出演者たち

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

底力を見せた須藤慎吾・・・デュパルク歌曲バリトンリサイタル

2020-10-31 13:26:35 | 文化(音楽、絵画、映画)



 今月8日のミャゴラトーリ「ガラ・コンサート」に続き、昨夜の「バリトンリサイタル」で、須藤慎吾という歌手の底力を見せられた思いがした。

 ガラ・コンサートでは、例えば「リゴレット」の、あの有名な四重唱などを歌ったが、ステージの隅に立つだけで、また最初の声を発するだけでその存在感を示した。
 とはいえ、四重唱やデュエットであったが、昨夜は、デュパルクの歌曲13曲を、圧倒的な歌唱力で歌い切った。私はデュパルクというフランスの作曲家を初めて知った。ボードレールなど名だたる詩人の詩を題材にした歌曲で、朗読付きであったのでそれを通して辛うじて理解しながら聞いた。王子ホールの雰囲気も、「旅へのいざない」という孤高の世界にふさわしく、何よりも歌手の歌唱力とすぐれた表現力に、ただ、ただ感動した2時間であった。
 改めてその底力を見せつけられた。

 


 須藤慎吾 練習風景 (首藤史織Facebookより)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ともしび』につづく『家路』の閉店・・・

2020-10-22 14:32:23 | 文化(音楽、絵画、映画)



 うたごえ居酒屋『家路』から一片のハガキが届いた。時ならぬ時期の来状にイヤな予感を抱きながら文面を見ると、不安は的中、それは閉店のお知らせであった。
 『ともしび』66年に続き、『家路』も42年の幕を下ろす。その知らせに接し、戦後民主主義の最後の一角が、音を立てて崩れ落ちる響きを聞いた。その音は静かだがいつまでも鳴り響いた。
 うたごえ運動はその歴史的使命を終えたのであろう。ただ、『家路』は『ともしび』の分身でありながら、「うたとピアノと友だちと」をテーマに掲げたユニークな居酒屋で、単なる歌声喫茶と性格を異にしていた。だから、あの‘’飲み屋激戦区‘’の新宿で42年もの営業を可能にしたのであろう。もちろん、経営にあたったP子さんの「語りと弾き歌い」という、類いまれな才能がそれを可能にしたのであるが。
 『家路』という屋号が示すように、帰路につく多くの働く人たちを、P子さんは語りと弾き歌いで42年間癒し続けた。
 
 戦後ともった巨大な灯が、また一つ消えた。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森下の勝利(新人王への道)を総力を挙げて阻んだ広島カープ

2020-10-17 19:46:59 | スポーツ



 今日の「広島・中日戦」は、中日柳、広島森下という明治大学の先輩後輩対決という因縁の展開で好試合(少なくとも7回表まで)が進められた。広島の森下は今日を勝てば9勝目となり、新人王にかなり近づくと思われた。

 期待に応えて森下は7回まで中日を1点に抑え、味方の2点に助けられて9勝目に向かっていた。しかも7回投げて投球数は96球、従来の森下の実績からしてもう1回(8回)は十分に投げられる展開であった。
 ところが、7回裏の攻撃で広島は先頭打者が出塁すると次の森下を三好に変えた。バントで2塁に送るためだ。つまり森下を引っ込めたのである。「ここで点を取って、8,9回を、ほりえ、フランスワで抑える」計画に見えた。
 しかし不安は的中、森下を変えてまで送った走者は打ち続く凡退で返せず、次の8回表の中日の攻撃は、ほりえ、フランスアのだらしない投球を打ちのめし、一挙に4点を挙げて森下から勝利を奪った。
 可哀そうな森下…。7回まで1点に抑えた好投を、寄ってたかってつぶされたのだ!
 この敗戦の責任はだれか? A級戦犯は佐々岡監督の采配だ。あの交代はどうしても納得できない。B級戦犯は救援投手陣だ。申し合わせたように二人で4点を献上して森下の勝利投手の権利を打ち消した。C級戦犯は打撃陣だ。森下を変えてまで取りに行った点を、何としても取ろうとする気迫もなかった。
  何故、森下をこうまでして引きずりおろさねばならないのだろうか?

(なお、これは一カープファンの妄想であり事実とは無関係であるのでので念のため)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「高クォリティ!」、「最高に贅沢なコンサート!」・・・ミャゴラトーリ『ガラ・コンサート』に高い評価

2020-10-10 13:17:39 | 文化(音楽、絵画、映画)



 娘が主宰するオペラ普及団体ミャゴラトーリは、昨年暮れから取り組んだ6月のオペラ公演『秘密の結婚』が、コロナ禍で直前の中止を余儀なくされるなど苦悩を続けていたが、心ある支援者の方々から「がんばって!」、「オペラに灯を消さないで!」と多額の支援カンパが寄せられ、「何とかこれに応えなければ」と取り組んできたのがこのコンサート。
 内容は、過去7年間にわたり公演してきたオペラ(「セヴィリアの理髪師」、「ラ・ボエーム」、「カヴァレリア・ルスティァーナ」、「カプレーティとモンテッキ」、「リゴレット」、「ドン・パスクアーレ」、「愛の妙薬」)のハイライトシーンを、9人の歌手が、ソロ、デュエット、四重奏などで歌うというもの。
 しかもその歌手が、国光ともこ(ソプラノ)、須藤慎吾(バリトン)を始め、ソプラノの高橋絵理、メゾソプラノの中島郁子、向田由美子、テノールの寺田宗永、所谷直生、バリトン薮内俊哉、バスバリトン大澤恒夫という、実力ではトップ水準を行く歌手たちである。
 加えてピアノが浅野菜生子、合唱指揮柴田真郁、解説岩田達宗(演出家)という顔ぶれ。これ以上の贅沢な構成が他にあろうか? これを、コロナによる入場制限もあり150人の観客で聴いたのだ(収容人員500人の小金井宮地楽器委ホール)
 二幕のはじめとフィナーレの二つの全員合唱「行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」(ナブッコ)と「愛だけがこたえ」(フィガロの結婚)を加え延3時間、私は、歌い上げられる愛や悲しみ、希望の彼方に心を奪われ続け、他事を思う余裕はなかった。

 
 フィナーレで観客に挨拶する歌手たち

 ピアニスト、指揮者、解説者も含めて

 
フィナーレで喜びのあまり手をつないだ歌手たちは消毒しながら退場。
コロナ対策も万全でした。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中秋の名月

2020-10-02 15:37:38 | 時局雑感



 中秋の名月というので、妻と家の周囲を歩いた。コロナで久しく散歩もしていなかったが、月の魅力も大したものだ。やはり日本人なのかなあ?
  ほとんど同じ時刻に写真を撮ったのだが、一枚はほぼ白色で、もう一枚は月の模様が映っていた。自動カメラなので全く自動に撮ったが、深度や速度、倍率などが微妙に違うのだろうか? それとも単なる手振れの問題か? 一応二枚を掲げておく(カメラは Canon PowerShtot  SX620HS)

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投票ボタン

blogram投票ボタン