旅のプラズマ

これまで歩いてきた各地の、思い出深き街、懐かしき人々、心に残る言葉を書き綴る。その地の酒と食と人情に触れながら…。

75年間は草木も生えぬ・・・まさに不毛の核廃絶への道

2020-08-06 13:54:16 | 政治経済



 今日は75回目の原爆記念日である。たった一発の原爆で廃墟と化した広島は、その惨状の激しさから、今後75年間は草木も生えぬだろう、と言われた。
 広島は、草木はおろか、日本を代表する文化、産業都市としてよみがえった。市内を流れる七つの川は、美しい周囲の山々を映し、爆心地となった平和公園は、濃き緑に覆われている。風光と産物にも恵まれ、広島はいまや世界へ誇る都市と言えよう。
 ただ、広島の悲願である核廃絶の道は、依然として閉ざされている。それどころか、核兵器の質は当時の何百、何千倍に高められ、保有国も増加の一途を辿っている。
 強国は「抑止力」の名のもとにこれを増強し、小国はこれを「窮鼠猫を噛む」道具として、いずれも手放す気配はない。一度核を持った国は、自ら手放すことは絶対にないのではないかと、背筋の凍る思いだ。この道は、まさに75年を超えて草木の一本も生えぬ不毛の道だ。
 ただ、国連で、これらの国々を除く過半数の国が「核兵器禁止条約」を結び、着々とその批准が進められていることに一筋の光を見るのであるが……。

コメント

孫、遥人からのラブレター

2020-07-30 12:07:55 | 時局雑感



 うち続くコロナ自粛の中で、孫の遥人にも半年ぐらい会っていない。妻も、口を開けば「遥人はどうしているだろうか?」と呟いている。言葉を交わす議題に乏しい老夫婦にとって、たった一人の孫の話題は欠かせない。
 そこへ、娘を通して「遥人からのラブレター」が届いた。二つ折りの赤い折り紙に「はるとより」と書かれてあるので裏を開くと、大きな元気のよい字で、「じじばば だいすきだよ」と書かれてある。

 
    

 遥人、5歳2ヶ月、いつの間にか立派に字が書けるのだ。これからの成長は、85歳の老人の想像を遥かに超えていくのであろう。気が付いた時には、、まさに「遥かな人」になっているかもしれない。

コメント

コロナはどうなる?(つづき) ・・・ マスコミの報道姿勢に疑問!

2020-07-25 21:18:28 | Weblog



 前述(前回投稿)したように、国際医療福祉大の高橋泰教授によれば、新型コロナの毒性は弱く、日本人の独特な自然免疫性もあって、罹っても無症状者や軽度の症状が多く、従って患者数を追うこともさることながら、もっと重傷者への対応や死者を防ぐことに重点を置くべし、と提言している。最も重要なことは死者を出さないことで、PCR検査などで無理やりあぶり出した感染者数を追うことではないというのだ。(もちろん、検査も感染者数も軽視はしないが)

 高橋教授によれば、日本人の30%は新型コロナに被災しているのではないかという仮説も成り立つとされており、それに比して死者数は1000名弱と極めて少ないとしている。
 因みに、NHKのまとめによれば、25日午前零時現在で、感染者数29,022人、重傷者68人、死者994人となっている。
 しかしNHKも、毎日のニュースなどで重症者数や死者数の詳細を報道することは殆どなく、他のマスコミも感染者数の増加をヒステリックにがなり立てるばかりで、「重傷者とその症状、全国的な発生内訳と医療体制」や、「死者数と医療状況」などについては殆ど報道されていない。
 マスコミは根本的に間違っているのではないか? それとも何か意図があって現状のような報道に集中しているのだろうか?

コメント

コロナはどうなる?・・・感染者数より重傷者や死者の数に重点を!

2020-07-23 11:10:08 | Weblog



 コロナに対する緊急事態宣言が解けて一ヶ月以上になるが、依然として実質自粛の毎日が続く。なぜなら、感染者は日々増え続けているからだ。
 経済活動を優先し、人の交流を優先すれば当然のことであるが、東京を中心とした感染者数は第二波の様相を呈してきた。ここ2週間の東京の感染者数は3000人に達し、累計感染者数は1万人を超えた。昨22日の全国の感染者数は787人で過去最多、まさに第二波の到来と言っていいのだろう。
 ただ、日本における重傷者、死者の数は、世界各国に比べてけた違いに少ない。高橋泰国際医療福祉大教授によれば、新型コロナは毒性が弱く、罹っても自然免疫で殆ど治っているのではないかと言われ、日本人は、かつてのBCG接種などもあって、自然免疫力が高いのではないかとしている。そして、あくまで仮説だとしながらも、PCR検査などで陽性者を見つけ出すことよりも、重傷者の看護を中心にした体制をとるべきだとしている。
 問題は無症状や軽い症状の患者の数ではなく、死者を出さないことだという。全くそうだとは思う。ただ、高齢者は重症化する率は高いというので、85歳の老人としては自粛を続けるしかないのだ。もっとも、昨日は会社で株主総会が行われ、終了後社員とワイワイ飲んできたし、今日はこれから吉祥寺の先輩宅を訪ね会食の予定であるが……。

コメント

きらめきの手、やわらかい感性の手・・・藤井聡太七段の将棋

2020-07-13 14:18:28 | 文化(音楽、絵画、映画)



 高校生の藤井聡太七段が将棋界の二つのタイトルに挑戦しており、最年少タイトル獲得記録を更新しようとしている。

 某テレビ番組で、藤井七段の師匠杉本八段が、藤井七段の将棋の手筋を「きらめきの手、やわらかい感性の手…」と解説していた。そしてそれは、今にして出来上がったものではなく、子供の頃(杉本師匠は小学校4年お時から藤井少年を指導している)から持っていたものだと話していた。
 また別の解説者が、藤井七段の手筋の読み量について、その多さは抜群であると強調していた。例としてAIの読み量を引き合いにだし、「藤井七段の差し手を、通常の情報量(7000種類?)でAIに入れると良手とみなされない場合がある。そこでもっと多量の情報を入れると良手という評価に変わる。これは、藤井君の読み量はAIを超えているのではないかとも推測される」というようなことを言っていた。
 一体、どのような頭脳をしているのであろうか? それよりも、彼の「きらめき」とか「やわらかい感性」とは、どのようなものなのだろうか? しかもそれを幼少のころから備えていたとは、一体どんな人間として生れ落ちてきたのであろうか?

コメント

年中行事化した「史上最大規模の水害」

2020-07-08 10:51:27 | 時局雑感



 今年もまた、「かつて経験したことのない雨量」による水害が、列島を縦断しつつある。九州各地に始まり、今朝は岐阜から長野に及んだ。
 人吉を訪ね、美しい渓谷を縫うように下る球磨川下りを体験したのは、1986年の秋のことであるので、すでに34年も前のことだ。その美しい景観、チビチビ味わった名酎『球磨焼酎六調子』の味は忘れられない。その球磨川が暴れ、全域十数か所も氾濫して死者・不明60数名の惨事を起こした。
 筑後川と言えば我が九州の母なる大河で、大分、佐賀、福岡の3県を育む河だ。それが溢れ、日田や久留米を濁流で覆った。日田は大分県の小京都と言われる風光明媚な観光地で、その景観は三隈川(筑後川)が作り上げ水郷と呼ばしめた。それが一瞬にして凶器と化すのである。
 大牟田も濁流に覆われた。大牟田は私が社会人となって最初の3年間を務めた街だ。もう60年も前のことで放映される街並みに記憶はないが、旧友たちの面影も浮かび胸が痛む。
 これらの被害は列島全体に広がりつつある。水清き国は同時に水害の国なのだ。しかもその規模が年を重ねるほど大きくなることに恐怖を感じる。
 地球は呪われているのではないか?

 

コメント

広島カープ、ルーキー森下の受けた試練

2020-06-30 11:22:51 | スポーツ



 広島カープに、森下という頼もしい新人投手が現れた。2試合を投げて、2試合とも8回まで完封した。ただ、最初の試合では、9回に代わった抑えの投手が4連続ヒットを打たれ、ワンアウトを取ることなく逆転で負け、勝利投手を逃がした。2試合目は、自ら9回も投げたが、今度は3長打を含むこれまた4本のヒットを浴びてノックアウト、完投を逃した。
 1試合目はDeNA戦。味方がとった虎の子の1点を守って8回までを完封した。さすがに100級に達したので、9回はメジャーから雇い入れたスコットという投手に任せた。ところがこれがクローザーどころか、一死を取ることもなく4連打を浴びて2点を失い、あっさり逆転負けした。森下は、メジャーってなんだ、ということも含めてプロの厳しさを味わったのではないか?
 2試合目は中日戦。これまた8回まで完封し、味方は大量10点を獲得している。投球数は110級に達していたがベンチは9回を続投させた。ところが、3塁打1本、2塁打2本を含む4本の集中打を浴び、ツーアウトを取りながら降板した。今度はフランソワが一人を簡単に打ち取り、森下は勝利投手となったが、完封はもちろん完投も逃した。
 プロの厳しさをいやというほど感じたのではないか? 神は厳しい試練を新人投手に与えた。しかしこの試練は、将来カープを、いや日本球界を背負って立つ投手に成長するために、大きな糧となるのではないか?

コメント

85歳の年も半分を終えようとしている

2020-06-25 14:39:42 | 時局雑感



 今年も半年を終えようとしている。
 6月の終わりになると、毎年このような投稿をしてきた。ただ、今年の思いは少し違う。85歳を迎えて一段と体力の衰えを感じて、残る生涯(せいぜい元気に過ごせるのは2,3年しかない!)を前向きに生きたいと思っていたのだが、思うような毎日ではなかったからだ。
 大きな理由は、新型コロナウィルスにより自粛を強いられたことによる。やりたいこと、会いたい人、いろいろと頭に描いていたが、それどころか、従来から継続していた酒の会、旅の会、もろもろの勉強会など、全て計画から消えてしまった。それどころか、今後も実施される、メドも立っていない。
 自粛の名目で家に立てこもったため、予てから頭にあった書籍や書類や写真の整理はかなり進んだが、これはいわば後向きの仕事
だ。この期に及んで後ろ向きには生きたくない、前向きに生きたい、と思ってきたのだが全て絶たれた。
 まあしかし、自粛という名で、コロナという得体のしれない敵と戦ってきたのだ、と位置付ければ、少しは前向きの評価ができるのだろうか?。

コメント

待ちに待ったプロ野球開幕・・・わが広島カープ快勝!

2020-06-20 20:07:01 | スポーツ



 約3か月に及ぶコロナ感染症自粛対策が、昨日19日をもってほぼ解禁となった。「ほぼ解禁」というのは、完全な解禁ではないということだ。つまり、「三密対策」を中心とした「新しい生活態様」を前提とした「解禁」に過ぎない。
 ただ、これにより、相撲もない、野球もない、サッカーもない…という閉塞感から、国民は開放された。。そして、その第一戦! プロ野球の開幕をようやく迎えた。(もちろん、無観客という異例な開戦であるが)
 わが広島カープは、アウエイの横浜球場における「DeNA戦」となったが、昨日今日と見事に連勝した。。どうも分の悪い相手で、初戦の相手として嫌な予感がしていたが、見事な逆転劇で仕留めた結果に大満足。コロナの鬱憤(うっぷん)を一挙に晴らした思いだ。
 因みに、第一戦ではエース大瀬良がホームランを含む勝利打点を挙げた完投勝利、第二戦では主砲鈴木誠也が2ホーマー(うち一本は満塁本塁打)による逆転勝利であった。
 もう、これだけでいい。

コメント

コロナウィルスに奪われた人生最期の計画

2020-06-13 14:53:33 | 時局雑感



 85歳の誕生日を経て、改めて体力の衰えを感じ、残る短い人生を悔いなく生きたいと思っていた。何もなければあと5年ぐらいは生きるかもしれないが、普通に動き回れるのは2,3年であろう。寝たきりや、病に伏したのでは「生きている」とは言えないので、何とか動けるうちに、これまでの交友者にできるだけ多く会って、「思いのたけを語り合っておこう」と計画を巡らしていた。
 曰く、高校、大学の同窓生、故郷の人々、30年務めた三井銀行、14年お世話になった三井ホーム、また長くか係ったYDK社やマザーズシステム社の方々、酒の会や旅の仲間、資本論勉強会などという難しい人々、……
 これらの人々に一回づつ会っても、2年や3年に収まるのだろうか?、等と思いを巡らせていると、その2,3年を奪う怪物が現れた。コロナだ!

 私の予感では、コロナ災害が片付くには2年や3年はかかると思う。少なくともここ1,2年は、私が求める「親しい友と、盃を交わしながら、思いのたけ語り合う」ことは許されないのではないか?
 貴重な人生最期の時期を、コロナに奪われた! これは予想していなかった。。
 どうすればいいのだろうか?

コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン