goo

「不都合な真実」  An Inconvenient Truth

先日行われた2007年アカデミーで『長編ドキュメンタリー賞』を受賞したアル・ゴア元アメリカ副大統領による地球温暖化に関しての講演を中心とした環境破壊を考えましょう的入門ドキュメント作品。

さすがアップルの社外取締役らしくMacを駆使してプレゼンする講演の様子は、ヴィジュアル的にもツボを抑えていて、1週間程度の旅行でも平気で家中のエアコンディショナーをつけっ放しにして出かけるお馬鹿なアメリカ人ならずともそれなりに説得力はあると思うし、この映画をきっかけに環境問題を真摯に捉える人が増えれば、それはそれで結構なことだと思う。



そして古くは学生時代の頃から地球の温暖化に対して危機感を持っていて、こうして問題提起することによってより多くの人たちに事態の深刻さを知らしめようとするゴア氏の思いもまた、これはこれで頭が下がる思いがする。

しかしながら、と同時に、データの選び方や分析および解釈の仕方にいささか結論ありきというか無理矢理感も少なからず感じてしまい、おかげで今ひとつ納得行かないところもあったりして、趣旨には大いに賛同するものの、どこかもっと大切なことを棚上げにして危機感を煽っているような、そんな居心地の悪さも感じてしまった。

カトリーナがあそこまで甚大なる被害をもたらしたのは、堤防建設の予算をイラク派兵にまわしたためだというのは周知の事実だと言われていて、事実そうなんだろうと思っているけど、この映画で扱われている数多くのデータそれぞれの扱われ方をすべてをそのまま受け入れるのもまた、少なからず危なっかしい気がする。



そして二酸化炭素の削減ももちろん大切なことだと思うけれど、例えばひねくれた意見であること承知で言ってしまうけれど、今乗っているまだまだ走れるクルマから無理やり(多分それを作るために夥しい資源が使われ、CO2を多く発生させたであろう)ハイブリットカーに乗り換えることって、本当にエコなわけ? とついつい思ってしまうのだけど、さて?



本日の1曲 “ Our Town ” : James Taylor

~Time goes by, time brings changes, you change too
 Nothing comes that you can't handle so on you go
 You never see it coming, when the world caves in on you
 on your town, there's nothing you can do ♪




実はこの映画の最後に流れる Melissa Etheridge
の“ I Need to Wake Up ”はこれまたオスカーでオリジナル歌曲賞を受賞しましたが、個人的には長編アニメ賞での受賞を逃した「カーズ」の中で流れ、この前のオスカーでランディ・ニューマンとともに演奏を見せてくれたジェームズ・テイラーのこの曲を。
とにかくかつてライ・クーダーやヴァン・ダイク・パークスたちとともにバーバンク・サウンドを支え、今や押しも押されぬ映画音楽コンポーザーとなったランディ・ニューマンの手による名曲であります。
試聴はこちら
映画のシミジミ思い出す動画はコチラから
コメント ( 4 ) | Trackback ( 12 )
« Congratulatio... かぶとのブル... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ジョー)
2007-03-01 21:11:47
TBありがとうございます。
たしかにちょっと?な部分もたくさんありますね。でも、この映画があのアメリカでアカデミー賞を取ったことに注目。さすがにハリウッドは進歩的というべきか、ようやくお前たちも気づいたかと言うべきか。
 
 
 
◇ジョーさん (nikidasu)
2007-03-02 01:49:29
とにかくこの映画の受け止められ方とか、グラミーでのデキシーティックスの好評価とか、反ブッシュ包囲網は確実に進行している気がします。
コメントありがとうございます。
 
 
 
こんにちは♪ (ミチ)
2007-03-02 09:21:28
「地球温暖化」に対して各々が意識を高く持ってできる事をやっていかねばならないというのは分かっているんですよね。
ゴア氏のプレゼンの上手さにも唸ります。
ただ、やはり何か裏(?)を感じてしまう。
危険信号が頭のどこかで点滅してしまうんです。
政治臭を感じるせいでしょうか。
まあ、この映画がヒットしてエコロジー意識を高めるのに役立てばそれはそれでいいことですし。
大統領選出馬は完全にゴア氏のネタになってますね(汗)

ところで、「ヴァンベール」は夜行った事がないのですが、ランチはいろいろ充実していて美味しいですよ。
ちなみに私が食べたのは「ほろほろ鳥のソテー、春キャベツのマスタードソース」でした。
今日はまたまた食事会で、「ビストロ高柳」に行ってきます。食べすぎですよね・・・(汗)
 
 
 
◇ミチさん (nikidasu)
2007-03-03 02:14:18
見事なプレゼンターぶりの陰に潜むものって、なんとなく実感してしまいますね。

それはさておき、ミチさん、いいとこ行き過ぎ!
ちなみに私の今日のお昼はかぶと洋菓子店の“ブルーベリータルト”でした(苦笑)。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
アニメ大全集 (アニメ大全集)
アニメ 大全集は日本アニメの神、手塚治虫先生を中心に語ります。
 
 
 
不都合な真実 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『地球温暖化』が、身近な言葉になって久しい。だが、深刻であるはずの問題を、ただのスローガンにしてしまいがちなのも事実かもしれない。そこで、この映画は観なくちゃな。。。と、重い腰を上げた。【内容】人類にとってただ一つの故郷である地球は、今最大の危機に瀕...
 
 
 
不都合な真実 (ネタバレ映画館)
ゴアと聞くと『マグマ大使』を思い出すのは日本人だけだ。
 
 
 
「不都合な真実」:都立八潮高校前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}なんだ、この緑の館は。 {/hiyo_en2/}地球温暖化防止を実践しているんじゃない。 {/kaeru_en4/}そうか、ゴアが見たら感激するかもな。 {/hiyo_en2/}「不都合な真実」の中で必死で地球温暖化の危機を訴えていたもんね。 {/kaeru_en4/}いや、必死というより緩...
 
 
 
映画「不都合な真実」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「不都合な真実」 アメリカ元副大統領アル・ゴアが、環境問題に関するスライド講演を世界中で開く姿を追ったドキュメンタリー。 まるでアル・ゴア氏の講演を聞きに行ったかのような96分間だった。 ゴア氏が地球温暖化現象について興味を持ったのは大学時代ら...
 
 
 
【2007-29】不都合な真実(AN INCONVENIENT TRUTH) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
地球の裏切りか? 人類が地球を裏切ったのか? 地球を愛し、子供達を愛する全ての人へ──。アル・ゴアが半生を捧げて伝える人類への警告。
 
 
 
映画「不都合な真実」を観て (Kirkの独白)
 先週末、京王線府中駅のすぐ南側にあるモール「くるる」の5階にあるシネマコンプレ
 
 
 
I Need to Wake Up (「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所)
 今回は映画リポートです。  「不都合な真実」An Inconvenient T
 
 
 
TAKE 63「不都合な真実」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第63回目は「不都合な真実」です。 この作品はですね、とにかく地球に住む全ての人に見て欲しい。 そして現実を直視して欲しいと心から願います。 これはまさしく映画仕立ての長編ドキュメンタリーです。 最近、純愛映画ばかり観てきた自分には久し...
 
 
 
Buy ambien online cod. (Buy ambien online cod.)
Buy ambien online cod.
 
 
 
『不都合な真実』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ地球温暖化問題に心痛めた元米副大統領のアル・ゴアは環境問題に関するスライドを世界中で開催。人々の意識改革に乗り出していく・・・。感想アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作品。元アメリカ合衆国副大統領、そして全米での得票率は上回りながらブッシュ...
 
 
 
映画「不都合な真実」(2006年、米) (富久亭日乗)
 ★★★★☆  前米副大統領のAl Gore が環境保護を訴えた 講演を記録したドキュメンタリー。 原題は「An Inconvenient Truth」。 文明社会が排出する温室効果ガスで、 地球の気温は上昇する。 その結果、 北極、南極の氷は溶けだし、 海水面が上昇するなど、 環境は激変...