1/18,19の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2020-01-20 17:28:45 | POG
『一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)』で望田潤が推奨したリーディングパート(牝3歳)が日曜中山5Rの未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がりました。

★キャロットクラブ
父ハービンジャー
母タイトルパート(アグネスタキオン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105410/
牝 募集価格:1600万円
3代母Her LadyshipはPolish Precedent×Mill Reefのニックス配合で仏オークス2着。孫にNHKマイルのメジャーエンブレムが出ます。そこにハービンジャーが配されて、クロスがDanzig4×5とBlushing Groom6×4ですから、先日札幌2歳Sを制したニシノデイジーと似た配合といえますね。ちなみにハービンジャー×アグネスタキオンで母母にMill Reefの血が入るパターンはJRAに2頭が出走し、前記ニシノデイジーに現役2勝ジャックローズとともに活躍中。ハービンジャーらしいナスペリオン的柔らかさのある動きで、そこをDanzigクロスや母父アグネスタキオンで緩すぎない程度に締めたバランスがいいです。上級の芝中距離馬だと思います。(望田)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2019)』で推奨したピンシャン(牡3歳)が土曜京都1Rの未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がりました。

ピンシャン(牡・父Speightstown・母Beauty and Light)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017110120/
近親にパーソナルエンスンS(米G1・ダ10F)のIcon Projectやタイキジリオンなどが出る牝系。母はUnbridledとGreat Aboveという魅力的な組み合わせ。Speightstown&森厩舎といえばマテラスカイでおなじみのコンビで、しかも本馬も母系にHerbagerの血が。坂路で猛時計を叩き出し、ダ1200新馬で圧倒的人気に応えてくれる。(望田)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2019)』で推奨したワールドウインズ(セン3歳)が日曜京都2Rの未勝利戦(ダート1800m)を勝ち上がりました。

ワールドウインズ(セン・父ルーラーシップ・母エイジアンウインズ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017104093/
母エイジアンウインズはヴィクトリアマイル勝ち。産駒は今のところパッとしないが、ルーラーシップとの配合はKingmambo≒サクラフブキ3×3(Mr.ProspectorとNorthern DancerとSpecialとRibotが共通)とMill Reef≒Marston's Millの3/4同血クロス6×4で、フジキセキのところだけNorthern Dancerが入らない「3/4Northern Dancerクロス」。ルーラーはマイラー牝馬との配合が成功するので、今度こその期待で。(望田)

土曜中山11RニューイヤーS ジャンダルム(POG・望田)
日曜中山11R京成杯2着 スカイグルーヴ(一口・望田)
日曜中山11R京成杯3着 ディアスティマ(ディープ・栗山)

--------

スカイグルーヴは血統どおりの長手でしなやかなストライドで走る中距離馬で、NETKEIBAの血統解説では以下のように書きました

母アドマイヤセプターはドゥラメンテの全姉で京阪杯2着。母母アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯勝ち。3代母エアグルーヴは名牝名繁殖。そこにエピファネイアでサンデーサイレンス4×3とSadler's Wellsズ≒ヌNureyev4×5だから配合も満点に近い。母を長手でしなやかにした中距離馬で、デビュー戦は持ったままの大楽勝。オープン級の素質は疑いないが、走りはいかにも東京向きで、またエピファ産駒だけに揉まれたときにどうなのか。

エピファネイアも急坂内回りでは[1-1-1-2]でしたが、スカイグルーヴも2000なら明らかに東京>中山で、あのケイバで勝ちきってしまえばエピファのラジオNIKKEIやドゥラメンテの皐月賞と同じで器と性能の勝利と言えたのですが、だからまあ負けて強しというか、同じメンツで東京でやったらふつうに楽勝するんじゃないかというぐらいの内容やったと思いますけどね



上のように母系にHerbagerの血を引くSpeightstown産駒は高確率で走っていて、POG書籍でピンシャンとニルカンタテソーロをピックした理由はほとんどそれだけと言ってもいいぐらいで、どっちも媒体ではあんまり取り上げられてなかったような記憶が

まあSpeightstownはほっといてもBold Ruler+Princequillo+Tom Foolなスピードを高確率で伝えるので、もうこれ以上同じようなスピードを重ねる必要はあまりなくて、むしろSpeightstownが持つほとんど唯一の欧スタミナな血、Gone Westの牝祖Mixed Marriageですね、この血をいじくると大物が出ているのはアドマイヤムーン産駒なんかと似た傾向で、たとえばマテラスカイは母母父がSharpen Up系なのでMixed Marriage5×6ですね





で、Mixed Marriageの母Persian MaidとHerbagerは、上のようにPradda≒Fairway=Pharos、Vasthi≒Vanille、Solario、Son-in-Lawが共通するなかなかニアリーな関係で、つまりHerbagerをもってくるとSpeightstownの希少な欧州A級血脈を刺激することができるわけで、これが薄いながらもニックスの根拠と言えるのではないかと

Phalaris
Fairway=Pharos
└△
 └Anchora
Phalaris
Pladda
└△
 └Anchora

Sans Souci
Vasthi
Vaya
 ┌Sans Souci
┌○
Vanille
Vaya

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 『競馬血統年鑑2019』発売開始 | トップ | やっぱりキズナはStorm Catだ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-01-20 21:35:16
クリスタルブラックのキズナ×タイキシャトルとは思えない強い脚力は3代母Star Pitcher譲りなんでしょうか
Unknown (Unknown)
2020-01-20 23:49:12
私は一旦Star PitcherとRoberto(Nashua≒Nantallah)のパワーと置きました
くりがしらさんも触れてますけど、ディープ×Storm Cat×In Realityのニックスはキズナにおいても有効ということなんでしょうかね、今のところは
他のディープ×Storm Cat種牡馬を考える際に頭においておきたいなと(逆にリアルインパクトも・・・?)
Unknown (MJ)
2020-01-21 08:26:23
エンパイア死んだんか
Unknown (MJ)
2020-01-21 08:32:10
そもそもディープ×Storm Cat×IWar Relic(Eight Thirty,Exclusive Native)の黄金配合とは、何をやってるかということですよね(キズナの場合はDamascusにWar Kilt)
Northern DancerとSir Ivor≒TerlinguaとChop Chop≒RomanとEight Thirty≒War Relicをクロスするということは、ようはStorm Catの血脈構成を全てクロスするということですからね
そこにStorm Catとタイキシャトルのニックスの意味と、Star Pitcherが持つIn Reality2×3+Eight Thirtyを考慮すれば、クリスタルブラックが何をやってるのかはだいたい理解できるのではないかと

コメントを投稿

POG」カテゴリの最新記事