「2歳勝ち馬評価」4頭更新&先週の雑感~ハービンジャーのスイートスポット

2014-07-29 14:25:09 | 配合論

先ほど「望田潤の2歳勝ち馬評価」先週ぶんを4頭更新しました~

種牡馬ハービンジャーについては、Northern Dancer4・6×4・5を持つだけにNorthern DancerについてOUTな牝馬との配合が望ましく、だからキングカメハメハやエルコンドルパサーと同じで母父サンデーサイレンスが有効な逃げ道になるだろう…ということをまず書いてきました

そしてもう一つ、キングカメハメハが高速芝向きの大物を出すのにラストタイクーンのナスキロ+Tom Foolを使って成功したように、ハービンジャーの場合はShareef Dancerの母が持つ「Tom Fool+ナスキロ」を増幅することが、パワー型すぎるデインヒル系を高速馬場向きにカスタマイズする有効な手段ではないか…ということも下記エントリで書いておきました

Shareef Dancerの母Sweet AllianceはAttica≒Tom Fool2×2

┌○┌Sir Gallahad
│└△
Attica
│┌Pharamond
└△
 └△
  └Alcibiades

 ┌Pharamond
┌○
│└Alcibiades
Tom Fool
│┌Bull Dog
└△

これまでJRAで出走したハービンジャー産駒は9頭いて全[2.2.1.8]、この馬券に絡んだ4頭、ジャズファンク(母父サンデーサイレンス)、スワーヴジョージ(サンデーサイレンス)、トーセンバジル(フジキセキ)、アキトオリオン(サンデーサイレンス)はいずれも母父が非Northern Dancerのサンデー系で、つまり母がNorthern Dancerに対してOUT

ジャズファンクはパドックで一見するとおおおデインヒル兄貴が歩いとるわいという骨格ですが、動かすと身のこなしが柔らかくて脚捌きに無駄がなくて手先が軽く俊敏で、直線でインからスルスル抜け出してくる脚はTom Foolそのもので、なるほどShareef Dancerをいじくったら、こんなにTom Fool的な体質脚質のハービンジャーも出るんやなあ…と
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104772/

血統表をご覧いただいきたいですが、Shareef DancerとCaerleonのところでNorthern DancerとSir Ivor≒Foreseerのクロスになっているのがポイントでしょう

 ┌Turn-to
┌○┌Princequillo
│└△
Sir Ivor
│┌○┌Sir Gallahad
└△└△
 │┌Pharamond
 └△

 ┌Princequillo
┌○
Foreseer
│ ┌Turn-to
│┌○
└△└△┌Sir Gallahad
 │ └△
 │  ┌Pharamond
 └△┌○
  └△

〈とりあえずサンデー系との配合ではSir Ivor≒Haloのニアリークロスになりますがこれだけでは心許なく、ニアリーSir Ivorな血、つまり「ナスキロ+Tom Fool的な組み合わせ」がもう一本ほしいところ
DroneとかCaerleon(Foreseer)とかStorm Cat(Terlingua)とか、A.P.Indy(Weekend Surprise)とかGone West(Secrettame)とかアフリート(Venetian Jester)とか、ダイワメジャーが醤油かけて美味そうに食ってる血はハービンジャーもだいたい好物やと思います(・∀・)〉

「2歳勝ち馬評価」先週ぶんを3頭更新&雑感少し
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/d3141f5cd2e67897df13fb31fd7abb1d

ちなみにShareef Dancerを持つ日本での活躍馬にはアドマイヤタイシ・ディサイファ兄弟、サドンストーム・ティーハーフ兄弟、ワールドインパクト、メイショウドンタク、ランヘランバ、マコトプリジャールなどがいますが、Sweet Allianceの「Tom Fool+ナスキロ」のいじり方をチェックしてみるとなかなか通じるものがあって面白い(・∀・)

スワーヴジョージは母母がNureyev×Sharpen UpなのでLady Juror的小脚でピッチを上げることには成功していますが、体質はかなりパワー型なので高速芝で斬れる脚を使えるかどうかがカギでしょう

トーセンバジルは3代母クラフティワイフのところにSecretariat×Tom Foolの組み合わせがあるのでShareef Dancerいじり配合で、ハービンジャー産駒にしては軽さもあるほうなのかもしれないですが、これもデビュー戦の内容はちょっとジリっぽかったかな

アキトオリオンは母母父Septieme CielがSeattle Slew系なのでShareef Dancerをいじってはいるのでですが、ジャズファンクやトーセンバジルほどの説得力には欠けるというべきでしょう

というわけで、「ハービンジャーのスイートスポットはShareef Dancerではないか」説がますます有力になってきたジャズファンクの新馬勝ちでした

新種牡馬といえば先週はバトルプラン産駒とヴァーミリアン産駒も中央初勝利、マイネルシュバリエは追い出すと実にしなやかなストライドで加速して、スローの逃げ切りですがゴール前は押さえる余裕でしかもまだまだ加速する脚色

バトルプランはニューオーリンズ(米G2・ダ9F)など北米6戦4勝、エンパイアメーカー×Flanders(BCジュヴェナイルフィリーズなど実質5戦5勝の名牝)という良血で、Mr.Prospector4×3とNorthern Dancer4×4を持つので父ほど配合の受けは広くないものの、父よりもしなやかな体質で本馬のような芝馬も出せるタイプではないかと書いてきましたが、今年の新種牡馬の中でもちょっと穴っぽい存在ではあります

おそらくエンパイアメーカーよりも芝向きの産駒の割合は高く、ダートは東京や中京の勝ち鞍が多くなりそうな予感

日曜の芝1200mを圧勝したノットフォーマルはヴァーミリアン×マンハッタンカフェでサンデーサイレンス3×3ですが、Kingmambo≒Majestic Princeのニアリークロス3×5でPasadoble≒Alleged5×5でもあります

このKingmambo≒Majestic Princeのニアリークロスにはサッカーマム(レディルージュやリラコサージュなどの母)、フェニックスバード(ダイワバーバリアンやストロングガルーダなどの母)、レディアルバローザ、トミケンアルドール、アーリーアメリカンなどがおり、またKingmambo≒クラウンドプリンス(Majestic Prince全弟)にはアンバルブライベンやミヤジエムジェイやイッシンドウタイやウインレックスなどがおり、両者のパワーがONになりやすいので短距離やダートに振れやすく洋芝や道悪も巧い、というニアリークロスですね

ノットフォーマルは距離短縮で一変しましたが、たしかにアンバルブライベンやミヤジエムジェイと重なるイメージの馬ではありますな

アッシュゴールドはきょうだいの中では最もノーザンテーストに似た体型体質ではないか…と書いてきましたが、動かすとソコソコストライドも伸びるので、まあ今回だけで断を下すのは早計やと思いますが、とりあえず“頑強タマモホットプレイ”と名づけて見守りたい(・∀・)


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« クロペリオンよりも高打率な... | トップ | 「一口好配合ピック」グリー... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
母父フジキセキ (矢マキバ)
2014-07-29 16:58:59
母父フジキセキにエンパイアメーカーを付けると
ガナファシル≒ミルレーサーの3×3、
イメージオブリアリティ≒マーストンズミルの3×4になりますが
バトルプランの場合、バトルプランが元々持っているミスプロの3×4、
ノーザンダンサーの4×4と合わさって
エンパイアメーカーの血を増幅すると思うんですが
これは有効でしょうか?
Unknown (MJ)
2014-07-29 22:10:52
フジキセキはNorthern DancerもMr.Prospectorも持たないので、しかもその二つのニアリークロスができるので、バトルプラン×フジキセキはなかなか面白い組み合わせと言えますね(・∀・)
Unknown (矢マキバ)
2014-07-29 23:19:08
ありがとうございます( ^ω^ )
残りの1/2に欧血が大事ですね。

コメントを投稿

配合論」カテゴリの最新記事