花と緑を追いかけて

山を愛し、花を愛し、旅と
映画とパソコンと、好奇心も
いっぱいの主婦の日記です

GWの我が家の花壇と藤沢「新林公園」ハイキング

2022年05月13日 | 花シリーズ
GWが明けたとたん梅雨の走りのようなお天気が続いています

毎日が日曜日の年金生活者の私、混雑するGWの繁華街や観光地に繰り出すことはパスして・・・
晴れの日はガーデニングと菜園の作業に勤しみ、雨の日は冬物の整理に追われていました。



バラの咲き出す季節到来です
こちらはガーデニングに目覚めた昨年春に買ったバラ「ストローベリー・スノウ」
株の大きさも倍に育ち、今年は花芽も13個



今年の春に購入した真紅のバラは「トゥルーブルーム」(レッドキャプテン)

芝生の管理が難しいので、昨年リビングの出窓前の花壇を三倍に広げました。
35年間南側の花壇に植えたままのサーモンピンクのバラ「クィーンエリザベス」の横に植えるつもりです

GW,唯一出かけたのはホームセンターです。

この真っ赤なバラと夏野菜の苗15株、お花の苗5株、他に40ℓの牛糞3袋に配合肥料や培養土など
全部で7袋を購入です。
息子に手伝わせて車で運んでもらいました



こちらは5月8日の「母の日」に息子夫婦から贈られた「カーネーション」

何故か?お嫁ちゃんが好物の「芋どら焼き」も添えられて・・・
ストレートネックで肩コリが酷くて辛い私に、息子の手揉み30分が加わった嬉しい母の日でした

カーネーションは多年草、お花が終わったら株を花壇に植えてみましょうか?
来年も咲いたら嬉しいなぁ~

花壇の春コーナーは今「ナデシコ」が満開昨年春に購入した「ピンクのマーガレット」が今年も咲きました

ナデシコは昨年秋にお花が咲いている苗を3個購入、春には倍以上の大きさに育って再び咲き出した
秋&春と楽しめて(しかも花期が長い!)感動です


GW前半に咲き出したのは昨年秋に植えた「ダッチアイリス」GWが終わる頃には散ってしまいました

ここは花壇の初夏のコーナーです。

ダッチアイリスの後ろには高く伸びて、ソロソロ蕾を付けそうなカサブランカや山ユリなどが控えています。
ユリに一番力を入れ球根を沢山買ってお金も使いましたから、咲くのがとても楽しみです

既存の西側の花壇には「都忘れ」や「芍薬」、濃いピンクの「シラン」も咲いています。
畑では珍しい赤い「ジャーマンアイリス」も咲き出しましたが、これらの紹介は次回に致しますね。

藤沢「新林公園」をハイキング(4月23日)
ワンゲルの元リーダから「クマガイソウの群生が有名な藤沢の新林公園でキンランが咲き出した」
とのライン報告を受けて、有志9人で行ってきました。



藤沢駅から海の方向に向かって歩いて15分、境川にかかる橋を渡ると公園の入り口が見えてきました。
「しんばやし公園」と読みます。



藤沢の代表的なお花「フジ」の拠点としても位置づけられている公園です。



奥には藤沢市指定の重要文化財でもある古民家と長屋門などがあります。



我が家近くの「舞岡公園」の農家の古民家と違い、こちらは名主様の建物ですから立派です。



「端午の節句」が近かったので、古民家の前に鯉登りが泳いでいました。絵になりますね

古民家の裏から登る全長1.5kmのハイキングコースです藤沢駅のすぐ近くに、緑豊かな自然公園があるとは驚きです

緑の林の中には珍しい野の花が沢山見られるようでした。



ワンゲルの先輩でブログ友でもある山小屋さんが名前を教えてくれましたが、メモしていなくて忘れた



眩しいばかりの新緑の林の中の歩きはとても気持ちが良い
時々視野が開けて、緑の中に山フジが咲いているのが見えました


目的のキンランが現れました「上に満開のキンランが見られるよ」とハイカーが教えてくれた

白い「ギンラン」はないのかしら?



36年前、私が今住んでいる横浜の郊外に家を建てた頃には
我が家近くの里山にも「キンラン&ギンラン」が見られましたが・・・
今ではすっかり姿を消しました。


(今回の4月23日に撮った画像です)

この自然公園の「クマガイソウ」の群落が首都圏では珍しいと聞いていて
1年前の4月8日の「江の島むかし道」歩きの際にも訪ねています。

今回はフジとキンランが見事でしたが、クマガイソウはそろそろ終わりでアップ画像はありません


(2021年4月8日撮影)

ちなみにこちらが1年前の前回撮った「クマガイソウ」です。


(2021年4月8日撮影)

クマガイソウの群落の先のベンチでランチタイムとなりました。
自然の中で仲間と一緒に食べるおにぎりはとても美味しい

食後「展望台」に登り、藤沢の街と丹沢の山々を眺めてから「藤沢駅」に戻りました。
午後からはバスに乗って「大庭城址公園」に向かいましたが、長くなりますので続きは次回に廻します。

コメント (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

我が家の春の花と、桜の「鎌倉鶴岡八幡宮」

2022年04月30日 | 鎌倉散策
「春に三日の晴れ間なし」と言われていますが、日々変化する空模様が続いています。
4月も最終週で、GWも始まりました。


(ご近所のツツジ・4月29日撮影)

今我が町内を歩くと、家々の庭や公園のツツジが満開です
我が家の庭にも赤と白の2本のツツジがありますが、日当たりが悪いのでイマイチお花の数が少ない

鎌倉のツツジが有名なお寺も、GW前半までが見頃と聞きました。

ソメイヨシノが終わって八重桜が咲きだす頃、我が家の庭の「ハナズオウ」も濃いピンクのお花が咲き始めます

我が家の庭の「ハナズオウ」(4月13日撮影)葉が出だしたので、枝を切って活けました

ハート形の葉が可愛いのです、畑の菜の花(小松菜)と庭の花ダイコンをそえました

3月のお彼岸の頃からGWまでは庭&菜園作業が大忙し
昨年秋から月・水・金と孫の愛犬「小太郎」を預かって以来、1時間強のお散歩で更に体力的にキツクくなり・・・

この2週間は小太郎が下痢をして、2時間おきのトイレ散歩で悲鳴を上げました
冷たい雨の日もお構いなしですから、私も膝をやられて更に風邪気味です

小太郎は今週に入って漸く元気になりました。ホッ


(4月18日撮影)

先週は夏日があったりで、家の中の鉢植え類(主にシンピジュームなど)25鉢を外に出しました。
腰に来ましたねぇ~

でも・・・
一冬、日当たりの良い和室の廊下に置いていた「ギンギアナム」がたわわにお花をつけていて
2階の南側のベランダで11月に植え付けたパンジーもまだまだ鑑賞に堪えられるので
北側の玄関前に置きました。



ギンギアナムは蘭の仲間です

同じ大きさの鉢に植えたピンクは、去年と同じように二階のベランダに置いていましたが
今年は雪の積もった後に枯れました、それだけ今年の冬は寒かったのでしょうね。

南側の庭の「トウハツアヤメ」が咲いた(4月18日撮影)咲き揃ったのは4月21日、その夜の雨でダメージ大です

毎年4月に咲く「トウハツアヤメ」、花弁が薄くて傷みやすいのが玉に傷
切り花にしても持ちが悪いのです


(4月25日撮影)

初夏の暑さだった23日(土)に「カラー」が咲き揃いました
こちらは切り花にしても良く持ちます

庭は夫任せでしたが、コロナ禍で私もガーデニングに目覚めました。
夫の遺影の前に飾るお花は私が咲かせたお花にしたいと思い、今年は借りている菜園にお花のタネを蒔きました。

果たして上手く「花咲かばぁ~さん」になれるでしょうか~


桜の鎌倉鶴岡八幡宮へ(4月5日)
桜前線は津軽海峡を渡って北海道に到達したようですね。
こちら横浜は1ヵ月前に大岡川の桜(3/31)と、ご近所仲間との食事会での際にイタチ川の桜(4/2)を
堪能しましたが・・・



イタチ川で満開の桜を見た後、雪混じりの冷たい雨が2日続き4月5日に漸く太陽が顔を出しました
私は突然桜吹雪の中を歩きたくなり、大きなカメラ持参で鎌倉の鶴岡八幡宮に行ってみました。



2の鳥居から桜並木が続く「参道の段葛」です。

1182年に源頼朝の妻政子の懐妊と安産への願いを込めて、鶴岡八幡宮から由比ガ浜にかけて頼朝が築いた
約500mの段葛は2016年に改修が終了し、350本の桜はまだ若木ですが・・・



寒さが続いてまだ葉もさして出ていない状態で、桜の花は散ってはいません。
風もない日で、桜吹雪は見られませんでした。

頼朝が考えた遠近法で、段葛は先に進むと道幅が狭くなる最後の1の鳥居の交差点手前は特に幅が狭くて混雑していた

私も信号を渡り1の鳥居をくぐって、鶴岡八幡宮の境内に入りました。



右に源氏池、左に平家池を見ながら橋を渡ると、正面に舞殿と階段の上の本殿が並んで見えてきます。



私は左手の平家池の方に進みました。



平家池の北側に建つ「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」です。

2022年の3月1日から、ここでNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の放送に合わせて
大河ドラマの世界観が楽しめる「大河ドラマ館」が開催中

私のこの日の目的のもう一つは、ここと「国宝館」を観ることでもありました。



ドラマ館に入館するには前もっての時間指定の予約が必要ですが、私が行った正午過ぎには空きがあり
予約無しでも入館できました詳しくは公式ホームページをご覧ください。

入場料は1000円ですが、ドラマ館でもらうパンフレットを見せれば
国宝館と歴史文化交流館の入場が一回分だけ無料になるようでした。



撮影で使った衣装や小物類などの実物展示や映像展示、そしてパネルが主ですが
セットで烏帽子をかぶっての写真撮影もできました。

これで1000円は高いかなとも思いましたが、他の2館が無料になるので納得です。

この日は国宝館も文化交流館も展示替えの休館で残念でしたが、、、
パンフレットでの無料入場は来年の3月31日まで可能なので、忘れずに保管ですね。



出口で小栗旬が演じる「北条義時」と、大泉洋演じる「源頼朝」の無料ポストカードが
どちらか1枚選べました。

私は洋ちゃんフアンの新潟の友人に送ろうとこちらをもらってきましたわ。



ドラマ館の外の南側の回廊に出てみると、入館前に眺めた平家池の反対側からの風景が広がっていて
思わず歓声を上げ、しばし立ち尽くしてカメラのシャーッターを押し続けました



政子が考案した西側にある平家池には島が4つ、東側にある源氏池には島が3つとか・・・
おのずと日の出の源氏が勝ち、日没の平家は滅びるという願いが込められている「源平池」なのだそうです。



小一時間のドラマ館見学を終えて、参道の正面に建つ「舞殿」に進みました。
義経の愛妾「静御前」がここで舞ったと伝えられています。

ドラマもいよいよ佳境に入り、先週は義経が勝利を収める源平合戦の一の谷の攻防が描かれて
次の第17話には「静御前」も登場のようで楽しみです。

それにしても今回のドラマの脚本家、三谷幸喜さんが描く義経は小賢しくてサイコパス



この日は舞殿で結婚式がとり行われていました

真冬と真夏を除けば仏滅以外、5割近い確率でこの風景に出会えます。
それ程人気の高い鶴岡八幡宮での和式の結婚式ですね。



北側に廻って階段を登ると「本殿」です。

私は数日前、3月12日のワンゲル「鎌倉88カ所お寺参り」の際にここに寄りお参りしたので
今回は寄らずに来た道を戻りました。

帰路は小町通りを歩きましたが、春休み期間中で多くの若者で賑わっていました。
3年ぶりのコロナ規制のないこのGWも各地の行楽地は人出が多いとニュースで見ました。

その後のコロナ感染者の数が気になる所です。
サンデー毎日の私は菜園&庭仕事に勤しむ事にいたしましょう

マタマタ更新が2週間以上空いてお恥ずかしい限り
長い記事を読んで下さった方には御礼申し上げます
コメント (17)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

庭の山野草と桜満開の中での「食事会」

2022年04月12日 | 花シリーズ
この3~4日、初夏の陽気が続いています
一週間前の日・月は冷たい雨が降り続き、1日中ガスストーブを点けっぱなしでしたのに・・・
春のお天気は気まぐれですね。

「我が家の庭の山野草」

カタクリ(2022年4月6日撮影)

花冷えがあって、今年の桜は10日間以上楽めました。
桜の追いかけでバタバタしていましたが、気が付けば我が家の庭に「黄色のカタクリ」が咲き出していました。


カタクリとハナニラ(2022年4月6日撮影)

昨年の秋に、宅配で球根を購入し植えたカタクリが早速咲きました
それも前回紹介した「城山カタクリの里」ではまだ咲いていなかった黄色とは

思い出のカナディアンロッキーに咲いていた「グレーシャーリリー」(氷河のユリ)と違って
園芸種の黄色いカタクリですが・・・
この所の暑さでそろそろ見頃も過ぎました。


二輪草(2022年3月24日撮影)

今年の「二輪草」は去年より少し遅れて3月20日過ぎに咲き出しました。

36年前に家を建てた時、家具やカーテンなどを頼んだ夫の幼馴染のインテリアデザイナーから頂いた
たくさんの鉢植えの中にあった「二輪草」です。


二輪草(2022年4月11日撮影)

この36年で倍の大きさの群落になって、今でも元気に咲いています。


姫リュキンカ(2022年3月24日撮影)

夫がお客様から頂いた「姫リュウキンカ」を小さな植木鉢で育てていましたが
私は2年前に、二輪草の横に地植えしました。

こちらは僅か2年で倍以上に増えましたが、本格的な春になり黄色いお花は終わりました。


25年以上前に山仲間から貰った「姫フウロ」タネを蒔いた覚えもないのに毎年咲き出す「花ダイコン」

花ダイコンとハナニラは野草と呼ぶべきでしょうか?

ご近所仲間と遅まきながらの「新年会」(4月2日)
2月中旬、同じ日に3回目のワクチン接種を済ませたご近所仲間の我ら5人

「今が一番コロナに対しての免疫抗体が多い時、これから徐々に下がっていくし、第7波もあり得るから
2年半ぶりの遅まきながらの新年会をするのは今しかない」と、急きょ決めた食事会



好天に恵まれた桜満開の土曜日に、仲間のK子さん行きつけの
お隣の街の小さな洋食屋さんでランチを楽しみました。



一駅大船寄りのJR駅前にあるお花屋さんが経営するお店です。
K子さんご夫婦は毎週テニス帰りにここに寄るそうで「我が家のダイニング代わりのお店よ」と言う。



メニューはK子さんに任せました。チーズの盛り合わせに赤ワインで乾杯です



メーンディッシュはスープとサラダ付きのハンバーグセットで、私含めて3人は大根おろしのポン酢かけ
他の2人はデミグラスソース味です



テーブルの真ん中にはコロナ対策のアクリル板、その上換気をとるためお店のドァーは開けてあり
少々落ち着かなかったけど・・・

普段は個食の私、この日は12時半から3時までゆっくりと楽しい食事を味わう事ができました



デザートにショコラケーキとコーヒーも加えましたよ。

食後は桜咲く「イタチ川」を散策


このお隣の区の駅前はマンション群が並びます。そして今でも沢山の高層マンションが建設中
その中を流れる「イタチ川」の満開の桜を愉しみながら鎌倉街道方面に歩いて行きました。



芽吹きだした萌黄色の木々も美しい

「イタチ川」は円海山地域の森を水源として、栄区内を東西に流れ柏尾川に合流する
総延長約9KMの2級河川です。

私は数年前の初秋、写真仲間のSさんと上流の山手学院からここまで歩いたことがありました。



36~37年前の同じ頃に家を建てたご近所同士の私たち5人、今では皆70歳代の高齢者となりましたね。
一緒に8回も海外旅行に行った仲です

一番右側を歩くプリンさんは昨年秋に、原因不明の病に倒れ5キロ痩せたと・・・
お互いこれからも助け合っていきましょうね。

川岸に降りる階段が見えてきて、子供たちの姿も水は案外綺麗で、鯉とカモの姿がありました

私たちも階段を降りて水面に立ってみました。

子供たちは食パンをちぎって鯉にあげていて・・・
競って食べる鯉の口の大きさに、私たちも子供たちと一緒に驚きの喚声を上げましたよ



このプロムナードにも赤い「横浜緋桜」が咲いていました

私たちは日頃車やバスの中から目にしていた、鎌倉街道沿いに建つ大型の「リサイクル店」まで行き
店内を偵察してから戻り、バスで16時半過ぎに帰宅しました。

女性は美味しい食事を気の合った仲間と楽しくお喋りしながら頂くのが
一番のストレス解消になります。
コロナ禍ではそれが一番難しい


普段は5時間の睡眠時間の私、夜中に2度も目覚めますが
この日の夜は久しぶりに一度も目覚めることなく、グッスリと7時間の睡眠がとれました






コメント (17)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

我が家近辺の満開の桜と「城山カタクリの里」の山野草

2022年03月31日 | 花シリーズ
この2~3日、漸く陽が照り暖かくなってきて我が家周辺も桜が満開です
お彼岸のさ中の先週は雪交じりの雨が降ったりで、体が着いていかずに体調は最悪でした。

弘明寺・大岡川の桜(3月31日)


「春に三日の晴れ間なし」と言われる天候で気温差が激しく、自律神経が乱れて
PCに向かう気になりませんでした

マタマタブログの更新が遅れて、お恥ずかしい限りです




でも桜に惹かれて大きなカメラ抱えて、買い物がてらバス1本で行ける近場の桜の名所
弘明寺の大岡川まで行ってきました。

今日の天気予報は午前中、午後から、夕方にはマーク
「晴れている内に」と、朝9時半に家を出ましたよ。

まさに桜は満開、チラホラ散りだしている木もあったりで、、、
夜の雨で翌日は花筏が見られそうです



写真仲間やご近所仲間、そして夫とも何度か来ている「弘明寺の大岡川の桜」ですが、、、
以前には見られなかった「横浜桜」にも出会えて嬉しい限り
1万歩近く歩いて汗をかき、だいぶ元気になりました。

「城山・カタクリの里」の山野草(3月26日)
2月はコロナ感染者が増えて中止だったワンゲルも、3月には再開されて
春一番の吹いた3月5日は「高輪台歩き」、快晴に恵まれた3月12日には「鎌倉八十八カ所お寺巡り」の
フィニッシュに参加した私、、、

3月26日の「城山カタクリの里~城山湖~草戸山~高尾」のコース参加は大いに悩みました



当日は春の嵐が通り過ぎるとの予報が前日から出て、TVでは何度も注意喚起がなされ
リーダーも実行するかどうかを前日の午後まで保留としていました。

第一「カタクリ」はお日様が出ないと花びらが反ってくれないのだ
体調も最悪な私、参加を申し込んだものの最後まで決心がつかずにいました


薄日が差してきて花びらが反りかえってきました大変珍しい白いカタクリ(1万本に一本!?)も健在でした

カタクリはまだ3分咲位でしたが、閉じてなくて嬉しい限り・・・
私の大好きな「雪割草」(オオミスミソウ)も沢山見られて満足です



前日、リラクゼーションコーナーで若いお姉さんに1時間の手揉みをしてもらったら体も楽になり
久しぶりにぐっすり眠れたので、思い切って参加して大正解でした


珍しい八重咲きの雪割草、でも私は一重の方が断然好きです自然の中に咲く新潟の雪割草は白が正統派だとか

2013年の春に古い山仲間のYさんと、一泊のツアー登山に参加して新潟県の「弥彦山と角田山」のカタクリと
雪割草を見に行ったくらいに大好きなお花です

薄いピンクの可憐な感じの雪割草が素敵です「黄色い雪割草?」、でも葉が我が家の黄色の「節分草」と同じです

雪割草はまだまだ沢山の色のお花が咲いていましたが、時間が足りず全部の撮影は難しかったです



こちらは白いキクザキイチゲ

薄い青紫のアズマイチゲは葉の形も違いますショウジョウバカマもピンクの他に白もありました

このカタクリの里に最初に来たのは今から25~26年前だったような・・・?
「相模原の農家の裏山に自生するカタクリの花を一般公開している」というローカルニュースが報じられた時
仕事仲間と来た覚えがあります。まだまだ駐車場もなくて無料でした。

以前来た時に咲いていた花々
その後、高尾にある夫の実家のお墓参りの帰路、夫と車で寄ったり、、、
山仲間のYさんと二人で、今回と同じコースをハイキングした際に寄ったりと、、、
来る度に山野草が増えて行き、施設も充実していきましたね。


(2016年3月26日撮影)

直近で来たのは6年前の奇しくも同じ3月26日でした。
写真仲間と三人で大きな一眼レフカメラでの撮影会、時間もたっぷりとって
画像も鮮明に撮れていますこちらでご覧ください

今回はハイキングがメインのワンゲル会員14名で寄ったので、与えられた時間は僅か50分
駆け足で、軽くて小さな古いコンデジで撮りました

6年前のあの日は城山湖から津久井湖へのハイキングも楽しみましたね。
以前より雪割草は増えた感じですが、今回ここで紹介したお花はUPしなかった「日影ツツジ」も含めて
全部前回も咲いていました。


(2016年3月26日撮影)
今回見られなかった?又は見逃した?「オオ岩ウチワ」が見事でした。


(2016年3月26日撮影)

こちらは「イワナシ」。今年はやはりお花が遅いようですね。



(2008年4月初旬の桜満開の日に撮影)

それ以前に来たのは2008年の4月初旬でした。
古い山仲間のYさんと今回と同じカタクリの里から城山湖~草戸山~高尾と歩きました。

あの時見た「黄色いカタクリ」を目指して、今回もワンゲル仲間と園内の地図を片手に
目指しましたが、残念ながら葉だけが出ていてお花はまだ咲いていませんでした。

今回ここで初めて見たお花(2022年3月26日)

(2022年3月26日撮影)

過去2回見てなくて(見逃した?)今回初めてここで出会った珍しいお花は「越のコバイモ」です。
2013年に歩いた新潟県の「弥彦山」で咲いていて、ガイドさんが熱心に説明してくれた時を思い出しました。
本場の「越のコバイモ」の画像はこちらです。



色鮮やかな「ホウキ桃」など、「城山カタクリの里」のお花が賑わいを見せるのはこれからです。

広い駐車場もありますし、横浜線・京王線の「橋本駅」からバスも出ていてます。
城山湖周辺のハイキングも桜の季節はお勧めですよ。

このブログの編集は昨夜終了したのですが、直しを入れる前にダウンして4月1日にアップ。
予報通り冷たい雨の朝を迎え、昼頃から晴れだしましたが北風の吹く寒い新年度の始まりとなりました。
マタマタ肩こりに悩まされている私です


コメント (12)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

次々と春のお花が咲き出して、ワンゲルも再開です

2022年03月20日 | 花シリーズ
ご無沙汰しました、3週間ぶりの更新です
コロナワクチン接種後の2週間は何をする気にもなれずにいました。

それでも「季節」は進み、2月下旬は畑の玉ネギなどの作物や庭木のバラなどに
追肥を与えねばなりませんので、怠けてばかりも居られなくなりました


(3月17日・撮影)

毎年2月下旬から3月は「頭がクラクラ・肩こり酷くて思考力ゼロ」、自律神経の乱れに悩まされる私ですが

体操教室参加の帰路に咲いていた黄色の「ミモザ」を見て、少しシャキッとしました

3/17は暖かい春の日差しで、シモクレンも咲き出していました翌3/18は冬に逆戻り、タワワに咲いたハクモクレンも寒そう

この冬は週に一度のストレッチ体操参加と、月・水・金と朝8時30分に孫娘に連れられてやって来る
犬の「小太郎」との、日中1時間強(5500歩)の散歩が唯一の活動の日々でしたが、、、

3月に入ってからは小太郎が来ない日は朝6時半からのラジオ体操にも出向き、春のお花を撮る日々に戻りました。

家に居て、TVで流れるロシアのウクライナ侵攻で被災する民間人の悲惨さに胸をえぐられ
更に東日本大震災を彷彿させる地震に不安となり、春のお花に癒しを求めています。


撮れたてホヤホヤの「アンズの花」(3月20日撮影)


ご近所仲間のFさん宅に手作り野菜を届けた時、玄関に活けてあった「アンズの花」
頂き物だそうですが、春満載の香りが漂っていて・・・
我が住宅地の富士山撮影スポット近くのお宅に「アンズの木」がある事を思い出しました。



今朝、ラジオ体操仲間でもあるそこのご主人に「我が家の杏の花が満開になったから見においで」と誘われ
ポシェットに入れていた古い小さなコンデジで撮影してきました。

幹は桜によく似ています。ただハイキング途中でこのお花に出会っても多分私は「アンズ」とは分からない

3月4日でワクチン接種後2週間が過ぎました。
2月はコロナ感染者が爆発的に増えて中止となっていた「コーラス」と「ワンゲル」も始まりました。


我が家の庭に咲き出した早春の花々

(3月4日撮影)

我が家の庭も次々に早春の花々が咲き出しました。
今年の冬は寒かったせいか?、
例年なら1月下旬から咲き出す「梅」も遅れて、3月4日に漸く満開となりましたね。


(3月6日撮影)

「マンサク」も通常なら2月下旬から咲き出しますが、今年お花を見つけたのは3月入ってからでした。

コロナ禍の一昨年から広げた我が家の庭の花壇も、秋に植えた球根が芽を出しつつあり
毎日眺めて草取りして1日が過ぎます。

この春、花壇で一番最初に咲いたのはクロッカス(3/13撮影)ご近所仲間のK子さんとシェアーした球根です

5個植えたのに芽が出たのは3株でした。

一昨年の秋に宅配で購入した園芸種の「セツブンソウ」
昨年は7~8株咲いた記憶がありますが、今年は2株のみ

自然の中に咲いているセツブンソウは雑木林の中西陽の当たる花壇は条件が悪いのかもしれない(3/13撮影)

咲き終わったら、二輪草やリュウキンカの隣に移動の予定です。

お彼岸の頃にはトウ立ちして花が咲いてしまう冬物野菜2月から慌てて収穫し、あちこちに配っている

そのあとは畑に石灰を蒔いて土を中和し、1週間後に牛糞と配合肥料をすき込みます。
ラジオ体操&散歩後の朝の畑作業のルーティンも始まりました。

ワンゲル再開・「高輪台」散策で見た梅(3月5日)
今年の「春一番」が吹いた日に、ワンゲル仲間と忠臣蔵の歴史が残る「高輪台」を歩きました。
高層ビルのそびえる風景の中でのお寺や公園巡りが新鮮



どこも満開の梅が楽しめましたが、特に休憩した「三田台公園」の梅が印象的でした。
ここはお隣の「亀塚公園」と同様に「華頂宮邸」の旧庭園の一部だそうです。

この日は突然19度の暖かさとなり、ライトダウンの上着を脱いで歩きました



今回のコースは
都営浅草線「高輪台駅」~味の素研修センター・見学~高野山東京別院~承教寺~大石良雄自刃の跡~
仙洞仮御所~三田台公園~亀塚公園~蟻鱒鳶ル~田町駅~新芝橋~高輪橋架道橋~泉岳寺

3時間、およそ2万歩で楽しみました。
いずれ「忠臣蔵・討ち入り」の模様を紐解きたいと思います。

ワンゲル「鎌倉88ヵ所お寺巡り」最終章(3月12日)
2020年1月から始まった「鎌倉お寺巡り」はコロナ騒ぎがなかったら9コース、1年で終わる予定でしたが
緊急事態宣言やマンボウが出るたびに延期となり、2年3カ月かけて漸く全コース歩きました。



晴天に恵まれたこの日、最初に訪ねた鎌倉五山第一位「建長寺」本殿前の濃いピンクの「おかめ桜」に
目を奪われました(建長寺に直接電話して桜の名前を聞きました)



建長寺は流石1位だけあって広い、自由時間1時間半が与えられました。
ワンゲルですから皆一番奥の「天園ハイキングコース」に通じる「半増坊」まで目指します。

その途中で咲いていた「河津桜」も満開でした



1週間前に東京高輪でも満喫した梅もまだまだ頑張っていましたが、、、
この日は20度を超えた暖かさで、長い階段に汗をかきました。



こちらも梅の仲間でしょうか?

建長寺を満喫した後、鶴岡八幡宮方面に進みます。
最終回の今回のコースは
北鎌倉駅集合~建長寺~円応寺~来迎寺~宝戒寺~妙隆寺~大覚寺~常栄寺~妙本寺~教恩寺

プラス「源頼朝の墓」と「法華堂跡」を、3時間22500歩を巡りフィニッシュでした。
全行程参加し、私は鎌倉のお寺91ヵ所を巡りましたよ。

北条家ゆかりの「宝戒寺」は紅白の梅とピンクのしだれ梅が楽しめて葉が茂った最後の「福寿草」も頑張っていました




源頼朝の乳母をしていた「比企家」のお墓がある「妙本寺」の前に咲いていた赤い「緋寒桜」です

リーダーの最後の挨拶で「鎌倉にある殆どのお寺を訪ねたことは誇りに思って下さい」と言われて満足満足
私は皆勤賞だものね、ただ今は頭の中でゴチャゴチャ状態・・・

おりしもNHK大河ドラマで今年は「鎌倉殿の13人」をやっています。
今月に入って菅田将暉さん演じる「義経」も登場して、更に面白くなってきました。

ドラマとコラボして、私が訪ねたお寺をもう一度復習していきたいと思っています。

コメント (16)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする