風のたより

つれづれに

                       ~~~  春の日の公園で  ~~~

2017-03-22 | 孫娘たちの成長



二人の孫娘の住む名古屋へ。

二人とも可愛い自転車を買ってもらい坂道を押し上げて公園までやってきました。
上の孫娘のRちゃんは、補助輪を外しお父さんに手伝ってもらい練習中~~~

飽きたら、ぐるぐる回る地球儀を回して~~~

風の中でも子供たちは皆元気です。





連休三日目目は暖かな日になりました。

皆で東海市にある大池公園へ~~~

ここにはたくさんの遊具と小動物がいます。
クジャクが綺麗な羽を広げて自慢げにお披露目です。

この日は暖かかったせいか、たくさんの家族連れでいっぱいでした。

昨日はあいにくの雨の日でしたが、Rちゃんの幼稚園の卒園式でした。
お友達ともお別れ、、、涙の雨だったのかもしれません。

そして、、、4月にはピカピカの一年生になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                   ~~~ 花言葉 ・・・ 「必ず来る幸福」 ~~~

2017-03-16 | 季節の草花



数日ぶりに暖かな春の陽がたっぷりと降り注いでいます。

この時期は三寒四温、暖かかったり急に寒くなったりと定まりませんが
やっぱり明るい日射しはうれしいですね。

お隣との境の裏庭に黄色い花がいっぱい咲き出しました。





明るい日射しに、ますます黄色の色が輝きます。

お隣さんが植えてくださったお花ですが、ありがたいことにどんどんと
我が家の庭にも伸びてきてくれ、居ながらにして綺麗な花を愛でています。





お花の名前を知りたくてネットで調べていたらリュウキンカと分かりました。

リュウキンカは立金花とも書き、キンポウゲ科のお花だそうです。





そしてその花言葉はというと、、、、、なんと「必ず来る幸福」!!!

花言葉を知って、ますますうれしくなりました。





日本では、本州、九州に分布し、アジアでは朝鮮にも分布しているようです。

また水辺や湿地などに生育し、ミズバショウの群生地でも見られるお花のようで、
流れに沿って群生する黄金色の花のようすから「流金花」とも書くようです。





裏庭の片隅には、植えた覚えのないこんな水仙も咲きだしていました。

これもきっとお隣さんからの贈り物でしょう。

思いがけずのお花のプレゼントを頂いたような嬉しい気分です。





我が家の庭に咲きだしたクリスマスローズの花。

下を向いて咲くのでお花は見づらいものですが、今朝はやっと、、、、





玄関を飾っている白いお気に入りのシンピジュームはもう三カ月も咲き続けています。

今朝は久しぶりに外へ出してたっぷりのお水をあげました。

桜の花が咲く頃まで、まだ少し咲き続けてくれることでしょう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                     ~~~  小さなチェンバロコンサート  ~~~

2017-03-13 | 日常の記録



一昨日お友達のお誘いを受けチェンバロの演奏を聴く機会がありました。

ピアノの演奏は何度となく聞くことはありましたが、チェンバロの生演奏は初めてでした。





この日チェンバロを演奏された方は、東京芸大を出られた後ノルウェー国立大も卒業された方で
現在は岐阜県の加子母に在住の音楽家の方でした。

またこのチェンバロはご自分で作られたものとか。





演奏後近くで実際のチェンバロを見せていただきました。

チェンバロの音色は、まるで中世の宮廷音楽やバロック音楽を聴くように優雅な音色です。
この日の演奏ではありませんが、チェンバロの音色はというと、、、チェンバロの音色

チェンバロは今から5~600年前に生まれた撥弦楽器(はつげんがっき)といわれるもので、
バロック時代(1600~1750年)の全盛期によく宮廷音楽として演奏されていたそうですが
その後18世紀末になると、ピアノの発明により次第に薄れていったということです。

チェンバロはドイツ語で、英語ではハープシコードといわれるものと初めて知りました。





このチェンバロは子供用に作られたものだそうです。
どちらのチェンバロにも製作者の方が描いたという可愛い絵が付けられていました。

またチェンバロのほかにもオカリナの制作と演奏もされる方で、オカリナの音色も初めてで
優雅なひと時を過ごさせていただきました


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                    ~~~   あの日から早6年  ~~~

2017-03-10 | 季節の草花



明日は3月11日、東日本大震災から早6年の月日が経ちました。

今でもまだ仮設住宅で過ごされている方々がたくさんおられ、その仮設住宅でそだった
小さいお子さんもいることに心が痛みます。

そしてまだ行方の分からない方々が2500人以上もいることを思うと言葉もありません。


そんな寒い日が続く中でも、季節の花は時期が来ると綺麗に咲き揃い心を癒してくれます。





白い梅は清楚に~~~





八重の桃色の梅は華やかに~~~





つぼみもいっぱいついています。
次々に咲きだすことでしょう。





梅の花々の間を巡りながら、一日も早い復興を祈らずにはおれません。





我が家の庭の片隅のジンチョウゲのつぼみも、やっと少し膨らんで来ました。





大きな鉢に植えた濃い色のクリスマスローズの花も、一気に咲きだしました。





いつものモモスケ君はというと、、、、

先日高知から送られてきた大きな文旦が入っていた段ボールの中で日向ぼっこです。


暖かい春の日までもう一息です。
これからも決してあの大災害を忘れることなく、心して生活しなければと思います。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

                    ~~~  春の足音・・・  ~~~

2017-03-05 | 



いつしか弥生三月にはいりました。

庭のクリスマスローズの花も春の光を受けて咲きだしました。





寒い朝でも薬を飲んだ後はお外に出たがっていたモモスケ君にとって
暖かい朝の光はうれしいもの、そしてやっぱりお庭のパトロールは欠かせません。

あれ?これは何だろう??





大好きなベンチで、グーンと思いっきり大きな伸びをして、朝の光を浴び~~~





次にベンチで、、、、ガリガリガリと爪とぎです。





ごろんごろんしながら、、、、”やっぱりお外はいいな!!”





その後は、お花と一緒に日向ぼっこです。





お雛様の日も過ぎたので、昨日はさっそく平飾りの片づけをしました。

午後からの暖かい日差しの中で片づけをしていると、のこのこやってきたモモスケ君
雛道具を入れる段ボールの中に入り大あくび!!





そのうち、すやすやとお昼寝が始まりました。

”あら、モモスケ君、そこに入られるとおばさん片づけ出来ないんだけど???”





”はーい、お外へ出てちょうだい”

眠たいのを起こされたので、後ろを向いてちょっと不機嫌そうです。






”はーい、モモスケ君こっち向いて!、来年まで会えないお雛様と記念写真撮ろうね!!”

これからは、一日ごとに春の足音が近づいてくるようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加