戸惑い八景

見たり聞いたりしたモノを独自に味つけしました。

メリケン狙撃手

2015年09月30日 | 想うこと

『アメリカン・スナイパー』を、ビデオで観ました。

イーストウッドですから、達観しているというか、ある意味、残酷なまでにお互いの事情をリアルに描いた感じがありました。

なんとも作品を見終わった印象が中途半端になってもいます。

例えば・・・

連邦軍のエースパイロットである、救世主と崇め奉られてもおかしくない、アムロ・レイが、ジオンサイドからすれば、『白い悪魔』であるように、描かれるでしょう。

であるにしても、動機が単純すぎて、それゆえ熱狂的な情熱に変わりやすいでしょうが、私なんかは、イラク側に同情してしまいます。

教育のせいでもありますが。

エンディングロールの映像は、その単純さに迎合しているようで、それも意図しているのかもしれませんが、複雑な気持ちを起こさせます。

さすが、『許されざる者』を、出演しながら撮った監督でもあります。

紆余曲折の末、これは、スピルバーグが、『プライベート・ベンジャミン』を撮ったのと同じ臭いがしますが、到達した域なのでしょう。

戦争には正義も悪もない、あるのは虐殺だけ。

破壊だけ。

人間性の喪失だけ。

そもそも人間性さえ疑わしい、と。

それゆえ美しい・・・

世界が崩壊していくさまを傍観するような怖さもあります。

 

コメント

月光を浴びて

2015年09月29日 | 想うこと

昨夜は”スーパームーン”だったそうです。

日本の反対側では、皆既月食が見られたそうで、大きな赤い満月になったとか。

高山から見た月は、真っ白で明るい月でした。

望遠鏡で覗くと、眩しすぎて目がおかしくなるくらいでした。

一昨日の夜は、物干し台に上り”お月見”をしたのですが、お酒と満月を堪能することができました。

おもえば昨年は、向かいの屋根に上った、うちの飼い猫”パリ”らしき影に気をとられてしまい、まともに月を拝むことができませんでした。

今年は、雲も少なく、十分に月を拝みました。

よって、ツキがついてくれば、などと、調子の良いことを願っております。

それにしても月の光というのは、けっこうな明るさをもったもので、つまみの袋の注意書きなども読めてしまいます。

ただし、色がないわけですので、肝心のつまみが美味しく見えない、というところもありました。

月の光に照らされた世界は、淡い白と黒のグラデーションになり、神秘的でもあります。

ということを思ってしまえるというのも、普段、月の光だけの夜など過ごすことがないからです。

色がない・・・そういえば、吸血鬼から見た人の血は、黒い色だそうです。

 

コメント

家族にーなろーおよー

2015年09月28日 | 想うこと

でしょう。

今日の話題は。

今夜は、飲み屋で、この話題でちょっとだけ盛り上がるはずです。

泣いている方も、多いでしょう。

私もファンでした。

いや、ファンですが。

といって、当然ながら、結婚されても悲しくないです。

ただ、意外でした。

福山雅治さんは、織田裕二さんと結婚するんだとばかり思っていましたから。

て、冗談です!

冗談ですよ。

お相手は、吹越・・・ではなくって、吹石一恵さん、ですって。

お似合いなのかどうかわかりませんが、”スター”と演技派女優さんの結婚ですね。

おめでとうございます。

本当に、おめでとうございました。

 

 

コメント

二日酔い気味

2015年09月26日 | 想うこと

昨夜は久しぶりに飲み過ぎてしまいました。

最後、自分が精算したらしいのですが、覚えていません。

それでも楽しいお酒を飲むことができました。

ただし、終わり頃、やたらある方に絡んでいたようで、不快な思いをかけたかもしれません。

申し訳ありません、とこの場を借りて謝ります。

あまり覚えていないのですが・・・

楽しいお酒になったのは・・・

来年春に、演劇の公演をすることに決まりまして。

それも、新作オリジナル作品を発表しようとなりました。

何年ぶりになるでしょうか。

お芝居らしい、お芝居らしいというのは、観ていて楽しくて笑えて泣ける作品のことですが、それを目指して作っていこうと考えました。

ただし、今回の作品はちょっと趣が違っているかもしれませんが、目指すところは、そこです。

観ている方が、しみじみと観て良かったな、と思える作品をお見せしたいと思っています。

 

 

コメント

暗いし・・・

2015年09月24日 | 想うこと

最近のビックリとして・・・

といって、二週間ほど前になるかもしれませんが・・・

となると、すでに過去のことになるのでしょうが・・・

だから記せるのですが。

ベンジャミン・フルフォードがテレビのニュースに出ていたことです。

JRの架線に火を点けた容疑で男が逮捕されて、ミュージシャンだということですが、その隣人がかの人物で、まともに映って話をしていました。

パッと見て、すぐに分かりました。

市井の人のように映していましたが、容疑者よりも有名人でないですか。

奇妙な絵でした。

 

コメント

どいつだ~

2015年09月23日 | 想うこと

ドイツが大変なことになっていますな。

移民受け入れ問題から、VWの排出規制不正ソフト問題へと。

ねらい打ちですな。

日本の次はドイツということでしょうか。

何がしたいのでしょうか・・・。

ところで、日本では、ミュージックステーション10時間番組が流されています。

今日の昼から夜まで、総勢・・・、世界に誇れる日本の歌トップ・・・、等、盛り上げています。

タモリさんも風邪気味なのか、喉の調子がよくないようですが頑張っています。

観たいわけでもないですが、茶の間のテレビで映っていますので、眺めています。

何がしたいのでしょうか・・・。

もっとも、私的には、初めて、『初音ミキ』を観れましたので、満足しました。

思いのほか踊りにキレがあって、観られました。

よかったと思います。

そんなもんです。

連休が終わり、高山も落ち着いた感になりました。

おもえば、天気の良い日が続きました。

 

コメント

快晴である

2015年09月22日 | 想うこと

久しぶりでないですかね、今日は快晴でした。

多少雲があるにしても、ここまで晴れたのは久しぶりのような気がします。

気温も上昇して、30度ちかくまでいったと思います。

高山は、あいかわらず観光客で賑わっていまして、お昼時スイーツを買いにコンビニへ行ったのですが、食堂へ入れなかった観光客の方々で一杯でした。

息子の友達が、話題のお店、『センターフォー』へ、ランチを食べにいったそうです。

このお店、近年つとに有名になり、昨年度、日本に来た外国人に人気のお店ナンバー3に入りました。

息子曰く、「高校生の時に、いっておくべきだった」、であるように、なかなか地元の者は食べにいけません。

それで、その彼が、朝の8時にいって予約を入れ、昼過ぎ2時に食べたそうです。

3000円のランチを・・・

そのランチは、ハンバーガーセットなのですが・・・

ハンバーガーに飲み物等ついているのでしょうが、食べた後もお腹が空いていたそうです。

けっして批判することを書くつもりでなく、「美味しかった」、と満足そうにしていましたが・・・

ハンバーガーだけでも2600円するそうで、これは凄いことだな、と実感したわけです。

いったいお客さんは何にお金をかけるのかと・・・

満足度、ですかね・・・。

コメント (6)

とんでれら

2015年09月21日 | 想うこと

昼前ですが、城山から下りてきて、車に乗ってですが、城山保育園を過ぎたら、渋滞に巻き込まれてしまいました。

えび坂を中心に、東西南北、車が停まっているのです。

高山図書館のあたりに、市の駐車場が三カ所ありますから、そこへ入れるための車が並んでいるのです。

安川通りに直進しようとした私は後悔しました。

護国神社で右折するべきだったなと・・・。

そのかわり、東山方面からえび坂を下る車も渋滞しているため、城山から高山図書館の方へ、停まらずに行くことができたのです。

すると、駐車場の前にいた交通誘導員の方が、直進するようにと指示してくれました。

それにより、道の両側は駐車するために並んでいるのですが、その車の間を安川通りまですんなりと行くことができました。

ついていたのですが・・・

辺りを知らない方が読んでも、なんのことか分からないでしょうが、これほど混んでいたのは初めてです。

この連休の混みようは、すごすぎるという話です。

夜、娘が、『シンデレラ』を観ていたので、私も飲みながら食べながら、観てしまいました。

なかなかよかったです。

ケネス ブレナーですね、監督をしたのは。

こつを知っているというか・・・

リアルだけれど、ファンタジーである、というところが大事なのですね。

リアルでなければ、今時の観客はついてきてくれません。

ですが、大元はファンタジーじゃなければ、満足してもらえません。

そこらへんの舵取りが巧いわけです。

ところで、王子様は、『ゲーム オブ スローン』の北の王子様だったのですね。

悲劇の王子様ですが。

おどろきです。

というのも、映画『ポンペイ』の主役は、『ゲーム オブ スローン』、北の王子の腹違いの弟ですから。

同じ時期に、ドラマと同じような役で映画の主演級を演じていたということです。

それだけ、GOTがすごいドラマだということでしょう。

早く、第5章を観たくなりました。

 

コメント

どこもかしこも賑わっていて

2015年09月20日 | 想うこと

シルバーウィーク、5連休ですと。

Gwを超えてしまった感がありますが、私にはまったく関係ない話です。

ともいえないのは、高山の観光大通りは大にぎわいです。

上三の町にいたっては、観光の方々で埋まっていました。

それだけ高山は人気観光地なのだと誇り高かったのですが・・・

今日昼間、親戚の法事で、郡上八幡市へ行きました。

法事が終わり会食になったのですが、その会場が料理旅館で、昔の街道沿いにありました。

川沿いの細い通りにあるのですけれど、その通りの混んでいること。

起伏があり多少うねっている通りの両並びには、歴史的な建造物と真新しシャレタお店が並んでいて、新たな観光スポットとなっていました。

ただし、狭い通りに人が多いのですが、両方から車の通行ができ、混雑している感がありました。

素敵な通りですけれど・・・

それと、東海北陸道は相変わらずの混みようだったようですが、せせらぎ街道も数珠繋ぎのように車が走っていました。

特に休憩場所として、パスカル清見は、朝9時ころも夕方の4時ころも、駐車場は満車状態でした。

広いのに・・・

特に目立ったのはバイクでして、三桁は駐輪していたと思います。

たしかに、東海北陸道を走るよりせせらぎ街道の方が、ツーリングには良いだろうと思います。

無料ですし。

 

 

コメント

再臨

2015年09月19日 | 想うこと

ビデオで、『サン オブ ゴット』を観ました。

何十年前なら、『偉大な生涯の物語』でしょうか。

というのも、物語自体には新しい解釈とか奇をてらった演出などなく、王道で描くイエス様の物語でした。

ただし、描かれる大半は苦難の道からですけれど・・・。

私はキリスト者ではありませんが、新約の四つの福音書は何度か読んだことがあります。

物語としても面白いですし、というか、よくできた話で、それ以降の英雄伝説物語の原型になったともいえます。

そしてなにより、イエス様の言葉が美しい。

という点では、捕えられる前の描写が少なく、物足りない感は否めないです。

その代わりというか、政治的な解釈が現代的で、ユダヤ教の大司祭やピラトの苦悩もしっかり描かれていたと思います。

そして、復活してから、一人生き残ったヨハネにあらわれたイエス様が仰います。

ヨハネは、イエス様に一番かわいがられた弟子だといわれますが・・・

ダヴィンチコードでは、マリアになっていましたが・・・

近いうちに会える(現れる)、と仰いました。

キリスト者へのメッセージですか・・・

 

 

 

コメント