戸惑い八景

見たり聞いたりしたモノを独自に味つけしました。

まだ涼しい

2016年06月30日 | 想うこと

高山の街、落ち着いた感があります。

夏休み前ということでしょうか。

それでも、外国人と学習旅行の生徒さんたちは多いのですが、それらが目立つということは、団体観光客が現在は少ないのかも、ということです。

賑わっているときは、安川通りが人で埋まりますからね。

気候も、九州などは豪雨の被害が出ていますけれど、幸い、こちらは酷く降りません。

そのかわり、といったら申し訳ないかもしれませんが、涼しいです。

朝晩は冷えますし、日中も、暑いとは思われません。

コタツも外し、天蓋になっている居間のガラス戸も外したのですが、夜など、涼しすぎるほどです。

まさか、寒気の影響などではないでしょうけれど。

家が豪雨の影響で崩れ落ちていく映像が流されましたが、ずうっと降っているのですから、恐ろしいものです。

被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。

 

 

 

コメント

ハイキングと名のつく

2016年06月27日 | 想うこと

昨日は、町内のハイキングがありました。

といって、行くのは、信田なのですが。

しかも、BBQではなく、室内の宴会場で昼からどんちゃん騒ぎという、町内親睦会です。

午前中、一時間ほど、信田の小規模体育館で、『ペタング』を行い、昼から宴会です。

ビンゴあり、カラオケありの、飲み会ですね。

ということで、昨日は昼からお酒漬けでした。

年に一度の楽しい会ですので、というか、町内の人と話をするのが一年に一度というのもあって、楽しみにしています。

一昨日の夜は、四月にあった、『カラクリ屋台協演』の反省会がありまして、親睦会ですが、ヒダホテルへ行きました。

これも、普段接点のない、山王祭りの方々とお話ができて、とても有意義な会でした。

その夜、”ラ・フェニーチェ”の、11周年記念パーティーも開催されていまして、そちらの方へは行くことができませんでした。

申し訳ありませんでした。

楽しみにしていたのですが・・・

 

 

 

コメント

内戦・・・?

2016年06月25日 | 想うこと

イギリスEU離脱から一日経って・・・

色々な面白い動きがありますが・・・

ロンドン市がEU残留を求めているとか。

そのための署名活動が行われ、市長も政府に働きかけているそうです。

国家としては離脱したけれど、首都は残留するなどということが実現するのでしょうか。

往生際の悪い動きのようにも見えますが・・・

イギリスは分裂するのかもしれません。

何のための国民投票なのでしょう。

となるならば・・・

もし、日本で憲法改正の国民投票が行われ、僅差で改正することに決まったなら・・・

それをよしとしない都市は憲法改正を受け入れず、独立するということもあるのかな、と・・・

となると、それは内戦に発展するかも、と妄想が暴走したりして・・・

コメント

マジか・・・

2016年06月24日 | 想うこと

イギリスのEU離脱が確定したとのことです。

想定外ですか・・・?

鼠一匹ではなかったようですね。

鼠も大勢いれば、世の中が変わるということでしょうか。

さて日本ではこの結果を受けて、日経株価が1000円超下落しましたし、円も一時対ドル100円を切りました。

混沌としてきたのではないでしょうか。

どうなるのでしょう・・・?

それはそうと、今回の投票にあたっては、鉛筆でなくてボールペンで記すようにとさかんに宣伝されていたようです。

投票所にはボールペンがないので、持参するようにとも。

それを受けて、選挙管理委員会も、名称は違うかもしれませんが、ボールペンの記載を認めたとか。

本当の話なのでしょうか?

それは、不正が行われないようにするためですとか。

開票も手作業で行われたとか。

よくわからんはなしなのですが、開票作業に不正が行われているということなのでしょうか・・・

にわかには信じがたいはなしです。

コメント

大山鳴動して・・・

2016年06月24日 | 想うこと

お昼、日本のテレビで、イギリスの国民投票の途中経過がライブで流されています。

他国のことなのに、実況中継しているのです。

イギリスがEUから離脱するかと問う、国民投票です。

世界中に、金融・経済方面ですが、大きな影響を与えるため、注目されているということです。

今のところ、11:20ですが、離脱派が0.2%ほど有利になっています。

投票まで、さかんに、離脱するとポンドが暴落し、世界中の株価が下がると警告されていました。

しかも、一週間ほど前、残留派の議員が暗殺されるという事件が起き、流れは残留かと思われていました。

『大山鳴動して鼠一匹』、になるかと考えたのですが・・・

さて結果は・・・

一転、日本は、ワイドショーなどで、悲惨なニュース、話題を流しています。

参議院選挙に入っていますから、明らかに影響を与える報道になっています。

たぶん、共産党には追い風になっているでしょう。

さて結果は・・・

 

 

コメント

なぜに寒いの

2016年06月20日 | 想うこと

 

寒いんですけど。

真夏になりますけど。

全国的には、猛暑、酷暑の地域まであらわれているのに・・・

高山は寒いです。

朝が。

今朝は寒くて目が覚めました。

寝るときはとうぜん暑いですから、薄着で、毛布一枚かけて眠ります。

すると、朝方、飼い猫のパリが部屋を出入りするため、ドアは開いているのですが、そこから冷たい空気が入ってきていて、冷えてしまいます。

パリは、寒いため、私の足の間で丸くなります。

両足に挟まれ、毛布の上で、寝てしまうのです。

いたって快適のようです。

私は寒さで目覚め、パリがいるため寝返りもできず、毛布の端を肩が覆うまであげ横になっています。

気候がおかしくなっているのが、当たり前になっています。

前線が停滞し、南から暑い湿った空気が北上してくるのに、上空には寒気が南下してきています。

地方によっては、豪雨になるでしょう。

雷、竜巻、そして、雹が降ってきます。

流星が堕ちてきて、地震が頻発しています。

九州の次は北海道が揺れました。

明日は夏至なんですね・・・。

 

 

 

コメント

せこい・・・結果

2016年06月15日 | 想うこと

舛添劇場”は終了したみたいですね。

なんともみっともない姿をさらし続けた茶番も今日で終わったようです。

言い訳を重ね重ねて、最後は泣き落としにかかったそうですが、自滅したかたちです。

それにしても、前知事といい、なぜにこうも追い落とされるのでしょうか。

今回は、惨めったらしい実体があらわになり愛想を尽かされたわけですけれど、違法性よりも人間性が問われ、辞職に追い込まれた珍しいケースだと思います。

しかも行ったことが、せこい。

昔いた大物だったら、こうはならなかっただろうと・・・。

ということは、最初から辞職してもらわなければならない、という思惑があったのではと、勘繰ってしまいます。

何かを踏んだのか・・・

違う事件を隠すためのカモフラージュなのか・・・

毎度毎度の私の勝手な妄想です。

 

コメント

うめ~

2016年06月12日 | 想うこと

庭の梅の木に実がたくさんなりました。

今年は、ざっと見たところ、昨年に比べ倍近くなっています。

近年になく、とても多くなりました。

なぜか・・・

わかりませんが、昨年は実が小さい頃に、小鳥が来て、よくついばんでいました。

ひょっとすると、マイマイ蛾の影響もあったかもしれません。

梅の豊作です。

さっそく採りに屋根へ上ったのですが、まだ実が青く、若干小さいので、20コほど採っただけで終わりました。

娘が、梅酒を漬けたいと言うものですから、その分だけ採りました。

コメント

超マラソンか

2016年06月11日 | 想うこと

 

明日、ウルトラマラソンが行われるのですね。

朝の4時半くらいにスタートだとか。

アップダウンもありますし、過酷なレースです。

参加者は、全国から集まってきまして、3000人になったとか。

ボランティアの方々も大勢おられます。

夕方、駅裏のスーパーへ買い物へ行きましたら、明日走られるアスリートの方々も何名か買い物へ来られていました。

万全な体調でレースに臨んでいただきたいものです。

急に暑くなってきましたからね、高山も。

明日の天気は曇りのようで、それほど気温が上がらなければいいのですが。

 

 

 

 

コメント

リン、とする世界

2016年06月07日 | 想うこと

昨夜は、近所の和風喫茶店、『布久庵』で催された、”松本一哉さん” の打楽器演奏を聴きにいきました。

八畳の和室二部屋を開放した会場にて、20人限定のコンサートです。

回廊が開かれていて、そこから庭が見えます。

ほんのり明かりが灯されていて、落ち着いた佇まいでの、古式ゆかしい日本的な演奏会になりました。

打楽器といっても、仏壇にあるリンを慣らしたり、鉄製のお鉢を擦ったりしての、さほど大きな音が鳴らない、ものばかりでした。

ドラも使用されましたが、打ち鳴らすのでなく、ビックリボール? がついた棒を擦らせて、深い音を響かせていました。

地の底から響いてくるような音がしました。

楽器は、ほとんどお手製で、中には、小さな水きん窟もありまして、全部で30ほどあったでしょうか。

最初は、リンを長い間隔を開けて鳴らし、しだいにリズミカルになり、いくつも音を重ね、クライマックスは、ドラムソロが盛り上がったように鳴らし続け、最後にはまた静かにリンを慣らして、終わりました。

40分ほどの即興演奏でした。

独創的なパフォーマンスです。

聴いていて思ったのは、人は耳で聞くことに慣れてしまいすぎたのでは、ということでした。

ひょっとすると、音は、胸とか頭でも聴けるのでは、ということです。

耳で聞いているうちは、なかなか精神世界に入っていけない、と思ったのです。

演奏会で何を表現しているかと考えたのですが、もちろん、本人もはっきりしたことはわからないでしょう。

感じたままに表現なさったのだと思います。

それをあえて、その世界を言葉にすれば、たぶん、”宇宙の始まりから終わりまで” を顕したのではないかと。

そんな解釈を与えることは、大きなお世話だと思いますが、そう私には感じられました。

だからこそ、心で音を聴ければ、音で表現された世界が、視覚的にも立体的に感じられたような気がするのです。

なかなか、面白い40分間でした。

ただし、途中、15分くらい寝てしまいましたが。

それはけっして退屈したからではなく、自然と眠くなって、寝てしまったのです。

夢も見ました。

面白かったのは、隣に座っている妻が、音楽の解説をしているのです。

「あの楽器の中には、本来は、本物の”鼠”がはいっているのだが、今日は”拵えた鼠”をいれているのだ」

と、話しました、夢の中で。

夢の中でも、音楽を聴いているのです。

また、ドラが中華風の窓に見えて、そこに人の横顔が映っていました、夢の中では。

聴いているのに、寝てしまったということは、たぶん、マッサージを受けて寝てしまうのと同じなのだと思います。

心がマッサージを受けていたのでしょうか。

不思議なのは、他にも寝ている方が見えましたが、みんな男性でした。

女性で寝ている方はみえませんでした。

ちなみに料金は投げ銭せいでして、一人、1000円入れました。

とても不思議な演奏会でした。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント