蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

御殿山庭園  東京都品川区

2016-11-22 23:04:48 | 古民家、庭園
品川から大崎にかけての大規模開発が行われたのはいつかは判らない。おそらく、大きなホテルやマンションを建築する条件として都市公園を造ることが求められたのではないかと想像する。


この公園は、ホテルやマンションに隣接しているのだが、そこを考慮して公園の中の人影が極めて少ない。




品川という、新幹線が停車する副都心のような駅から歩いて15分。公園の園路を歩く内に、このような山深い佇まいになってしまったら、多くの人はそこで引き返しそうである。




都市の洗練とは関係のないヘビイデューティの靴を履いて、足元が確かならば、自然に近い苔の中の園路も楽しめる。


建築物は上の層と下に分かれ、下の層の前では、ライトのカウフマン邸を想わせる瀧が重々しい水音を奏でる。




苔庭の管理も申し分ない。






上の層では、下とは別の独特の瀧を中心とする流れ姿が披露されていた。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 久しぶりの蕎麦打ち | トップ | そば処 江川  小諸市 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2016-11-23 07:40:20
もともとは武家屋敷があった場所でしょうか。
それで公園も、
日本庭園風に造られているのではないでしょうか。
東京の公園は、
ちゃんとキレイに管理されていて、
羨ましいです。
Unknown (kikouchi)
2016-11-24 21:38:02
>j-garden-hirasatoさん
元は、徳川家の鷹狩の場所のようです。庭石を持ってくる特別な大名庭園は、パンフレットにも記載されていません。
おそらく、バブル時期の着眼点で、特別なモデルもなく一気に作られたのではないでしょうか。
入り口は分かりにくいですが、中ではパブリックな公園という趣旨をうたっていますので、ゆっくり植栽を味わうので、何も問題は無さそうです。

コメントを投稿

古民家、庭園」カテゴリの最新記事