まいど、日本機関紙出版です。

〒553-0006 大阪市福島区吉野3-2-35
 TEL06-6465-1254 FAX06-6465-1255 

本日出来!『愛蔵カラー版 山登りねこ、ミケ』! 

2021年03月27日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

最新刊の『愛蔵カラー版 山登りねこ、ミケ』が出来しました。みなさん、読んでね。

〇Amazonでも予約受付中です。

またこちらは先日テレビで放送されたミケと岡田さんファミリ―の物語。削除覚悟で掲載します(笑)

コメント

『山登りねこ、ミケ』が先日放送の「ワールド極限ミステリー」の最終話に登場しました。

2020年10月04日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野
『山登りねこ、ミケ』が昨夜放送の「ワールド極限ミステリー」の最終話に登場しました。本人映像と実話を元にしたドラマの組み合わにスタジオのコメンテーターたちも号泣。さっそく飼主・著者の岡田さんには電話やメール、SNSを通じて反響が殺到しているようです。
本も紹介され、Amazonカタログページは「ほしい物リスト」状態になり、ランキングは底辺から急浮上。10年前に出した本がこうして再び脚光を浴びるとは、実に嬉しいです😆
僅少ながら社内在庫はあるので、関心を持たれた方にはぜひ読んでください🙇‍♂️
 








 
コメント

『山登りねこ、ミケ』が再びテレビに登場です!

2020年09月28日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

『山登りねこ、ミケ』(岡田裕)が、再びテレビに登場します。

9月30日19時からのTBS「ワールド極限ミステリー」をぜひチェックしてください。
番組収録では、出演者の多くの方が号泣されたとか!
ぜひ本も読んでくだね!在庫僅少です。
 








 
コメント

「山登りねこ、ミケ」、NHKのもふもふモフモフに出演!

2018年01月15日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野
一昨日のNHK番組「もふもふモフモフ」の最後のコーナーに「山登りねこ、ミケ」が紹介されました。

俳優の堤真一さんの語りで、岡田さん夫妻と共に過ごした猫人生、そしてミケの歩みを引き継いだミューの山登り姿も上手く編集され放送されてました。

その影響ですね、一気にAmazonでの『山登りねこ、ミケ』が急浮上です。在庫もかなり減ってきてますので、未読の方はお急ぎください。





コメント

今夜NHK総合TV「もふもふモフモフ」に「山登りねこ、ミケ」が出演です!

2018年01月13日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野
小社から8年前に出版した『山登りねこ、ミケ』(岡田裕・著)のミケの懐かしい姿が、今夜のNHKテレビ「もふもふモフモフ」で見られます。

飼い主と一緒に山登りをするミケねこの姿が大勢の読者に共感を広げ、読者ハガキが殺到しました。未読の方はぜひお読みくださいませ。

今夜の8時15分から放送です。


コメント

猫の日~『山登りねこ、ミケ』再見!

2016年02月22日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

今日は2月22日ということで、猫の日なのだ。

小社にとって猫といえば、『山登りねこ、ミケ』のことだが、そのミケは飼い主の岡田裕ご夫妻の懸命の看護の中、2011年にガンで亡くなった。

そして今、岡田さん宅には、ミケの3代目、4代目となる猫たちが北アルプスの麓の自然を楽しみながら暮らしている。

ミケと血はつながっていないが3代目のミュー(三毛猫)も実は山登りが好きで、すでに幾つかの信州の山に登っている。

そのミューの子どもがナナ。

岡田さんのフェイスブックにはこの親子のほかにも何匹かの猫が登場していて、いったいどれだけいるの失念してしまったが、猫との暮らしが楽しく描かれているので興味ある方はぜひ訪ねてみてほしい。

http://u0u0.net/sdTz

ところで岡田さん、ぼちぼち2冊目にとりかかりましょうよ。


これが山登り好きのミュー


ミューが産んだナナ


ナナも大きくなり


こうして安曇野の自然の中で暮らしている


小社のベストセラー『山登りねこ、ミケ』

コメント

「山登りねこ、ミュー」が出産! 子育てに追われる岡田家事情・・・

2013年08月07日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

久しぶりに「山登りねこ、ミケ」関連の話題です。

第3世代のミューが岡田家にやってきたことはすでにご紹介しましたが、その後ミューはまさに「山登りねこ、ミュー」降臨という感じで、岡田さんご夫妻の山登りに一緒に参加するようになりました。

ところがしばらくしてミューの妊娠・出産という事態が生まれました! まだまだ子どもだと思っていたら、いつの間にやら…と、岡田さんもびっくりです。

普通なら数匹の子を産むそうですが、今回は1匹だけでした。これなら岡田家でも育てられるとのことで、いま、ミューの子育てまっさ中というのが信州安曇野穂高地区在所岡田山荘の夏真っ盛り風景のようです。

ところで話しはかわりますが、今週初め、どこでどのようなことがあったのかわからないのですが、このブログへのアクセスが急上昇、調べると「山登りねこ、ミケ」という言葉で検索されたものがほとんどで、Amazonサイトでもこの本が急浮上してきました。いくつかの書店からも急に注文が入ったりして、いったい何があったのか、ぶんか社のまんが版にも注文が突然入ってきたそうです。何があったのか、どこかで「山登りねこ、ミケ」のことが話題になったのはたしかのようですが…。

さて、そんなことを岡田さんとやり取りしながら、第2作目のイメージもだいぶ膨らんできました。第1作目以降、たくさんのエピソードやミューの山登りなど、本になるネタは充分にあるそうで、あとは執筆時間や体調との相談などです。まだ詳細は明らかにはできませんが、読者のみなさんにはぜひ、ご期待くださいね。

  本の表紙をクリックしてアマゾンへ

コメント

「山登りねこ、ミュー」と池田町の大楓、そして高照山登り。

2012年11月05日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

『山登りねこ、ミケ』の岡田裕さんからのお便りです。

「山登りねこ、ミュー」はすくすくと大きくなっているようです。

写真は先日の山登り写真。長野県池田町の大楓の紅葉と高照山登山のミューです。

いずれの写真も拡大してください。

コメント

被災者に「勇気と希望」~山登りねこ、ミケ

2012年10月22日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

『山登りねこ、ミケ』(岡田裕/著)の紹介記事が「長崎新聞」(2012.10.19)に掲載されました! ありがとうございます。主人公のミケは一昨年の秋に病気で亡くなりましたが、その後、岡田さんが新たに飼い始めた3匹の野良猫についても触れていただいています。

 クリックで拡大を

 同時に岡田さんからこの3匹のうちの一匹、乙女三毛猫・ミューの山登り報告が届きました。

 20日に北八ヶ岳の双子山に登ってきたそうです。生後3カ月のミューですが、リードなしですいすい登りました。山ガールさんたちが「かわいい!」と大騒ぎだったそうです。

   クリックで拡大を

コメント

今朝の安曇野はマイナス12℃。散歩する山登りねこ2代目の「のん&ふく」

2012年02月03日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

久しぶりの山登りねこ関係便りです。岡田裕さんからのん&ふくの散歩写真が送られてきました。

安曇野の今朝の気温はマイナス12℃! 

それでも元気に仲良く散歩する2匹です。

 河原の土手道を散歩するふく。ずっと後方にのん。

 何を見つめるか、のん。

コメント

「山登りねこ、ミケ」の一周忌でした

2011年11月17日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

 昨日、11月16日は「山登りねこ、ミケ」が天国に召されて一周忌の日でした。

 この日曜日、岡田裕さんは追悼登山ということでかつてミケも登った大町の鷹狩山に、今一緒に暮らしている2匹の猫のうちの1匹、「のん」を連れて登ったそうです。駐車場からトップに立ってぐいぐい登りましたが、頂上に着くと知らないおじさんやおばさんがいたので、慌ててきびすを返して元来た登山道を戻っていった「のん」です。

 「のん」とお母さんの岡田さよさん

 昨日は、ミケを偲んでお花が送られて来たり、たくさんの方からメールや電話があり、対応に追われた1日だったとのことです。

 それにしても、今なお根強く多くの猫好きの人たちに慕われているミケです。本を出したことで、本当に多くの人たちの心をつかんだのだと、改めて感じています。

 ミケのお墓参りをする「のん」と「ふく」

 

 

 

 

 

コメント

『山登りねこ、ミケ』の動画、ちょっとだけ公開します!

2011年09月10日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

 昨年発行した『山登りねこ、ミケ』(岡田裕/著)はとてもたくさんの全国の猫好き読者の方に読んでいただき小社のベストセラーの一角を占めていて、今も売れ続けている本です。

 さて、わが家にも1匹のオス猫がいます。次男がまだ保育園児だった頃にクラス仲間のお宅から譲り受けた猫ですから、飼い始めてもう15年以上になります。外には3回ぐらいしか出たことがない、時々窓の桟に上がって外を見つめているくらいで、外の世界をまったく知らない猫です。

 しかし、残念ながら私は彼に嫌われています。たぶん小さい頃に嫌がる彼を、何回もお風呂でゴシゴシ洗ってシャワーしたことがきっかけだと思います。それ以後、ご飯をねだる時以外は私には近づいてきません。しかし息子たちにはとても懐いていていつも一緒に寝たり、彼らが外から帰ってくると玄関で出迎えたりします。でも私が帰ってくるとどこかに逃げ隠れてしまうのです。

 まあ、わが家の猫にはそんな風な態度を取られているのですから、この本のミケのような猫に出会ったことは実に衝撃的でした。その衝撃が大きかったから本を作ろうと思ったのかも知れませんね。

 そして、猫の本を出して気付いたのですが、なんとまあ世の中には猫の本がたくさん出版されていることでしょう! そして猫を家族として、いや、それ以上の存在として飼っている人の実に多いことか! 出版の世界では完全に1つの定番商品のジャンルとして成り立っています。柳の下にドジョウが3匹どころの話ではありません。読者層は非常に厚いです。

 だからということでもありませんが、猫本第2弾をぜひ出したいと思ってるこのごろです。さてどんな本がいいでしょうかね。何か提案がありましたら教えてくださいませ。

コメント

『山登りねこ、ミケ』、第2世代へ!

2011年07月21日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

 昨年の秋に「山登りねこ、ミケ」が天国に旅立ち、ずいぶん時間が経ちました。その後、飼い主の岡田さんは、時にミケの思い出に触れては悲しみの思いを繰り返しながらも、前に進んでおられます。

 その前に進む源がこの写真の2匹の猫です。どうしてこんなにも深く岡田さんをの懐に猫たちは身を委ねるのでしょうか。不思議でならないのです…。

 すでに初めての山登りを体験した2匹の猫、のん&ふくです。その様子はまるでミケが後押しているようだったといいます。でもまだ、他の人と一緒に登るにはもう少し時間がかかりそうです。

 ところで本のほうですが、おかげさまでまだまだ動き続けています。コミック版が出版されたこともありますが、DVDの希望も続いています。ありがたいことです。近いうちに、その映像も公開できるかも知れません。お楽しみにしておいてください。

 先日の新聞に掲載されたのん&ふく

  お問い合わせ、お申し込みはコチラです。

 

コメント

『山登りねこ、ミケ』第2弾へ向けての記念すべき初登山!

2011年06月08日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

『山登りねこ、ミケ』の岡田裕さんが、ミケ亡き後に2匹の仔猫を飼い始めたことは以前にもお知らせしたと思うのですが(たぶん…)、この2匹の猫、野良的性質が強かったため当初は慣れるのに時間がかかったようですが、最近はすっかり岡田さんと仲良くなり、今では2匹一緒の散歩が日課になっています。名前は「のん」と「ふく」です。

 そんな中、遂に先日初めての山登りを2匹連れだって成し遂げたのです!

 登った山は、頂上に土俵のある生坂村の高津屋城址。猫足時間25分のリード無しの登山でした。色の黒いほうの「のん」は常に先頭を登っていたそうです。小さな一歩ですが、記念すべき初の山登りとなりました。

 先般、岡田山荘を訪れたときに第2弾出版の相談をしていたのですが、意外に早く目標に向けての1ページが編集できそうです。

 ということで、全国の『山登りねこ』ファンのみなさん、一緒にこれからこの2匹の山登りを応援しましょう。

  山頂の土俵でくつろぐのんとふく

コメント (2)

『山登りねこ、ミケ』、コミック本が発売に!

2011年06月05日 | 岡田裕の山登りねこ、ミケ@安曇野

『山登りねこ、ミケ』を原作にした単行本コミックが発売されました!

 タイトルも同じ『山登りねこ、ミケ』で、作者はたきむらりゅうさん。全6話のストーリーとミケの山登りグラビア、ミケの登った山の登山案内付きで、定価も同じく1000円(税込)。発行はぶんか社です。

 装幀デザインは今、コミック界で最も注目されてる名和田デザイン事務所です。

 ミケと家族の織りなすほのぼのとしたお話に心が癒される猫好きにはたまらない1冊になりそうです。

        

 

 

 

コメント