まいど、日本機関紙出版です。

〒553-0006 大阪市福島区吉野3-2-35
 TEL06-6465-1254 FAX06-6465-1255 

京都に天皇の墓を訪ねる

2018年11月15日 | 編集・営業ふらふら雑記
今日は早朝から京都へ行った。京都駅から奈良線に乗り換え、一つ目の東福寺駅で降りて、泉涌寺をめざす。バス通りから登り道を進むと総門があり、そこからが先が泉涌寺エリアとなる。案内看板を見ると実に広い。寺の入り口に着いたが、9時の開門までにはまだ時間があり、それでも何人かの人たちがすでに待っている。どちらかと言えば東福寺が有名なのだろうが、実は泉涌寺は天皇の墓がある寺として、その方面にはよく知られている寺なのだ。ということで、ここに来たのは今準備中の本のために、天皇の墓を写真に撮るのが目的だ。

開門と同時に入って、とりあえず一直線にトイレに駆け込む。用を済ませた後、本堂や舎利殿は後回しにして目当ての場所をめざしていると、出汁の効いたいい匂いが漂ってきた。そばを売っている休憩所がある。少し気にしながら建物を奥の方に向かってグルリと回り込む感じで進んでいくと目的地に着いた。
まず、霊明殿は歴代天皇の位牌が祀ってある場所で、中は非公開。入り口の唐門からぐるりと取り囲む壁には5本の線が入っていて、それが皇室関係の建物の証ということらしい。

そして次に向かったのが月輪陵(つきのわのみさぎ)。ここには鎌倉時代から幕末にかけての天皇の墓があり、四条天皇をはじめ後水尾天皇から仁孝天皇までの25陵、5灰塚、9墓がある。また背後の山腹には、南に孝明天皇の後月輪東山陵、北に英照皇太后の後月輪東北陵が築かれている。

写真を撮っていると、若い数人の男女のグループがやってきた。胸に日の丸バッジを付けたおっちゃんのガイドを受けているように見える。こんな早い時間にこんなところにやってくるとは、いったいどういう人たちなのか、もしかしたら日本会議?と思いながらその場を離れた。

だが敷地内には入れないのでこのままでは目的の写真が撮れない。墓に入っている歴代天皇の名が掲げられた宮内庁の説明看板の右側にさらに奥に通じる登り坂があったので行ってみると、民間墓地の利用者のための入口があったのでそこを抜けて、敷地の壁沿いに歩いて行った。すると壁の向こう側に目指す月輪陵の墓石群が見えたきた。おお、ここならほぼ全部の墓が見渡せるということで、さっそく写真をパチパチ。これで主目的の写真は終わりとなる。
さて引き返そうと思い入口に向かうと、先ほどのグループがその入口前に正座してこちらに向かって何やらお経のようなものを唱えているではないか。一体何事かと思いながら、しかしこれでは出るに出られないので、再び向きを変えて奥に戻ろうとした所、右手に石段があったので登ってみた。どんどん登っていくと、ここにも宮内庁の説明看板があり、それによるとここは天皇の皇子女らの墓だということがわかった。


さて再び、もと来た坂道を下り、先ほどの人たちがいないのを確認して、ようやくお寺の中心場所に戻った。先ほどの出汁のいい匂いが気になり、他に客が誰もいない休憩所に入って500円の温かいそばを食べた。うん、美味い!
これで大阪に引き上げても良かったのだが、今後もう来ることもないだろうと思ったので、月輪陵の背後の山腹にある江戸時代最後の天皇、孝明天皇の墓を見ようと思い、お寺の敷地を出て小石が敷き詰められた坂道を登ってみた。残念ながら墓陵本体の遥か手前で行き止まりとなったが、ああ、なるほど、なるほどと納得して写真をパチリ。



これで本日の京都取材は無事終了、帰阪となった。それにしてもよく歩いたもんだ。
コメント

サンフランシスコ市との姉妹都市解消について感じたこと

2018年10月13日 | 丸ちゃんの喜怒哀楽へなへなジャーナル
先日、吉村洋文大阪市長がサンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消をついに発表した。サンフランシスコ市の慰安婦像(少女像)が撤去されないからだというのがその理由。

解消発表に際して吉村市長がサンフランシスコ市長宛に送られた書簡を読んだ。市長は「慰安婦問題を正当化する議論には与しない」と書いているが、それに続く書簡内容を読むと、それこそまさに慰安婦問題を矮小化しようとする日本政府の言い分そのもので、この人からは慰安婦被害者に対しての誠意、リスペクトが何ら感じられないと思った。

そして今回の姉妹都市解消発表は、この問題を改めて世界に知らしめることになり、それは逆に大阪市の人権感覚の国際的立ち遅れを広めてしまったのではないだろうか。さらにこんなことで、万博など開催できるのかと思うのだが。






コメント

安倍政権崩壊の始まり

2018年10月02日 | 丸ちゃんの喜怒哀楽へなへなジャーナル
‪沖縄知事選挙で人も金も投入しても負けた安倍政権。それでも辺野古基地推進をしようとすれば、すればするほど県民の心は離れていく。安倍政権の国民的基盤は弱く、選挙制度とカネ=政党助成金がこれを支えているが、この制度の下でもオール沖縄のような野党共闘が進めば、千丈の堤も蟻の一穴からというように、終わりが始まっていくだろう。‬

コメント

自民党政権を支えるお金の問題にメスを!

2018年09月24日 | 丸ちゃんの喜怒哀楽へなへなジャーナル
‪今年の政党助成金の自民党の受取額は174億円! 収入源の7割以上が税金という実態。法律制定時に付けられてた上限設定や企業・団体献金の縮小・廃止などの条件はいつのまにかうやむやになり、もはやもらい放題、取り放題になっている。‬

‪このお金が政党財政に繰入れられると、政党助成金も他の献金や党費もごっちゃになって、お金に色は付いてないので、どれがどのお金かはわからない。そこから支部への振り分けをはじめ、さまざまな政治活動に使われていくが、政治資金規正法など法律の弱点もあり、そのお金がいったい何に使われたのかは、支出先総額ぐらいしかわからず、その先の使い道の詳細はわからない。使途不明金というもので、このほとんど原資は税金という巨額の使途不明金が、実は自民党政権を支えていると言ってもいい。‬

‪おそらくそれはさまざまな政治的対立や彼我の争点が出てきた局面で、さまざまな使い方で密かに投入されているのだろう。‬それは今の沖縄知事選についても同様で、菅官房長官が自由に使える機密費も含めて、このような税金の使われ方を許していいのかということを真剣に考えることもとても大きな課題ではないかと思う。‬

‪だが、残念ながらこういうことを問題視するマスコミ報道はほとんど見られないし、政党助成金制度は施行されて23年も経ち、一部政党を除く他の全ての政党が受け取っているので、何が問題なのか?」という感覚が広く国民一般的なものだろう。それ故に、これはとても困難な課題だ。‬

‪しかし、この自民党政権を根本から支えているお金の問題にメスを入れていくような声を広げていくことも、とても大事なたたかいの一つなのだ!‬



コメント

サンフランシスコで少女像建立したグループがデモ!

2018年09月23日 | 丸ちゃんの喜怒哀楽へなへなジャーナル
以下、産経新聞の記事から。

………………………………………………
サンフランシスコ=住井亨介】米サンフランシスコ市が公共物として受け入れた慰安婦像と碑文が設置されて1年となった22日、設置を主導した「慰安婦正義連合」(CWJC)が集会を開催した。地元市議のほか日本や中国からも支援者らが参加して「日本は謝罪しろ」などとシュプレヒコールを上げ、周辺をデモ行進した。

 像と碑文は、中国系米国人らにより結成されたCWJCが主導して同市の中華街にあるセント・メリーズ公園の展示スペースに設置し、昨年9月22日に除幕式が行われた。11月22日に中国系のリー市長(当時)が寄贈受け入れを認める文書に署名、市の公共物となった。

 同公園で開かれた集会では、CWJCの幹部らが「日本陸軍は13カ国の女性を性奴隷にした。私たちがここに集まったのは、その女性たちに思いをはせるためだ」「(日本は)軍による集団暴行を合法化した」などと、「性奴隷の表現は不適切」とする日本政府の見解を無視するように非難の言葉を繰り返した。

 像などの公共物化をめぐっては、大阪市の吉村洋文市長がサンフランシスコ市との姉妹都市提携の解消を決定。7月に新たに就任したブリード市長宛てに公共物化撤回の意志を問う書簡を送付しており、9月末の回答期限が迫っている。

 集会には大阪で女性問題に取り組むグループなどが参加し、「慰安婦の歴史を否定する大阪市、日本政府と戦っていることをたたえる」としてCWJCから感謝状の贈呈を受けた。

 グループを代表して山原和子さん(73)が「安倍晋三首相や吉村市長の言動を見たり聞いたりするにつけ、市民として恥ずかしく、いたたまれない気持ちでやってきた。彼らの言動に多くの市民が必ずしも賛成していないことをお伝えしたい」と訴えると、会場からは拍手が起きた。

 また、米連邦下院で慰安婦問題での日本非難決議を主導したマイク・ホンダ前議員も出席し、「安倍(首相)に明確に謝罪する必要があることを分からせるべきだ」などと述べた。
コメント

返品は忘れた頃にやって来る!

2018年09月19日 | 編集・営業ふらふら雑記
今月末は各取次が決算期。そのためか返品がやたらと多い。うちも決算月だが、今日も6個口の返品が届いた。荷物の中に新刊委託分の返品はもちろんだが、やたらと古い商品が結構ある。これは注文品の返品扱いとなり、来月の入金から差し引かれるので資金繰り的にはかなり厳しい。

小社は返品フリー条件なのでそれは仕方がないのだが、書店の棚に残っていたものが返品されてきたのだろう。それはつまりは書店が廃業しているということが一番の背景として考えられる。

このいつでも返品できるという流通形態は、書籍を一つの商品として考えた時、結局その商品の売上がいつまでたっても最終的に確定出来ないというおかしな状態を作っているのだが、それがこの業界の特殊な点の一つなわけだ。

だからどんどん重版して好調な売行きを示している本でも「返品は忘れた頃にやって来る」。嗚呼、何とも恐ろしい業界やわ!
コメント

子どもの貧困率ワースト2位の大阪で、ワースト1位の沖縄の取り組みを学びます!

2018年08月25日 | 行事のご案内&報告
本日。ぜひご参加を!
コメント

貧困解決に動き出した沖縄の取り組みから学ぶ企画

2018年08月20日 | 行事のご案内&報告

今週末25日、沖縄の子どもの貧困実態調査をまとめた堀川愛さん(沖縄県子ども総合研究所)を招いて、以下の企画があります。ぜひ、ご参加ください。

ちなみに私は、この6月に何人かの仲間と沖縄の子どもの貧困に取り組んでいる現場をいくつか訪問してきました。その感想とともにご案内します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沖縄の子どもの貧困現地訪問に参加して

 今回の沖縄訪問は、1998年以来20年ぶりでした。当時は、95年9月に山原で起こった米軍海兵隊員による少女暴行事件が県民に大きな衝撃を与え、また名護市キャンプ・シュワブ沖に「海上基地建設」が打ち出されたときで、沖縄全県をあげて米軍基地撤去の声が沸き起こり、その関係の本を出版するために訪れたのです。その時、沖縄の県民所得は全国最下位、完全失業率は全国平均の約2倍の6.5%で、沖縄はまさに貧困の中にあるという認識でしたが、それでも「子どもの貧困」ということを考えたことはまったくありませんでした。

そして今回の訪問。あれから20年も経過しているのに当時の問題が何も解決していないのだなあということを、どこまでも続く米軍基地沿いの道を訪問先に向かう車で走りながらまず感じました。

沖縄の子どもの貧困の最前線のさまざまな場所を訪れ、そこで子どもたちと格闘する現場の人たちの話を聞かせていただきました。事前に「沖縄子どもの貧困白書」を読んでいましたが、やはり実際にリアルに当事者の方たちの話を聞くことは得難い経験でした。肝心なことは、今回の訪問から私自身がこれからどうするかということですが、そこはまだ見えていません。とりあえずということでもありませんが、引き続きシンママ大阪応援団を支援しながら、編集者としてこの問題を何らかの形にするとか、あるいはもっと大本の政治を良くするとか、そういうところで自分ができることは続けていきたいと思っています。

それからとても印象的だったことは、南風原町役場こども課長が開口一番、日本国憲法25条を読み上げられたことです。児童福祉法第1条も説明されましたが、憲法の立場から役人としての仕事に取り組む、そういうお役人がおられることに課長の姿を見てとて感動してしまいました。さらに言うならそもそも、沖縄の子どもの貧困が沖縄県が克服すべき重要課題として位置づけられ「沖縄県子どもの貧困実態調査」が取り組まれたように、やはり行政の姿勢、トップの姿勢如何がとても大事だということです。

最後に、今回の沖縄訪問を準備してくれた沖縄県子ども総合研究所の堀川愛所長に大変お世話になったこととその出会いにも感謝申し上げないといけません。とても多忙な中、訪問先への同行から夜の懇親会までご一緒いただき、本当にありがとうございました。そして堀川さんの弾丸トークにとても魅せられてしまったことを付け加えておきます。

今月8月25日には堀川愛さんを招いての以下の企画がありますので、読者のみなさん、ぜひご参加ください。

 

コメント

新刊の『戦争はウソから始まる』(西谷文和)が、今朝の毎日新聞で紹介されました!

2018年08月16日 | 書評・紹介記事
日報問題、自身の目で ジャーナリスト・西谷文和さんが新刊 22日発売「戦争はウソから始まる」 /大阪

コメント

最新刊2点、続けて出来!

2018年08月09日 | 新刊案内
CPAOの本と西谷文和さんの本が続けて出来しました。
書店店頭にはお盆明けてから送られますが、直接ご注文いだくことも可能です。ただし、11日から15日までは休ませていただきます。





コメント

近刊が毎日新聞で紹介されました

2018年08月04日 | 書評・紹介記事
来週出来の新刊『まずは ごはん 支えあう社会への、はじめの一歩』(徳丸ゆき子& CPAO)が、昨日の毎日新聞で紹介されました! ありがとうございます。

コメント

次の本は戦場ジャーナリストの西谷文和さんの『戦争はウソから始まる』です!

2018年08月01日 | 新刊案内

戦争はウソから始まる
南スーダン日報問題、米朝会談、ルワンダ、ソマリアから戦争のリアルを告発する!


モリカケ疑惑に日報隠蔽、そして「赤坂自民亭」。どれも国民を愚弄するものだが、私は自衛隊による日報隠蔽が一番罪深いと思う。なぜなら南スーダンでの現実は、派兵されていた自衛隊員が大量に戦死する可能性があった事例で、それを政府は「戦闘ではなく衝突」「ジュバは安全」とウソでごまかしていたのだった。そんな「人命に関わるウソ」を隠すために、あるはずの文書をなかったことにしようとした問題だからである。本書ではとりわけ第1章の南スーダン編をお読みいただきたい。自衛隊宿営地周辺で勃発した戦闘。この事実を広くお伝えしたい(「はじめに」より)。


第1章 日報隠蔽の深い闇〈南スーダン〉
  1.隠蔽の闇は深い.
  2.紛争と貧困の現場で

第2章 「抑止力」信仰のウソ〈米朝会談と日本〉

第3章 大虐殺の背景にヘイトスピーチ〈ルワンダ〉


第4章 内戦と地球温暖化への責任〈ソマリア〉

◎A5判 94ページ

◎本体 900円

◎8月9日出来予定

◎Amazonで予約受付中


 

コメント

次の本は『まずは ごはん ささえあう社会への、はじめの一歩』(CPAO・徳丸ゆき子)

2018年07月25日 | 新刊案内

次の新刊は、大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO)の初めての本です。よろしくお願いします!

CPAO(しーぱお、大阪子どもの貧困アクショングループ)のことがついに本になった。子どもたちの「まずは、ごはん! 」から育ちをサポートしたいと始めた活動は5年が経過し、現在、ムーブメントとも言える「子ども食堂」は全国で2000を超えるまでになった。子どもが気軽に行ける場所や、子どもをあたたかく見守ってくれる人が増えることを願い、その牽引車的役割を担ってきたCPAOの試行錯誤は、これから子どもたちのために何かを始めたいと思っている人たちへのエールと提案だ。心ある人がつながり地道に続けることで社会を変えていく、そんな「ともに挑戦する人」が一人でも増えることを願って! 
辛淑玉さん推薦のメッセージ――「泣いた。求めてやまない“家庭"がここにあった。ここは、私たちにとって、こどもの生きる力を信じる祈りの場所だった。」

 

第一章 つながる

第二章 つなげる 「まずはごはん」

第三章 つなげる 「ひと・もの・おかね・制度」

第四章 ともにいきる 
対談:刀川和也さん〜誰も「追いつめない社会」をつくろう
対談:土屋春代さん〜まずは人―豊かな関係を育てる
対談:杉山春 さん〜自由で楽しい社会をつくろう

おわりに

◎A4判 変型
◎カラー 108ページ
◎2018年8月7日出来予定

◎Amazonで予約受付中

コメント

大雨の水害と広島カープ

2018年07月08日 | 丸ちゃんの私的時間
わが故郷の広島でたくさんの死者が出ている今回の大雨。さすがに心配になったので今朝、出勤前に広島の兄に電話した。実家は父親が一人暮らしで毎週末に兄が世話をしに行っている。

幸い、被害にあうようなことにはなっていなかったが、私が子どもの頃は、雨で大水が出るのはしょっちゅうで、家の前100㍍ぐらい離れている川が溢れてすぐ目の前の道路下の田んぼまで水没することがよくあった。こういう日は川の魚が流れの弱い岸辺に集まってくるので、父は危険を顧みず金網で作ったものすごく大きなタモ網で魚を掬い上げ、私ら子どもたちも大漁だと喜んでいたことを思い出す。しかし、それも遠い昔のことで、現代の大雨はとても恐ろしい水害を引き起こすまでになった。

実は広島はこれまでもなんども水害にあってきた。今なお、土砂災害警戒区域数の推計は約4万9500カ所(2017年)と全国で最も多い。今回大きな被害が出ている坂町も昔から水害にあっている。また4年前の2014年8月には、広島市北部の安佐区が豪雨による土砂災害に襲われ、関連死も入れて77人の死者を出した。今回もそうだが、何とか水害を未然に防ぐことはできなかったのかと思う。

自然の脅威には逆らえないと言ったらそれまでだが、実は被災現場の多くが過去に遡れば同じ経験をしてることがあるそうで、あちこちに建立されてる水害碑がそれを物語っている。広島に限らないが、今日の街づくりはそういう歴史に学んだものになっているのだろうか? 開発業者任せになって、どこかに無理があるのではないかとも思う。


ところで被災地の人たちからすれば、何を呑気にテレビで野球観戦をしてるんじゃ!と叱られてしまうが、わが広島カープは4年前はもちろん、その後の東北水害や熊本地震などにも支援活動を行なってきた。今夜の対戦相手は東京ドームの巨人。試合は5ホーマーを放った広島が勝ち、勝ち投手になった野村選手は「いつも応援してくれてる、今水害にあっている広島の人たちのためにも勝ててよかった」とヒーローインタビューで応えている。いつも市民とともに歩む広島カープ。そんなカープへの愛がますます膨らんだ今日のゲームであったが。
コメント

紹介されました! 『介護保険『卒業』がもたらす悲劇』

2018年07月07日 | 書評・紹介記事
大東社保協・大阪社保協/編の『介護保険「卒業」がもたらす悲劇』が、「民医連新聞」7月8日号に紹介されました!
ありがとうございます。
コメント