仙太の「雑杷ひとからげ」

「工房仙太」の新作紹介及び日々の雑想を連ねています。(ショップ http://k-senta.com/)

「釣りバカ日誌 19」

2009年06月28日 21時20分44秒 | 日記
 昨日の立山はバス旅行だったのですが、帰りの車内で定番の「釣りバカ日誌19」を見ました。
 
 ハリウッドの息もつかせぬ目まぐるしい映画ばかり観ているせいで、久々に観る日本のほのぼの人情ドラマのゆったりとした空気に馴染めず、「テンポ遅いなー。」「ストーリー展開が安易やなー。」「このカット要るんかなー。」「台詞がくどいなー。」などと頭の中で文句ばっかり言いながら見てました。
 ところが、クライマックスの竹内力さんの「浜崎さんのお祝いの言葉が一番よかった。ありがとう!」という台詞でどうしたことか涙がぶわーっと出てきて自分でもびっくり。歳とともに涙もろくなってるのはしょうがないとしても、あんだけ文句ばっかり言ってたくせにいとも簡単にまんまと泣かされてしまったことが悔しいやら情けないやらでますます泣けてしまいました。

 やっぱりプロです。それにしても隣に誰もいなくてよかった。
コメント

ライチョウを見ました!

2009年06月27日 20時58分18秒 | 日記
 立山へ行ってきました!すばらしい快晴の下、まだ雪が残る山肌、硫黄と煙を噴出す地獄谷、流氷のような氷の残るみくりが池、そして…天然記念物のライチョウに会うことができました!約3000羽が確認されているらしいのですが、そのうちの1羽です。遊歩道の脇で毛づくろいをして大勢の人がカメラを構える前をすたすたと横切って「ゲロゲロ、グー、」とか鳴いてました。人に危害を加えられることがないらしく、警戒心ゼロ。
 

 
 天気といい、ライチョウといい、大変ラッキーな旅行でした。


 名物雪の壁がまだ少し残っています。こうなると開通したばかりの様子を見たくなります。



 雄山とみくりが池。水面に写った山がきれい!
コメント

シロオビアオシャク (改め クロスジアオシャク)

2009年06月23日 20時49分20秒 | 生き物
 鮮やかな黄緑色の蛾を見つけました。図鑑で調べてみると「シロオビアオシャク」という「シャクガ」の仲間なんだそうです。そう言われても…という話なんですが、「シャクガ」の幼虫はいわゆるシャクトリムシだそうで、その親だから「尺蛾」ということなんでしょう。
 蛾というものはだいたいきれいなのが多いですが、この黄緑色は見事です。

(2017年9月12日、tubota様より「これはクロスジアオシャクではないか」、とのご指摘をいただき改めて調べてみたところ、確かにそうに違いない!という結論に達しました。いい加減な調べ方をしていたことを深く反省しました。ここに、お礼と共に訂正させていただきます。
tubota様、ありがとうございました!)




 顔もつぶらな瞳でなかなか可愛い。


コメント (2)

階段式踏み台♯2 完成

2009年06月21日 20時37分05秒 | オーダーもの
 踏み台完成です。なんとか歪みなく組めてよかった。

 巾550mm、奥行き500mm、高さ360mm。動かないように床に金具で固定するつもりですが、このままでもかなり重いので心配ないかも。
 
 

 前後の歪み止めと段板の補強を兼ねて段板の下に支え板を入れました。柱を入れるつもりで進めてみたのですがあまりにも見てくれが悪かったので方針変更。「これはいいアイデアだ!」と一人悦にいってますが、客観的に見れば別になんてことはないですね。

 クライアントのH様からはもう一つお仕事をいただいてます。それができ次第一緒に納品の予定。
 もうしばらくお待ちください。
コメント

階段式踏み台 仮組み

2009年06月19日 20時47分15秒 | オーダーもの
 京都市西京区のH様からのオーダー。段差のあるベランダへの上がり降りに使用されます。
 
 H様宅は二階へ上がる階段がお洒落なシースルー階段で、それとのコンセプトでこの踏み台も「シースルーのシンプルな造りで。」というご注文。シースルーでしっかり強度をもたせるのはけっこう難しい。毎日上がり降りされるものなのでなおさら気を遣います。
 

 
 この仮組みの状態で上に乗ってみても壊れなかったのでけっこう大丈夫とは思いますが…下の段板にもう一本柱を入れるかな。
コメント

イノシシ

2009年06月16日 22時00分33秒 | 日記
 近頃毎晩のようにイノシシが畑を荒らしにやってきます。昨日と一昨日はジャガイモをごっそりやられました。トタンの波板で囲いをして有刺鉄線を張り巡らしていてもあざ笑うかのように突入します。手塩にかけて育ててきたものが一夜にして壊滅してしまうのは大変ショック。

 一昨日カエルが一日くつろいでいたユリも全部やられました。ユリの根っこはユリネなわけで、イノシシにとってもご馳走に違いない。

 

 トタンの波板もこのとおり。やつらにとっては「よいしょっと。」という程度の仕事でしょう。人間はいろんなものを抱えて日々バタバタしてますが、やつらはこれ専門で、文字通りこれで食ってるんだから少々のことでは太刀打ちできないです。

 変な噂を聞きました。「イノシシ以外に畑を荒らしに来るものがいる。鼻がすーっと細長くて体の脇に線がある…。」それアリクイやん!と思わず叫んでしまいました。アライグマが繁殖してるんだからアリクイがいても不思議ではない。でもアリクイはジャガイモ食わないだろうから多分違うでしょう。

 何が起こっても不思議ではない世の中ですけどね。
コメント

百合とカエルとそのまぶた

2009年06月14日 21時00分02秒 | 生き物
 「日がな一日」とはこいつのためにあるような言葉です。
朝、もうすぐつぼみが出てくる百合の茎のてっぺんに鎮座している姿があんまりかわいかったので写真を撮ったら夕方見てもそのままでした。シャッターチャンスあり過ぎ。

 あらためて言うのもなんですが、目がでかい。見ているとこの目で時々まばたきします。そりゃーカエルもまばたきくらいするやろ、っちゅー話ですが、目がでかいだけあってまぶたもでかい。そのでかいまぶたがシュパッと閉じてまた開きます。なかなか小気味よいテンポでした。



 夕方の画像。本当です!
コメント

桜スクエアテーブル♯4 完成!

2009年06月11日 21時29分26秒 | オーダーもの
 できました。サクラを使うのは初めてでもないのですが、今回一番思ったことは…「サクラは堅い!」
 
 ケヤキもたいがい堅いですがサクラはどうもそれ以上ではないかと。なので少々何か物を落としても大丈夫そうです。だからといって落とさないでほしいのですが。
 


 でもがんばって磨けばちゃんと努力に応えてくれる木です。

 吹田市のH様、お待たせしました。乾燥までもう少しお待ちください。
 ありがとうございました。

    サクラ スクエアテーブル
         W(巾)=850
         D(奥)=850
         H(高)=680
         ¥90,000
 
コメント

エコ鉛筆 まだやってました。

2009年06月10日 20時56分09秒 | 日記
 実はまだやってましたエコ鉛筆。でも今度こそ終わりにします。

 なんか妙に使いにくいし、見た目が鉛筆に見えないのでよく何処へいったかわからなくなるし、なによりも削るのが大変。今回の限界への挑戦はこれにて終了します。人間一生チャレンジの連続だとは思いますが、もっと他にチャレンジすべきことはあるに違いない。



 4.7mm。ギネスブックに載るのは無理でしょうが、なかなかがんばりました。



 挑戦開始時の様子。
コメント

桜スクエアテーブル ♯3 仮組み

2009年06月06日 21時08分29秒 | オーダーもの
 ようやく仮組みにこぎつけました。

 ちょうど倉庫に以前買っておいた桜の板があったので脚も含め総サクラ造りになりました。淡いピンク色がきれい。
 
 

 「脚はシンプルなものに。」というH様のご要望で、オーソドックスな四本脚にしました。このほうが天板がより引き立つような気がします。

 あと、面取り・研磨・本組み・塗装という工程ですが、ここまでくればまずはひと安心。
 
コメント