仙太の「雑杷ひとからげ」

「工房仙太」の新作紹介及び日々の雑想を連ねています。(ショップ http://k-senta.com/)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「なんで百姓するの?」

2021年05月28日 21時16分01秒 | 日記
都会に住む知り合いから、「仕事でもないし、増してや趣味でもなさそうなのになんで農業やってるの?」という質問を受けました。それもわりと短期間に2人の人から。

先祖代々やってきていることだし、周りも皆そうだから何故?などということは考えたこともなかったので、チコちゃんに質問されたゲスト解答者のような反応をしてしまいました。「え?な、なんで…?」
確かにすごく時間とられるし、すごくしんどいし、そういう労力を考えるとスーパーで米を買うほうがずっと手軽で値段的にもかえって安いかもしれない。現に毎年3月の終わりに差し掛かると、間もなく始まる米作り作業のことを思って気分がズーンと憂鬱になる。う~ん…、と考えた末、「義務、みたいなもんですかねー…。」などと、煮え切らない上に的を得ない自分でも不本意な返事しかできませんでした。

米づくりをする意義、という話ならいろいろ言えることはあります。低農薬の米が食える。食料危機が来ても安心。田んぼを放置して荒地になると地域の荒廃を招くので耕作することでそれを防ぐことができる。等々。そして何よりも自分の手で食料を作り出せるということは何にも代えがたい意義のあることに違いない。それは確かにそうなのだけれどしかし、知り合いが聞きたいのはそういうことではなく「なんでそんなことやってるの?」というシンプルな疑問なのです。

都会で暮らしていると、仕事でも趣味でもない、おまけにやりたくもないのに毎年やらなければならないことって無いのでしょうか?田舎の生活にはそんなことは米作り以外にも山ほどあります。様々な地域行事、いろんな団体の「役」など。自分の時間を削って奔走しなければならず、そのうえけっこうな責任までのしかかる。それが当たり前という中で日々生活しているので米作りに関しても何の疑問も抱かないのかもしれない。

こんな話をカミさんにしてみると一言で明快な答えが返ってきました。「そんなん簡単やん。要は自分で調理するか外食で済ますかの違いと同じやん。」
なるほどー。やはり女性は偉大だ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブログが10にやってきた!

2021年02月14日 22時10分55秒 | 日記


「Windows7のサポートが終了しました。」と言われてから数か月後に新しいPCを購入。届きはしたもののデータ移行作業の煩わしさを思うとなかなか手を付ける気にならず、そのまま梱包を開けることなく何カ月か経ってやっと始めたのが昨年の7月。それからぼちぼちぼちぼちと牛歩の如く進めてきてようやく最近いろんな文書データも編集できるようになりました。

それにしてもWindows10というやつは便利なのか不便なのかわからん!
まず7で使っていたソフトが使えないものが多い。メールソフトも画像編集ソフトも。そして、本体にデータを入れたらすぐに「One Driveがいっぱいになりました。」とか言ってくる。One Drive?なにそれ!? 文書データをいくつか入れただけでいっぱいって、どーゆーこと?おまけに「年間12,000円払ったらいくらでも保存できますよ♪」だと。なんでお金要るの!? 誰に払うの?わからんことばかりです。

以下、PC音痴のジジイのたわ言なので、ちょっと教えてやろうと思われた方は是非コメントをお願いします!

どうもこのPCは本体にデータを保存することを良しとしていないフシがある。ウィルス対策ということか?だから大切なデータはクラウドに保存しなさいということなのか?それは果たして信用できるのか?そもそも盗まれて困るような大層なデータなどひとつも無いんですけど。
しょうがないのでジジイの思いついた方法はデータを全てUSBメモリに入れて保存する、ということでした。文書も画像も音楽もライブ動画も。膨大な量だと思っていたけど64GBと32GBと8GBのUSBメモリに全部入りました。One Driveだかクラウドだか知らないが、そんな得体のしれないものの世話になんかなるものか!

さて、それやこれやで何とかやってきた中で最後までできなかったのがこのブログ。編集ページに入ろうとするとIDとパスワードを聞いてくるようになってしまって、それがどうしてもわからない。仕方なくブログの更新だけはいちいちモニターとネットのジャックを繋ぎ換えて7のPCを使っていました。それが面倒くさいこと甚だしい。ただでさえおっくうになっていたところへ面倒くさいのが加わってますます更新が滞っていたわけです。
そうこうしているうちに7のPCの動きがだんだん悪くなってきました。反応にえらく時間がかかる。機械モノは使わないと調子が悪くなるというのは農業機械でもPCでも同じのようです。これは早く何とかしないとブログが閉鎖になってしまう・・・。

そこへ降って湧いたのが昨日、「パスワードはあそこに書いてあったかも・・・。」と思いついたところに書いてありました!これでやっとめでたくジャックを繋ぎ換えなくてもブログが更新できるようになりました。
かといってマメに更新するようになるとは限りませんが。

Windows10はデスクトップ画面の世界の絶景写真もきれいだし、画像の取り込みもソフト無しでできるし、大変便利です!

そんなわけでこれからもよろしくお願いします。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あけましておめでとうございます。

2021年01月01日 21時38分23秒 | 日記
あけましておめでとうございます!

とんでもない年だった昨年。こんなことが現実に起こるなんて…と思っているうちに事態はますます悪化して年が明けても全く先が見えない。事実は小説より奇なりと言いますが、まさしくSFが悪い方に現実になってしまった状況です。

震災のときもそうでしたが、こんな時には人間の尊さ、浅ましさが如実に現れます。浅ましいのは困ったものですが、浅ましい人に「浅ましいじゃないか!」と非難する行為も負けず劣らず浅ましい。では浅ましくないようにするにはどうしたらいいか?自分がこれでいいと信じたようにするしかない訳ですが、「俺は浅ましくないぞ!」と信じきっている人こそ実は一番浅ましかったりするから始末が悪い。考えれば考えるほどわからなくなります。
人間の力ではどうしようもないことはたくさんありますが、その中でいかにできることをするか、ということですねー。

今回の災厄の一番恐いところは人同士の接触を妨げることではないかと。困ったときには支えあうことで人は今までやってきたのに、助け合うためには会わないようにしないといけないというジレンマ。
でも人との繋がりはこんなことには左右されないと思います。それを信じて大切にしてこの窮地を乗り切りたいものです。

世の中も人の心もま~るく収まる年になりますように!

今年もよろしくお願いします!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アイスプライス

2020年11月26日 21時54分20秒 | 日記
ロープやワイヤーの端っこを編みこんで輪にしてあるもの、をアイスプライスと言います。トラックの荷台のフックにひっかけて荷物を固定したり、車を牽引したり、思い荷物を吊り上げたりするときに必要なものです。これをできるようになりたいな、と以前から思っていたのですが、このたびふと思い立ってやってみることにしました。市販のすでに輪にしてあるロープをしげしげとながめてみるところから。
まずロープの先をほどいて3本それぞれの先にテープを巻きます。



とにかくまず1本通したところ。これを起点にしてあとの2本を編みこんでいきます。



3本を1回ずつ通したところ。これを2~3回繰り返します。



完成!強度的には3回で充分なはずですが、通すロープが長かったので4回通しました。これで絶対に抜けません。

技術がひとつ身についた喜びがじわじわと湧いて来ます!その辺にあるロープを片っ端から輪にしたい心境です!

ところで、使用している柄の赤い道具はこういうことをするための専用のもので、このあたりでは「シノ」と呼ばれていますが「篠?」「信乃?」どんな字を書くんだろう、と不思議に思っていました。ネットで検索すると「シノー」という何だか間延びしたカタカナでよく登場している。どんな字どころかそもそも何語なのかわからなくなってきました。

鎧に使う細長い鉄板を「篠金物(しのがなもの)」と言うらしく、そこから出た言葉ではないか、というのが有力なようです。
日本語でよかった。




















コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あけましておめでとうございます

2020年01月02日 10時16分58秒 | 日記
そんな訳で前回に続いてスティック推しの写真になってしまいましたが、今年のご挨拶はこれです。

ついに還暦を迎えた昨年、もっとショックが大きいかと思っていましたが案外そうでもなく、むしろちょっとうれしいくらいの気持ちです。それが証拠に行く先々で会う人会う人に必要以上に「還暦」という言葉を連発している。
確かに年金の納付から開放されたり映画館などでシニア割引が使えたりで、実益面でもうれしいとこはたくさんあります。悪いことを探してもしょうがないのでそれで充分かと。

この齢になっても新しい出会いはあるもので、近所に越して来られた笛奏者のTさん、バイオリン奏者のY子さんご夫妻が主宰する「京北フォークダンス楽団」の太鼓要員に加えていただきました。
楽譜も読めないうえに読めるようになろうともしないこんな田舎の素人おやじを嫌な顔ひとつしないで使っていただいています。感謝です。

仕事の方はちょっと停滞気味。桧の新しい椅子をデザイン中なのでそれを何種類か出していけたら、というところです。でき次第ここにも発表したいと思います。

幸い停年のない仕事なので、まだまだ走りつづけることができます。

今年もよろしくお願いします!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スーパームーン

2019年02月20日 22時54分17秒 | 日記
 今日の月は今年最大の大きさなんだそうです。

 まだ2月だというのにもう今年最大ということがわかっているというのはすごい。何が起こっても不思議ではないこの世の中ですが、月と地球の軌道は不変です。少なくともこの1年くらいは。

 雨雲を突き破るような強い光。大金持ちの人がここへ行くそうですが、そんなことをしたらバチがあたるんじゃないかと心配したりしなかったり。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼印

2019年01月16日 21時49分44秒 | 日記
常日頃「木の便利屋」を名乗っている私ですが、今度は孫の手の注文をいただきました。
まだ全部納品していないので全体像は出せませんが、握り部分だけ。

総計240本。「はいは~い」とお受けしたものの、やりだしてみるととんでもない数であることが判明しました。がんばっても1日に10本くらいしかできません。「お彼岸頃まででいいですよ~。」という暖かいお言葉をいただいているのであせらずじっくりと取り組みたいと思います。

で、今日いちばん言いたいことはそういうことではなく焼印です!小さなものに押せる焼印が以前から欲しかったので、これを機に思い切って作りました。

焼印が入るとグレードが倍増するような気がします。私はTシャツなどに何かしらの英語が書いてあるとそれだけでカッコよく見えてしまうタイプですが、それはきっと英語ができない者の悲しい性なんだろうと思います。その性に従ってこれも英語にしたかったので、「工房仙太」を名乗る前に使っていた「workshop Senta」を復活させました。

やっぱりカッコよく見える…。

ようやく150本余りできました。まだ先は長いですががんばります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あけましておめでとうございます!

2019年01月01日 22時31分27秒 | 日記
 新年あけましておめでとうございます!

今年の誕生日が来たらとうとう還暦…。
まさか自分が60歳になる日が来るとは考えもしなかった私ですが、これは確実に、着実に、淡々と、粛々と、ひたひたと、間違いなく、否応無しにやって来るものだったのです。

 60という数字に対することよりも、自分が世の中に通用するパフォーマンスをいつまで持ち続けることができるかという懸念、不安といったものの方が大きい。

 とはいえそれは考えてもしょうがないことなので、今年も着実に、淡々と、粛々とやっていきたいものだと思っております。

 本年もどうぞよろしくお願い致します!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

停電

2018年09月08日 00時13分19秒 | 日記
 一晩であっという間に駆け抜けていったのに、台風21号はそこらじゅうを蹴散らしていきました。

 木は倒れ、屋根は吹き飛び、シャッターは壊れ、ビニールハウスもぐちゃぐちゃ。
 特に山どころのここ京北では倒木による被害が甚大で、木が電線にもたれて電柱をもなぎ倒してしまったところが数知れず。我が家は4日の昼過ぎから今日の午後7時頃まで丸3日以上停電でした。

 木が悪い訳ではなく風が悪いのですが、どうもこういう光景が現れると木が悪さをしているようなイメージを受けてしまうのは否めないところです。
 山に放置された材木が大雨に流されて川をせき止めることによって土砂崩れを誘発する水害でも木は悪者になってしまう。これも悪いのは、木を放置せざるを得ない経済状況なのですが。
 木で生かしてもらっている者としては心苦しい思いです。



 電気の使えない生活は不自由この上ないわけですが、最も困るのはやはり夜の照明です。キャンプ用のランタンが連日大活躍しましたが、テレビもパソコンも使えないとすることがない。



 というわけで久しぶりに夜は読書三昧していました。木下昌輝の「人魚ノ肉」。新撰組と人魚の不気味なお話です。

 やっと電気が来たので、明日からは晴れて電動工具が使えます!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花岡ちゃん

2018年06月24日 21時04分51秒 | 日記
 

誰かがfacebookで「好きな漫画ベスト10」というのを書いていたので自分はどうか考えてみた。

大友克弘「AKIRA」、萩尾望都「百億の昼と千億の夜」、いしいひさいち「がんばれタブチ君」、松本大洋「鉄コン筋クリート」、柴門ふみ「ps.元気です俊平」、石森章太郎「リュウの道」等々に混じって清原なつの「花岡ちゃんの夏休み」というのが頭に浮かぶ。
他の作品に比べてこれだけが明らかに軽い。絵も明らかに少女マンガっぽい。何故?内容は全く覚えてないが、良かった印象だけが残っている。

どこかにあったかもしれないと思い、探してみたら見つかった!なんと、清原なつのの単行本は「花岡ちゃん~」以外に5~6冊も出てきた!よっぽど「花岡ちゃん~」の印象がよかったのだろう。どれどれ、と読み返してみた。

 何しろあれから30年以上経っている。その間いろんな目に遭ってきたしそれなりに酸いも甘いも経験してきたはずだからいくらなんでも感じ方も変わってるだろうと思ったが…。

 「花岡ちゃんの夏休み」はやはり良かった。読み返してみると話の展開、登場人物のセリフなど、よく覚えていたのに驚く。かなり繰り返し読んだとみえる。
 そして、何故強く印象に残っていたのががわかった。主人公の花岡ちゃんに共感するところが大きかったのだ。

 自分より賢い人、自分より物事をよく知ってる人に遭遇し、自分がいかに馬鹿で何も知らない人間かということに打ちのめされる花岡ちゃんにめちゃめちゃ共感した。そして困ったことにそれは30年経った今も全く変わっていない。あの頃より成長していることがあるとすれば、「上には上があるもんだ。」と割り切れるようになったことくらいか。それが成長といえるのかどうかは疑問ではあるが。

 それにしてもベスト10のあと3つをどうしよう。

 諸星大二郎、近藤ようこ、佐藤史央、ひさうちみちお、藤原カムイ、いしかわじゅん、浦沢直樹、手塚治虫、等々…。決められません。

 
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする