仙太の「雑杷ひとからげ」

「工房仙太」の新作紹介及び日々の雑想を連ねています。(ショップ http://k-senta.com/)

不可解な言葉

2013年10月20日 20時47分19秒 | 疑問
 最近訳の分からない言葉が多すぎる。

 4Kテレビ? きつい、きたない、危険、けたたましいテレビのことですか?

 Wi-Fi? 喜納昌吉の歌ですか?「ワイファイおじさん」

 4G? 何かわからないけど重力の4倍くらい重いんですか?

 LTE? 「エマーソン・レイク・&つのだひろ」か何かですか?(順番違うけど。)

 4G・LTE? はは~ん。つまりグレッグ・レイク氏とつのだひろ氏が肥えすぎて重力の4倍くらい重くなったということですね?


 わかろうという努力をする気がおこらないところが情けないです。
 
コメント

「収支トントン」

2009年02月12日 21時50分57秒 | 疑問

(2月11日付け京都新聞より)

 「収支トントン」というのはよく使う言葉です。
 「どや?儲かったか?」「まあトントンやな。」という具合。儲かりもしなければ損もしない。プラマイゼロということですが、新聞記事に載せる言葉としてこれはどうなんですか?この記事をみて大笑いしてしまった僕がおかしいんでしょうか?
 
 例えば7時のニュースでNHKのアナウンサーが、「収支はトントンでした。」と言うのを聞いたらやっぱり笑ってしまうと思うんですが…。それ以前にこの「トントン」を標準語ではどんなイントネーションで発音するのか僕には想像つかない。ということはこれは関西弁なのか?京都新聞だからまかりとおるのか?

 誰か納得のいく説明をしてほしい。まあ楽しいからいいんですけどね。
コメント (2)