仙太の「雑杷ひとからげ」

「工房仙太」の新作紹介及び日々の雑想を連ねています。(ショップ http://k-senta.com/)

神戸手づくり市 at 六アイRink

2011年01月31日 20時42分15秒 | イベント報告
 神戸に行けば海が見れるもんだと思っていたら大きなまちがいで、ここ六甲アイランドは海岸がすべて港湾施設で関係者以外立入禁止。ならば、と本土(?)に渡ってみても同じことでした。のんきに海をながめることが出来るような場所は回ってみた範囲にはなかった。二日目の朝、芦屋まで足を伸ばしてやっと海に触れることができました。今回のベストショットは岩場で遊ぶカモメ。靴が濡れるまで近づいて撮りました。ベストショットですが、ちょっとピントが甘いし露出補正もちょっと足りない。難しいです。 



 人工島に高級マンションが立ち並び、その真ん中にそびえる巨大ショッピングモールがファッションプラザRink。その3階の吹き抜け広場が会場です。天気は快晴ですが、なにしろ寒い。一日目はお客さんも少なめでしたが、二日目はここでマラソン大会やコスプレイベントがあったそうで、けっこうにぎやかになりました。どうなることかと心配しましたが、ローバックスツールを1脚お買い上げいただき、おかげで一安心。終わってみればそこそこ満足レベルをクリアーしていました。よかった…。
 寒い中、ご来店ありがとうございました。

コメント

反省?

2011年01月28日 20時10分56秒 | 日記
 ちょっと小難しい会議に出席。一人の方のおっしゃることに少々引っかかりを感じたので、議題からははずれるなー、と思いながら反論してしまった。ひんしゅくを買ったかもしれない。まずかったかなー、と少し後悔したけど、言わなかったら言わなかったできっと後悔しただろうとも思う。
 変にものわかりのいい人間にならなくてもいいとは思うけど、話のわからんオヤジになるのも考え物。ま、言ってしまったものはしょうがないか。

 また寒波が来るらしい。30日は除雪当番ですが人に替わってもらって明日から神戸です。毛布とカイロを忘れずに。
コメント

鳥と魚

2011年01月27日 20時32分59秒 | 新作
 「なんだかんだ言ってもやっぱり鳥と魚は人気ありますよ。」
 先日の弘法市でお隣だった鳥寄せ笛作家さんのお言葉を信じてやってみました。ところが鳥はどうもイメージしたものができない。ウグイスのつもりがカラスみたいになるし、アヒルのつもりがウズラみたいになる。それはそれで「カラスです。」「ウズラです。」と言って売ればいいというものですが、それにしても出来が悪い。今回は見送ったほうがよさそうです。
 魚のほうはわりと雰囲気出ているのでは?最初は背びれを着けていましたが、無いほうがいいようです。これも当初はアユをイメージしましたが、カツオみたいなやつやシシャモみたいなやつなどいろいろ。全部ひっくるめて「魚です。」でいこうと思います。
 
 明後日の神戸六甲アイランドにできれば15~20尾くらい持って行きたいというもくろみですが、明日は午後用事があるのでちょっと厳しいかも。

 好評をいただけますように。
コメント

展示会

2011年01月25日 21時08分10秒 | 告知!
 展示会の開催が決定しました。今秋11月14日(月)~20日(日)。場所は姉小路通柳馬場東入ル「ギャラリー象鯨」。

 まだまだ随分先で鬼が笑う寸前の話ですが、今年はこれに向けて今から照準を合わせていこうと思います。できれば今後も年に1回以上の展示会を自分に課していこうかなと。
 知り合いのカメラマンの方との二人展です。写真と木工。どんなことになるのか、どんな可能性があるのか、いろいろ考えていきたい。

 実は十年ほど前に一度やったことがあります。フラワーアレンジメントをやっている姉との二人展でした。姉の知人のお客さん方のおかげで初めてにしては大成功といえる結果でしたが、それからなんとなく一度もやらずに今に至ってます。そのときのお客さんからいまだに時々リピート注文をいただくことがあり、これはまたやるべきなんじゃないかと思ったわけです。それと、近頃いただける注文が若干少なくなってきているので、この事態をなんとか打開したいという切実な事情も。

 場所がけっこう広いので大きなものも出さないといけない。気合い入れます。
コメント

花台

2011年01月23日 20時38分36秒 | 新作
 昨年12月の須磨パティオでご好評をいただいた松の花台。2匹目、3匹目、4匹目のドジョウをねらって今週末の六甲アイランドへ持って行きます。

 高さ42cmなので椅子としても使えます。
コメント

テレビに出ました!

2011年01月21日 20時52分22秒 | イベント報告
 東寺の五重塔です。毎月21日はいわゆる「弘法さん」の日で、広い境内いっぱいに1200軒くらいの店が立ち並び、大勢の人で賑わいます。特に1月の初弘法は12月の終い弘法と並んで大賑わいになるのですが…その初弘法に出展してきました。
 今年から新たに大宮通り沿いに手作り作家専用スペースができるということを知り、問い合わせたのが19日、翌20日に申込みをして今日出展というまさしく急転直下の展開。お寺の外なので境内の賑わいとは全く無縁ですが、大勢のお客さんに立ち寄っていただきました。そして…テレビに出てしまったのです。

 いつものように現場作業で楽器アクセサリーを彫っているところを大きなカメラで撮られていたので、なるべく手際よく見えるようにそれとなく意識したりしていたのですが、しばらくして同じカメラマンがインタビュアーを伴ってまたやってきました。で、いくつか質問に答えたりしているところが放映されてしまった。KBS京都テレビの夕方のニュースの冒頭でした。かみさんが録画してくれていたのを見たら本当に自分がしゃべっていた。もう1人インタビューを受けていた女性の方はすごく落ち着いてしゃべっているのに自分はなんかいかにもうれしそうにしているのが気に入らなかったけどもうしょうがない。

 何はともあれ、ご来店ありがとうございました! 
コメント

ヘキサポスト

2011年01月19日 21時03分21秒 | オーダーもの
 おそらく今までで最も近いところからのご注文だと思われます。うちの家から約200mばかりのところにお住まいのH様。H様は昨年秋の「山里に暮らす作家展」も見に来ていただいています。ありがたい限りです。

 ちょうどH様にお支払いしなければならないこともあったので、このポスト代で相殺したというなんともざっくばらんな話。いつまでたっても自転車操業です。

 ありがとうございました!
コメント

75cm

2011年01月17日 21時07分32秒 | 日記
 一昨年だったか、同じネタで「63cm」というのをアップした覚えがありますが、その記録を大幅に更新してしまいました。なんと75cm。



 家の裏の、一度も雪かきをしていないところの積雪量です。この冬は全国的に大雪だからしょうがないけれど、これはちょっとひどすぎる。
 雪かきはいい運動になっていいけど、これほど非生産的な労働も珍しい。春になれば消えてなくなってしまうもののためになんでこれほどの時間と労力を費やさないといかんのか。
 いくら文句を言っても相手は自然だからやはりしょうがないものはしょうがないですねー。せめて腰痛が再発しないように気をつけよう。
コメント

とんど

2011年01月16日 20時40分15秒 | 日記
 一体どんだけ降れば気が済むのか?朝から止むことなく降り続いた雪は積算50cmくらいになったのではないかと思われ、今もまだ快調に降っています。

 この大雪の中、この地域のとんどに行ってきました。各家の正月飾りを火にくべて、その火で餅やするめを焼いて皆で分け合って食べます。目の前に大きな火があるから、そして大勢の人と一緒だからさほど辛くもなく過ごせますが、そうでなかったら5分ともたないでしょう。肩に雪を積もらせながらバカ話に興じました。
コメント

寝坊

2011年01月15日 20時25分53秒 | イベント報告
 今年最初の知恩寺行ってきました。

 いつもと違ってなんか充分寝足りた感じで目覚めたなと思ったらそれもそのはず。なんと6時45分!ちょうど3時間の寝坊です。まず事態を把握するのに1分くらいかかり、さらに今からでも行くかどうするか判断するのにまた1分くらいかかりました。3時間も遅刻して空いてる場所があるとは考えにくい。しかし、無駄にキャンセル料を払うくらいならわずかな可能性に賭けてみるべきだと判断して出かけました。
 皆さんすっかり準備万端整えて朝ごはんなど食べているところをテントかついでうろうろするのは何とも気恥ずかしい。幸いいつもの場所の近くで空きスペースを見つけることができました。目の前に松の木がどーんと立っていてすこぶる見晴らしの悪いところですが、贅沢言える身分ではない。ありがたく出店させていただきました。

 それにしても、会う知り合いが皆異口同音に「あ、寝坊ですか?」「なにー?寝坊したん?」「おー、寝坊か?」と同じことを聞く。何らかの事情があって遅れたと思ってくれてもよさそうなもんだと思うが、やはり無理か。

 すごく日本語ペラペラのアメリカ人青年がマンドリンのキーホルダーを買ってくださいました。お父さんへのプレゼントだそうです。なんでもお父さんは昔マンドリンをやっていたけど、なかなか思うように弾けないもんだから癇癪おこして叩き壊してしまったらしい。「ジミ・ヘンドリックスみたいですねー。」と言うと、「いやいや、そんなかっこいいもんじゃないです。」と笑っていました。お父さんは、自分が叩き壊したマンドリンのキーホルダーをプレゼントされて果たして喜んでくれるかな、と心配になったけどそれは言わなかった。

 寒い中ご来店いただいた方々、ありがとうございました。

コメント