仙太の「雑杷ひとからげ」

「工房仙太」の新作紹介及び日々の雑想を連ねています。(ショップ http://k-senta.com/)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

P様本棚♯7 納品!

2015年03月13日 20時46分32秒 | オーダーもの
納品できました!

 この部屋はこのマンションの多目的ルームで子どもたちの遊び場でもあり、本棚は主に児童書を中心に利用されるようです。これを機に「集いの図書館」という名前がつき、明後日15日にお披露目イベントをされるとのこと。なので制作が間に合わないなどという事態はまったくもってシャレにならないわけなのです。決して余裕をかましていたわけではなく、いっぱいいっぱいで完成、納品が今日になったのですが、つくづくよく間に合ったものです。(今だから言えますが…。)

 

 あちこち傷だらけになるかもしれませんが、それもまた味のうち。末永くお役にたてますように。

 ありがとうございました!

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

P様本棚 ♯6 ひとつ完成

2015年03月10日 20時30分28秒 | オーダーもの
 ついにその全貌が明らかに!…というほどのことでもないのですが、一つできました。背板をはめたらできあがりです。

 あと二つ、細部の細々とした仕上げと塗装と背板のはめ込み。明日にはすべて完成の運びです。やっとここまで来ましたが、まだ気を抜いてはいかん。

 実はP様のオーダーはこれで終わりではないのです。この本棚設置の記念品もやらせていただいています。それも水面下で着々と進んでいるのですが、公開はまた後日!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

P様本棚 ♯5 本組み

2015年03月08日 20時53分39秒 | オーダーもの
 いよいよ組み立てました!まずひとつ。あれほどしつこいくらいに確認したにもかかわらず案の定うっかりミスがありました…。詳しくは触れませんが、修正できる範囲のミスでよかった…。

 とにかく組み立てることができました。とりあえずはほっとひと安心ですが、まだ気を抜くわけにはいきません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

P様本棚 ♯4 仮組み

2015年03月07日 20時48分00秒 | オーダーもの
 何やら形が見えてきました。
 この本棚の上段には、表紙を手前に向けて立てるディスプレイ棚がつくのですが、これがなかなか難しい。何が難しいと言って、組み立ての手順が難しいのです。

 まず大枠を組んでそれに付属物をつけていく構造ならやりやすいのですが、これは全体がまとまってひとつのものなので。(なんてわかりにくい説明…。)要するに同時に全部いっぺんに組み立てなくてはならないのです。完成形を見ないことには、この説明では何のことやらさっぱりわからないと思いますが…。

 シミュレーションを充分にやって万全の準備をしてから組み立てにかからないと、途中で「あれ?…」てなことになったらえらいことです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

P様本棚 ♯3 研磨

2015年03月05日 20時40分10秒 | オーダーもの
 接ぎ(はぎ)作業が終わり、いよいよ研磨に入りました。ベルトサンダーで、粗目から細目へとベルト交換をしつつひたすら磨きます。こんなことを言っていてはいかんのですが、私はこの単調な研磨作業が好きではない。やってると途中で眠くなってしまうくらいなのです。しかしそんなことは言っていられない。納期は迫っています。





 それにしても…普通たいていの場合なら、これくらいの段階までくれば完成形の全体像が少しづつ姿を現してくるものなのですが、この本棚というやつはそれが全く見えてこない。完成形は私の頭の中と私が描いた図面上のみです。組み立てにかかれば一気に進むことになると思いますが、それまでは地道な作業が延々と続きます。




さて、いよいよ部材が揃いました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

P様本棚 ♯2 板はぎ

2015年03月03日 20時24分02秒 | オーダーもの
 板を何枚かつなぎ合わせて幅の広い板を作ることを「板をはぐ(接ぐ)」と言います。これは木目に対して横方向に伸ばしていくものですが、逆に板を縦方向につないで長いものを作ることを「板をつぐ(継ぐ)」といいます。「つぎはぎ(継ぎ接ぎ)」という言葉はここから出たのではないかと思っています。

 さて、この本棚の全工程のおよそ半分くらいはこの「はぎ(接ぎ)」作業なのではないかと。ひたすら板を接いでひとつひとつの部材を作っていきます。部材が揃ったら7割方くらいは完成したようなものです。

 全幅2,700mm。これを3分割して作るのでひとつが900mm。ということはすべての材料が約90cmの長さが必要だということです。当たり前ですが。もう一つ当たり前なことを言えば、90cmということは3mの板で3枚しかとれません。材料がたくさん要ります…。材料倉庫が心細くなってくるほどです。また仕入れなければ。

 さて、接ぎ作業もそろそろ終わりが見えてきました。ということは7割方?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加