仙太の「雑杷ひとからげ」

「工房仙太」の新作紹介及び日々の雑想を連ねています。(ショップ http://k-senta.com/)

小屋建て#3 丁張り

2021年12月18日 21時22分04秒 | 日記
 丁張り(ちょうはり)。
前回水盛りで印を付けた杭に板をはりました。この板に合わせて束石(つかいし)の間隔や、それに立てる束の長さを決めます。これが立つと一気に建築現場っぽくなりますねー。



小屋の大きさは4m×8.5m。1mおきに束石を置く予定なので合計48個になります。地面に高低差があるので束石の高さはまちまち。従って束の長さも48本すべてバラバラになります。この丁張りの板の上端が束の上端の高さなので、板から板へ水糸を張って1本1本束の長さを決めていくことになります。

 ところで、実は実際の作業の日時はこのブログの日時と一致していません。実際の作業はもっと進んでいますがこの記事は順番に1工程づつアップしていこうと思っています。
ところが今日、景色を一変させる出来事がありました。



この冬初の積雪。約25㎝。近年の12月としては多い量です。幸い明日以降は回復傾向のようなので根雪にはならないと思います。次の作業は雪をかき分けてすることになるかもしれませんが。
春になると田畑が忙しくなるので冬の間にできるだけ進めておきたいのですが、そうそう思い通りにはいきません。
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小屋建て#2 水盛り | トップ | 小屋建て#4 束石 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (suikyou)
2021-12-22 05:56:01
大事業に取り組まれているんですね。
完成を夢見てお励みください!
suikyou様へ (senta)
2021-12-24 20:00:48
閲覧ありがとうございます!
最後までたどりつけるか不安ですが、ライフワークですので頑張りたいと思います。完成のあかつきには遊びに来てください。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事