仙太の「雑杷ひとからげ」

「工房仙太」の新作紹介及び日々の雑想を連ねています。(ショップ http://k-senta.com/)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スプーン

2013年08月29日 21時42分45秒 | 新作
 ボールペンと楽器アクセサリーをお取り扱いいただいている京都ペレット町屋「ヒノコ」さんから、「スプーンはできませんか?」というお話をいただきました。

 できなくはないのですが、今まで手をつけなかったのは凹み部分の研磨の手段を思いつかなかったからです。機械を使っても手磨きでどうがんばってもつるつるに仕上げることはできない。
 試作品を作ってヒノコさんにその旨をお伝えすると、「つるつるに仕上げる必要は全くない!」という天使の一言をいただきました!そのお言葉さえいただいたらもうこっちのもの。晴れてラインナップに加えていただくことになりました。

 材料は手前からリョウブ、ヒノキ、トチ、サクラ。「すべて京北産の木で!」というご注文なので、身近なものばかりです。

 形がまちまちなのはいろんなバージョンを取りそろえてみたから…というのは大ウソで、適当に下絵を描いて適当に削るので同じものは2本とできない、という事情からです。これもご了解をいただいているのでこっちのもの。

 ありがとうございます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

USBメモリー完成

2013年08月20日 20時42分18秒 | オーダーもの
 お盆前のことですが…。USBメモリー納品させていただきました。

 なんとか出来映えを揃えられたのではないでしょうか。組み立ててからまたバラしてやり直したものも十数個あったので材料を思いのほかたくさん使ってしまいました。



 市販のものと比べて長さと幅はかなり近くなりましたが、やはり厚みはいかんともし難い。9.5㎜くらいにしましたが、ヒノキの強度を考えるとこのあたりが限度なのではないかと…。

 支障なく使っていただけることを願うばかりです。

 ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スズメバチの巣

2013年08月14日 21時10分08秒 | 生き物
 2階の窓にすだれをかけるべく屋根に上がりました。1枚かけて2枚目の片方のヒモをかけたところでハチがぶ~んと近づいてきます。ハチは巣に危害を加えない限り向こうから襲ってくることはまずないので気にも留めなかったのですが、これが何故かわりと攻撃的で、ちょんと体当たりまでしてくる。なんかおかしいな、と上を見上げたらバレーボール大の真新しい巣ができていてスズメバチが盛んに出入りしているではありませんか!



 左側のバカでかいのはもう10年以上前のもので空き家ですが、右側のがまさに現在建設中の新築。体当たりしてきたハチはきっと「それ以上近づくなよ!」という警告を発していたのでしょう。あわてて半分かけたひもをほどいて退散しました。

 

 西日があたり放題ですが、今年はしょうがない。ミツバチと違ってスズメバチは1年きりでまた移動するので、この夏だけやり過ごせば巣は空き家になります。なんとかそーっと共存したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

USBメモリー試作品

2013年08月07日 20時44分26秒 | オーダーもの
 基本、いただいたお話は断らないことにしている仙太ですが、これはさすがにお断りしようかと真剣に思いました。USBメモリー。

 懸念その1.基板を木のカバー内に抜けてこないように、またグラグラしないように固定できるものか?

 懸念その2.蓋と本体の境目を隙間なくきっちり閉めることができるのか?

 懸念その3.そもそも蓋をどうやって閉めるのか?



 解決策その1.基板が入るだけの溝を彫って2枚の板で挟み込むことにしました。

 解決策その2.これは技術的な問題なのでやってみたら方法は見つかりました。

 解決策その3.見本に見せていただいたものは小さな磁石で本体と蓋をくっつける仕組みでしたが、これだとどうしても幅や厚みが大きくなってしまって、ノートパソコンやジャックの間隔が狭い機器などでは使えないそうです。「できるだけ小さく薄く」が至上命題だったので、これはもうシンプルに蓋の穴をメモリー先端ときっちりの大きさにするのが最良の方法だという結論に達しました。ゆるすぎないように、きつすぎないように…。

 

 基板の溝をトリマーで彫るためのテンプレート。まずこれを作るのに丸1日かかりました。

 「これでOK」をいただけたので本作にとりかかります。このレベルで40個揃えることができるか?…。

 ありがとうございます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加