趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

実家の家庭菜園にて

2009年12月11日 12時51分20秒 | Weblog
天気予報どおり雨。雨ではソーラー発電はできない。よってのソーラーライトも充電できない。電力会社の電気に頼るしかないのだ。来週も曇りや雨、雪の日がありそうだ。週の半分は、電力に頼らなくてはならない。
何度も書いてはいるが、国策でソーラー発電をいくら普及しても雨や曇りが続けば、ただのガラスの箱だ。どうしても火力や水力に頼らなくてはならない。
今の技術では、電気を貯める事はできないのだ。大幅に蓄電用のバッテリーを普及する必要がでてくる。その為には莫大な費用と、レアメタルが必要になってくる。

どうすればいいか?簡単である。節約を目指すのだ!!

その一方で、技術革新を行うことです。一人勝ちを目指すのではなく協力して行うのです。共存ができなければ結局滅びるのですから。

もう延命措置では立ち行かないのです。そこまで来ました。おっと前置き長くなりました・・・。

さて本題。実家の婆さんの家庭菜園の豆類の収穫が今年は無かったらしいです。
年寄りの趣味の菜園だから、そんなに沢山は植えて無いらしいのですが、上陸した台風の直撃と、その後に、ほとんど虫に食べられたそうです。
完全無農薬の野菜だから、仕方無いと言うものの・・・。一度農薬を使った土地が無農薬で野菜が育つまでにはかなりの年月が必要だそうです。その間、土地を休ませる必要があるのだそうです。その期間は農薬の使用量にもよると思いますが、調べたら背筋が凍ります。簡単に言えば、一度農薬を使ったら、使い続けなければならなくなる訳です。
ちなみに、セイタカアワダチソウの役割知ってますか?

ヒントは、「風の谷のナウシカ」の中にありますよ

この話、人間が抱えている問題「そのもの」のような気がします。

コメント