趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

室内で12度

2016年11月30日 14時09分33秒 | つぶやき
しばらく寒い日が続きます。日陰の部屋は寒いです。なにやらブルガリア地方に大寒波が襲来しているそうです。

日本には2週間以降に影響がでるかもしれません。てことは・・・厄介な雪が・・・。その前に初雪があるのかな??

さて今日は、先日の鍋敷き焦げちゃった事件の続きです。

なんで、鍋敷きが鍋の底に貼り付いた?ですが、味噌煮込みの汁が鍋の底まで垂れて、うどんの茹で汁は粘着性が強いので、糊の役割をして、運悪く鍋敷きが鍋の底に貼り付いたようです。

それでも、鍋を持ち運ぶ時に、鍋敷きの重さで落下するのでしょうけれども、これまた運悪く、落っこちなかった・・・。

さらに、テーブルの上に置けば、「?何か変だ?」と気が付くのでしょうけれども、直接ガステーブルの上に置いたので、その機会もなかった・・・。

2重3重に偶然が重なり事件が起きたわけです。 

普段なら僕も鍋を火にかけてしばらくその場を離れるのですが、今回は冷凍したご飯を溶かす為に、その場にいたので発見は早かった。 これが大事に至らなかった大きな要因ですけどね。

いまさらのように、料理する時はガステーブルから離れたらダメという教訓を再確認です。

でも、おいらもすでにおっさん・・・二度とこんな事態はごめんなので、鍋にくっつきそうも無い鍋敷きを100均で購入しました。 写真はこちら  ↓


向かって左側は、コルク製。右側は金属製。 最近はいろいろな鍋敷きが売ってます。

コルク製はそこそこ重さがあるので、仮に貼り付いても、重みで落ちるでしょう。金属性は・・・貼り付きませんわな。

古い布製の鍋敷きをいつまでも使っていては・・・ダメでしたね
コメント

思いもよらない?出来事

2016年11月27日 12時34分49秒 | つぶやき
微妙に冷たい雨が降る当地です。昨日はもー薄手のジャケットでも少し歩けば汗が出るような陽気でしたが、今日は一転です。つーかさ・・・1日でこの変化は厳しいw。わかってはいるけれども、体はついては来ません。

さて、今日の話も実話です。 冬限定の話?いや、土鍋などを使うときは絶対注意ですよ。

もちろん、土鍋の使用が増えるのは冬なんですけどね~おでんに、味噌煮込みなどなど、土鍋の出動は半端内のですがね~。

それで、どんなお話かともうしますと、あわや火事になるところだったというお話です。

いつものように、キッチンへ行きますと、一昨日食べた土鍋においしそうな汁が残ってましてね~。

「その汁は味噌煮込みうどんの残り汁だから、ご飯でも入れておじやにして食べて~」といいながら出かけてゆく

毎度の冬の定番なんで、僕もこころよく「は~い」と返事。

いつもなら、食卓テーブルの片隅に置いてあるのですが、今日はガス代に置いてある。

さて、そろそろお昼なんで、ガスに火を付けて、とろ火でトロトロとおじやをつくろうかなぁ~と、ガステーブルのノブを回す僕。

「あれ?なんか焦げ臭いな・・・」

また、鍋の裏側にティッシュのかけらでも張り付いていたか? 直ぐに消えるだろう(いつも直ぐに消えるので)

正確には、小さなティッシュのかけらなどは直ぐに燃えてなくなるので・・・匂いも無くなるだろうと思って、

残り汁に入れるご飯を準備していると・・・「何だ、においが強烈になってきたぞ! 何か変な物でも貼り付いているか?」

と、ガステーブルを見ると、なんだか妙な黒い煙が見える・・。

ヤバイと思い直ぐにガスの火を止める。と同時に、土鍋のそこから火が・・・。

「なんだ~~~これは、とにかく土鍋を安全な場所に動かさないと・・・」

熱かったが、シンクまで土鍋を移動。残り汁に影響が無いように、水をかけ消火。

「ふー危なかった・・・危機一髪」

いったい何が貼り付いていたんだ?と思い、そーっと土鍋を持ち上げて裏をのぞくと・・・・なんとそこには・・・

焼け焦げた鍋しきが~~~~

で、写真はこちら ↓ 無残に焦げた鍋しき


この程度焦げただけですが、結構煙も目にしみて、臭いも強烈です・・・お陰で部屋中が焦げ臭い匂いに包まれる羽目に・・・このクソ寒いのに換気する羽目に・・・

ついてるんだか、ついてないんだか・・・。

被害は臭い匂いだけで済んだのでラッキーなんですがね・・・。

どうして、鍋しきが土鍋の底に貼り付いたんだろう? そこが一番の問題ですな。

それよりも、鍋などに貼り付かない素材の鍋しきを買うことにしました。

明日にでも、100均へ見に行く事にします。

思いもよらないところに落とし穴が潜む現代社会。 でも、今回の話は、仮にかまどでも起きたかな??

ガステーブルに、鍋や、やかんやフライパンをかけるときに、底まで確認しないからなぁ・・・。

もしかすると、そんな事もあるという事で、この冬鍋料理の時には、鍋の底にも注意してください。

かなりレアなケースだとは思いますけど。ま、何かの参考にして下さい。
コメント

この先も寒暖差激しいよ

2016年11月25日 18時47分27秒 | 環境に関する話題
関東方面は半世紀ぶりに11月の積雪?や初雪かと思えば、南の方ではこの時期に熱帯低気圧発生ですよ。

もちろん日本列島には接近しないですが、その余波で一時的に寒気の南下が緩みそう。

一時的なんで、12月の10日頃まで、寒気と暖気の綱引きが列島上で起きそう・・・。

要するに、午前中は真冬で夜に妙に暖かく感じたり、その逆で、今日は日差しが暖かいや~と思ったら、午後から急激に冷え込んできたりとか? まー日内変動が半端なさそうな日々が続きそう・・・。

でも平均すると、やや暖か目という話になる・・・のでしょうね。

僕も原付乗るときに、パッチ履かないと寒くて寒くて・・・凍えてしまいそうw。

財布も暖かな人とそうでない人に、きっちり別れそう・・・。

おいらの財布は寒くて凍結寸前ですが・・・。

こんなおいらだが、年末のお誘いはあるのだが、先立つものが無ければどうにもなりません(涙)。

お茶くらいなら何とかなりますが、うん千円の会費となると・・・断るのもつらいですけどね・・・。

そんな話はどうーでもいいか。

僕の観では、12月は20日頃までは、少し暖かな傾向で行きそうな気がします。(希望的観測)

やっぱり、ホワイトクリスマスかなぁ・・・適度な雪ならロマンチックでしょうけれども・・・。

もちろん、あくまでも観です。  データは5日頃までしか提供されてません。

そろそろ本格的な冬支度も必要かな。 
コメント

風が冷たい

2016年11月23日 12時15分26秒 | 環境に関する話題
地震や津波。酒税の一元化や配偶者控除の減額検討などなど、税制が大きく動けば、自然界も同様に動きます。もちろんそれだけでは無いとは思いますが、弱い者、また取り易いところから取る政策では、いずれ巨大な反作用となって現れる事でしょう。

ここ2日ほど、リフォーム疲れ(壁紙貼り)で、ダウンしていました。今も、首や肩・背中が痛くて痛くて・・・。

さて、23日以降は急激に寒くなると10日以上も前の過去記事にも書きましたが、やはり現実の事となりました。

刻一刻と風が冷たくなって行きます。 昨日などは、昼間は長袖では暑いくらいでしたが、今日は長袖でも寒いです。

空気が冷たく感じられ、マスクなしでは喉が痛いくらいです。体感的には10度以上の気温差ですよ。

陸地も収縮すると思いますよ。ですから、いつどこで地震が起きてもおかしくない物理的な条件は整った感があります。

おまけに当地は現在快晴です。 地震雲(なんとなく怪しい)の発生も確認できません。

行楽地へ出掛けている方はそれなりに注意をするしか無いですね。

家にいても同じですけど・・・。

軽く備蓄した飲み水や食べ物の消費期限でも確認しようかなぁ・・・。

この寒気、関東地方にどうも今夜雪を降らせる可能性がかなり高まっているようです。 積雪と判断されれば、11月の積雪は観測史上初めての出来事になるそうです。

さて、どうなる事でしょう。


コメント

壁紙のつなぎ目

2016年11月19日 11時02分09秒 | 節約アイテム
ジェットコースターならず、高速エレベーターに乗っているような気温の乱高下が続く当地です。

さて、実はおいら、友人宅で壁紙貼りを頼まれまして・・・。首はかれこれ10年ほど調子が悪く、10秒ほど上を向くだけで痛くなり(事故の影響やら年もあって)、目はまだ人工レンズに慣れていない状態。

ま、リハビリも兼ねてコツコツとマイペースで貼らしていただいているわけです。はい。もちろんお金などもらってません。ド素人のDIYです。

3年ほど前に購入したリフォーム済みの中古住宅(友人宅)ですが、もうすでに壁(板壁に塗装)は塗装のヒビだらけ。ボロボロとめくれて来ているところもある。

何せ目が悪いので脚立に登って近くでその事がわかりましたw。 

ほんとうは一部に貼るだけだったのですが・・・今流行のリフォームでね。ところが、あまりの酷さに、一部じゃなくて色々と壁紙を貼らないといけない箇所が出てきましてね・・・。

チョットしたリハビリが、長期リハビリへなってしまいました。

おまけに、綺麗に塗りなおしてあったジュラク壁もいたるところにカビが・・・。湿気の多い場所ではあるのですが、3年でカビが生えるとは・・・。手抜きリフォームか??ジュラク壁の件は、また今度として、今回は壁紙貼りです。

何せド素人。壁紙貼りなど生まれて始めての体験です。正確には押入れの壁になんどか貼ったんで初めてではないですが、人目に付く場所への壁紙貼りは初めて。

一枚張り終えれば、首や肩が痛くて痛くて・・・。なのでそう容易くは終わりそうもありませんw。

壁紙貼りの中でも一番の難関は継ぎ目です。 壁紙はネット通販でゲットしたのですが、そのマニュアル通りにやってもなかなか上手くは行きません。

よっしゃー上手くいった!と思っても壁紙は微妙に収縮するので、1週間ほどするとつなぎ目に隙間が出来ます。つなぎ目丸見えですw。

そんな時、良い方法を思いつきました。結局はつなぎ目をいかに見えにくくするか?なんですけどね。

この方法は壁紙が白の場合のみ有効。他の色はたぶん無理。

で、その方法とは?  論より証拠 下の写真はつなぎ目の写真です。
クリックで拡大

Aの隙間はB Cの隙間はD となります。遠くから見ただけでは、素人目にはわからないと思います。30センチくらいまで近づいて、よーくみればわかりますけど・・・。

ようは、2枚重ねてカッターで切る時に失敗して、その切り口が汚くなり、そのごまかし方なんですけどね。

ごまかすというと語弊がありますが、そこは素人です。 素人なりに考えた最善策ですよ。

壁紙の質にもよりますが、表面にビニールコーティングしてあるタイプには有効です。

で何を使ったか?ですが、これも余り物を使ったのですが、セメダインバスコークです。 風呂場の隙間などに使うやつです。普通にホームセンターで売ってます。もちろん本来の使い方ではありません。

でも、バスコークは防カビですし、乾いた状態である程度の柔軟性がありますのでうってつけかと・・・。

もちろん壁紙の合わせ目専用の壁紙材もあるようですが、ホームセンターでは見たことないです。

そんなかんなで、興味のある方は自己責任でやって見て下さい。

壁紙のカッター切りも、この修正も、一発勝負です。やり直しは効きません。 バスコークは失敗するとふき取りがほぼ不可能です。目立たないところで一度試して見てからね。



コメント