趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

ゴールデンウィークに向けて・・・

2016年03月31日 09時26分58秒 | つぶやき
雨が少し予測に反して、金曜日~では無くて日曜日・月曜日になりそうだ。また雨の日と月曜日復活??

さて、毎年の定例現象なんでしょうけれども、ゴールデンウィークに向けてガソリン価格が値上がりに転じ始めている。

以下は記事からの引用。

ガソリン、3週連続上げ=1カ月半ぶり113円台

時事通信 3月30日(水)17時0分配信

資源エネルギー庁が30日発表したレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(28日時点)は、全国平均で前週比0.4円高の113.3円となった。3週連続の値上がりで、113円台は2月半ば以来、1カ月半ぶり。原油価格の上昇を受け、石油元売り各社が前週までに卸価格を引き上げており、小売価格への転嫁が進んだ。

 都道府県別では、鳥取(1.5円高)、山梨(1.4円高)など39都府県で値上がり。値下がりは北海道(0.2円安)など5道府県で、横ばいが3県。調査を担当する石油情報センターは、原油価格の上昇を受けて「来週もガソリンは値上がりするだろう」と予想している。

引用はここまで。 

ようやく、あまり経験の無いような寒暖差の激しい冬が終わり、身も心もウキウキする春の訪れなんだが、行楽シーズンに向けてガソリンも値上がりするようだ。

個人的には、5月頃には、目の状態も安定期に入るはずなので、少しずつ外へ出ようか?と思い始めた矢先である。

とても残念だ・・・。

そういえば、友人の話だが、一昨日ガソリンを入れたら、先週と比べて、すでに4円/リッター(レギュラー)値上がりしていたそうな。

ジワジワとガソリン価格も上がり基調かぁ・・・。

そういえば、食卓塩も24年ぶりに値上げだとか・・・。3割ほど値上がりするそうだが・・・。

食料品全般に影響がでるだろうなぁ・・・。
コメント

気になる人だけに

2016年03月30日 15時12分39秒 | 環境に関する話題
各地で桜が急速に咲き始めているようです。そりゃこの暖かさですからね・・・。

さて、今夜当たりは各地で夜桜とか見頃なのかもしれませんが、最近めっきり何も報道されなくなりましたが、PM2.5が確実に降り注いでいます。

特に愛知県全域・岐阜県南部~東部は多い予想になってます。

今日のうす曇は、もしかするとPM曇りかもしれませんよ。単なる春霞ではないようです。

なので、敏感な方は、花粉症対策のかなり重装備バージョンがお勧めなんですが・・・。

飲み食いするのに邪魔になるからなぁ・・・。雨も気になるところなんで、さーっと眺めるだけがよろしいのでは?

もちろん、PMも花粉もなーんも影響の無い方もおられるので、あくまでも気になる方への情報です。


tenkijpのPM2.5飛散予測なんぞを参考にしてくだされ。

おいらは、手術後まだ一ヶ月も経っていないので、おとなしく引き篭りです。

コメント

世間は桜?

2016年03月29日 11時50分31秒 | つぶやき
今日も良い天気に恵まれているの生息地です。 桜前線北上中だそうで。今年のおいらには全く関係ない話。

ま、近所の名も無い桜さんくらいは見えるかもしれませんがねー。

さて、今週末に花見を計画されておられる方も多いでしょう。そこで気になる天気ですが・・・。

毎度の事ですが、現時点では絵に書いたぼた餅的な予想ですけど、コンピュータは金曜~月曜の午前中にかけて雨風が強まる予測をシュミレートしています。

もちろん、列島全体を雨雲(当然前線ですが)が西から東へと抜ける感じ・・・。

3月の中旬移行ずっとそんな予測がされては修正されているので、今回も修正される可能性はかなり大です。

今の所は、雨の4月1日エイプリルフールの公算が高いです。

きっと、雨の方が売り上げがあがるのか?晴れの方が売り上げがあがるのか? 蓄積されてマスデータで演算している事でしょう。

時間と余裕のある方は、金曜日までに花見を済まされる事を一応お勧めします。

なんたらミクスの成功のプロパガンダで、2月の消費支出が1.2%増だとか・・・。2月って○国の爆買い入ってませんよね?

政府様の正確なデータでしょうから、そんな事はないですよね・・・。海外の観光客の方々の消費は含まれてないですよね。

最近は、出張でも土曜・日曜のビジネスホテルの予約も出来ませんし、高くて泊まれませんよ。

なになに・・・支出の伸びた内訳は?

交通・通信が+3.9%。食料が+3.3。インフルエンザ増で影響を受けた保健医療は+13.1%。授業料の支払いなどで+17.9%

病気の出費も、親が必死にやりくりしている子供の授業料もデータに入っているようです。

一方マイナス要因は・・・光熱・水道・被服・履物・家具などどちらかと言うと生活に密着した要素はマイナスです。

で、平均すると1.2%増になるようだね・・・。


おいらも、2月は医療費を使った・・・なけなしのお金が消えて行きました(涙)。


つーかさー、病気増えたら消費支出増えて、データ的に景気が良くなった~良くなったって・・・。

それ? どこかおかしくない?

しかも、毎年値上がりする授業料なんかもデータに入れたり・・・。食料だって、軽く5%以上値上がりしてるし・・・。

数字のマジックでどうにでもなる世界ですから・・・。

そりゃ、関東に雹や霰が降りますわな。

今日も、見切り品でちょっと前の見切り価格よりも高いシュークリームを半分ほうばるでありました。

なんで半分かって? 残り半分は午後のおやつです。


コメント

今日は午後から・・・

2016年03月26日 17時55分05秒 | つぶやき
春の嵐(台風モドキ)は、コンピュータシュミレーションの予測に反して、列島からかなり遠くを進んでくれた。

お陰で、今日も明日も天気は良さそうだが、どうやら午後から夜にかけては太平洋側では崩れそうだ。

しかし、今日の午後からなんとなく空気が変わった気がする。なんだろう?

昨日・一昨日と風が強くて、風の音が一日中鳴り響いていたせいなのかもしれない。

月末の土曜日なので、メイン通りの車の交通量は多い。鳴り響くのは、マフラーを改造した迷惑車とバイクの音だけだ。


今月に入って、いろいろな事の清算が始まっているようだ。

清算と云えば、お金を思い浮かべるが、今始まっている清算は心の清算であり、大きなククリでとらえるなら因果の清算。

富める者も貧しきものも、共に同じ時間軸に存在している。その巡りの中で大きな清算がなされる・・・。





コメント

LED光源と白内障の関係・文明光源は真実を照らすのか⑦

2016年03月25日 09時39分05秒 | 目に関する話題
このカテゴリーは暫く更新してません・・・。つーか、もう僕の水晶体は人工物に替わってしまったので、いまさら意味が無い・・・。しかし、今後の為にもボチボチ更新して行くつもりです。

そんな中、またも偶然に見つけた記事をのっけます。

おそらくはLED光源と白内障の関係・文明光源は真実を照らすのか ⑤で紹介した記事の続編?と思われます。

以下は記事からの引用です。

アメリカと中国の研究者が共同で白内障の新しい治療法を開発
2016年03月11日

アメリカと中国の研究者は、最小限の外科手術によって幹細胞を活性化させ、はっきりと見えて正常に機能する水晶体を先天白内障を持つ子供の眼の中に再生させるという新しい治療法を編み出しました。
先天白内障とは、先天的な素因によって生まれつき水晶体が混濁する病気です。この病気は、染色体の異常、子宮内感染、または全身疾患・症候群な様々な原因によって発症します。

アメリカペンシルべニア州にあるピッツバーグ大学医学部の細胞生物学者であるジェームズ・ファンダーボーグは、世界でも有名な学術雑誌『ネイチャー』の取材で、「この治療法は外科手術手法の形を変えたにすぎない。人工的に作られた水晶体を眼の中に入れているのではなく、元々ある水晶体自体を再生させているのだ。」と語りました。

今回の治療法の開発は、カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部に付属しているシャイリー眼科病院の研究者と中国からの研究者で構成された研究チームによって行われました。白内障の治療は、通常、眼内レンズとも呼ばれる人工の水晶体によって行われますが、この水晶体を患者の眼の中に移殖した後に患者自身の細胞が覆いかぶさるように成長し、水晶体が曇ってしまうという事例が過去に何件も発生していました。

この事例を受け、眼科医で研究チームの一員であるカリフォルニア大学のカーン・ジャーンと中国広東省にある中山大学のイージー・リウは、人間の体が水晶体全体を再生する事が出来るのかをどうかを調べるために実験を開始しました。彼らは、動物で実験を行って成功を重ねたのち、手術技術を応用して、先天白内障に侵されている12人の幼児にこの新しい治療を施しました。

これまで先天性白内障に対しての治療は、眼球の中心に6ミリの切り目を入れ、水晶体を取り出して人工のものと置き換えるという方法が主流でした。しかし、この治療法では、水晶体の上皮幹細胞の多くを失ってしまうという事になります。

一方で、新しい治療法は、眼球のわきの方に1.5ミリの切り込みを入れ、水晶体を取り除き、水晶体の上皮幹細胞から新しい水晶体が作られるように促進します。この新しい治療法では、術後の合併症の発症率が非常に低くなり、17%にまで抑えられます。ちなみに、これまでの治療法での合併症の発症率は92%でした。また、この治療法により作られた新しい水晶体は、人口の水晶体のように後々曇ることが無いようです。ところが、この治療法には欠点もあり、子供よりも水晶体の再生スピードが遅い大人には効果が期待できないとの事です。

人間の体の再生能力を利用した治療法とはすごく画期的ですね。再生された水晶体は、人工の水晶体のように曇らず、手術後の合併症も少ないようですので、この治療法が普及すれば、先天性白内障で悩まされている多くの子供たちが救われる事になるでしょう。

大人の白内障への治療法としては有効ではない点が非常に残念ですが、子供の白内障治療は徐々にこの方法に切り替わっていくのではないかと思われます。医学の進歩を支える研究者たちには、これからも素晴らしい病気の治療法をどんどん開発していってほしいものです。

 引用元 http://applist.cctvnews.cn/publish/website/data/data/2016/03/10/1246108/detail.html

記事からの引用はここまで。 引用元はどうやら CNNニュースのようです。

この記事によれば、子供の先天性の白内障の治療はどうやらかなり未来が開けているようです。

大人はこの方法では、再生は不可能みたいですね・・・。

点眼薬関係も、詐欺サイトがあったり効果が出るのに時間がかかったり・・・また、個人輸入でおまけに色々な制約があるみたいで、ホントのところどうなの?というのはある面、雲を掴むような感じ・・・。

ま、僕も情報収集しながらも、手術せざるを得ない状況になって、結局オペでしたから・・・。

ただやはり、持って生まれた細胞。しかも、一生変わる事の無い細胞(自己代謝しない)を大切にしていただきたいという気持ちは今も変わりません。
コメント