趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

なんだか様子が変だな・・・

2012年11月30日 15時47分19秒 | 環境に関する話題
今日はなんだか不気味に暖かい・・・昨日までが寒すぎたのか?
治療の成果なのか顎も少しよくなって来ました。やっとから揚げが食べられそう~♪。
でも、大きな口を開けると・・・やっぱり痛いな・・・。完治には時間がかかりそうです。

さて、岐阜県の友人の話ですが、スタッドレスタイヤの交換予約でスタンドもカー用品屋さんもいっぱいだそうです。なんとか空いている日が4日後・・・。

なんか予約が殺到したみたいで・・・今日は、こんなに暖かいのに・・・。
何かが集中するってのも、現代文明の盲点です。

日曜日辺りは、山間でも雪の予報が出ています。積もらないと良いのですが・・・。

の住む地域まで南下するにはもう少し時間がかかりそうですが、それにしても大陸の寒気は強烈だな・・・まるで新しい極が生まれている見たい・・・。



コメント (2)

もうすぐ12月です

2012年11月29日 15時02分56秒 | 環境に関する話題
今日は風は冷たかったですが、比較的太陽は暖かでした。

来週からどうも真冬並みの寒気マイナス30度が南下してきそうです。

もちろん上空1500メートルの話ですけどね。雪を降らせる目安のラインが南下しそうです。山間では早めにタイヤを冬用に交換した方が良さそうです。

大陸の方面へ視点を移しますと・・・

とても大きな寒気の塊が居座って、さらに拡大しています・・・。

もしかするとこの冬はかなり寒い冬に?  嫌だ嫌だ・・・考えたくないのですが、今の所暖かくなる要素が見つかりません。

来週は、寒さが一段と強まりそうです。色々と用足しがあるのに困ったものです。

自然界の都合でしょうから、これも仕方が無いことなのでしょうね。

コメント

電気代の値上げですか・・・

2012年11月27日 10時07分20秒 | 環境に関する話題
関西電力・九州電力おそらくはすべての電力会社がそうなるとは思いますが、電気代の値上げだそうです。

電気代には留まらず、すべてに波及して来る事は確実・・・。あーあ・・・なんとかこれまで文化的な生活をするために節約をしてきましたけど、そろそろ節約も限界に到達しそうです。

これからは、どの文明の利器を捨てて行くかの作業になって行くけど・・・もう捨てる物も無いし・・・。
お医者も、歯医者(歯は自分ではどう転んでも治せない・・・)以外はほとんど行かないし・・・当然、医者へかかる余裕など我家には無いのでね・・・。注射嫌いだし、検査嫌いだからってのもありますけどね。 

話変わりますが、灯油はやっぱりどこも高いようです。 電気代の値上げの理由に、燃料費の高騰が挙げられていますが・・・。

節約の余地のある家庭はともかくとして、もうギリギリまで節約している我家なんかは、
しかありません。?ヤッターではないですよ。お手上げです。←心の中の話。

実際は、今の使用量実績で、どれくらい金額に反映されてくるかを見極める必要もあります。100円以内くらいなら何とかと思いますが、毎年上がって10年経ったら1000円ですよ。事は電気代だけでは済まされないのでね。物凄~い未来が・・・・。      

今日は、冷たい北風が強く冷え冷えですが、太陽さんは輝いています。
兎にも角にも「今日を大切に」過ごすしかありませんね
コメント (2)

近未来予想

2012年11月26日 21時00分14秒 | つぶやき
2009年頃に近未来小説なるカテゴリーを作り、2010年に一部を書き加えた時に日付が変わってしまったのだか・・・こんな妄想をしていました。記事にジャンプしますこの記事は2009年頃に書いてた記事・・・。

以下は今日のニュースからの一部引用です。

「予想外の寒さ…東電が100万キロワットの融通を緊急要請 東京電力は26日、気温の大幅低下により電力需要が見通しより上昇したとして、他電力4社から緊急の応援融通を合計最大約100万キロワット受けたと発表した。応援融通を受けるのは、福島第1原発事故直後で計画停電を実施した昨年3月以来。」

地球環境の激変に文明はついて行けないでしょう・・・。もちろん文明に慣れ親しんだ私達も。

そんな中でも、淡々と生きてゆかなくてはなりません。人として・・・。

能無し親父の戯言ですよ。戯言・・・。参考程度って事で。?参考にもなりませんね。
コメント

言葉の由来の一つ

2012年11月26日 11時00分55秒 | 環境に関する話題
今日は朝から天気悪いです。午後から本降りだなぁ・・・洗濯物も乾かないな・・・。

さて、今日のテーマ「言葉の由来」なんですが、当たり前だと考えていた事。疑いもしなかった事が実は「嘘」って話です。

色々あるでしょうけど、少しもみじについて調べてみてビックリです。

歌にもあるように、カエデとモミジは違う種類の樹だというのはわりと知られている?と思います。(目の悪いおっさんはデがヂに見える・・。変換すると違いはよくわかるのだが・・・。おっさんは置いといて)

しかーし、実はモミジという学術名(植物分類学的な)は??ない・・・のです。

なーんと、すべてカエデ科の樹だった

ですから、正確には全部カエデ科の植物で、その葉の形態が5本の指のように分かれているのが「もみじ」で、水かきのように途中で繋がっているのが「かえで」と勝手に区別されているようです。表現は難しい・・・。何せ仕入れたばっかりの情報なんで。
この情報を知るまで、もみじの樹があると思っていましたからね~。

かえではの手が語源のようで、葉っぱもそれによく似てますね。

ならもみじは?カエデ科の植物のなかでも特に5本の指のように分かれている特殊な種類をモミジと呼ぶようになったそうです。代表はイロハモミジですね。イロハモミジもカエデの樹になりますね。

もう少し調べてみたら、「紅葉を見に行く」とか、「もみじを見に行く」というのは、特定の樹を見に行くわけではなく、秋に色が艶やかに変わる山並み全体を見に行く事になるようです。
また、もみじの由来は平安時代にさかのぼるらしいですよ・・・。

なんと歌にあるように、「秋の夕日に照る山もみじ、濃いも薄いも数あるなかで、中略
かえでやつたは・・・」と続きますね。

歌に出てくる「つた」もモミジの一つ。知らなかった・・・・→

どうりで、木々の幹にくるくる巻き付いている葉っぱも赤や黄色で綺麗だな~と思っていました。彼らも、もみじの仲間なんですね~。

そんなわけで、「紅葉」(もみじ)漢字に変換するとこうなりますが、色ずく山並み全体の事だったんですね。

俗語として今では、かえでの中でも、5本の指のように先が分かれている特定の種類を
「もみじ」として共通認識しているようです。←くどいかな・・・。

ちなみに、この5本の指に別れている特定の種類のカエデが自生しているのは、世界広と云えども日本だけだそうです。外国ではほとんどがカエルの手のようなカエデだそうです。誰かが植えたなら知らないけど・・・。

うーん。不思議の国日本。この国の自然を本当に大切にしたいですね。

灯台元暗しといいますが、この国のすばらしさを改めて感じました

「かえでともみじ」この辺りの記述は検索すればたくさんありますよ。
コメント