趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

猛暑と雨の繰り返し(菜園)

2017年07月30日 09時48分00秒 | 環境に関する話題
晴れれば35度を超える猛暑。降れば短時間記録的降雨の愛知県です。なるようにしかならんですわ。

さて、岐阜県の友人宅も例外ではなく、先週の天気はベースはまるで梅雨空。 雲の合間から太陽が覗けばそこは灼熱地獄。

だいたい33度を超えない地域でも軒並み35度を超えるようでは色々と問題が発生する。

そして、一端雨が降れば大粒の雨が一瞬だが落ちて来る。 

何が原因かよくは分からないが、僕が楽しみに育てていた黄色のミニトマトが突然に枯れてしまった。

何の前触れもなく、一日にして立ち枯れしてしまった・・・。

何せタタミ2畳にも満たない小さな菜園なんで、ミニトマトも2本しか植えなかったのだが、そのうちの1本が・・・

そのミニトマトは、花は咲いてもなかなか実が付かなくて、ようやく30個ばかし実を付けて、ここんとこの暑さでやっとこさ黄色くなり始めた矢先の出来事・・・。

色々と原因は考えられるのだが、素人では分析も妄想の域を出ない。 出来る事は、最悪の病気を想定して処理する事だけ・・・。

根はしっかりしていたし、立ち枯れ病特有の白い汁も出てこない(ネット情報より)。深くまで張った根を抜いていると、大きなカナブンがいたので、もしかするとこいつが大切な根を切ってしまったのかもしれない・・・。


今年で菜園を初めて何年かになるのだが、色々と学びは多い。 

植物(雑草は別)の根などは、少しばかり切れても他の根があればなんとかなるさ~などと簡単に考えていたのだが、想像以上に繊細で、ある一部分の根が何らかの原因で切れてしまうと(何せ場所が狭いので、植え替えなどで何度も経験した。)その根に対応した葉や茎が枯れてしまう。まるで、人間の脳と体の様々な器官や細胞が繋がっているように・・・。

一方脇目などは切り取ってもなんら弊害が無いので、いかに目に見える部分では無く、目に見えない部分が重要であるかが分かる。

一事が万事。人間生活における様々な事象も目に見えて聞こえる(報道される)部分よりも、目に見えない報道されない部分が、いかに重要であるか・・・。

昨日までまったく問題なかった事柄も、たった一日で状況が変わる。 それは目には見えない何かが「切れた」事によって生じる。あるいは意図的に切られたか・・・。

毎度のごとく妄想と現実を交錯させながら書いてしまったが、真面目な結論としては、

品種改良して造られたハイブリッド種のミニトマトは、路地での無農薬栽培には向いてないのかもしれない。

やはり、適切に管理された農場や、化学合成薬品下での栽培がベースなのでしょう。

来年は水耕栽培も真剣に考えようかな・・・あお金が無かったw。


追記・・・不運にも立ち枯れしてしまったミニトマトの名前は「つやぷるんゴールド(サントリー)」です。

実は植えて直ぐに1個だけ実を付けて、それを食べたら・・・なんとトマト大嫌いな僕でも、甘くてまるで何かの果実を食べているようだったので、かなり大切に育てていた・・・それだけにショックも大きい

トマトが悪いわけではなく、植えた環境が悪かったかな?

あまりにも甘いものだから、ヨトウ虫や他の虫も青い状態からかじられてましたw。虫も寄り付かない普通のミニトマトとは全く違ってましたよ。

なので、適切に管理された農場や、適切な除虫(農薬を含む)での栽培がベストという結論に達しました。

野菜工場なんかが最高の環境だな(虫は付かないし)・・・お金があればなぁ・・・無いものねだりですがね。

トマト大嫌いな人も、このミニトマトなら食べられますよ。
コメント

セミの鳴き声に見る今

2017年07月28日 09時19分17秒 | 環境に関する話題
突然の雨で多少は過ごし易くなった当地です。この記事は昨日アップするつもりでしたが、またも強烈な目眩に見舞われて昨日はダウン・・・。パソコンの画面を見ていたらいきなり目眩に襲われました。

linux系のOSを更新してたのですが・・・もしかして、電磁波の影響か??

そんなわけで、改めて「セミの鳴き声に見る今」なんですが、友人宅では、7月の頭にクマゼミの鳴き声が聞こえてました。 その後、梅雨明け宣言とともにセミは鳴き止み(雨の日が多く)、雨の合間に聞こえてくるセミの鳴き声はなんとニイニイゼミ。

普通の季節変化ならば、6月(早ければ5月下旬)~まずニイニイゼミからスタート。その後夏らしくなるにつれて、アブラゼミが始まり、夏本番でクマゼミ。そして晩夏の頃になるとツクツクボウシとセミの種の交替が起こるのですが・・・。

流石は何でもありの2017年夏です。 この時期にニイニイゼミの大合唱。

一方僕のアパートのある愛知県のとある地域では、今日もクマゼミの大合唱です。

何が書きたいかですが、岐阜県でも中部山岳地帯が近い(遠目に見える地域)では、さまざまな自然環境が今は6月だよと教えてくれているのでは?という事です。

今年は何度も季節が進んだり、戻ったりを繰り返しています。自然豊かな地域では、虫たちが敏感に季節変化を感じ取って、その時時に見合った「鳴き声を」見せてくれます。

8月に入れば、愛知県ではほぼ鳴き声を聞く事の無いヒグラシの鳴き声を聞くことが出来ます。

運が良ければ、これも愛知県では滅多に聞く事のできないミンミンゼミもたまに聞けたりもします。

でも、今年はどうなるか?わかりません。

愛知県の平野部は、多少の揺れ戻しはありますが、セミの声を聞く限り、大きな環境変化はなさそうです。

確実に言える事は、去年の夏に比べて「暑い」事は間違いないですね。

皆様のお住まいの地域でも、セミの声に耳を傾けてみて下さい。 今がいつなのか?がわかりますよ。
コメント

わが家の7月(2017年)の電気使用量実績

2017年07月26日 21時50分26秒 | 電気使用量実績
7月に入ってからの強烈な暑さ。当然電気使用量に影響が・・・。正直前年実績などあてになりません。

参考にもなりません。 季節変動が半端ないですからね。

そんなわけでわが家の7月の電気使用量実績が判明したのでのっけます。

今月は115kwhとなりました。

ほんと参考程度ですが、前年同月実績は96kwh。+19kwhという結果に・・・。

そりゃそーでーしょーこの暑さですからね。冷蔵庫もフル起動ですよ。エアコンはフル起動はさせてませんけどね。

全国的にはどうなんだろう?と、毎度のエコ度チェックのサイトによれば、3人世帯の全国平均は金額ベースで
8690円。 目標値が7070円に設定されてます。

6月が比較的涼しかったから、全国的にもびっくりするほどの金額ではないですね。 

わが家は、消費税+再エネ賦課金込みで約3000円となりました。全国平均の半分以下には収まってます。

一応しとこw。

気象庁の向こう3ヶ月予測では、今年の夏は残暑も厳しく10月頃まで高温傾向が続くとされています。

なんだか、頭が痛くなってきますよ・・・。

節約よりも適切な冷房使用も考えないと・・・それでも生活のベース使用量が少ないからなんとかはなるとは思いますが・・・。

しかし、再エネ賦課金が303円も付いてる。これが無かったら割安感は半端ないのですけどね。

頑張ってもカテエネポイントは一月20ポイントがせいぜいです・・・(涙)。

生き抜くための節約生活はまだまだ続きます。

コメント

幾度となく・・・

2017年07月25日 16時50分14秒 | 環境に関する話題
日差しが無いのに暑い。もう何をかいわんやです。

さて、気になる台風ですが(台風5号)、やはり8月の声を聴くと列島に接近あるいは上陸の可能性が。

列島のどこに上陸してもおかしくないシュミレーションになってます。

雨不足の解消になる恵みの雨ならありがたいのですが、そうは行かないのがこの世の流れ・・・。

別の角度から眺めれば、5号が迷走している間は、スッキリした夏は来ないとも言えます。

家庭菜園をされている方々の話では、今年はキュウリの足が早いそうです。ゴールデンウィーク頃に植えたキュウリはすでに上がったそうです。

もう秋キュウリや秋茄子の流れ。

そいや、いつの間にかセミの声も止んだ気がします。

天気予想は書けませんが、幾度と無く降る雨を参考に進路を予測して下さい。

同じこと何度も繰り返します。

ここまでが、天気に関する話題ですが、ここからは暑い夏に起きそうな身近な話題です。

以前に暑い夏はゴム系パーツの故障が多いと書きましたが、もっと身近に両面テープでくっつけてある物が軒並みやられ始めました・・・

冷暖房の効率を良くするために以前窓の内側に貼ったプラダン。両面テープで貼り付けたのですが・・・無残な結果に。

暑い夏は思わぬ出費がかさみます。

おそらくはポリウレタン素材の服なども加水分解が進む事と思います。 タンスの中にしまった冬服のジャケットなども一度点検をお勧めします。

相当裕福な家庭でないとクローゼットの中やタンスの中までは空調してませんからね。

一端加水分解が進んだポリウレタンは周りの服を巻き込んで悲惨な状態になりますからね。

安物の懐中電灯のグリップなどもネチョネチョになり易い箇所です。

非常持ち出し袋の点検もそろそろ必要かもしれません
コメント

まるで植物園

2017年07月24日 20時18分27秒 | 環境に関する話題
冗談で梅雨明け宣言の後の梅雨と書きましたが、ホントにそうとしか思えない当地です。 室内で湿度80%オーバーですよ。もーたまりませんw。

まー梅雨と言えばこんな感じですから、その地方地方でじゃっかん違いはあるのでしょうけれども、今が梅雨の真っただ中!と思えば納得できるかな??

さて、先日より友人宅にお邪魔していましたが、持病の目まいの炸裂やらなんやらで、昨日・今日と雨の合間を見計らって菜園の手入れを遂行。

もーキュウリもジャングル状態w。 おまけに、まるで植物園の中にいるようなムシムシ感で、宿敵のアブラ虫がウジャウジャと・・・一昨日まではいなかったのに・・・。

さらにさらに、今年は少し糖度の高いミニトマトを栽培したものですから、ヨトウムシが食べごろのミニトマトを食い荒らす始末

虫さんとの共存などと手温い事を言っている場合ではないです。かといって完全無農薬で栽培しているので農薬を使うわけにも行かず、ひたすら見つけては・・・アリさんの餌に。

アリさんも学習したらしく、おいらの姿を見ると集まって来ますw。

ヨトウムシ駆除は完全忍耐勝負。微妙なやつらの動きを察知しながらの交戦です。なんとなくいそうな場所(大きめの葉の裏側とか)を片っ端から探すローテクですけどね・・・。

3時間格闘しましたが、駆除出来たのはわずかに3匹・・・。 今朝には、こちらの攻撃をあざ笑うかのように今年豊作のシソ(去年は散々でした)が食い荒らされました。

おまけに、目に付く場所に大きなフンまでしやがって・・・怒りマーク×5ですよ・・・完全に馬鹿にされてるな・・・

ヨトウムシやアブラムシとの戦いは無農薬家庭菜園にとっては付き物ですが、収穫間際にやられるとさすがに悲しいものがあります。

大きく実ったミニトマトが何個やられた事でしょう・・・涙。

キュウリだけは防虫ネットで菜園を完全に覆ったので、キュウリを食べる虫系は来ませんが、アブラムシは防ぎようがありません。

この時期にアブラムシが異常に発生するとは、やっぱり季節が狂っているとしか思えませんね。

去年は5月に異常発生してますから・・・。

夏の暑さに、ジメジメ感がアドオンされて、亜熱帯のような・・・だから植物園の熱帯雨林コーナーみたい。

そんなかんなで、汗だくの2日間でした。

全国的には、マダニや他のダニ媒介の感染症被害が昨年同時期の1.3倍だとか。 

列島の亜熱帯化の深刻度も増しているようです。
コメント