趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

今日のお昼

2009年02月28日 13時26分37秒 | 節約な料理
今はホウレンソウが安い

昨日愛知県産ホウレンソウひと束78円だったので思わず買ってしまった。

今日のお昼は、ホウレン草のソテー卵風味である。

は茎の部分と、葉の部分を分けて炒めるのだ

材料・・・ホウレンソウ2束  156円
卵・・・・2個        約25円
ハム・・・少し        約80円
調味料・・・コショウ、コンソメブイヨン

以上3人分・・・・・・・・・・約87円

これにご飯を入れて・・・・・・約100円かな

おかずとごはんで1人100円なら、一応合格なのかな?

写真は右が、茎で左が葉っぱの卵和えです

「あまい!4人分なら合格だな

「もう少し、勉強いたします

「所で、料理のブログ始めたの?

「最近、料理よく作るからたまには載せようかと・・・

「ふーん。天気いいから洗濯よろしく

「今日も、家事に追われるのであった」

ではまた


 
コメント

節約ネタでは無いですが・・・

2009年02月28日 09時47分08秒 | Weblog
は菜の花と、かすみそうが大好きである。

今年も見に行けそうも無いので、せめてテンプレートにしてみた

白く小さな花々と、黄色く小さな花々を見ていると、心が透き通って来るのだ。

ではまた





コメント

ゲームと言えば

2009年02月27日 13時30分58秒 | Weblog
今時ゲームと言えば、DS、WILL、モバゲーでしょう

我が家では、家族でするトランプとか、漢字ゲームなんです。

ちなみに、willもモバゲーもやりません。

PCでもゲームはやりません。

ゲームらしい物と言えば、箱に入った新品同様の、スーパーファミコン
と、中古でもらった、プレステ1だけです。

ソフトもほとんどありません。簡単に言えば、ゲームと無縁な家族です。

味方を変えたら、昭和40年代家族?家庭かも知れません

子供たちが、やりたがらないからなのですが。目が疲れるから嫌だそうです。

それはそれで、いいことだと思っております。

ゲームの為に、時間を食われ、ゲームの為にソフトを買う・・・。


は、PCでできる、FLASHゲームで、十分です。

そんな、子供が、DSをおじさんからもらったらしく、隠れてやってますが、

30分が限度のようです。すぐに飽きるようですし・・・・。

最近天候が悪くて、思うように充電できない・・・・・・。

太陽を利用するのは、天候が命ですな

ではまた

コメント

最近のLED電球

2009年02月25日 20時06分39秒 | Weblog
電球色 定格寿命30,000時間 電球30ヶ分相当

40ワットLED電球 Light of AMERICA 純正,電球色, 40ワットの明るさを1.5ワットで実現 省エネ エコ電球 卸価格

以上記事より

最近今の電球の金具に取り換えるだけのLED電球がめだってきた。

商品も、今までのシリカ電球の20w~40w位の明るさ感があるようだ。

消費電力は3wが主流のようです

価格がこなれて来たと言っても、二千円以上はする

試しに買ってみるか~とは行かないのが我が家の事情です。

どなたか、興味のあるかた試してみては?

ヤフーショッピングからの気になる商品でした。

ではまた
コメント

これすぐれものか?

2009年02月24日 10時27分30秒 | Weblog
ついに一石二鳥、三鳥の商品を発見!!

ダイエットしながら発電できる商品。

携帯の充電から100w以下の電気器具も使えるらしいのだ

まわしてチャージ 充電丸 の紹介

「ペダルをまわすことで、自家発電ができてしまうというアイテムだ。1分間に45回転以上のスピードでこぐと、発電スタート! これを毎分45~90回転のスピードで回していく。ペダルは足でこいでも、手で回しても、前回転でも後回転でもOK! 通常は、電気がたまったら使い、なくなったら充電するのを繰り返すことになるわけだが、フル充電の目安は平均60回転/分で約15時間となっている。充電中は赤いランプが点灯し、フル充電が完了したら緑色ランプが4つ点灯して知らせてくれる。

充電が完了したら、バッテリーをユニットから取りはずして使用する。バッテリーには、AC電源とUSB電源の2種類が装備。AC電源なら、デジカメやノートPCなど消費電力100W以下の電化製品に対応してくれる。それに、なにかとUSB電源で充電する機会も多いので、使い勝手もバツグンといえる。また、LEDライトも搭載しているので、緊急時にも活躍してくれそうだ。充電したバッテリーは、室内だけでなく、キャンプや登山など、アウトドアシーンにももってこい。

本体自体は約4kgと、決して軽くないが、片手で十分に運べる重さ。大きさもタテ・ヨコ・幅ともに約30cm弱だから、リビングにおいても邪魔になることはなく、テーブルの下においてもスペースをとることはないだろう。

フル充電には約15時間(!)と、そうそう容易ではないが、自分でせっせとこいでためた電気を使う楽しみはまた格別ではないだろうか。」

以上記事より

ここからがの意見です。充電電池におそらくシールドバッテリーを

使っているから、バッテリーに寿命がある。といっても通常3年位は使えるので

もしもバッテリーのみを交換したとしても1万円はするから、本体価格が1万円前後なら、買っても損は無いと思います。

この不況、ちりも積もれば山となるで、少しの電気でも自分で作る気持ちが

大切と思います。

ちなみに、これだけのシステム自分で作ろうとしたら、半年はかかるな・・・。

3年間故障しないで使えたらの話ですがね。

ではまた

コメント