趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

生暖かい風

2014年11月30日 13時25分26秒 | 環境に関する話題
昨日は冷たい雨じゃなくて生暖かい雨が降った。朝窓を開けるとこの時期には珍しいなんとも云えない暖かな風が吹き込んだ。「嫌な風だ」ふとつぶやいた。

寒気のデータを見てビックリ。今日の9時の時点で、寒気は北緯40度ラインよりも北にある。それだけ太平洋側からの湿った暖かい空気による雨だった事がうかがえる。

ところが3日の水曜日の午前9時時点で、北緯32度ライン(熊本あたり)まで南下する予想になっている。上空5000メートル・マイナス24度真冬並みの寒気だ。

上空1500メートル・マイナス6度の平野部でも雪を降らす目安の寒気も広く西日本全体を覆う。
もしかすると各地から初雪の便りが増えるかもしれない。

明日から寒気が南下する。わずか2日で上空の気流が一気にマイナス30度付近まで冷え込むわけだから、北極振動の影響は凄まじい。


こっから先は妄想を交えた偏見なのでスルーして下さい。


シベリアや北欧地方の永久凍土(最近はめっきり少なくなっているそうだが)から見つかる恐竜の標本からは急激に凍りついた形跡が多く見られている。大規模な北極振動が発生すれば日本も空想・妄想の世界の話ではなくなる。

様々なエッセンスはSF映画の中にちりばめられている。インデペンデンスデイ・ザコンタクト・ザデイアフタートゥモロウなどなど例をだせば切が無いが、その中には極秘対応策までも暴露されている。

人間の考える事は皆同じだ。現実にできるかどうかの違いだけである。

現代医学は悪い箇所は切り取る。さもなくば移植する。その側面からはとてつもなく発達した気がする。しかし、地球はそれが出来るだろうか?

とてつもなく巨大な第三者が汚れた箇所を切り取る事ができるだろうか?おそらくは出来ないだろう。

かつて、彗星を捉えて突入させた事もあったが・・・。

恒常性が様々な振幅として環境変化をもたらしていると考えるべきではなかろうか。自分で自分の体の異常個所を見つけて治療を始めたと捉えるのが自然ではないだろうか。

北極振動が激しくなれば、どこか人類のありようがこの星に適していないと地球が訴えているのではないだろうか。などと妄想してみた。


追記・・・1時間ほど前に非常に長い地響きの様なとても嫌な音を感じました。何かの前触れでなければ良いのですが・・・。データ的にそれらしいのは見当たらないです。うーん・・・幻聴?違います。あの周波数はとても嫌な響きです。念の為にお気をつけ下さい。

コメント

また雨か・・・。

2014年11月28日 22時01分25秒 | つぶやき
オーストラリアで雹が降ったり(今は夏じゃないの?)、日本でも島根でヒトデが大量発生だとか。探せば世の中どこかで何かしら異常が起きている今日この頃です。

今日もすっきりとしない天気。明日も雨の予報のの生息地です。どうやら愛知県地方はまとまった雨になりそう。

来週はまたも雨の日と月曜日パターン復活確定ですから・・・今年の紅葉は諦めるしかないです。

火曜日以降は寒気襲来・・・若干当初の予測よりも緩やかな寒気になりそうですが、昨日・今日の暖かさに慣れた体にはきつそうです。

原油安が少しでも早く値段に反映されるとありがたいのですが・・・庶民には円安のメリットはほとんどありません。

今年も残すところ1月あまり・・・。雨が多くて掃除も出来やしない・・・。

追記・・・更新の度にテンプレートを変更しているのですが、昨日のオレンジウェーブの方がしまってみえますね。
コメント

冷た~いニュース

2014年11月27日 17時54分49秒 | 気になるニュース
今日は3日ぶりの晴れ。でも湿気が多くて洗濯物はすっきり乾かず。明日からまた下り坂。洗濯物担当としては頭が痛い。気分だけじゃなくて実際に頭も首も背中も痛い・・・なんか変な陽気だ。何事もなければ良いのだが・・・。

そんな中またも冷た~い値上げのニュースだ。以下は記事の引用です。

冷食最大手のニチレイが値上げを発表 上げ幅最大で家庭用10%、業務用18%に

産経新聞 11月27日(木)15時52分配信

冷凍食品最大手のニチレイフーズ(東京都中央区)は27日、冷凍食品の値上げを実施すると発表した。家庭用は平成27年2月納品分から3~10%、業務用は同3月納品分からで、5~18%値上げする。

 今回の値上げ対象は、売上高で7~8割分に相当するなど、7年半ぶりの大規模な展開となる。

 食品原料全般で、中国やインドなどでの新興国での需要が増えてことで、価格が高騰していることや、エネルギー費、包装材の製造コスト、物流費の上昇が続いていることに、急激な円安の影響も加わったため、値上げを決めた。

 冷凍食品大手では他に味の素冷凍食品、テーブルマークが来春の値上げを発表している。

引用はここまで。

食料原料全般の争奪戦の影響だろうか・・・円安がもっとも大きな要因だと思うのだが・・・。
最大手が値上すれば、中小も追随するでしょうね・・・冷凍食品にも時々お世話になっているんできつい・・・。冷凍食品だけに冷た~いニュースだ。

消費税増税どころの話では無い気がする。仮に5%に戻しても出費は値上分を相殺できない。

そして自然環境は容赦なく危険水域に達している。阿蘇山の噴火が長引けば国内生産野菜にも影響が出てくるだろう。中部地方から遠く離れているから対岸の火種と誤解されやすいが、噴煙は既に上空1500メートルにも達している。噴煙は徐々に太陽の光を遮り始める。←長引けばの話だが・・・。

PM2.5とあいまって影響は徐々に出始めるだろう。寒気も西からやってくる。

またこの冬はそれでなくとも日照量が少なくなる傾向が予測されている。それだけでは無い。太陽の黒点規模とフレアの放出量(エネルギーバランス)がどうも異様に思えて仕方が無い。

その影響は太陽光発電にも影響を及ぼすだろう。

残念ながら何もしなくとも(特別な政策)、需要と供給のバランスにおいてすべての食料品の値上がり傾向は否めない。

近い将来インフレの傾向も見え隠れし始めてくる。


舵取りを誤れば、巨大な船でさえも座礁する今日である。

地球環境(太陽系を含め)が穏やかだった奇跡的な100年が終わり、活動期間へいよいよ突入したようだ。

近年の地殻変動は序章に過ぎないだろう。

色々妄想も含めて書きましたが、何もしなくてもこの先十分に地球環境がストレスを与えてくれますから、それ以上に人為的にストレスをかけなくとも良いのでは?と思う今日この頃です。

目の前に広がる世界すべては地球さんからの借り物。奪い合えば地球さんが最後の責任を果たす事になってしまう・・・。 時すでに遅しですがね・・・。

出来るだけ争わず、感謝して生きましょう。凡人はそれしか出来ませんわ。



コメント

晴れの日の少ない冬へ

2014年11月25日 17時21分08秒 | 環境に関する話題
朝から首やら肩が痛いです。昨日くらいの暖かさが体には優しい・・・。

さて、今日の午後2時に気象庁から3ヶ月予報が出たようです。

大まかな傾向は12月・・・西日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。
        1月・・・東・西日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が少ない見込みです。
        2月・・・東・西日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が少ない見込みです。

結局、晴れの日が少ない傾向としか書いていません。

独自の分析?では、中途半端なエルニーニョ現象のお陰で、太平洋高気圧が弱まったり強まったりを繰り返し、さらに北極振動の影響でエルニーニョ現象が弱まれば、ダイレクトに北極からの寒気が南下(先週からの北米大陸の大雪に見られる)、その規模によって寒気と暖気がぶつかる場所が日本列島。

なので、どうころんでも雲が多い日が続く可能性が大って事でしょう。雨になるか雪になるかの違いは寒気と暖気の勢力に依存するので、その時にならないとなんともわからないってのがホントのところでしょう。

気象予報士の森さんは、衆議院選挙と寒さの関係をお調べになられ・・・どうやら強烈に寒い時期とそうでは無い時期が交互にやってくる傾向を示唆されていました。

ちなみにアメリカ(北米大陸)はこの冬は日本と同じで暖冬傾向だったらしいです。それが先週180度ひっくり返ったわけですから。1週間で1年分の雪とか・・・

気流の関係が一つ狂えば、日本でも可能性は大きいでしょう。その前に大陸が凍ると思いますが、SF映画などは大陸を飛び越えて寒気が押し寄せてくる現象を描いていますが・・・映画の中だけの話で終わって欲しいものです。

明るい材料としては、原油価格が下げ止まらないそうで。早くガソリン価格や灯油の価格に反映して欲しいものです。

総じて冷たい雨の日の多い向こう3ヵ月になりそうですから、冷たい雨は地域によっては雪に変わりますので、どちらかというと嫌な冬になりそうです・・・。

コメント

平年より暖かなのは今月まで?

2014年11月24日 18時43分22秒 | つぶやき
3連休も終わりました。今日は友人も休みでしたが、小さな菜園の冬支度で1日終わりました。行楽地はにぎわった事でしょう。

先週の急激な冷え込みで、ピーマンもトマトもご臨終でした。おまけにサツマイモもアウト。一旦綺麗に更地にして、土から作り直しです。

さて、季節はずれの暖かさも今日まででしょうか?明日明後日の雨の後は平年並みに推移するかもしれません。

そして来週ですが・・・またも雨の日と月曜日パターン復活の兆しです。今のところは月曜・火曜と雨。
その後寒気が北西方向からやってきます。九州北部の山間部は雪?かもしれません。

今度の寒気もかなり強烈(真冬並み)です。急激な冷え込みも予想されますので山間部へお出かけの方は準備を。

中部の山岳地帯も高い山は雪降る可能性が大。ボチボチとタイヤもスタッドレスの登場でしょうかね・・・まだ少し早いかな?

1週間先の未来の話です。おおまかな傾向ですので、だいたいの心積もり程度にお考え下さい。

南下する寒気が少しでも緩やかになってくれればありがたいのですが・・・
コメント