趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

やっちまったなぁーな話

2020年09月28日 22時58分05秒 | 毎日使う家電品だからこそ考えたい
今日も真夏を思わせるほど紫外線の強い光が降り注ぐ当地でしたが、僕は酷い肩こりと首のコリでもー大変。
その原因となったのが、取り付け後13年ほど経過したエアコンのお掃除。
もう90歳にもなる母の部屋のエアコン掃除なんですが、僕の目の手術の関係もあって、暫くしていませんでした。
毎年夏が終わるころに徹底清掃をするのですが、今年はギリギリのタイミングとなりました。

僕の目の関係もあって・・・つーか普通は頼まないだろうとも思いながらも、そこは親孝行と思って引き受けたのが運の尽き。運の付きなら良いのですがね(笑い)。

自分の体の調子の事もあって、そのエアコンも13年目に突入するし、そろそろ買い替えの時期じゃーないの?とは思ったものの、どこも悪いところは無く調子が良いらしいので、フィルターの清掃だけにしようと思ったのですがね。

一通りフィルターの掃除をして、本体にセットしたところ、母が「前回はこれを使ったが今回は使わないのか?」と前回の残りのエアコン洗浄スプレーを持ってくる。

ならば、ほんの少しスプレーして終わろうと思ったら、「新品がもう一本あるよ」と新品を持ってくる。

仕方が無いので、洗浄を始めると、何故か僕のお掃除魂に火がついてしまった・・・これが悲劇の始まり。

確かに先回は、ルーバーを広げて内部まで清掃をした記憶が蘇る。 仕方が無いのでルーバーを広げて内部を覗くと、案の定黒カビがビッシリ・・・。手の届く範囲を拭き取り、フィンも見た目は(遠目に)新品同様ピカピカとなった。 ここまでは、なんの問題も無くスムーズ。 片目になった分だけ時間はかかったけどねw。

すべて元通りに組み付けて、但し手動で動かしたルーバーだけは元の位置には戻らない。スイッチを入れると元に戻るんだけどね。

さて、念のために試運転。 運転は問題なし。 今回も綺麗になったと満足感に浸る。

そして、運転停止。 その瞬間になんとなく嫌な予感がよぎる。 切りボタンを押すとルーバーがゆっくり所定の位置に戻り始めるのですが、残り2センチ位のところで突然垂れ下がる。もう一度戻ろうとするのですが同じ。
それを2~3回繰り返すと、一番開いた状態で停止。要は、ルーバーが所定の位置に戻らなくなる不具合発生。

それからあーでもないこーでもないと、約2時間格闘するもルーバーは戻らず。どうやらルーバーのモーターが壊れてしまったらしい・・・。

なんか嫌な予感が的中した瞬間。 製造後10年以上経っているから当然部品もあるかどうかわからないし、たとえあったとしても修理代が最低でも3万円は軽くかかるらしい事が判明。

母曰く、やっぱり買い替えろって事だね~と一言・・・。そりゃ10年以上経過したエアコンは買い替えた方が安全に決まっている。 なら掃除なんかしないで、買い替えの判断を早くつけて欲しかったのが僕の本音。

お陰で今日は酷い肩こり首コリである。 これこそ正に、くたびれもうけの骨折り損ってやつだなw。

教訓10年以上経過したエアコンはフィルター以外は触ったらあかん。ろくなことにはならないぞ!と。

今思えばエアコンの室内機の電源コード(専用コンセントにさしてある)も表面が経年劣化でベトついていた。ビニール製樹脂の典型的な経年劣化である。当然基板内部の経年劣化も進んでいたことだろう。
ある意味「怪我の功名」だったのかも知れない。

教訓 家電品の経年劣化はコードを見ればわかる。あくまでも個人的な意見です。

最近、樹脂系(プラスチック製品も)経年劣化のサイクルが非常に早いと思います。ウレタン製品などは3年持ちません。消費文明の最たる姿でしょうね。 まるで買い替えを促進しているような・・・。

皆様の家電品も一度チェックをしてみてはいかがでしょうか

コメント

DCモーター扇風機はホントに電気は食わないよ 3

2020年09月19日 17時09分51秒 | 毎日使う家電品だからこそ考えたい
ちょっと通院やら所用で古巣へ戻っていました。今日からまた菜園の手入れ兼換気で友人宅へ訪問中です。
朝晩は滅法秋らしくなって来た当地です。 周りでは稲刈りも盛んに行われています。今年の出来はどうだったのでしょう?

さて、このシリーズも3回目です。つーか、測定も結構楽しいw。 今回測定したのは、アピックス社製縦型DCモータ扇風機です。製造は2014年。 消費電力は18wと表記されています。 アウトレット品を3年前に格安で購入。
この扇風機は現在の消費電力が表示される仕様で表示では10w。風量は32段階中の12で首振り無で使用。 測定時間は5時間です。

思った通り、4時間までは0円表示です。 エコワット簡易型では、1円未満は0円と表示されるようです。
5時間使用して電気代は1円という結果になりました。 10時間使用で2円でしょうね。

今日のような晴れた日は、小型のソーラーパネルからとった電力で動かしていますが、今日は測定の為にコンセントから電力を取りました。結局1.5円(10時間動かせないんで)程の仕事をソーラーパネル君はしてくれてるわけですね。 普段はDCモーター扇風機を2機稼働させているので3円~4円の利益かな?? 他にもモバイルバッテリーを充電したり、夜間の照明の為の充電電池を充電したりと、50wソーラーでそこそこ役に立ちます。
小型ソーラーシステムの話は置いておいて(曇りや雨の日は使えませんから)、やっぱりDCモータ扇風機は電気を食いませんね。

次回は比較の為に、先日買ったACモーター小型卓上扇風機のデータを乗っけますね。

コメント

DCモーター扇風機はホントに電気は食わないよ 2

2020年09月16日 10時40分46秒 | 毎日使う家電品だからこそ考えたい
追記分・・・晴れの日に小さなソーラーパネルで動かしていた製造後8年経過したいわゆるリビング扇風機(DCモーター)の結果は驚くなかれ 7時間動かしても、測定値は0円である。測定器がエコワット簡易型の為に精度が落ちるためだろうか? 扇風機のスペックは消費電力24w。 ACアダプター式のタイプである。
メーカーはゼピールだ。このメーカーの扇風機はどれも性能が良い。今は知らないが、少なくとも5年ほど前はかなりの高性能+高機能+庶民価格だった。ホームセンターで税込み6000円で購入した。当時は消費税も5%だった。
で測定条件は 風量は9段階中3。3でも十分な風量はある。 今回は首振り無し。

そして結果が驚愕の0円。 厳密には時間あたりは0.1円と表示されているので、10時間使用して1円という結果になると推測できる。仮に首振りを有効にしても、倍と考えても0.2円。 どうりで小さなソーラーシステムで動くはずだ。

今現在売られているDCモーター扇風機が同じような結果になるかはわかりませんが、はっきり言える事は
昔の(8年前なら昔だろうな)家電品は高性能でおまけに相当な省エネだったと言えますね。
何せこの扇風機既に設計寿命は過ぎているが、まったく問題なく仕事をしてくれますし、on・offタイマーまで付いている。しかもフルリモコンだよ。最近ではリモコンも1年くらいで壊れる製品も多い中、今現在もまったく問題なし。僕の中では最高傑作だと思っています。

やはりDCモーター扇風機は 機種によってはかなりの省エネ性能を兼ね備えている事が実証できました。
コメント (2)

除湿機+ローテク

2020年07月05日 11時22分43秒 | 毎日使う家電品だからこそ考えたい
再び今夜遅く~明日にかけて静岡県東部~愛知県・岐阜県・長野県に雨雲が集中する予測が出てます。
特に岐阜県飛騨地方~長野県にかけては地震(焼岳周辺)もアドオンされてます。予測されている雨雲も色分布が一桁違うのでかなり警戒かも。関係地域の方はこまめな情報チェックをお勧めします。

さて梅雨が続いています。 コインランドリーへ出かけるすべが無い方には除湿機は強い味方です。
最近のハイテク除湿機はコンプレッサーの廃熱を再循環させて適度な温度にして放出するタイプも多いようですが、新たに買う力も無い僕としては、古い除湿機をローテクでいかに効率的に洗濯物を早く乾かすかに日々奮闘しています。冷風機(コンプレッサー式)の除湿機の場合は、吹き出る風は冷たいのでエアコンの代わりになります。
当然後ろ側からは熱い廃熱が出るわけですが、この廃熱をいかにうまく利用するかなんですね。
僕はこうしてます。でその写真がこちら
綿物のタオルやシャツは廃熱をダイレクトに当てた方が早く乾きますし、部屋干し臭いも軽減されます。
さらに、この写真には写っていませんが、近くにオゾン発生器も置いています。 目的は除湿機の内部清掃の為です。オゾンで除湿機のフィンも洗濯物も除菌するイメージです。
コンプレッサー式除湿機の唯一の問題の音に関してですが、写真のように新聞紙を束ねた物を上に置くとかなり音が軽減されます。これはエアコンの室外機も同じですよ。
新聞紙のような紙の束は重低音を吸収する効果があるので、音が気になる方は試してみてください。

自作スタンドは100均のワイヤーラックを組み合わせた物です。今はもうこのサイズは100均では売っていません。
このスタンドは5年以上前から使っていますから。冬の石油ストーブで洗濯物を乾かす為に作ったのですが、除湿機でも大活躍です。

僕の節約生活も既に10年以上が経過しています。このブログには沢山節約術が散りばめられています。
手前味噌ですがね。

嫌な季節ですが様々な工夫で楽しめると思います。
コメント

電源コード一工夫

2020年07月02日 12時51分28秒 | 毎日使う家電品だからこそ考えたい
天気予報では貴重な晴れのはずだったのですが、どうやら曇りな当地です。確かに寒気の影響で午前中は涼しかったです。
さて今日は家電の話です。この時期と申しますか、毎日除湿機がフル稼働です。数年前に買ったコロナ社製の「どこでもクーラー」という製品なんですがね。非常に高性能ですよ。社名がコロナですけど。会社は悪く無いですよ。
キャスターが付いていてどこでもゴロゴロと持って行けるのですが、いかんせん重たい。
歳を重ねると色々と面倒になりコードも束ね無いでゴロゴロすると、キャスターで踏んだり、自分で踏んだりとあまり良い結果になりません。
もちろん、初めからコードに束ねる為の透明なプラスチック製の物は付いていますけど、これがすこぶる縛り難い。

なんとかならんもんかと考えて少しひらめいたのがこちらの写真
100均一のコード押さえを利用。大したひらめきでは無いがもう少し早く気づけば良かったw
コード付属の透明な束ねるやつ(名前はわからない)よりも、素早くコードが束ねられる事間違い無。 これで安全にゴロゴロと移動できるようになります。

ちなみにこの除湿機、最新型はツインコンプレッサー採用で音も静かで消費電力も今僕が使っている製品よりも抑えられているとか。除湿の能力も高いよ。湿気の多い日は半日で4~5リットルは溜まる。消費電力も最大で185w(メーカーのHPからは分かり辛いです)。僕のが215wだから少し抑えられていると思う。ただ衣類乾燥モード時と書いてあるから実際のとこは使ってみないとわからない。もちろんコードを束ねる突起はついていません(笑い)。

コロナ社の方、このブログ読んだら僕に1台恵んで下さい・・・ 

廃熱ダクトは付属の物は布製だから自分で工夫するのも楽しい。
僕は段ボール製です。
少しの工夫で家電品はまだまだ楽しく使えます。
コメント