趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

来週から台風襲来週間のごとく

2015年07月02日 11時12分04秒 | お天気関係
様ざまな角度からのニュースが目白押しで、天気の事をあまり考えていなかったここ2・3日でしたが、どうやら危惧していた状況が動き出しています。

とりあえず今の段階では、単に絵に描いたぼた餅ではあるのですが、コンピューターは最悪の趣味レーションをはじき出しています。

なんと来週6日~13日にかけて、日本に接近あるいは上陸する台風が3個もありますよ

下手な鉄砲数打ちゃ当たる、じゃーないけど、このシュミレーション・・・趣味レーションで終わってくれと願わんばかりです。

まず1発目は一旦大陸に向かったおそらく台風8号だと思いますが、再度台風か温帯低気圧あたりで九州西部に接近。

2発目は、水曜~木曜にかけて台風9号が九州南部~四国にかけて上陸!上陸時の気圧が970HP前後の予測になっているので中型の並みの勢力という表現になるでしょう。

3発目は、おそらく台風10号になると思われますが、週末に静岡~関東方面に接近・あるいは上陸。これはコンパクトな台風になる模様。

もちろんすべての台風や台風もどきは梅雨前線を刺激するのでかなりの雨になりそう・・・。

今現在の予測では、台風8号崩れの雨雲が一番でかそうなので、九州方面の雨はちょっと半端無い感じ・・・。

そんなわけで、来週1週間+アルファは台風に厳重注意となります。

洗濯物干しの予定やら路地野菜の管理など早めの対策が必要になるかも・・・。天気予報番組にも目が離せない一週間になりそうです

追記・・・ヨーロッパは大変な事になっている。以下は記事の一部引用。

ヨーロッパに熱波襲来 フランスとベルギーで42度に

 フランスとベルギーを襲った熱波で7月1日、両国の一部で気温が40度を超えた。フランスで気温が40度を超えたのは1947年以来実に68年ぶり。(ロイター)

詳しくは、元記事を探して下さい。 温度データからも強烈さが伺えます。

梅雨明け後の日本はどうなることか・・・。
コメント

台風7号は無難に

2015年05月19日 15時10分12秒 | お天気関係
心配してた台風7号ですが、日本から離れそうです。良かった良かった。

まともに来てたらかなりやばかった。でも、大型で強い勢力なので大陸の寒気を少しばかり巻き込みそうです。

その影響は関東から北日本が中心のようです。水曜日~金曜日あたりまででしょうか。

地上5000メートル上空で-18度クラスです。

今のところメイストームは発生しそうな感じでは無いのですが、内陸部では昼と夜の温度差が激しくなりそうです。路地野菜の管理が難しそうです。きっと情報番組で話がでるでしょう。

と、ここまでは昨日書いてアップ忘れました(涙)。

梅雨入りはどうなるんでしょうね?平年並みではどうもなさそうですよ・・・。



コメント

3ヶ月予想

2015年02月26日 11時33分56秒 | お天気関係
朝からシトシト雨です。この雨が明日にかけて冷たい雨に変わります。

そんなかんなでデータを眺めていたら、昨日3ヶ月予報が発表されていました。以下は気象庁さまからの引用です。

東海地方 3か月予報

(3月から5月までの天候見通し)

平成27年2月25日
名古屋地方気象台 発表

<予想される向こう3か月の天候>

 向こう3か月の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです。

3月 天気は数日の周期で変わりますが、平年に比べ晴れの日が少ない見込みです。岐阜県山間部では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。気温は、平年並または高い確率ともに40%です。降水量は、平年並または多い確率ともに40%です。

4月 天気は数日の周期で変わるでしょう。平年と同様に晴れの日が多い見込みです。気温は、平年並または低い確率ともに40%です。

5月 天気は数日の周期で変わるでしょう。平年と同様に晴れの日が多い見込みです。

詳しくは気象庁のHPまたは「3ヶ月予報」で検索して下さい。

素人には意味不明な内容です・・・。

的には今年は旧暦にある程度沿って季節も移行している印象です。もちろん正比例のような綺麗なグラフは書けませんので、ズレ幅がどれくらいなのかが問題です。

何かを作る(工作)でも、1%の誤差でもアウトになる事沢山あります。この話は置いといて・・・。

現代の計算によれば今年は3月6日が啓蟄となります。

大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴からでるころ。ふきのとうの花が咲く頃とあります。

また3月18日が彼岸の入りです。「暑さ寒さも彼岸まで」と子供の頃から言われて育ちました。

そして、3月21日が 春分の日です。

これらの日を片隅に置きながら、身の回りの生き物達を観察するとその地域の誤差がある程度は理解出来るのですよ。

そして、誤差が大きければ大きいほどさらに大きな変動が起こって修正しようと働く・・・。

草木も小さな虫たちも実はすべて繋がっている・・・。

まーそんな具合ですよ。

ちなみに去年の3月6日は?過去記事へ飛びます

去年の3月6日は、灯油が必要なくらい寒くなったようです・・・。

今年はどうなるか?洗濯物担当としては非常に気になるところです
コメント

雪が積もった・・・

2015年02月17日 09時05分27秒 | お天気関係
今朝岐阜県に住む友人から連絡があって・・「雪積もってるぞ!今日は雨じゃーなかったのか?」

何??雪・・・確か山間部でも積もるかも?とは国営放送天気予報では言っていたが・・・。

うーん・・・すでに平野部でも雪を降らせる目安のマイナス6度は完全に抜けているし、昨日の暖かさだから雪なんぞ降るはずがないのだが・・・どうなってる??

確かに2月の後半から3月の頭にかけてはドカ雪(湿った重い雪)が降る確立が非常に高いのだが・・・。

データ的にも雪が降る色はしていなかったのだが・・・もうよくわかりません。

昨日の暖かさからの今朝の雪・・・どこに原因があるのだろう?

昨夜からの気温データを眺めてみても最低気温は0度。ようやく昨夜はマイナスから開放されたのに・・・それで、雨の予想をしていたのだが結果は雪・・・。

うーん・・・謎だ。急激な放射冷却でもあったのだろうか・・・。
コメント

東海地方にも影響大

2014年10月02日 13時12分21秒 | お天気関係
メールも読む事が出来ない状況が続いていますが(僕の場合は広告しか来ませんけどね・・・)、メインのメールで使っている方はかなり困っているようです。ほんとどうすんだろ?

さて、気になる台風18号ですが、どうもかなりキナ臭くなって来ました。

もしかして、房総半島をかすめるくらいかなぁ~と思っていましたら、なんとなんと四国上陸その後中部地方縦断コースに変わっています!!

おまけに勢力も強烈ですから台風の状態で通過ですよ・・・マジですか?って感じです。

現時点でのコンピュータシュミレーションによると、九州の鹿児島地方をかすめ、この時点で940HP前後で、四国の中部に上陸。その後北東方向へ移動して日本海へという最悪パターンをトレースしています。

あくまでも現時点の予測ですから可能性は・・・って書けませんけど、大きくズレル可能性も低いかと。

なので、週末から週明けの火曜日くらいまでは、最高の注意を払ってデータを眺める必要ありますよ。

データ通りの接近・上陸なら、近年まれな台風になってします。なにせ940HPですからね・・・。

台風が大型ですから、台風から離れていても強烈な雨・風だと思われますので、今の内に飛びそうな物は外したり補強が必要かと・・・。

コメント