趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

久々に耳にしました

2017年12月19日 12時24分39秒 | 妄想の極
先日ある会合の忘年会に参加させていただきまして・・・会費は安かったのですが現地まで行くのが大変(笑い)w。

まーそこで久しぶりに「フリーエネルギー」なる言葉を耳にしました。

何度と無く消えては現れる言葉。 アマチュアから専門家まで研究している方々は沢山おられる事でしょう。

で、このブログ的に妄想の扉から書いた記事を紹介しますね。

過去記事です

今はほとんど開くことの無い僕の妄想の扉・・・。開いた頃に書いたままです。

どうもこのタイムラインも危なくなってきた感が強いなぁ・・・。

2010年頃には、僕の妄想の中では確かにこのタイムラインは存在していたのですが・・・

現在、その類では有名な財団が販売している「マグラブ」とか、13歳の少年が1600円でとか、検索されば沢山ヒットしますね。

僕も12年以上前に、初めて昇圧回路なるキットを買って「今でも使えていますが」こんな事があるんだ~と驚きましたが、

単なる「無知」であって、普通に電化製品に組み込まれているわけですね。

で、たとえばこの昇圧キット(当時150円でしたw)は1.3vの乾電池を約5vに昇圧する回路なんですね。当時はLED工作の真っ盛り。

同時に100円均一では、基盤に抵抗とICチップを使った簡単な懐中電灯が売られてましたよ。今は見かけないですね。

今は普通に乾電池を3本使うLED懐中電灯がほとんどです。LEDを点灯するのには4.5v必要。

話戻りますが、当時の昇圧回路は 1.3v(充電式乾電池)をLEDが点灯出来る電圧まで昇圧してくれる魔法の回路(僕的には)でしたが、
ちゃんと裏が合って、電池の消耗も3倍早く、おまけに人間の目には見えませんが、LED電球は実は消えたりついたりを繰り返しているですよ。

人間の目は一定速度以上の速さで点滅する光を正確に認識するようにデザインされていないので、結果、連続して光っているように見えるわけですね。

LED電球は、on offの繰り返しによる劣化は少ないとは言われていますが、何の事は無い・・・半年位で暗くなってしまいます。

なんも安定装置も組み込まれていない単純な昇圧回路だと、半年もすればLED電球自身が寿命です・・・。

そんなわけで、妄想の扉を通した世界からは、「フリー(無限)なエネルギーは実はどこにも無い」と結論づけています。

でも、実は存在していますけどね。あっても開示出来ないとうのが事実のようですけどね。

ま、この話題自体が実は「フリー」・・・。

江戸時代の人が今の日本をもしも垣間見たならば、そこは夢の世界で、宇宙人が住んでいると思うかもしれませんね。

僅か20年前まで、蛍光灯で生活してたんですよ。150年前まで、ガス灯ですよ。

昇圧回路・・・時空を昇圧すれば必ず「失われる」存在がある。 進歩と発展を昇圧した結果、私達は何を失ったのでしょう?

自然環境ですか? それもあります。でももっと大切な物を実は失っている事に気づかなくてはなりません。

この話題はまたいつか。

実は同じ事を何度も繰り返してきているんです。 時空を超えて・・・
コメント

さじ加減一つですね

2016年12月29日 09時22分05秒 | 妄想の極
2016年も残り2日となりました。冬らしく冷たい空気に包まれている当地です。

さて、ガソリンがジリジリジリジリと値上がりしてます。 とりあえず記事の引用です。

レギュラーガソリン、価格上昇続く…1年1か月ぶりに130円突破

レスポンス 12/28(水) 15:52配信

資源エネルギー庁が12月28日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、12月26日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は、前週の調査から1.0円値上がりし130.3円となった。
レギュラーガソリンは原油価格の上昇もあり4週連続の値上がり。昨年11月24日以来、1年1か月ぶりに130円を突破した。

引用はここまで。詳しくは元記事をお読み下さい。

岐阜県などは、すでに1リットル5円以上値上がりしている。冬の生活にかかせない灯油は既に18リットルで300円値上がりしている。

灯油を買いに行けば行くほどため息がでるのが現実だ。 低所得者いじめ以外の何者でもない。

海外にジャブジャブと湯水のように資金提供(無償も含む)できても、国民には冷たい政府のあり方が如実に現れている気がしてならない。

また、地方はほんとうに高齢者が運転する車であふれかえっている。狭い道を我が物で走る高齢者(まるで専用道路)。危険運転など当たり前。

先日も、国道19号(片側2斜線)を堂々と逆走する軽トラを目撃。あわや正面衝突しそうだった(友人が運転中)。
たまたま後続車がいなかったので、余裕で避けることが出来たが、後続車がいたら結構きつかったかもしれない。

好きで車を運転しているのか?必要に迫られて運転しているのかはわからないが、事故にならなければ、その方は運転を続ける事だろう。 そして、致命的な事故を起こす前に運転を止めてくれるよう願ってやまない・・・。

しかし、実情はそうは行かないのでは?

国内の問題は山済み。 外国(途上国など)への投資よりも避けては通れない国内の問題が・・・。





さて、ここからは毎度の妄想です。 なのでスルーが一番。

社会的な問題は残念ながら自然界は解決してくれない。 年金の問題。物価の問題。高齢化の問題。高齢者の逆走の問題などなど、自然界は解決してくれない。

自然界の解決方は、即大規模な環境変化に繋がる。 それを願うならば、その願いに答えよう。

もしも、今の文明生活の延長に未来を創造するならば、社会として、答えを示す段階に来ている。

大きな声よりも、小さな声を常に見守っている。 数が優位の段階はそろそろ終焉だ。厳粛な地に住まう人々・・・

ここで切れました。

かなり厳しい声無き声が通過して行きました・・・。

今ある富で、解決できるはずって事でしょう。 目を背けるのもいい加減にしたら?という厳しい指摘だったような・・・。

ここまでしか書けないわ。

文明は諸刃の剣。 鞘を失った剣は凶器以外の何物(者)でも無い。  
コメント

妄想的SFコラム

2016年11月14日 11時20分39秒 | 妄想の極
昨日の記事はあまり人気が無かったようで・・・あは。

ま、妄想にお付き合いくださる方が少なくなる事は良い事です。

妄想は妄想にあらずw。

食物連鎖というのはご存知ですよね?  海ではプランクトン→ 小魚 →少し大きな魚 →さらに大きな魚 →最終捕食者の流れ。

では自然界の生物にとっては有害では無くても人間や最終捕食者にとっては有害な物質は多々存在します。

ある種の植物ブランクトンが持っている毒素でアシカやイルカが大量死する話は有名ですね。最近そのこともわかったみたいですが・・・。

食物連鎖は何も海の中の話ではありません。陸上の小さな菜園の中でもきっちり働いています。

植物や微生物は土の中では海水中ほど自由に動けないから時間がかかり、その変化が見えにくいだけの話です。

動物は柔軟な細胞質を獲得した替わりに、その影響(毒素)も早くなり、植物は強固な細胞壁を獲得した替わりに、毒物を絡める(固定)する進化を遂げたのでは?

生の雑草を食べるヤギや羊などはどうなの?毒素の影響は受けないの?という素朴な疑問が浮かびますが、その答えは?

草食動物は、その進化の過程で、大量の微生物との共存に成功したのです。

いくつも胃袋があるのはそのため。 草食動物が毒素を含む雑草を消化しているのでは無く、胃袋の中に住み着いている微生物が毒素を分解している訳です。

人間は残念ながら、そのような機能は持ち合わせていません。

人間は動物に無い能力(高い知性)を獲得し道具を発明し、文明を築き、自然環境さえもある程度制御できる存在となったのですが、その基本的な生命力という点では、草食動物よりも劣るのです・・・。

角度を変えれば、高い知性を獲得した一方で、毒素を分解する力を失った訳です。

そしてまたその獲得した高い知性の使い方も同時に誤り、自らの都合で積極的に環境を破壊する存在へとなりました。


さて、なんども繰り返して書いています。 この星はいったい誰の所有物でしょう?

いかなる民族の所有物でしょうか?

答えは一つです。

この星は地球の持ち物です。そして宇宙の所有物です。

我々が、その体の表面に多くの細菌(常存菌)と共に存在できているように・・・。

今この瞬間を間借りしているのに過ぎ無いのです。

賃貸住宅に住んでいると同じですよ。

賃貸である以上は、何かをいただき、何かを払っているのです。 賃貸という表現はあまり正しくはありませんが・・・。ただわかりやすく書いただけです。


賃貸住宅である以上は、あちらこちらを簡単にはいじれません。 いじれば大家さんにお叱りを受けます。

当然現状復帰も必要になります。

さて、昨今の気候変動。 妄想的SFコラムの角度から眺めてみれば、おとなしい大家さんが物を申し始めたと考えればつじつまが合います。

微生物はこの星の直属の常存菌です。  

常々思います。こうやって僕にブログを書かせている存在があると・・・。

でも、もう疲れました・・・。

一つ歯車が狂えば、それで The endです。

何故なら、微生物も植物も当然生物である人間も・・・ミクロの視点からはほぼ同じなんです。

これは、ミトコンドリアの秘密でかいたかな?まだ書いてないかも知れないけど・・・。

呼吸酵素も人間と他の生物はさして変わりません。器は同じで中心核に鉄がはまるかマグネシウムがはまるか、他の物質がはまるかの違いで・・・。

これは、地球上に住まう生物の基本構造が皆同じであるという、おおいなる存在からのメッセージだと思います。

また生物のほとんどはミトコンドリア無くては生きられない。そのミトコンドリアは実は地球外生命体・・・。


空気・・・今はもう最後の砦ですよ。

今日の最後のメッセージです。

「長い時をかけて、ここまで来たのでいとおしい」

これは何を意味するのでしょうか・・・・


今日の記事。妄想的SFコラムです。妄想は妄想で終わって欲しい・・・でもどこかのパラレルワールドで現実のものとなりかけている事もお忘れなく。
コメント

昔とは違います

2016年11月12日 21時40分08秒 | 妄想の極
今日・明日は秋の行楽日和だそうで・・・経済的に余裕のある方が羨ましい・・・。ま、友人はサービス業なんで土日はほとんど仕事ですから、どこにも連れて行ってくださる方がいないので仕方ありません。

さて、今日の話は、書くのを迷ったのですが・・・というのも、いつものように声なき声を感じての話です。

完全なる妄想ですから・・・ね。

田舎でよく行われている「野焼き」に関しての事です。僕の実家でも40年くらい前までは自分の家の燃えるゴミや畑のあぜに生えた草をよく燃やしました。でも、直ぐに禁止になりました。ゴミ焼きの担当は僕だったのですがね。

禁止になった理由は、40年以上前は 実家の近くに他の家は無く田んぼの中の一軒家でしたが、その後、段々と新しい家が建ち、人口も増え、村から町へと変わったからです。いまだに町ですけどね。

確かに、あの煙は苦痛でしかないですね。

いまだに野焼きや、自分の家のゴミを畑などで燃やすのを例外的に認めている自治体もありますが、とても危険な行為です。

雑草の役割ってなんだろう?と考えたときに・・・ブートが開き二つのイメージが浮かびました。

一つは、雑草達が有害な物質を絡めて閉じ込めて時間をかけて分解するイメージ。自然界では野焼き(山火事など)など滅多に起こりません。人間が勝手に行う事です。 野焼きの効果というのはありますが、現在では効果よりもダメージの方が大きいと思われます。

二つ目のイメージ、おろかな人間ども、せっかく絡めたゴミ(おそらく有害物質)をまたわざわざ火を着けて空間に放っておるわ(煙)・・・。自分達が出したゴミだ自業自得だな・・・。

現在、多くの化学物質が田舎であろうと都会であろうと降り注いでいます。その多くは草や木が吸収してセルロースの中に固定している。安全な状態に分解されるのに少なくとも1年以上は必要。安全な状態とは、毒性が無い結合。

農薬付けの土と無数に降り注ぐ酸性雨。雑草はそれらの化学物質を取り込み固定する役割を担っているようです。

せっかく固定した科学物質を、低温で(800度以下)で焼くと、また空気中に散乱するだけのようです。中には毒性の増す物質も・・・。

タバコの煙どころの害じゃー無い。 だから野焼きの煙は臭い。目にもしみる。 のども痛い。

お金を出して行政の焼却炉で燃やすのは現実問題(800度以上の高温)として正解。 あるいは、燃やすのでは無くて土に埋めて醗酵を促すのも正解。微生物が時間をかけて無毒化してくれます。

そうすれば、誰にも迷惑をかけないし、空気も汚さない。おまけに雑草の持つ本来の仕事も全うできる。

その考えこそ、自然との共存の基本。

動物は火を使わない。 火を愚かに使うのは人間だけ。 

自然と共存する考えを持たない地域はやがて消えてゆく。それが宿命。

そんなイメージがあちらこちらに立ち上がる煙からやって来ました。

科学的な根拠はよくわかりませんが、臭い煙や匂いにもちゃんと意味が実はあるのです。 それは何かを伝えているのです。

へなちょこの妄想をさっぴいても、自分が燃やしている煙がご近所さんまで巻き込んでる事がわかれば、申し訳なくて2度と出来ませんけどね。
コメント

昨日の用足しに向かいながら

2016年05月01日 19時51分02秒 | 妄想の極
今日は、午前中は風も無く気温も上昇な1日でした。午後からは昨日達成できなかった用を足しに出掛けましたw。

昨日の事件(郵便局の誤配)の件を数少ない知り合いに聞いてみると、皆一応にそんな経験1度も無いとの返答が。

アマゾンを良く使う方もそんな事あるんですか?って感じでした。どうやら、滅多に無い事らしい(僕以外経験ゼロ)・・・。

うーん。おいらが経験ありすぎなのか?  そこで、フト思ったのは、郵便配達員さんは過酷な任務を完璧にこなしているんだなぁ~という事でした。

きっとおいらが、貧乏クジを引く確率が異常に高いだけで、普通の人はそんな経験しないようです。

やっぱり、郵便配達員さんは凄い。見かけたら思わず手を合わせたくなってしまいました。 皆さんの周りはいかがですか? 

いくら完璧にこなされていても、万が一・・・起きてはいけない万が一起きた時の対応がもう少し柔軟で、被害者側も納得の行く対応をしていただけたらさらにすばらしいのになぁ~などと・・・考えながら電車は目的地へ進みます。


ここからは他愛もない独り言でなのでスルーして下さい。


世の中格差だとか、貧乏人に金持ちとか色々な表現がありますが、結局のところ、人類共通にタダ(無料)で与えられている存在ってなんだろうって?

光は昼間は確かに、太陽の光がありますが、室内に入ればそこは人口の光です。そうなると無料ではありませんね。

水は?といえば、日本は世界に類を見ないほどの水資源国家です。しかし、その水も一部の地域を除いては、タダでは飲めませんし、生活に使うことも出来ません。

では空気は? これは確かに無限に自然界から与えられている要素の一つではありますが、特殊な環境下(例えば潜水艦内で働く人々など)におかれる人々にとってはタダではありませんね。また、今日では空気清浄機なども必要ですから到底タダとはいえませんね。

となると・・・?ありました「時間」です。  相対性理論がうんぬんとか、時間軸の歪みがどうこうとかそんな理屈ではなくて、素直に「時間」はすべての人類、いやあらゆる存在に到るまで共通しています。しかも、タダ(フリー)。時間は作れないし止められない。

いいかえれば、時間という共通の流れの中に皆存在しているという事です。

難しい事などどこにもなかったのです。 時間=命。 

現代社会は時間に追われています。確かにそうです、郵便配達員の方々も時間に追われて仕事をされています。

もちろん、10秒の間に、円周率を10桁唱えられる人もおられるでしょう。 もしかすると、一瞬にして100桁の円周率を思い浮かべる事ができる方がおられるかもしれない。

それは、個々の人の能力の違いであって、その人の「時間」の捉え方となんら関係がない気がします。

前にこのブログで、私達の心の中にフリーエネルギーがある。と書きました。それが想像力だと。

目に見える存在は大切に出来ても、目に見えない存在は粗末にする。 時間も決して目には見えません。しかし確実に存在します。

しかも、時間を粗末にするとは、同時に命を粗末にすることになります。 

僕も若い頃は多くの失敗をやらかしました。いまでもしますよ。 でも、今はその失敗やミスの捉え方が少し違います。

人に迷惑をかければ、その人の時間を奪う事になります。人に多大な迷惑をかけるミスを犯せば、その修復にこれまた多くの時間を有する事になる。

当たり前の事のようですが、時間という側面から眺めてみたら、人から時間を奪う事になります。

ここに大きなヒントが見え隠れします。 時間は・・・あらゆる存在に共通であり、元から存在していた・・・。

時間をお金で買えるなどという人もいますが、それは、目的地へ行くための手段としての時間の場合ですよ。

富める者にも貧しき者にも、共通に存在する・・・それが時間であり。命。

自由な心を持った人間ですが、1日の間でどれだけ「時間」に目を向けたでしょうか?

何かをする為の時間ではありません。自分の欲をかなえる為の時間でもありません。

元々そこにあったもの・・・今何かを思い描ける、それも流れる時間があるからこそ。

「時間」に感謝しましょう。

意識すれば必ず見えます。 あなたも自然界も決して、切り離された存在ではありません。 共に元々あったのです。今も共にあるのです。

とまぁ・・・電車の中で他愛もない妄想にふけっていました。 現実世界に戻ると、ただのおっさんです。

でも、時間に感謝か~思った事も無かった・・・。
コメント