趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

突然の出費だぁ・・・

2018年10月11日 12時22分51秒 | つぶやき
10月に入っても秋晴が続かない・・・そんな当地です。 この先のデータを眺めても中旬以降まで、断続的に太平洋上に雲の塊が流れて来るもよう。下旬のデータはまだ提供されていないのではっきりとは言えませんが、少なくとも太平洋上の雲が途切れたと思ったら、もう11月の風。 路地野菜には厳しい環境が続きますね。

さて数ある病気の中でも、突然に襲い掛かり、どうしても放置できない病気の一つが歯痛である・・・。

歯痛にも色々あって・・・って、前置きはどーでも良いですが、何年前か忘れた詰め物が取れた~~~と言う話です。

今は歯科治療も保険診療からどちらかと言うと自費診療が主なのかも?? 金の無い者は最低限の治療しか受けられない現実。

外国では極当たり前の話ですが、日本もその流れの中ですなぁ・・・。

おいらのような昭和30年代生まれは、食生活が超高速で欧米化して、子供の頃から歯並びはガタガタ(涙)、貧乏だったから、当時も今も自費の矯正治療などうけられるはずもなく、そのお陰で虫歯には悩まされました・・・今もですけどね。

食べるものに気を使う方は多けど、その初めの一歩はなんといっても歯からですわ。 

しかし、一番大切な事は矯正やら治療をして見た目には良い歯では実は無いのですよ。

不思議な事に、同じ兄弟でもまったく虫歯の無い兄(すでに他界してますが)と虫歯だらけのおいら。

この違いはなんだろう・・・??

大きくは口腔内細菌の遺伝。 これは腸内細菌も同じですね~。

この当りの事を書くと非常にナイーブな問題にも触れてしまうので書けませんが、おおよおそ子供のころの食生活で口腔内細菌の種類が決まり、その状態はおそらく一生続くと思われますね。

もしかすると口腔内細菌のバランスも遺伝的にある程度決まってしまうのかもしれません。

超高齢化と少子化に侵食されている日本。 年収とか社会的地位のある方との結婚を望む方も多いですが、実は遺伝的に虫歯の少ない家系や、虫歯の無い方との結婚も重要かもしれませんね。

くれぐれも見た目では無くてね。 幾ら見た目に綺麗でも口腔内細菌の遺伝的素質までは変えられませんからね。

歯が丈夫だと、生涯に渡る出費が少なくて済むかも?という視点からの妄想です。

兄貴の場合甘いものが好きだったのですが、虫歯にならず、その代わり脳腫瘍が出来て他界したので、人生はわかりませんけどね。

歯の治療は痛くてお金もかかる・・・自給自足の生活をしていたら歯の治療どころでは無いでしょうから、見方を変えたらすばらしい世の中ですよ・・・ホント。

今日も文明に感謝。そして、自然の恵みに感謝

コメント

1809の不具合の一つ判明?

2018年10月09日 15時34分17秒 | つぶやき
今日も快晴良い天気の当地です。 部屋の換気やらなにやら色々しながら、再度win10のアップグレードに挑戦。
素人は無謀です、はい。

1803から1809へのアップグレードに失敗したノートPCで再度挑戦。

実はこのノートPCよりもさらに古いノートPC、core2duo(XP時代のPC)がすんなりアップグレード出来たのに、

一応手持ちでは、一番新しいノートPC君がなぜに、ブルースクリーンが発生するのか不思議でたまらんからです。

まず問題のアプリ(完全バックアップ系)のソフトを最新バージョンへ。 このソフトはwin7でも泣かされましたw。

そして、再度アップグレードをかける・・・結果は

またも惨敗・・・。inaccessible boot diviceだとさ。 ようはアップグレードすると今までとHDが違うのだと認識か?あるいはboot領域にアクセスできなくなるもよう。

アップグレード中に何度か再起動して、問題無く進んでいるにも関わらず、最後の再起動で・・・BSD発生。

その後は修復も、復元も出来なくなる。これはもー最悪。

HDへの書き込みで何かが起こっている。 それで、はたと気づくw。 そういや最後の再起動で、turbo PC EX2がインストールされました、有効にするには再起動して下さいとでたな・・・原因はこいつか??

セーフモードでも立ち上がらないので、この状態ではturbo PC EX2をアンインスト出来ない。

仕方が無いので、バックアップイメージから、あーして、こーして、復元。

復元に要する時間はものの15分。

ここから、かなり黒に近いアプリ、turbo PC EX2をアンインストして、再び・・・実質4回目のアプローチ。

なんと、win10 バージョン1809へアップグレード成功

どうやら、turbo PC EX2が原因だったようだ。

turbo PC EX2・・・有名なバッファロー製の付属ソフト。 バッファロー製のHDDを買うと大抵は付いてくる。

ソフト自体は高性能で、転送速度を速めてくれるソフトなんだが・・・どうやら、1809にはまだ対応していないのか?

あるいは、1809にしてから再度インストするパターンなのか?

いずれにしろ、有名どころのメーカーがこれでは、先が思い遣られる。

問題なのは、アプリを引き継ぐ段階で跳ねられなかった事が不思議でならないのだが・・・。

そんなわけで、turbo PC EX2をインストールしたままで、アップグレードをかけると普通では2度と戻ってこられない可能性が高いですぞ。

何かの参考にされたら幸いです。
コメント

1809 続報

2018年10月05日 22時43分00秒 | つぶやき
暑い!暑い!一昨日まで長袖でも寒く、今日は半袖でも暑い!もーこの気候変化について行けません。
原因は台風25号の巻き込む南の暖かな空気らしのですが、日曜日はもしかすると冷房が必要かも?

さて、win10 バージョン1809の続報ですが、アップグレード適用後の再起動でブルースクリーン発生。ブートディスクが使えなくなる事件ですが、原因が判明。

大きくは無料のアプリが原因みたい。 便利なバックアップソフトなんですが、大きなシステムアップデートが行なわれるとMBR情報が書き換わってしまうらしい・・・。

一応最新版を適応後にアップグレードしたらばブルースクリーンは発生しませんでした。

小さなバク?はありますから、その内にMSの累積修正プログラムが配布されるでしょうね。

そしてもう一つ、有料のウイルス対策ソフトの適応の遅れもあるみたい。

各ベンダーは今日辺りには適応を済ませているもよう。

なので、特にバックアップ関係のソフトは最新バージョンをインストしてから、アップグレードしましょう。

turbo pcあたりもかなり怪しい。

そんなわけで、アップグレードは出来るようになったものの、相変わらず不必要な機能ばかりがデフォルト設定・・・。

不必要なアプリがアンインスト出来ないところは相変わらず。 

linuxもそうですが、日に日に重くなって行くパソコン。 何の為のアップグレードなんだろう??

と疑問が残る今日この頃です
コメント

win10 バージョン1809

2018年10月03日 19時42分50秒 | つぶやき
一難去ってまた一難。 今度の台風25号はまたも全国的に風が強まるらしい。 今の予想進路では台風の南側に当たるだろうと思われる東海地方でも風が強まるそうな・・・。

通勤・通学の方は小まめな情報チェックを。

さて、10月に入り配信される予定のwin10 バージョン1809がウインドウズアップデートからも配信され始めたようです。

更新プログラムの確認を手動で走らすと更新が勝手に始まってしまうようです。

それからダウンロードに1時間。 インストールに(手持ちでは高スペックな方のi5でも)1時間以上はかかる。

やられた・・・その間ネット閲覧程度は可能だが、再起動後に何がどう変わっているのか・・・不安だ。

台風が去って、今日の天気を利用して、外作業と思ったが、そうはイカのちょんまげ。

カスタマイズを含めると3時間近くかかりそう・・・。

皆様も不用意に更新プログラムの確認を走らせないように注意しましょう。

9月から週末台風襲来パターンが続いています。来年もこんな陽気だと、10月はすでに消費税は10%になっているでしょうから、消費の冷え込みなんてもんじゃーないでしょうよ。

もーなんだかなぁ~・・・。

追記・・・これはあかんわ 最悪です。 3時間以上の時間をかけて、ダウンロード及びインストした結果・・・なんと・・・ブルースクリーン発生。

unaccessible boot diviceだとよ。 つまり、なんも問題なかった1803を1809へアップグレードした途端に起動不能・・・やられました。

アップグレードは不具合あるとは知っていたものの、案の定ですわ。 ええ加減にしろよMS

まるで、win7の今年の2月~3月状態。 色々修復モードも試したがどれもNG。

現在システムの復元を行っていますが、もしかするとNGかも?

となると原因は win7の時と同じでバックアップソフトになるかもしれない。 あくまでも推測ですがね。

そうなるとバックアップソフトのバージョン1809への適用を待ってからからのアップグレードが妥当。

他にも現在インストされているアプリが原因かも知れないが、ブートデバイスにアクセスできなくなるパターンは致命的だな・・・。

MSよ、時間と電気代と労力を返してくれ

システムの復元もアウト やっぱり、インストされているアプリのどれかが原因だなぁ・・・。
コメント

HDDが突然逝く

2018年09月18日 09時14分42秒 | つぶやき
何日かぶりに朝から晴れ上がった当地です。 菜園はもー長雨でシソとシシトウ以外はほとんど瀕死の状態。

そこえもって、朝は冷え込んでまるで10月の陽気。 路地野菜にはかなり過酷な状況の当地です。

さて今日はパソコンの話です。 新品で買ったノートPCの中では一番古いパソコンのHDDがついに逝ってしまいました。
(今は友人のサブマシンです)

先月のアプデをインストールした段階では問題なかったのですが、今月のアプデをインストして再起動したら・・・そのまま・・・です。

再起動 →コンピューターの自動修復モードへ行こうとするも途中でダウン。 これは変だな?と思って内蔵HDDを取り出し、エラーチェックをして驚きました。 不良クラスターの雨霰・・・。

内蔵のHDDは2012年製のマーシャル。デスク自体はさほど古くは無いのですが・・・要因はあれですよ。

今年の3月4月、辺りのウインドウズアップデートをインストールすると再起動後にブルースクリーンが発生する事件ですよ。(win 7環境) このときに何度か強制終了を断行しているので・・・・。

不良クラスタが発生している場所も悪い。 winnit やsystem32とか・・・パソコンが起動するのに最低限必要な部分がやられてるっぽい。

仕方が無いので、他の使っていないHDDに、バックアップイメージから復元して起動。 起動はOK。 その後ウインアプデをインストして再起動。 念のために check diskを走らせるとやっぱり不良クラスタ発生してる。

パソコンの家庭内利用で、check diskなど滅多に走らせません。 

でもなぜか腑に落ちないので、他のwin7環境のパソコンも check diskを走らせたら、不良クラスタ発見。

どうやら、今年の3月4月にブルースクリーンが発生したパソコンは多かれ少なかれ、不良クラスタが発生している可能性が大です。

不良クラスタ自体は発生が無いのがベストですが、僅かな発生だったり、あまり起動に問題無いファイルだったりすると普通にやり過ごしてしまいます。 ようは気づかないわけですね。パソコンも普通に起動します。

ところが、何かの拍子に許容量を超えて発現するわけですね。 まるで人間と同じですね。

さらにここに悪い偶然が重なっていました。 この暑い夏で、パソコンへの負担を考えてバックアップイメージも取っていなかった。

今僕が使っているバックアップイメージソフトは、不良クラスタが発生しているとバックアップイメージが作成できない仕様になっているので、ちゃんとバックアップ操作をしていたらもう少し早く発見できたかもしれません。

早く発見できていれば、最悪の(HDDが逝く)というのは回避できたかも?知れません。

そんなわけで、win7環境を使っている方で、ブルースクリーンが頻発したマシンをお持ちの方は早めに HDDの詳細のチェックをお勧めします。

win7の寿命もあと1年くらいです。最後まで元気に使ってあげたいものです。

追記・・・check diskはかなり時間がかかります。 特に「不良セクターをスキャンし回復する」モードはHDDの容量にもよりますが1時間~2時間はかかります。 また途中で止める事も出来ますが、その場合はHDDに負荷をかけただけになってしまいますので、お勧めしません。

「ファイルシステムエラーを自動的に修復するモード」は比較的短時間に行なえますが、今回のエラーはこのモードでは見つかりませんでした。

またかなり年期の入っているHDDですとcheck disk自体が留目を刺す事になる場合もありますので・・・。

今も他のwin7環境のPCをチェックしていますが、やはり不良セクタは見つかります。長年使っていれば起こる現象だとは思いますが、system32あたりに起きることは致命的です(今回の友人のPCの場合)

他のPCでも同じようにsystem32域に発生しているので、今年の3月4月発生のブルースクリーン現象の罪深さがうかがえますね。

コメント