趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

データではほんとに冷え込みそう

2019年03月30日 14時13分43秒 | 環境に関する話題
昨日冷え込むような事を書きましたが、今もって(今日はシトシト雨)冷え込むような気がしない当地です。
雨なんで土作り作業は延期。

ほんとに真冬並みに冷え込むのかなぁ・・・?若干冷え込んで欲しくないなぁ~などと思いつつもデータをみてビックリ

昨日よりも冷え込む予測になってます・・・。寒気の南下が長野当りでは止まらず、東海地方を全体を覆いそう。

もちろん真冬並みのマイナス36度30度6度の3段重ね。真冬なら降る物は平野部でも確実に雪になるパターン。

まさかこの時期に平野部で雪になる事はないでしょうが、山間部は雪降りますな。 岐阜県山間部へお出かけの方は冬用装備が必要となりそうですよ。

寒気が抜けるのは木曜日以降ですから、もしかすると季節が2ヶ月後退でしょうかね??

4月1日から生活に欠かせない食料品の数々が一斉値上です。 一つの品目では数十円でしょうが、一ヶ月で考えると数千円の出費増となりますよ。

先日のブログでも書きましたが100兆って・・・どれ位の星の数なんでしょうね?

科学雑誌ニュートンによれば、1等星~6等星合わせて約8600個だそうです。でも実際には半球なのでその半分くらいが、肉眼で見える限界とか??

目の悪いおいらはその十分の1かな?

なんとなく認識できる数って、おおざっぱで1億個くらいなのでは?? 兆になったら一塊。 それが100って・・・・
やっぱり天文学的な数字。

降り注ぐ桜の花びら・・・いったいどれくらいだろう?? 

能無し親父には財布の中の小銭の数くらいしかわからんですわ。 
コメント

この時期に最低気温マイナスって・・・

2019年03月29日 17時10分40秒 | 環境に関する話題
比較的穏やかなここ愛知県です。 ありがたい事です。 この先寒気の南下で冷え込むとはわかっていますが、岐阜県は山間部の盆地ではマイナスになるところもありそうです。

岐阜県北部の山間部はマイナス確定。 

巷では、桜、桜と楽しんでおられるようですが、今年は花粉で外には出たくないのが正直なところです。

それで、週間予報では友人宅のある岐阜県東濃地方は月曜日~木曜日あたりまで最低気温がマイナス2度と予測されてます。

うーん・・・菜園の土作りを本格的に始めようと思っていた矢先ですから、ちょっとショックです。

名古屋でも最低気温が4日連続で5度以下の予測になっているので、当然寒暖差は激しいですわな。

寒気の南下データを眺めてたところ、長野県当りで留まる予測ですが、何せ真冬並みの3段が重ねですから、影響は必修なんでしょうね。 おまけに北西の方角から冷たい風が入ってくるようで、その風が朝の最低気温をマイナスまで引き下げるようです。

そんな寒さが4日ほど続く予測になっていますから、水道管の凍結防止やら霜対策も必要ですよ・・・。

必要無いと思って、先日水道管の凍結防止を外しましたが、再度アドオンしましたよ。

石油ストーブも2台空焚きをして片付けたところでしたが、急遽、1台を箱から出しました・・・

灯油も買い足さないと・・・。

今日の暖かさが、この時間でも日向の温度計は20度を指してます。これが、数日で10度そこそこになるわけですから、
お天気データを知らなければ、「異常」としか思えないでしょうね。

よく花冷えとか、寒の戻りとか聞きますが、4日連続は・・・暖かかった3月上旬の揺れ戻しだと思います。

再度冬物登場ですよ・・・そいや売り場は春物だらけですけど、まだまだ冬物も売れますよ。
コメント

スタイル一新?

2019年03月27日 21時15分37秒 | つぶやき
昼間は暖かさで上着要らず。夜になると冷え込む当地です。 お世話になっているgoo blogさんも編集画面が一新されて、ちょっと困惑しながらの投稿。 おっさんは新しい物になかなかと付いて行けません。

お天気関係はこのブログで書いているように、今週末~4月頭にかけて冬型が強まるようです。 データ的には局所的ではなくて列島全体がそこそこ冷え込むみたい。 4月1日~6日頃にかけては、太平洋側の海面温度も低めの予想なので、南風も真冬並みかも? 寒気の南下具合ではデータがまた一新される可能性も??

兎に角、季節外れの暖かさが来たか?と思えば、口も渇かぬうちに、次の寒さが襲来。 冬物は仕舞えないわ、春物はだせないわで、毎日気苦労が絶えませんな。

今日、100兆を超える予算案が通過したそうで・・・。100兆ですよ100兆。 豆腐も100丁あったら数えられないので、100兆がどれくらいの量なのか検討も付きません。

ちなみに、私たちの太陽系が属する銀河系には、2000億個の星があると言われています。 銀河系の星の数よりも多い1万円札の束・・・。やっぱり想像もつかない量の金額ですな。

その中で消費税増税対策に35億円があてられるとか。 

何せニュースを小耳に挟んで聞いていただけなんですが、その時に、奇妙な聞き間違えしましてね。

スマホの「活用」を推進するどうのこうのが、スマホの「悪用」を推進するどうのこうのに聞こえましてね・・・。

企業がスマホの「悪用」を積極的に推進し、セミナーを開くどうのこうのと・・・思わず「えマジ?」と思ってしまいましたよ。

特に思い込みも無くただ単に、ご飯を食べながらニュースを聞いていただけなんですけどね・・・。

逆音声とかサブリミナルとか・・・うーん考えすぎかな? 単に僕の耳がおかしいだけでしょうね。

文脈やニュースの流れからして、「悪用」じゃーなくて「活用」だと思いますけどね。

それにしても、ブラックな聞き間違えをしましたわ。

なにわともあれ、スマホ無しでは日常生活が立ち行かなくなる近未来が直そこまで迫ってきているようです。

江戸時代に写真を撮られると魂まで取られると畏れられたそうですが、果たしてスマホの積極的利用はどうなるんでしょうね??

少なくとも長時間の利用は脳への影響は必修だと騒がれ始めてますよ。

「2019年2月19日 - スマホによる脳過労」「オーバーフロー脳」などと呼ぶ脳神経外科医も現れ、脳の異常は一時的なのか、認知症の初期 ... 私自身がこういったツールにしろ情報にしろ嫌いじゃないので、知らないうちにそれが体に影響している」NHK クローズアップ現代よりヘッドライン 引用

スマホの脳への影響で検索すれば様々な情報が得られます。

政府は推進してますね。 「使う使わないはあんたの勝手。 持って使用料金さへたんまり払っていただけりゃー優良市民」って・・・。

これじゃ、世も末だわ・・・今日はこれにて閉店
コメント

また真冬並みに冷え込む??

2019年03月22日 21時17分14秒 | 環境に関する話題
今日の風の強いこと・・・。アパートの駐輪場の自転車が全部倒れてました。 台風並みの風に襲われている当地です。

風速10メートルとデータではなってますけど、台風でもあれだけ自転車倒れなかったぞ。

原因は北海道沖にいる低気圧。今回も970HP前後まで発達。 日本の上空を通過時は暖かい空気を吸い込み、北海道沖へ進めば今度は冷たい空気を巻き込むパターン。

データ的には春一番ではないそうですが(気象庁の定義では)、今日 春一番もどきが吹いたそな。

問題は吸い込まれた寒気の規模。 上空5000メートルでマイナス36度30度の2段が重ね。上空1500メートルマイナス6度のエリアも中部地方から北陸方面まで広がっているために、かなり冷え込みが予想されます。

土曜日の夜~日曜日の朝にかけては中部地方の山岳地帯は真冬並みにまで気温が下がる予測に。

ウエザーマップさんも以下のような警戒を書いておられます。

 きょう22日(金)は東京や静岡で気温が23.9℃まで上がるなど関東や東海を中心に初夏の陽気となったが、週末は寒の戻りとなりそうだ。特に24日(日)の朝は冷え込みが強まり、真冬並みの所もある見込み。
 気温差が大きくなるため、服装や体調管理に注意が必要となる。

一部引用。詳しくは元記事をお読み下さい。

同じような傾向を(週末冷え込む)をAIは予測しているようなので、来週の週末30日~4月1日も冷え込みそうですよ。

依然暖冬傾向のようですが、春は・・・寒暖差の激しい春と今の所はなりそうですよ。

穏やかな春が・・・待ち遠しい
コメント

家事の合間に

2019年03月21日 10時24分25秒 | つぶやき
最近の花粉飛散状況では、菜園の手入れどころか部屋の換気も大変です。 なので、ずーと先延ばしにしていた作業を実施。

それは昔懐かしい、ガラス引き戸への飛散防止シート貼りです。 最近はまず目にしないガラス引き戸。 子供の頃、そそうをしてガラスにヒビなどが入ったら大変。 暫く玄関の外で立たされたものです。

それもそのはず。昭和50年代はガラスの引き戸は結構の高級品。 もちろん入っているガラスの質でピンきりですけどね。
安月給では、引き戸1枚(一部分)の(おおよそ90センチ×30センチ)の交換でも大変な出費だったと推測です。

昭和30年~40年代に生まれた方ならよーく知ってるガラス引き戸。 今はガラスなんぞ使いません。ポリカでしょうね。

予算があればポリカに交換するのが一番安全なんですが、そこはそれ、友人も僕も生きるのが精一杯の生活。 100円均一で調達です。

半間の引き戸1枚(畳約1枚分)に600円。 しかも透明な板ガラスではなくて柄の入った板ガラス・・・。

この手のガラスは表面が凸凹しているのでくっつきが悪いのでちょっと心配。表面は凸凹過ぎて貼れないので比較的凸凹の少ない裏面から貼ります。ほんとうはガラスの両面に施したいのですが、この手のガラスは不可能。

で、作業中の写真がこちら

見難いけど、赤い矢印が飛散防止シートです。

でもって、向かって右側が張り終えた写真。

思ったよりも綺麗に貼れました。 ほとんど空気も入って無いw。 でもこの手の板ガラスは2~3日すると、浮き上がりも起こるので、再度空気を抜いたりする作業も必要です。

道具は壁紙貼りと同じで行けます。 結構楽しいですよ。

シートを貼ったら、車が通った時のガラスのビビリ音が軽減されましたよ。 飛散防止だけでは無くて音の対策にもなりそうです。

外で作業をしなくても家の中にも、まだまだ仕事はいっぱいです。家事って終わりなき仕事ですよ。

コメント