趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

アルカリ電池復活・・・追記

2018年10月14日 10時07分23秒 | 節約アイテム
今日も朝から雨。 最近の天気はまったく秋らしくない。 これが秋の長雨ならすでに3回目の突入。 雨雲レーダーを眺めるとぐずついているのは岐阜県の一部か?? 穴を掘ってはあかんとこに無理やりトンネル作るからからだよ!
そんな小さな声は決して反映されず。貧乏人の叫びも虚しく、早々と消費税増税の表明。 おまけにクレジットカード優遇だとさ。貧乏人はカードも持てませんよ。

さて昨日の記事の補足を書きます。 基本的にアルカリ電池の充電はお勧め出来ません。 充電するならば市販のマルチチャージャー(アルカリ電池充電可能)をお買い求め下さい。現在7000円~1万円程で販売されています。

このブログでは、「アルカリ電池がもったいない。」 「少しでも使い切ってから捨てたい。」とか「資源を大切にしたいと」考える方へのメッセージであり、おまけにかなりリスクを伴う提案なので、そんな小さな事に時間や手間暇をかけたく無い方はどうぞスルーして下さい。

アルカリ電池の充電は液漏れのリスクが非常に高くなります。 ソーラーで充電しても、コンセントで充電しても同じです。

市販のマルチチャージャーはそのあたりのリスク回避の為にかなりの安全回路が入っていると思われますね。それでも注意となっているはずです。

それでアルカリ電池が液漏れした場合の機器へのダメージは相当なものなので、再充電したアルカリ電池の利用出来る器機が限定されますよ。まず電子機器は絶対NGです。

アルカリ電池自体が、長期保存で液漏れが発生しやすいので注意が必要です。 僕も結構やられました。電池には使用期限が明記されていますが、それはあくまでも最大期限と考えた方が良いです。 今現在の性能は知りませんが、一昔前、少なくとも
2011年以前は、安物のパックのアルカリ電池を1年以上保管すると10本に1本くらいは未使用の状態で液漏れしましたから。

現在は、アルカリ電池の液漏れをあまり耳にしませんが、もしかするとリチウムイオン電池の普及で家庭内のアルカリ電池使用頻度が少なくなっただけで、性能自体はあまり変わってないのかも知れません。

ですから、アルカリ電池は発熱や爆発はしないと思いますが、液漏れには注意が必要な電池です。

ここが大切です。 メーカーもアルカリ電池の充電は止めてくださいと書いてます。 ですから完全自己責任の世界です。

その当りをよく踏まえて下さい。

それでも、もったいない。何とかしたい。最後まで使い切りたいと思う方へのメッセージなんでね。ご理解お願いします。

アルカリ電池を何度か再充電しますと、充電終了時には適切な電圧はでます(テスター上)。しかし、電池は劣化します。

これは、充電可能な電池でも同じです。 アルカリ電池の場合はもう少し顕著かもしれません。

充電して3日もすれば、もとのもくあみ、つまり自己放電が激しくなります。つまり、充電したら直に使う。これが鉄則です。

色々なリスクやら、アルカリ電池の特性を踏まえた上での、最良な使用方法がソーラーランタンだと僕は考えました。

劣化と言うのは避けられません。 ぼくらも年齢を重ねる内に疲れがとれなくなる。 それと似たようなもんです。

そんなわけで、楽しくリスクを知った上で、最後まで資源を大切に使う。そんなところです。

それにしても、単一アルカリ電池はすばらしいです。 もちろんソーラーランタンを点灯させるという限定された条件での話ですよ。

今日の記事はうだうだと長くなりました・・・すみません。
コメント

アルカリ電池再利用続編

2018年10月13日 09時54分07秒 | 節約アイテム
今日もどんより曇り空。これでは小さなソーラーシステムも起動できず。おまけに部屋の照明に使っているソーラーランタンも充電できず。どうにもなりませんわ。

しかーし、困難は発明の父?いや母かな? どっちでもいいけど、何とか工夫をして、しかも今目の前にある素材でなんとかならないかと考えた結果作ったのがこちら手前味噌名過去記事へジャンプします

それで、この自作アルカリ電池充電器(コンセント接続タイプ)の性能はいかに?ってわけでテストした結果がこちら。
前回は単2アルカリ電池で試してみました。その記事がこちら過去記事ですですが、今回は単一電池でテスト。

その結果がこちら


何と、何とほぼ復活です 単2アルカリ電池よりも充電時間は長いですが、ソーラーランタンを点灯させるには十分です。

実はこの電池、以前紹介したがついに点灯を終了したために、その電池を充電したんですよ。連続点灯記録は約6ヶ月。そして、点灯しなくなったアルカリ電池は充電して再利用可能・・・って、単一アルカリ電池の利用価値は計り知れませんぞ

大切な事は、素材の性能をどこまで引き出すかですよ。 この辺りは料理と同じですね。

ただし、繰り返し充電しての利用には当然限界はありますね。 市販されているアルカリ電池充電器(7000円以上)でも、概ね10回が限度とされています。 ソーラーランタンならもう少し繰り返して使えそうですが、充電頻度が多くなります。

廃品でこれだけ楽しめるんですからね~節約も面白いですよ。

今日も文明の恵みに感謝。そして自然の恵みに感謝
コメント

アルカリ電池復活

2018年09月02日 16時35分49秒 | 節約アイテム
嵐の前の静けさかな・・・。友人宅の菜園に訪問中です。 台風21号の東側に位置するので雨風が強まりそう・・・。
できるだけの処置はしましたが、どうなる事やら・・・。

さて今日もあいにくの曇り空です。菜園の手入れをしながら、以前このブログで紹介した自作アルカリ電池充電器(クリックで過去記事へジャンプ)ですが、人に話してもなかなか信じていただけないので、今回は充電前と充電後のテスターの表示をのっけました。
写真はこれです
→左側の写真・充電前はほぼ残量0です。もー充電してもダメかな?と思ったのですが見事復活したのが→右側です。針の位置の違いわかりますか?

やはり、アルカリ乾電池の単2とか単1は充電すれば何回か使えますよ。 もちろん大きな仕事(例えばモーターを動かす)などは出来ませんが、小さなLEDランタンを一晩点灯させるくらいなら十分です。

充電には小さな太陽パネルを使用。スペックは廃品なので正確にはわかりませんが、電圧は約5vほどでます。

充電時間は約4時間です。今日などは曇りなので4時間かかりますが(単2電池の場合)、晴れていれば2時間~3時間で充電終了です。

テスターで、ほとんど針が振れないくらいの電池が復活したのはちょっと驚きです。

今回充電したアルカリ電池も何度か充電を繰り返した使い古しなんで、ダメもとでやってみたんですがね~。

やっぱりEVOLTAは使っている材料が良いのでしょうかね。 コスパは最高です。

ほんとうは市販されているアルカリ電池充電器やマルチチャージャーが欲しいのですが、7000円位するんで僕にはかなりの高値の華です。 もちろん自作の充電器は1個しか充電出来ないので、気長な人しか出来ませんけどねw。

捨てる電池を文明の力(ソーラーパネル)と自然の力(太陽光線)で再利用。 何せ新しく何かを作ったり、買ったりしたわけでもない。今自分の目の前にある素材で再利用。 エコの原点ですよ。

もちろん見た目は悪いですけどね。 

台風は来るでしょうけれども、今日も自然の恵みと文明の恵みに感謝です。
コメント

ただ静かに仕事を続ける

2018年08月08日 15時15分53秒 | 節約アイテム
昨日はかなり呆れてTVを見る気も薄れました。 色々ネットを調べるとサマータイム導入案はどうやら経済連も絡んでいるようで・・・。自民独裁政権ですから、体力の無い物から扉の向こうへ「ハイさようなら」。それが自然淘汰だそうな。
そんな考えの人たちが静かな戦争を繰り広げている現代文明ですよ。 睡眠不足で事故も増えるでしょうし、ストレスで通り魔的な事件もきっと増える事でしょうね。ほんと馬鹿らしい。検討するだけ時間の無駄。この話題考えるだけで腹が煮えくり返ってくるのでお仕舞。

さて、今日はグイグイと気温上昇中の当地です。 朝が涼しかったので身体にこたえます。 背中で感じる暑さから東海地方ではまた、40度超えの地域がでるかも?です。

今日のタイトルは過去記事です何度かこのブログで紹介した改造100円ランタンですが、いまだに仕事をしています。

今月の20日を超えたら5ヵ月連続点灯となりますよ。 もちろん光センサーが元々組み込まれているので、昼間は点灯していませんよ。 それにしても凄い。9月20日を超えたら半年間メンテナンスフリーという事になります。

一事が万事。無駄なことをしないのが一番です。シンプル イズ ベスト。 

色々と手を加えたソーラーランタンは電池交換の必要もあるし、毎日日光浴をさせないといけないし・・・手間ばかり。

少々光は弱いがこのソーラーランタンは使い古しで電圧の出る単一電池をくっつけただけ。しかも、メンディングテープで巻いただけ・・・超ローテクです。

余程、回路と電池の相性が良かったのでしょうか。


追記・・・僕の体感通り、40度超えです。 以下は記事からの引用。

8/8(水) 13:30配信 (レスキューナウニュース)

きょう8日も東海地方で気温が上昇し、岐阜県美濃市で41℃に達したほか、14:00時点で全国927地点中、35℃以上の猛暑日到達が6.8%の63地点、30℃以上の真夏日到達が46.0%の426地点、今年最高到達も1.4%の13地点に達しています

■気象概況
【日最高気温】
・岐阜県  美濃市   美濃    41.0℃(8日13:43)≪史上1位≫
・岐阜県  下呂市   金山    40.5℃(8日13:20)
・岐阜県  多治見市  多治見   38.7℃(8日13:11)
・岐阜県  恵那市   恵那    38.4℃(8日13:09)
・岐阜県  美濃加茂市 美濃加茂  38.4℃(8日13:01)
・愛知県  名古屋市  千種区   38.3℃(8日13:15)

ありがたい事に午後から時折薄雲が流れているので助かりましたが、大気の感じでは軽く41度超えてます。

うーん美濃市ってそんなに暑いところだったかな??

むしろ今週よりも来週の方が高温・多湿の条件が整うのでは?

今週末から大企業の大型連休のようですから、レジャー先ではくれぐれもお気を付けください。
コメント

またも廃品利用

2018年06月15日 13時40分17秒 | 節約アイテム
梅雨時期なのでこれが普通なんでしょうが雨の当地です。

さて雨や曇りですと当然の事ながら、ソーラーランタン達は充電できません。 そんな中、雨や曇りなどどこ吹く風で、ずっと足元を照らし続けているランタン・・・。

この記事で紹介したランタン君過去記事へ飛びますはついに3ヶ月目に突入です。

まったくのメンテナンスフリー・・・。確かに昼間は多少は陽の光が入りますが、他の場所に比べればかなり厳しい環境です。にも関わらず・・・3ヶ月目突入です。

少し差しこむ陽の光で多少は充電しているのでしょうかね?

はやり「シンプル イズ ベスト 」かもしれません。

他のランタン達はそうも行きませんし、友人が使い古しのアルカリ電池の単一サイズを数本下さり、とてもありがたかったのですが・・・いかんせん充電器がありません。

うーん・・・ネットで検索すれば、アルカリ電池やマンガン電池までも数回なら充電可能というマルチチャージャーも販売されているようですが、そこそこの高額。 廃品を利用するのに、お金をかけてまでは・・・。

ならば自分で作ってしまえ! はい。作りました。 その写真がこちら。

なんとまー手作り感満載のソーラー充電式アルカリ電池チャージャーですw。

材料は トイレットペーパーの芯・・・電池が倒れないように固定するため
    洗濯はさみ・・・電池固定の為
    カマボコの板・・・見ての通り
    DCジャック・・・廃品の小型家電から取り出したやつ
    ねじ・・・4本
    ソーラーパネル・・・これも廃品。 写真には写ってませんが、壊れたソーラー扇風機の付属品のソーラーパネル。DC6v位は発電能力あります。
    回路・・・逆流防止ダイオード。 部屋にころがってたw。

以上です。すべて廃品利用です。 これぞエコの基本。

見た目はチョー悪いです。 電池ボックスとか外装ケースに入れれば見た目は良いでしょうけど。


その能力は素晴らしい。  6時間の充電で、単一電池の残量が電池チェッカーのgood領域に到達ですー。充電前は赤の領域でしたよ。

一応デタラメをやっているようですけど、ある程度はアルカリ電池の特性などを理解して作ってますよー。

ソーラーランタンを照らす程度の利用ならこれで十分です。 

もちろん、何か家電品に利用しようと思ったら、ちゃんとした充電器をご購入下さいね。

そんなわけで、また一つ節約アイテムに追加です。
コメント