趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

鶏が先か?卵が先か?(追記)

2018年01月31日 10時31分43秒 | 環境に関する話題
やっとこさ先日の雪が溶けたと思ったら、また積雪(友人宅の話)。連日の氷点下の冷え込みで、古い住宅などでは水道管の凍結→破裂が目立って来ています。

都心部でも、ビルとビルの間などで凍結防止ヒーターなどが設置してあっても経年劣化で機能を果たさず、配水管の破裂なども増えてきています。普段の冬なら起こり得ない事がこの冬は起き始めています。

何事も無かった地域でも、長雨の時期(梅雨の時期)に思いもよらなかった地盤の歪などを経験することでしょう。

30年40年ぶりの冷え込みとは恐ろしい事です。 なぜなら30年~40年前は高度経済成長の真っ只中?イザナギ景気だったかな?

追記・・・ここ10年以内に建設されたビルでは無い古いビルや建物などで実際に起きています。

ただでさえも経年劣化が始まるのが「今」です。

政治家さんが「今の地位の保身を考えての未来投資(ありえない造作物・たとえばリニアなど)を続ける限り、地球環境(地中環境の変化)は収まらないでしょう。

追記・・・「もんじゅ」って何年稼働したっけ?おまけにいまだに廃炉計画は見えず。他の原発も、すべて国民の電気代に転嫁ですよ。核廃棄物の地中埋め立て整備予算もすべて転嫁です。

日本は他の大陸と違い、5つのプレートがひしめき合い均衡を保つことで偶然に存在している貴重な場所です。

だからこそ、微妙な変化を感じ取れるのですが・・・・。

大陸(たとえばアメリカやユーラシア)と同じように、長いトンネルを無数に掘っても何も起こらないと考えるのは少し浅はか・・・残念な事です。

ある程度は確かに良い結果がでたとは思われますが、残念ながら反作用が起きている事を素直に見つめる時なのでは?

周りを見渡せば今の社会インフラを維持継続するだけでも、もしかすると不可能(予算的に)な現実。

無駄とは言いませんが、新たな何かを作るよりも今のインフラの整備・維持に予算を回した方がどれだけ現実的か。

たとえば中央線。 毎回確実に遅れる特急電車を優先しての在来線の本数減。 リニアよりも在来線の複線化を目指すほうがより現実的かつ安全。

こんな事は日本中にあふれています。


ここからは妄想です。


今火山活動の監視とか騒がれていますが、地球活動規模で眺めてみれば、地中が熱くなるから、雪で冷やす。

逆も真なり。何らかの理由で北極振動が活発になるから、マグマが動く・・・。

人間と同じです。少しの熱なら水枕。さらに熱が出たら氷枕・・・今はその段階。

水枕の段階は2010年以降のゲリラ雨の増加傾向を眺めれば明らか。 

このまま氷枕の原因を人類が発生し続ければ、いよいよ噴火するわけですよ。噴火が起これば大気が曇り地球の浄化作用が始まるわけです。

5つのプレートがひしめき合い均衡を保つ場所。 いよいよ動き出す前に、舵を切り直素す事です。

中部圏に関しては、リニア凍結。それで30年は解決ですよ。その間にインフラを整備する事ですよ。

と不可能な妄想を書いてみました。

不可能だから、地球の自浄作用は動き出しますね。


追記・・・今回の寒波、同じ地域でも冷え込み方がまったく違うようです。 小さな冷たい空気の塊となって移動するイメージです。だから、同じ地域でも凍結する場所と凍結しない場所があります。偶然にもそんな話を聞きました。

ですから、日ごろのからの人の目が大切です。 管理が行き届けば寒気の影響をもろに受けて凍結→破裂は防げるはずです。

もちろん経済的に余裕があれば、10年ごとくらいに凍結防止ヒーターの交換がお勧めです。

凍結防止ヒーターにも寿命があるって事ですね。

コメント

この先どうなる?

2018年01月28日 11時46分30秒 | 環境に関する話題
昨日は晴れ間が見えましたが、今日は曇り。凍てつく寒さです。 気温5度以下では、体が動きません。

この寒さ、まさかエンドレス? データでは向こう10日以上こんな状態が続きそうです。

上空1500メートルでマイナス6度の寒気に日本列島は覆われ続ける予測データがでてます。

もちろんムラがあるんで、若干南下が弱まる日もあるかもしれませんが、先々週のように穏やかな春の陽気は遠い先の話です。 春来るか??

そこで、この春はどうなるか?ですが、同じような厳しい現実がヨーロッパでも起きています。 (暴風雪であったり、雨であったり)ルーブル美術館も洪水の可能性で美術品の一時移動の準備を始めたとか? ←その後は不明。

ヨーロッパは広いですから、広すぎるので北海道と九州位の範囲で眺めても、極度な高温状態と極度な低温状態をくり返しているようです。

そうなると日本も同じような傾向が2月後半~4月まで見られると考えるのが無難かと・・・。

はっきりいって、露地野菜はかなり影響を受けると思われるので、野菜の価格高騰は収まる可能性が見えないのが近未来予測となります・・・悲しい現実です。

極端に寒い地域があればその逆の地域もある。案の定23日までのデータで、南半球では異常高温も発生しています。

地球全体で恒常性維持ですからね・・・。

今までのような春を迎えられる可能性が乏しいのが現実のようです。
コメント

室内でも凍りつく寒さ

2018年01月26日 15時01分35秒 | 環境に関する話題
今シーズン最強寒波襲来中ですが、日向と日蔭では雲泥の差・・・。財布に余裕のある人と無い人では雲泥の差。

経済格差が進めば進むほど、寒暖差も激しくなると書いているのに富の再分配(公平かつ適切な再分配)は行われないようなので、いずれは北半球は数年に渡り氷に閉ざされるでしょう。妄想はこれくらいで・・・。

さて、岐阜県の友人宅は凄い事になってましたw。雪はそこそこでしたが、暖房していない室内はこの時間でマイナス0.5度ですよ。 

一方暖房をしていた部屋では湿気がこもって湿度80%オーバーです。 窓を開けて寒気をしようものなら、即凍りつく寒さです。

日本海側はもっと凄い事になっているんでしょう。おそらく家の構造から寒冷地仕様になってるとは思われますけどね。

時々冷え込む岐阜県南部とかの古い住宅はもー凍死するんじゃー無いのか?と思うくらいです。

で、この湿気をなんとかしないと壁がぼろぼろになってしまうんで、去年大活躍した除湿機(コロナ製)を、以前にこの記事で書いたように、カセットストーブと併用して除湿したんですが、30分もするとコンプレッサーが自動停止・・・。

また、30分位すると動き出すのですが、どうも具合が悪い。室温は8度。石油ストーブ暖房でも2部屋暖房すると、こんなものです。 それくらい今回の寒波は体感もですが、冷え込み方が異常です。

コンプレッサー式の除湿機は、室温10度以下になると極端に除湿能力が落ちます。それを少しでも和らげる為にカセットストーブで温めながら行ったのですが・・・・

なんと、冷却用のフィンの周りに付着した結露(露)が凍結。その写真がこちら

白く見えるのが氷(霜)です。フインにびっしり。これじゃー除湿する前に機械が壊れてしまいます。

写真はゴミ除けのフィルターを外したところ。コンプレッサーで冷やされたフインが空気中の水蒸気を結露させて水分を集める仕組み。コンプレッサー式マシンなら皆ほぼ同じ仕組み。

それで、仕方なく石油ストーブで室温を12度まで上げての除湿です。 石油ストーブと除湿機併用・・・。

なんとコスト悪い話です。

エアコンの暖房を使えば一発解決? いやいや、ここまで冷え込むと(外はマイナスです)、エアコンでも同じ事が起きますね。 

まー目で見て確認できるんで、この方が安全で確実です。消費電力も分かっているし。

その後も、フインの状態をなんどか確認しましたが、やはり30分ほど除湿して、10分送風運転。 送風運転すると石油ストーブで温められた空気が、フインの霜を溶かすので、除湿効率はかなり上がりました。

2時間程運転して、湿度80%オーバーが湿度50%になりました。 でも、数時間したらもとのもくあみなんですけどね・・・。

それでも、しないよりはまし。

今回の寒波、かなり長引きそうなので、庶民の生活への影響も相当だと思われます。

お隣の国の政治の祭典・・・じゃーなかったスポーツの祭典どころの話じゃーないですよ・・・。

日本海側じゃーなくてもこんなですから・・・。毎週の灯油とガソリンと野菜の値上。

政府はどこを向いているのでしょうね?
コメント

寒波襲来中

2018年01月24日 17時21分22秒 | 環境に関する話題
なんか数年に一度の大寒波っていわれているようです。 日本列島は上空1500メートルでマイナス12度にすっぽり覆われているようです。

ただ、ありがたい事に雲の流れに乗っての降雪なんで、日本海側のように降り続く事はないようですが、凍結が一番厄介ですね。

冷え込む日本列島とは対照的に、アラスカ沖でM7.8の大地震。 国内では草津・白根山の火山噴火。フィリピンのマヨン火山が再び噴火と、かなり北半球は荒れて来ました。

環太平洋火山帯はかなり凄い事になってますよ。 日本だけ安心? 

活火山の目覚めは突然ですよ。 

身の回りでは凍結が一番身近な危険なんで、出来るだけの備えはしましょう。

コメント

狙い撃ちか?

2018年01月23日 10時07分35秒 | 環境に関する話題
「うらら~♪うらら~♪」ってくだらん事書いている場合ではないですが、関東方面は凄い雪だったようで。

首都圏の脆弱性とか言われますが、20センチ以上積もったら愛知県でも身動き取れませんよ。岐阜県でも4駆スタッドレスにチェーンじゃーないと無理。あとは慣れてるか慣れて無いかの違いですよ。

毎日雪降る日本海側は別として、たまに積もる雪はどんな装備してても麻痺します。関東地方にお住まいの方はホントにお疲れ様でした。この先は人災なんで、判断を誤らないように細心のご注意を。

さて、東海地方はこれからです。 今回の寒波、強烈且つ長期滞在型の可能性が濃厚・・・。すでに報道されてますね。

で、愛知県もかなり影響を受けるのか?と思いきや・・・なんと、岐阜県「狙い撃ち」のようなデータが・・・。

特に中濃~飛騨方面にかけてはかなりの積雪の可能性が・・・うわ。明日の夜は愛知県にも雨雲が流れ込むデータ予測になっているんで、降る物はすべて雪。

やっぱり24日~25日に関しては、愛知・岐阜はほぼ積雪が濃厚です。

お車を運転される方は小まめな情報収集がお勧めです。 地域差のムラも大きいので、訪問先までの情報収集が的確なような・・・。

金曜日以降は今の所は、そんなに大きな雨雲の南下は反映されていないので(日本海方面からの)、用事は延期されるの一つの手かも?

いずれにしろ、今夜以降は降る物は雪になる可能性が大きいので、それなりの対策(イメトレとか)が必要です。




コメント