趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

ランタンパワーアップ

2018年12月18日 11時50分48秒 | LEDランタンやらLED電球やら
実家の片づけの疲れで背中や首がコリコリです・・・。おまけに寒暖差でやられてます。

この夏の暑さで、ちょっと古くなったビニールテープとか、ガムテープなど、要は粘着物は軒並み経年劣化が早まったようで、触るにも触れない状態になってました。 昔の長持?(大きなケース)に入れてあった服などポリウレタン樹脂を使った素材はベチョベチョネトネトになってましたよ・・・見るも無残。 頂き物ももったいないからと大切に保存してあっても、使えなくなってはただのゴミ。樹脂製の物はホントに注意ですよ。

さて、このブログを読んで下さる方はご存知のダイソーランタン(製品名はガーデンライト)ですが、どうやら3v仕様にしてもLEDや回路自体は問題なく仕事をしてくれます。寿命に関してはまだわかりませんが・・・。

元々が単4充電式電池1.2v仕様なので、室内の陽の当たらない場所での使用は電池の持ちの問題で雨の日が続くと使えないのが個人的には問題でした。 電池を外して、充電器で充電していたのですが、それも結構な手間でした。

そこで思い切って、電池ボックスを取り付けて(この時点でソーラー充電ではなくなりますが)、単三電池2個仕様にトランスフォームしてみました。

電圧も充電電池なら2.4v。普通の電池なら3v仕様。 ただ回路に流れる電流量がかなり上がるので、基板への影響とかLED自体の寿命など、この当りの事が不安でしたが・・・何せ100円。 そこまで考える事も無いと思い、いざ実験です。

結果は、ダイソーの昇圧回路はシンプルで優秀かもしれません。 まったく問題なし。問題なしどころか明るさも単純に2倍近くになり(あくまでも見た目です)、電池の寿命もほぼ3日間は安定した明るさを維持です。

違いはこちら
写真向かって左側がノーマル。右側が単三電池2個仕様です。

もちろんガーデンライトとしては使えません。あくまでも室内の常夜灯です。 リフレクターの工夫で明るさ感はかなりアップしますよ。

この改良は電池ケースだけです。電池ケースはネットで100円くらいで買えます。ホームセンターでも200円くらい。

写真では、ソーラーパネルが下向きになっている為にNGですが、ソーラーパネルが一定量の光を感知すると自動的に点灯が止まる簡易的な光センサーの役割をしているので、上手く配置すれば電池は持ちはさらに長くなりますよ。

なら充電もって?それは無理ですよ。 パネルを大きな物に交換しないと・・・。

兎に角、工夫の幅はかなり広がります。
コメント

小さな工夫

2018年10月12日 10時20分22秒 | LEDランタンやらLED電球やら
やはり朝から厚い雲に覆われた当地です。 洗濯物の外干しはNG・・・。10月に入ってからも週の半分は部屋干しです。
除湿機がフル稼働ですけど・・・やはり電気代への影響は大きいですよ。この時期は1年でも最も電気使用量が少なくなる時期なのですが、こんな天気が続けばそれは無理ってもんです。いくら小さな除湿機でも、1時間当りの電気使用量は200W(0.2kwh)~300W(0.3kwh)になってしまいます。家庭内使用なら、当然他の家電品も同時に動いているわけですから、いくらスペック上、消費電力の少ない除湿機でも、家庭全体では時間当たりの使用量は大きくなるわけですね。

さて、今日は節約ネタです。 以前にダイソーでUSB LEDライト(電球色)というのを買いました。もちろん100円です。

天井から吊り下げられるようなフックも付いていて、明るさの指標は150ルーメン。消費電力は5w~6wとあります。

確かに明るいです。僕はモバイルバッテリーで使っているので、明るいという事は電気の消費も激しい。その当りの事は過去記事にも書きました。過去記事へジャンプ
過去記事では明るさ感とバッテリーの消費を抑える方法を書きましたが、今日はLEDの色をもう少し明るく感じるように変える方法です。要は見え方ですね。

論より証拠 その変化の写真がこちら

どちらも同じダイソーのLEDライトです(商品名)。

写真左側がノーマル状態。右がアドオン状態。アドオン状態の方がかなり見え方が明るくなっていませんか? 

見え方と言うのは人それぞれ。しかも好みなのでなんとも言えませんが、 たかがダイソーの100円LED。

工夫次第で自分流にアレンジ可能ですよ。

最近はセリアさんでも、同じようなLEDライトが売ってます。 こちらはダイソーさんのとは違って、メチャクチャ明るいです。明るすぎで、目の悪いおいらにはチトきつい・・・。スペック的にはどちらも大差ないです。
使っているLED素子の種類の違いくらいです。

もちろんセリアさんのLEDライトも工夫して使ってます。

とるに足らない小さな工夫です。 そんな工夫でも興味のある方がおられれば、セミナーでお話ししようと妄想中です。

コメント

ランタンに一工夫

2018年09月28日 13時16分29秒 | LEDランタンやらLED電球やら
明日は雨で外作業は無理そうなので今日は菜園に訪問中。 ほとんど終了した野菜ばかりですが、秋になると毎年元気になるシシトウの補強なんぞをしてました。

さて気になる台風24号ですが、僕の眺めているデータでは大きなコース変更はみられません。 東海地方直撃コースをトレース中。 上陸地点が四国のどの辺りになるか?ですが、どの道今のコースだと東海地方は台風の東側になるので、雨風共に吹き荒れそう・・・。 出来るだけの事して、後は自然界のなすがままですわ。

今日の晴天は予報通り。 この晴天が明日には雨。夕方から強烈な雨。 日曜日には台風の影響が本格化ですからね。

気象情報が見られるから近未来の推測が出来るわけで、それが無かったらなーんもわかりません。

ただ、この晴天にも関わらず菜園に虫が飛んでいないので、虫達は既に察知しているのでしょうかね?

菜園作業の合間に、気分転換で今あるランタンに少し工夫を加えてみました。その写真がこちら

写真一番左側のランタン以外は、今までのランタンに一工夫しただけです。一番左側は器を100円で調達しました。

光源はダイソーのランタンのまんまです。

どんな工夫をしたかって?それは、節約セミナーでね。

光は反射と屈折で拡散して、人間の目には光の量が増えたように写ります。

これ4本で、廊下のフットライトに十分ですし、6畳くらいの部屋なら、常夜灯に十分です。

詳しい作り方は、いつの日か節約セミナーで公開ってかw。

そんなわけで、今日の内に出来るだけの台風への備えを済ませたいものです。
コメント

部屋の照明なら十分

2018年08月28日 12時21分24秒 | LEDランタンやらLED電球やら
障害者雇用水増しなど国ぐるみ?とも思える制度悪用など嫌なニュースが目につきます。
100人以上の企業は障害者比率が法定雇用率を下回ると納付金を徴収され、上回れば調整金が支給される。
調整金欲しさの企業側の作戦とも見て取れますな。

まるで時代劇の悪代官と悪徳商人の構図そのもの? 支給された調整金の一部はまた代官の懐へってか?

世も末です。確実に末です。

さて、そんなニュースに心を乱されても仕方が無いので、今日も節約ネタです。

ずっと以前にダイソーで100円のUSB接続型LEDランタンを見つけて使っていたのですが、これがかなり明るくて重宝していたのですが、いかんせん明るい替わりに消費電力も大きいのでモバイルバッテリーの消耗も激しいのですね。

具体的には、パッケージには明るさ150ルーメン(ろうそく約150本分という意味です)で電球色相当。
消費電力に関しては5w~6wとされています。

実際に容量2000mAhのモバイルバッテリーだと満タンで連続点灯は約1時間ちょっとです。
そのモバイルバッテリーの充電に約3時間~4時間かかるので、コスパはかなり悪いです。
テスターでLEDセルの消費電力を実測してみたところ、一つのセルに約150mA電流が流れていました。
10個LEDセルを使っているので、単純に1500mA消費する計算になります。

なので明るいのですが、実際に使うにはちょっと・・・と悩んでいたんです。

100均製品なので当然、強・弱の2段スイッチもなく、仮にどこかにスイッチを埋め込んでも抵抗で消費させるかどうかくらいしか方法は無いのでむだだなぁ・・・と諦めていたのですが、先日臭いものは元から絶て!では無いですが、
フト基盤の状態から必要なLEDセルだけに電気が流れるように通電を遮断してしまえば良いのでは?と思い早速実行です。
で写真がこちら

僕の持ってるショボイデジカメでは直接電球を撮っても上手く写らないので、電球直下の反射を写してみました。
写真左側がLEDセル10個の場合。右側が半分の5個の場合です。若干暗くなるものの日常の生活に困るほどの明るさの変化ではありません。

消費する電力も同じモバイルバッテリーを使って連続点灯時間も約2時間半と倍の時間点灯するようになりました。

これなら、電気を使い切ったモバイルバッテリーの充電時間の半分くらいの時間は点灯し続けてくれるので、部屋の照明としては実用可能な範囲になりましたよ。

本当は「充電時間と点灯時間が同じ」がベストなのですが、そこまで持ってゆこうとするとおそらくLEDセルを2個点灯くらいが限界だと思われるので、必要最小限の明るさ確保の意味でもLEDセル5個が妥当ですね。

現状はおそらく消費電力も約750mAほどになり、実際は入力は5vなので3wほどの明るさのLED電球とほぼ同じになると思います。

現実の基板全体に流れる電流量を測定したいのですが・・・これは基板を壊さないと出来ないのであくまでもモバイルバッテリーの電力消費状態とLEDセル1個に流れる電流からの推測です。セル1個に流れる電流は正確に測れましたよ。

今回行った改良は基板のLEDセルにハンダ付けしてある抵抗を必要な数だけ取り除いただけです。

抵抗を取り除けば、該当するLEDセルに電気は流れなくなるので、その分、消費される電力も少なくなったみたい。

電球自体の寿命とかの問題はまだわかりません。なんとなくLED10個の場合よりも発熱量も少なくなった気がします。

少し暗くなったなぁ~と感じる場合は円形の拡散キャップを外して使えばOK。 改良するにはキャップを外さないとどうにもなりませんが・・・(笑い)。 簡単に外れます。

興味のある方は、基板に切れ目を入れて実際に消費される電流などを測って見て下さい。

もちろん改良した時点で、返品は絶対にNGですよ。「これLEDが1個切れてるじゃないか!」などのクレームは絶対にNG。

改良は自己責任でお願いします。

そんなかんなで、100均で売られているグッズを生かすも殺すもあなた次第。

少しの工夫で使い方は無限です。 今目の前にある物(good)に少し手を加えるだけ。最高の節約だと思います。

「注意・・・最近売り場で見かける安価なモバイルバッテリーは一つ一つ充電時間も放電時間(利用できる時間)も違います。個体差がかなり大きい。同じ基板を使っていても寿命も違います。そこに拘っても先に進めません。
心配なら、少なくとも1000円以上はするモバイルバッテリーの購入をお勧めします。100円で買える商品(今回紹介の商品もそうですが、電池を使う小物」はある面おもちゃである認識を。楽しみの範囲内での改良が妥当ですよ。
ちなみにですがダイソーさんにも300円で買えるモバイルバッテリー売ってます。」

他のスーパーで同類の商品を買いましたが、個体差は凄まじいですよ。使えない事はないですが・・・ある程度知識が無いと危険かも。
コメント

光の拡散

2018年08月27日 22時18分41秒 | LEDランタンやらLED電球やら
まだまだ猛暑日が続きます。 夜の虫の音は秋なんですけどね。

さて長引く今年の夏、暑くてなーんもしたくない時は色々と妄想にふけるのが一番。

暑さしのぎに100均へGO。

気が付けば夜のソーラーランタンの数も増え(フットライトの替わりです)、いろんなパターンを考えました。

で今回も100均の商品を流用です。 そこで出来たのが次の写真。


向かって右が、プラスチック製のピッチャーとソーラーランタン。 向かって左がなんとマヨプッシュ+ソーラーランタン。

向かって左側は、容器(製品名マヨプッシュ)が半透明な為に、ちょうど良いころ合いにLEDの光を拡散してくれてかなり明るさ感が増しました。

実際に3個あれば6畳の部屋でもかなり明るく感じますよ。 これはいい

マヨプッシュの容器は本来の使い方では無いので、主婦では思いつかないだろう・・・たぶん。主夫ならではの発想かもしれない(自我自賛)。

もう少し半透明で大きな容器も探したが、見つからなかった・・・。

100均改良ソーラーランタンも初代のこれから始まり①クリックで拡大
こんなのも作り②クリックで拡大

ガラス製の瓶を使ったこれらなど・・・③
クリックで拡大

そして今回のランタンです。 LEDの光を旨く拡散させればまだまだ工夫の余地はありそうです。

ちなみに①のランタンはついに連続点灯6カ月目に突入です。 メンテナンスフリーで6カ月ですよ。
恐るべしダイソーランタンですよ。コスパ最高! もちろんこれ一つだけでは明り取りとしてはNGですけどね。
どこまで連続点灯か続くか個人的に記録を書いているだけですけどね。

楽しみ方も人それぞれですよ
コメント