趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

わが家の1月(2016年)の電気使用量実績

2016年01月31日 13時21分00秒 | 電気使用量実績
異様に暖かい正月3ヶ日に始まった2016年。 月の中ごろにはこれまた、異常な記録的な寒波が列島を襲いました。

わが家の今月の電気使用量実績はどうなったのか・・・

結果です。

今月は87kwhとなりました。

昨年同月が97kwhですから、数字上は10kwhの節約とはなります。

ですが、あの1月の記録的な寒波の影響は検針の関係で反映されていません。来月の結果がどうなるか?です。

一番の要因は、12月末~1月の1週目にかけての暖かさです。

人が過ごし易ければ、電化製品も過ごしやすい。特に冷蔵庫やエアコンなどはそうでしょうね。

熱交換器がそんなに仕事しなくても済みますから。

後はこの冬は灯油の恩恵にあずかりました。ほんとにたすかりましたよ。

毎度おなじみのエコ度チェックのサイトによりますと、全国平均の金額は14450円。目標金額は10490円だそうです。(共に3人家族の場合)

わが家は、約2500円でしたから、そのエコ度はかなりのものです。

でも、灯油は2回ほど買ってますから、灯油代を含むとざっと5000円くらいでしょうか。

それでも、目標値の半額で収まってますからw。

4月から電力の自由化が始まるそうですが、まったくもってわが家には何のメリットも無い話です。

ポイントサイトへの移行とか色々考えられているようですが、ほとんどが携帯端末との抱き合わせとかなんとか・・・正直嫌気が刺す内容ばかり。

他のインフラとの抱き合わせなど必要無いですから、エコな家庭にはそれに見合った値引きで対応。

これが一番ですよ。  

複雑にすればするほど見えにくくなるだけで、結局は何か起きた時に本当に困るのは消費者・・・。

あまり、甘い誘いには乗らない方が賢明な気がしますが・・・あくまでも、あくまでも小さな家庭の話です。

わが家のようなエコな家庭の料金が上がるなら・・・本当に世も末です。
コメント

LED光源と白内障の関係・文明光源は真実を照らすのか ⑤

2016年01月28日 10時48分01秒 | 目に関する話題
少し更新に間があいた今回のテーマですが、調べれば調べる程に疑問が沸き、さらにその疑問が素人のおっさんレベルをはるかに超えた専門的な話ばっかりなので・・・現在も、集めた資料を咀嚼中です・・・。

そうこうしている間に、おいらの手術予定日も近づいて来ます。お金ないしなぁ・・・。そんな話は置いといて、

昨日ぶったまげた記事を見つけたのでのっけます。とりあえず以下は記事からの引用です。


白内障に「点眼薬」、手術なしの治療に期待 研究

2015年07月23日 09:31 発信地:パリ/フランス

7月23日 AFP】人間の失明の最大原因となっている白内障を、手術をせずに点眼薬だけで治療できる可能性を示した動物実験の結果が22日、発表された。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文によると、「ラノステロール」と呼ばれる自然界に存在する分子を点眼薬として投与すると、イヌの白内障に縮小がみられたという。

 症状が徐々に進行する眼病の白内障の患者数は世界で数千万人に上り、治療法は現在のところ手術しかない。通常、白内障の手術は安全性が高く、決して難しいものではないが、その一方で、人口の高齢化に伴い、手術を必要とする患者の数は、今後20年間で倍増することが予想されている。

 今回の潜在的治療薬に至るまでの一連の研究は、遺伝性の白内障に悩まされている家族の子ども2人を対象に始められた。2人は、研究を率いる中国・中山大学(Sun Yat-sen University)の張康(Kang Zhang)氏の患者だった。

 張氏と研究チームは、この2人の患者に、ラノステロールの生成に大きく関与する遺伝子に共通の変異がみられることを発見した。これにより、白内障を形成するタンパク質が正常な目の中で凝集するのを妨げる効果がラノステロールにあると推測した。

 研究では、細胞を用いた最初の一連の実験で、ラノステロールがタンパク質の凝集を防ぐ助けになるとの直感に対する裏付けが得られた。

 次に行った実験では、白内障を自然に発症したイヌに、ラノステロール分子を含む点眼薬を投与した。

 研究チームの報告によると、6週間の治療後、白内障の大きさと特徴的な白濁度が減少したという。

「今回の研究は、ラノステロールを水晶体タンパク質凝集の防止に重要な役割を担う分子として特定するとともに、白内障の予防と治療に対する新たな戦略を指摘するものだ」と論文の執筆者らは結論付けている。

 白内障は、世界の失明症例の半数の原因となっている。(c)AFP

引用はここまで。

すでに点眼薬の治療の臨床実験が行われているようです。

色んな問題がありそうですが、臨床的に有用な点眼薬(2種類)もあるみたい・・・もちろんお医者さんでは処方されません。

実は、このテーマの最後に、現在の白内障研究の最前線という記事を書きたかったのですが・・・。

日本でも研究が行われているようですが、日本の場合は(あくまでも個人的な意見ですが)老化そのもののメカニズムまで踏み込んだ研究に移行しているみたいです。

白内障のメカニズムの解明≒老化のメカニズム解明 → いわゆるアンチエイジングの研究です。


近い将来、白内障の治療にかなり有効な点眼薬が開発されても、手術では水晶体がなくなってしまいますから試すことも出来ない・・・。

そんな未来の真実(まだ真実になってませんが)を知って・・・・。

複雑な心境ですが、今すぐその治療が受けられるわけでもなく・・・諦めるしかないか・・・で、今日の更新は終了。
コメント

この夏は異常な猛暑なのか?それとも

2016年01月26日 13時46分01秒 | 環境に関する話題
昨日一昨日と水道管の凍結した地域も多かったみたいです。ほんと大変ですよね・・・。も例外ではありません。

これも実際に経験したことなのですが、何年前の事でしょうね10年以上前の事ですが、今のアパートではない別のアパートに暮らしていた時の話です。その日も朝凍結して水道の水が出ませんでした。僕の部屋だけでは無くて、同じ縦方向のすべての部屋の水道が凍結したみたいで・・・。

凍結は時間とともに解決するのですが、ちょっとした不注意が大変な事態を招きます。

当時住んでいた部屋の上の階の方が・・・仕事に出掛ける前に、蛇口を全開(子供さんが)にしてそのまま出掛けたようで。

水が通れば、想像に容易い事態が起こります。

下の階の我が家は・・・水浸しです。布団も畳もすべてアウト。電話機やら色々アウトでした。大切な物もアウト。

たまたま僕が夜勤上がりで家にいて、気が付いたのが早かったので、僕の部屋だけで済みましたが、いなかったら下の階までアウトだった事でしょうね。つーか上の階の水が滝の用に下に流れ込むアパートもそうとうな物ですが・・・。

この事件以来、僕はかなりの隣人不審に追い込まれましたね・・・。今でもそうです。

兎にも角にも、凍結した朝は、水が通るようになってから思わぬ事故が起きないように、しっかりと蛇口は閉めましょう。

絞める方と反対に全開にしてしまうこともありますので注意が必要です。

前置きが長くなりましたが、今日のテーマです。先ほど情報番組で、気象予報士の森さんが、今年はエルニーニョの終束の仕方が2010年のパターンに良く似ていると申されていました。

2010年は4月に入ってから関東方面で雪が降ったりとか異常な事が続出した年です。その夏は強烈な猛暑だったようです。僕も記憶にまったくありませんが・・・。

ちなみに、その年チリ地震が起きて、東北地方の海岸で120センチの津波も観測されています。

全く同じとは行かないと思いますが、地震の事は置いといて、天候に関しては、やはり似たような傾向で推移する可能性が大きそうです。

3月4月も、均せば平年並みか暖冬傾向。2月に平年よりも5℃以上最高気温が上がるようであれば、その揺れ戻しが3月~4月に起きても不思議では無いと思います。





コメント

西日本では大変でした

2016年01月25日 18時53分30秒 | 環境に関する話題
ほんとに凄い寒波でした。西日本ではほんと大変だったと思います。やはり沖縄でも雪が降ったそうで、観測史上初とNHKの天気予報で言ってました。

さて、先日の記事にも書きましたが、今回の記録的な寒波は月末(今週末に向けて)にかけて日本から去って行きます。

ある意味問題なのは、九州や沖縄などの暖かい地方でしょう。かなりの温度変化になりますので・・・。土日には夏日の予想がされている地域もありますよ。おいらならダウンかも・・・。

東海地方では、問題はその先です。 一旦暖かく(小春日和を思わせる)なっても、節分当たりにまた次の冷え込みです。

今回ほどの寒波にはならないと思いますが、山間では警戒したほうがよろしいかと・・・。

節分過ぎに関しては、まだデータが提供されていないのでわかりません。

このまま春にまっしぐらか?、はたまた再度揺れ戻しが(寒波)が襲来するのか? 

何かの歯車が狂えば、今の自然界は容赦ないと思います。

今回、特に24日~25日の寒波は積雪に関しては、岐阜県は割りと助かりました。個人的には伊吹山に助けられた気がします。

少しの気流の変化で、大きく変わります。雪が降る地域、降らない地域。その境目は・・・きっと日本の地形の複雑さがもたらすところでしょう。

今回あまり雪が降らなかった地域にお住まいの方は、見渡せる山々にありがとうと声をかけても良いのかもしれませんね。

コメント

低温だからこその話題

2016年01月24日 18時56分11秒 | つぶやき
おおかたの予想通り冷え込みました。今夜どうなるかはわかりませんが、雪の影響は西日本が大きかったようです。

海の向こうのアメリカ東海岸でも非常事態宣言がでているそうです。

・米東部沿岸で記録的積雪=交通事故などで19人死亡―NYは過去3番目の量

・奄美大島では115年ぶりに降雪を観測 など

細かい事はまた明日の情報番組で放送されるでしょうね。

このブログでは、身近な話題を書きます。

今回の寒さ、一昨日の記事で日蔭の部屋では熱を奪われると書きました。日も傾き、ようやく西側の部屋が暖まり始める頃、午前中に陽が当っていたキッチンは熱を奪われ放射冷却状態に。

しかも、暖房していなかったので、冷える冷える。 おやつに何か食べようと思い冷蔵庫を開けたら・・・。

なんと冷蔵庫から温風が・・・。実際には、温風ではないのですが、冷蔵庫の庫内よりも外気の方が低いために、冷蔵庫から流れ出る冷気が、暖かく感じられるのです。

ふと、温度計を見たら、室温5度です。 うーんこのまま冷蔵庫を開けといた方が冷えるか?と思ってしまった。

そういえば最近やけに冷蔵庫がうるさい。夜中とか結構運転音が大きい・・・。

もしかして、冷やすんじゃなくて設定温度にするために暖房してる?

設定温度が7度だと、外気温より庫内を2度高くしないといけないから温める結果に?? 霜取りヒーターとかが動くんだろうか?

取り説には特に書いてないし・・・。

兎にも角にも、冷蔵庫からの冷気が温風に感じられた珍事でした。

さて、今夜はどうなるのでしょうね?? もー雪は勘弁w

コメント