映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ソラニン

2010年05月30日 | 邦画(10年)
 「映画ジャッジ」の評論家の評価が比較的高いこともあって、『ソラニン』を渋谷のシネクイントで見てきました。

(1)この映画で目につく中年過ぎの大人といったら、主人公・芽衣子(宮崎あおい)の母親(美保純)と、その恋人の種田(高良健吾)の父親(財津和夫)で、それぞれ1回ほど簡単に登場するだけにすぎません。ほとんどの場面は、宮崎あおい以下の若者しか登場しませんから、まさに現代の青春映画と言っていいでしょう。
〔彼らの親は、子供の生き方を容認(あるいは黙認)していると言えます。一昔前なら、あてもなく暮らしている子供たちを見たら、普通の親は自分のもとに強制的に連れ帰ることでしょう〕

 加えて、映画では、若者たちを巡る設定が、かなり今的なものになっています(注)。
 まず、種田と同棲している芽衣子は、卒業後一般の会社に就職しますが、つまらない仕事や人間関係に嫌気がさしています。
 また、大学の軽音楽サークルで知り合った男たち3人が、卒業してもバンド活動を続けています。それも、種田(ボーカル、リードギター)がフリーターとしてイラスト関係の会社で働いており、もう一人(ドラマー)は家業の薬局を継ぎ、3人目(ベーシスト)は留年して大学に残っているというように、別々に取り出せば現在どこにもありそうな設定となっています。
 要すれば、いわゆる“真の自分”を発揮できる居場所には、誰もいないのです。
 この4人が、それぞれの居場所で自分にピッタリこない感じを出すエピソードは、なかなか工夫されていると思いました。
 たとえば、芽衣子は、上司に、一方で作業の仕振りについて酷く怒られるも、他方で食事に誘われたりします。また、種田は、イラストの仕事の最中、物差しをイヤホーンから流れてくる曲に合わせて、狂ったように敲き続けてしまいます。
 これではいけないと、“真の自分”を取り戻すべく、芽衣子は会社を2年で辞め、種田もフリーターをやめて作曲に専念しようとします。他の2人もバンド活動に一層身を入れようとしたところ、途端に種田がアッサリと交通事故死するのです。
 芽衣子は、それまでギターに触ったことがないにもかかわらず、種田の後釜になって、彼の残した「ソラニン」という曲を演奏すべく、練習に明け暮れます。
 ラストのライブのシーンは、「ソラニン」という曲が悪くないせいもあって、大層感動的でした。

 という具合に、ある意味でよくある話なのでしょうが、この映画では、テンポを抑えてじっくりと描き出され、最後のライブ・シーンもそれでメジャー・デビューにつながって云々というわけでもなく、全体として地に足のついた作品となっているのではと思いました。


(注)評論家の粉川哲夫氏は、「この映画は、80年代の話でも、90 年代の話でもない。少なくとも、登場する「小道具」や「大道具」を見るかぎり、時代は「現代」である」。ところが、「フリーター」や「バンド」が、最も輝いていたのは1980年代であ」って、「2010年のいま、「フリーター」や「バンド」はほとんど死語になってしまった」と述べていますが。


(2)こう見てくると、この作品の背景となっている社会状況は、5月22日の記事の(3)で取り上げた『希望格差社会』(山田昌弘著)が描き出しているものにヨク通じているように思えてきます。
 すなわち、その著書によれば、「現在の日本社会は、「努力が報われない機会」が増大する社会」(P.231)のであり、「希望がなくなる、つまり、努力が報われる見通しを人々が持てなくな」る社会なのであって、そこでは「新しい経済システムに適応できる能力のある人と、落ちこぼれてフリーター化する人の格差が広がっている」(P.258)のです。
 そして、「努力しても報われないという現実の自分の状況を忘れさせてくれるものが、理想の仕事、理想の相手という「夢」なのである」が、「ここに、自己実現の罠が生じ」、「妥協して自分の現在の能力にあった仕事に就くことは、「夢を捨てる」ことにな」ると思われて(P.251~P.252)、フリーターをやめるわけにはいかないと思いがちになってしまいます。

 映画でも、種田が、一緒にボートに乗っているとき、芽衣子に「俺たち別れよう」と言って田舎に帰るつもりのことを告げると、芽衣子は「そんなの種田らしくないよ」と、自己実現の夢を降りたがっている種田にプレッシャーをかけたりします。
 他方で、種田も、就職する芽衣子に向って、「いくら就職しづらい時代だからといって、芽衣子さんはお茶汲んだりするために生まれてきたわけじゃないじゃんか」などと言ったりもします。
 頭では、「未来には全然希望の光は見えてこなくて、退屈な毎日が続くんだ」とわかっていながらも、他方で、「自分はすごいことができるんじゃないか」とも思っていて、それになんとしてでもしがみついていたい、というわけなのでしょう。
 芽衣子たちは、「ソラニン」を歌ったあとは一体どうやって生きていくのでしょうか?

(3)映画評論家は総じて好意的な論評をしています。
 小梶勝男氏は、「誰もが物語の主人公になれるわけではない。多くの凡人たちは、他人に夢を託すしかないのだ。むしろ、本作の登場人物たちは生活を大事にするという点では、健全といえる。終戦後の破れかぶれの若者たちでも、政治の季節の若者たちでも、バブルに狂った若者たちでもない、不況の世の中で等身大に生きる若者たちが、ここにいる」として75点を、
 福本次郎氏は、「夢だけを追うには歳を取り過ぎ、夢をあきらめるには若すぎる。大人になる前にやり残したことに未練を覚えている若者と、彼を応援ている恋人。目標に向かって努力しているつもりでも、居心地のいい“今”に押し流され、何者にもなれずにもがいている主人公の感情が非常に切なくてリアルだ」として70点を、
 渡まち子氏は、「クライマックスの、芽衣子とバンドの仲間たちによるライブは圧巻だが、彼らの目標はプロデビューやコンテストでの優勝などではないところがいい。あくまでも大切な人間を失った悲しみを乗り越えるために歌うという点が素晴らしく、ピュアなその思いが感動を呼ぶ」として65点を、
それぞれつけています。


★★★☆☆


象のロケット:ソラニン

コメント   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« 君と歩こう | トップ | 「会田誠」展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事

42 トラックバック

「ソラニン」 (prisoner's BLOG)
若い人が働くのにおよそ喜びがなく、将来に希望の持てない感じとかはまあわかるけれど、それに反発するでもなく押しつぶされるでもなく、妙に明るくさばいているのは今風。 交通事故起こしたのに、道路で酔っ払って横になったみたいに大の字はないでしょ。 肝腎の「ソラ...
ソラニン (Art-Mill)
ボクは40年以上もモラトリアム人間をやっている。ある意味、確信犯的にのらりくらり。でも最近ようやくその地点から脱出しようと思う。残された時間がなくなりつつあることに気がついたから。生きる事が愛おしいから。何時その一歩踏み出すかは人それぞれだけど、非常に...
ソラニン (あーうぃ だにぇっと)
3月8日(火)@九段会館。 ひさしぶりに試写会に行ったら雪。(笑) 自転車で走ると目の中にでっかい雪の粒が命中。 走りにくくてしょうがない。 こんなことは大変めずらしい。
ソラニン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。浅野いにお原作、三木孝浩監督、宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、永山絢斗、ARATA、岩田さゆり、美保純、財津和夫。やっぱり宮崎あおいは可愛いうまい。童顔の小さな大女優の道を着実に歩んでいる気がする。タイトルはジャガイモの芽にあ...
ソラニン (眠る胡椒、走る茄子。)
監督:三木孝浩 原作:浅野いにお 出演:宮崎あおい 高良健吾 桐谷健太 近藤洋一 伊藤歩原作マンガそのままに再現したせいなのか(原作読んでないから想像だけど)、映画・映像としてはどうよ的なところがちょこちょこ。台詞とか。もうちょっとどうにかならなかった...
大人への定義。『ソラニン』 (水曜日のシネマ日記)
大学時代からの延長線上の生活と夢、現実社会のギャップに揺れる若者達の物語です。
ソラニン (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は宮崎あおい主演の青春ドラマ「ソラニン」を観ましたよ!  秋田から上京してきたOLの芽衣子(宮崎あおい)とプロのミュージシャンを志しながらもなんとなくバイトをしている種田。二人は6年間同棲をしています。  漠然とした生活に不安を募...
『ソラニン』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ソラニン」□監督 三木孝浩 □脚本 高橋 泉□原作 浅野いにお □キャスト 宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤 歩、永山絢斗■鑑賞日 4月11日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆...
ソラニン (花ごよみ)
浅野いにお作の同名コミックの映画化。 主演は宮崎あおい。 主人公は芽衣子(宮崎あおい)。 OL生活2年目にして心がふさがる日常。 恋人の種田(高良健吾)も、 自分というものを、 見いだせずに鬱々とした日々。   これからの自分たちの、 将来を模索するが…...
「ソラニン」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
公式サイト青春群像劇映画な雰囲気でした。常に、何かに葛藤して、もどかしく、しかし、抗う事を失いかけている、そんな日常を過ごしている、登場人物たち。愛する人を失った時、絶...
「ソラニン」 夢を追うこと、止めること (はらやんの映画徒然草)
自分の夢を追い続けられるか。 追い続けて後戻りできなくなったらどうしよう、と怖く
ソラニン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
大学を卒業して2年目というと、青春の真っ盛りで自由奔放なエネルギーを何にぶつけたらいいかわからない年齢だ。そんな主人公たちが音楽への夢を追い続けて、輝く瞬間を見事に映像にしている。
「ソラニン」愛した人が生きた証を伝えるために歌った2人のデスティニーソング (オールマイティにコメンテート)
4月3日公開の映画「ソラニン」を鑑賞した。 この映画は浅野いにお原作の「ソラニン」を映画化した作品で、 大学時代にバンド活動したボーカルの恋人と 同棲するOLの女性との恋愛が描かれ、 不安の中で夢を諦めず進むが、 ボーカルの恋人の突然の死で大切な人を失っ...
「ソラニン」 (元・副会長のCinema Days)
 面白くない。何がイヤかと言って、この映画の登場人物たちほど見ていてイライラする連中はそういないだろう。主人公は大学を卒業して2年、学生の頃に組んでいたバンドの活動は継続しているものの、プロを目指す実力も度胸もなく、さりとて自分の本業をしっかりと持っ...
ソラニン (メルブロ)
ソラニン 311本目 2010-15 上映時間 2時間6分 監督 三木孝浩 出演 宮崎あおい(井上芽衣子)      高良健吾(種田成男)      桐谷健太(ビリー)      近藤洋一(加藤賢一)      伊藤歩(小谷アイ)      ARATA(冴木隆太郎)      岩田...
ソラニン (だらだら無気力ブログ)
浅野いにおの同名原作を『少年メリケンサック』の宮崎あおい主演で映画化 した青春ラブストーリー。 夢を諦めきれないフリーターの男と、彼を支えるOLのカップルを中心に 不透明な未来に不安を抱きつつ精一杯生きる若者達の日々を描く。OL2年目の芽衣子は、大学時...
試写会「ソラニン」 (流れ流れて八丈島)
仕事帰りに、なかのZEROホールで試写会「ソラニン」を観てきましたまたしても、日刊スポーツとリリカラさんの提供です中野で7時開映、急がなくても余裕で間に合う、嬉しいパタ...
映画『ソラニン』 (健康への長い道)
久し振りに西宮北口駅経由で三宮へ。花見に向かうと思しき方々で夙川駅まではかなりの混雑でした。 神戸国際松竹にて、昨日から公開の『ソラニン』を鑑賞。 Story OL2年目の芽衣子(宮崎あおい)は、フリーターでバンドマンの恋人、種田(高良健吾)と付き合って6年...
「ソラニン」 (みんなシネマいいのに!)
 青春のはしかの一つにバンドというのがあって、これをこじらせると大学を落第したり
10-103「ソラニン」(日本) (CINECHANの映画感想)
あの頃は空が広かった  都内の会社に勤めるOL2年目の芽衣子とフリーターでバンドマンの種田。大学時代に軽音サークルで知り合い、付き合って6年になる2人は、多摩川沿いの小さなアパートで一緒に暮らしていた。  そんなある日、芽衣子は種田に背中を押してもらう...
映画「ソラニン」 (FREE TIME)
映画「ソラニン」を鑑賞。
ソラニン (LOVE Cinemas 調布)
浅野いにおの同名人気漫画を映像化。自分の大切な何かが見つからない若者たちが懸命に生きる様子を瑞々しく描き出した青春ラブストーリーだ。主演は『少年メリケンサック』の宮崎あおい。共演に『フィッシュストーリー』の高良健吾。他にも桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩と...
ソラニン (映画尻エリカ)
『ソラニン』 (2010・日本) 2h06 監督 : 三木孝浩 出演 : 宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩 世に言う青春をこじらせちゃった若者たちの物語。 そんな若者が社会とどう折り合いを付けていくべきなのか。 「あせらないで、...
ソラニン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
都会の片隅で寄り添うように生きるカップルの存在証明を、素晴らしい歌が具現化するリリカルな青春物語だ。アジカンの曲と宮崎あおいの熱唱が忘れがたい。OL2年目の芽衣子は自由を求めて会社を辞める。一方、同棲中の芽衣子の恋人で、フリーターの種田は音楽の夢をあき...
ソラニン (映画情報良いとこ撮り!)
ソラニン わずか2年で会社を辞めた芽衣子と音楽への夢を追い求めているフリーターの種田。 将来に不安を感じつつ、二人は寄り添いながら暮らしていた。 そんな中、ソラニンという曲が出来上がった。 レコード会社に持ち込むも。。。 キャスト 宮崎あおい 高...
ソラニン 「それでほんとにいいのか?」との葛藤のあのころ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=15 -5-】 10春闘は全国的に第2のヤマ場を迎えている頃、中小企業の労組であるうちもいよいよ今日が回答日を迎えるということで、昨日の試写会は妻には「きっと間に合わない」と言っていたんだけど、映画にギリギリ間に合う時間の頃に全ての業務が完遂、もう...
【ソラニン】 (日々のつぶやき)
監督:三木孝治 出演:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、ARATA、永山絢斗、財津和夫   それは、二人の想いをつなぐ歌―。   「芽衣子と種田は学生時代からの恋人同士で現在同棲中。つまらない仕事でつまらない毎日のOL芽衣子はある日愚痴っ...
ソラニン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月3日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『ソラニン』公式サイト 好きなジャンルのロック映画である。宮崎あおいが歌を披露するという。 少なからず期待していたのだが・・・ 働く...
『ソラニン』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
答えのない映画『ソラニン』は、答えのないことが答えだと、画面の向こう側で、ボソッとつぶやいている、素敵な映画なんだよなあ。
【映画】ソラニン (新!やさぐれ日記)
▼動機 原作が好きだから ▼感想 冷静に考えれば実写でこれ以上のものはできないかも ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信...
「ソラニン」夢を追いかけて (再出発日記)
人生に納得しているか普通の何のことのない若者の夢(音楽をすること)を追いかける話である。監督:三木孝浩原作:浅野いにお出演:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊...
「ソラニン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                   「ソラニン」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・三木孝浩 原作・浅野いにお 浅野いにおの人気原作コミックを映画化。本作が長編映画初監督となる三木孝浩がメガホンをとる。 ちょいあらす...
映画 ソラニン (単館系)
ストーリー:OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信...
ソラニン (Memoirs_of_dai)
宮崎あおいの可愛さこそが“ソラニン” 【Story】 OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの...
ソラニン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ソラニン’10:日本◆監督:三木孝浩◆出演:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩 、ARATA、永山絢斗、岩田さゆり、美保純、財津和夫 ◆STORY◆OL2年目の芽衣子は、バンドマンの種田と同棲しながら、互いに寄り添って東京の片隅で暮らしてい...
ソラニン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ソラニン’10:日本◆監督:三木孝浩◆出演:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩 、ARATA、永山絢斗、岩田さゆり、美保純、財津和夫 ◆STORY◆OL2年目の芽衣子は、バンドマンの種田と同棲しながら、互いに寄り添って東京の片隅で暮らしてい...
ソラニン (とりあえず、コメントです)
浅野いにお著の同名コミックを宮崎あおいさん主演で映画化した青春ドラマです。 原作は未読のままチャレンジしてみました。 人生と夢の狭間で迷う若者たちの想いが熱唱と共に映像から伝わってくるような作品でした。
ソラニン (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
出会ったころの あたし達は、 心細くて不安もあったけど いつもどこかで ワクワクしてた。 それは、二人の想いをつなぐ歌──。切なく胸に鳴り響く、青春恋愛映画の誕生!
映画「ソラニン」の試写会に行って来ました♪ (モコモコ雲を探しに♪)
===== 映画「ソラニン」の試写会に行って来ました♪ ===== {{{ 【題名】  「ソラニン」    【出演者】宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩 【監督】三木孝浩   【原作】浅野いにお   【脚本】高橋泉   【音楽】ent 【あらすじ】OL2...
ソラニン (シネマDVD・映画情報館)
リアルな若者の心情と、青春の光と影をヴィヴィッドに描き出し、熱狂的な支持を受ける漫画家・浅野いにおの傑作コミック「ソラニン」を映画化。主人公・芽衣子をTV、映画と活躍する女優・宮崎あおいが演じ、ギターを弾き、物語の鍵となる楽曲「ソラニン」を歌い上げている...
ソラニ天使 (Akira's VOICE)
「ソラニン」 「天使の恋」 
ソラニン(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
やや間隔空きましたが、年頭にDVDで見た作品。”宮崎あおいの歌”も注目の、青春音楽ものでしたが、やはりそのラスト近くのライブシーンがハイライトとして印象的。 そのライブ最後の曲「ソラニン」は、作詞がこの原作コミック作者浅野いにおで、作曲はテーマ曲担当だ...