映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

パーマネント野ばら

2010年06月20日 | 邦画(10年)
 同じ原作者の映画『女の子ものがたり』が大変良かったこともあり、また菅野美穂の8年ぶりの主演映画ということもあって、『パーマネント野ばら』をヒューマントラストシネマ・有楽町で見てきました。

(1)余り先入観を持たないように映画を見ようとしたために、映画が始まるまでは、“パーマネント”の意味するところがよく分からないでいたところ、開始早々、これは「パーマ 野ばら」あるいは「美容室 野ばら」なのだとわかった次第です!

 それはさておき、主人公のなおこ(菅野美穂)は、離婚して一人娘を連れて高知の田舎町に舞い戻り、母親(夏木マリ)の経営する美容室の手伝いをしています。
 そこに来るお客さんの様子を見ただけで、『川の底からこんにちは』の女性従業員のことが連想され、あるいはひょっとしたらその映画と同じ雰囲気なのかもしれないと思い始めます。
 なにしろ、彼女たちは、昼間からこの美容室にたむろしてして、町の男たちを肴にあることないこと大声でだべっているのですから!
 それに、母親の今の旦那(宇崎竜童)は、別の女性のところに入り浸りで、なおこが戻ってくるよう頼みに行っても、「男の人生は真夜中のスナックや」という屁理屈を言って戻ろうとはしません。
 また、なおこの友達のみっちゃん(小池栄子)は、フィリピンパブを経営していますが、その夫が酷いダメ男で、店の従業員と浮気するは、どんどん金を使うはで、いつも大わらわです。
 また、そのお父さんは、薪として売るべく、チェーンソーで電柱を切断して(昔は実益から、今はわけも分からずに)、町中停電してしまいます。
 さらに、これもなおこの友達のともちゃん(池脇千鶴)も、いろいろなダメ男から暴力を受けてきたので、これまでとは違った殴らない男を選んだと思ったら、ギャンブル狂で、負けが込んだ途端に行方不明となってしまいます。
〔『女の子ものがたり』に登場する親友3人娘が思い出されるところです!〕

 ですが、『川の底からこんにちは』と似ているのもそんなところで、なおこが現在付き合っている高校教師のカシマ(江口洋介)が登場してくると、様相は一変してしまいます。
 このカシマは、まるで授業を受け持っていないかのように、いつでもなおこのもとに現れるのです。そして、優しくなおこの話を聞いてくれます。
 ただ、近くの温泉場の旅館になおこと行っても、夜中に知らないうちにいなくなってしまったりします。なおこが、余りの寂しさにカシマに電話をするのですが、なにか普通の電話の雰囲気とは違います。
 と思っていると、なおこの高校時代の回想シーンで、カシマの遺影が飾られた葬式の光景が描き出され、どうやらカシマは海で遭難したようなのです。
とすると、現在のなおこの恋人のカシマとは?……。
 ですが、こんななおこのことを、町中の人はやさしく受け入れているようです。ナンノカンノ言いながら、町の女は誰も、「そばに好きな男がいたら、人生毎日正月」の精神で男を許してしまうのです。

 過去の男に執着していながらも、現実には小さな娘を育てている女性という極めて難しい役柄を、さすがに菅野美穂はうまく演じていますし、小池栄子も、最近のどの映画にもまして力いっぱい「みっちゃん」の役を演じています。また、殴られたり騙されたりしながらも男に感謝してしまうという女性を演じる池脇千鶴も素晴らしいものがあります。

 漫画の持っている素晴らしく詩的なところが、映画の性質上仕方がないのでしょうが、幾分説明的になってしまっているきらいがあるとはいえ、こうした配役陣に支えられて、感動的な作品に仕上がっているものと思いました。

(2)この映画の原作は、映画『女の子ものがたり』の原作漫画を描いた西原理恵子が描いた漫画です(新潮文庫)。
 ただ、前回の場合、原作にはない漫画家(深津絵里)が登場したりしますが、今回作品は、原作漫画からそんなに大きく逸脱していません。
 とはいえ、みっちゃんは、原作では、「私のことなんか誰もみてくれてないし、ほめてもくれへん」と自分で言ってしまうほどブスなのですが、それを映画では小池栄子が扮しているのですから、大違いといえば大違いでしょう。
 ともちゃんの旦那についても、原作では単に「山の中の一軒家でのたれ死んだ」とされていて(どうやら“薬”をやっていたようです)、映画のように、賭け麻雀狂で、借金に追われて山に逃げ込んで云々とは描かれてはいません。
 一番大きな違いは、映画に登場する高校教師のカシマについてです。漫画では、要所要所に登場しますが、いつも夜の場面で、さらには「私の好きな人」とだけあって、どこまでも漠然としか描かれてはいません。名前も職業も明示されませんし、それも「おっちゃん彼氏」とみっちゃんから言われるように初老の男性なのです。
 そして、漫画のラストでは、海岸で「好きな人」と会っている最中に現れたみっちゃんに、「わたしくるってる?」と言うところからすると、なおこのつきあっている初老の男性は、なおこの妄想の中にしかいないのでしょう。
 これに対して、みっちゃんは、「そんあやったら、この街の女はみんな狂うとる」と答え、さらにはなおこの母親も、「女は年いくとどれもこれも立派な妖怪やわっ」などと言っているところから、街中でそういうなおこを優しく受け入れていることがよくわかります。




 こうして、漫画は漫画で、映画とは別の一つの美しい詩的世界を作り上げているものと思います。

(3)映画評論家はまずまずの評点を与えています。
 渡まち子氏は、「自分につくささやかな嘘は、皆が共有するオープンな秘密。そんな設定が納得できる小さなコミュニティの揺るぎない優しさが心にしみるのである。菅野美穂の独特の浮遊感がいいが、原作者の出身地である高知県でロケしたという、港町の風情も魅力的だった」として65点を、
 福本次郎氏は、「出てくる男たちは甲斐性なしの人間ばかり。こんなクズどもは放っておいたほうがよいと思えるのに、それでも彼女たちは見捨てない。愛されるよりも愛することを選び、情けない男のために尽くすことが習い性になった女たちの 「いつも恋していたい」という言い訳がいとおしい」などとして50点を、
それぞれつけています。



★★★★☆


象のロケット:パーマネント野ばら

コメント   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
« トロッコ | トップ | マイ・ブラザー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事

38 トラックバック

パーマネント野ばら (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。西原理恵子原作、吉田大八監督、菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎流童、夏木マリ、江口洋介、畠山紬。リアルな映像なのにじわじわとシュールな映像が染み込んできて、しかもリアルな映像と区分けなく伝染してくるので平板なさびれた海岸沿いの高知県の町が...
映画「パーマネント野ばら」を観ました!!(2010-5) (馬球1964)
映画「パーマネント野ばら」を観ました!!
[映画『パーマネント野ばら』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆連続して映像化されている西原理恵子原作の作品。  『いけちゃんとぼく』と同じく四国の漁港が舞台。  離婚して、一人娘のももを伴なって実家に戻ってきたなおこは、母親の経営する美容室「野ばら」を手伝いつつ、あけすけな会話のおばさん模様の中で生きていた。 ...
『パーマネント野ばら』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「パーマネント野ばら」□監督 吉田大八 □脚本 奥寺佐渡子□原作 西原理恵子□キャスト 菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠 山 紬■鑑賞日 4月23日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■c...
パーマネント野ばら☆独り言 (黒猫のうたた寝)
小さな港町の美容院には毎日いろいろな女性が集まってくる。おばちゃんたちはきつめのパンチパーマをかけながら、色恋話に花が咲く。まぁちょっと脚色はされちゃうのはご愛敬(笑)店主はパンチパーマが小粋なまさ子さん。そんな美容院野ばらに出戻ってきた、なお子。離婚...
映画 「パーマネント野ばら」 (ようこそMr.G)
映画 「パーマネント野ばら」
パーマネント野ばら/菅野美穂、小池栄子 (カノンな日々)
西原理恵子さんの原作を『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督が映画化した作品です。「パーマ」は普通に耳にもしますけど「パーマネント」って久々に聞く単語ですよね(笑)。久々といえばTVドラマで活躍する菅野美穂さんも久々の主演映画ということで宣伝活動...
パーマネント野ばら・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
高知県の鄙びた漁村にある「パーマネント野ばら」を舞台に、日本一男運の悪い女たちの、喪失と再生を描く叙情的物語。 原作は最近著作が続々...
叙情的に頼らない叙情「パーマネント野ばら」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています西原理恵子、同名漫画『パーマネント野ばら』を映画化。監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『クヒオ大佐』の吉田大八。脚本は奥寺佐渡子(「時をかける少女」「サマーウォーズ」)。主
「パーマネント野ばら」みた。 (たいむのひとりごと)
西原理恵子原作と言うよりは、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など細田守アニメで脚本を担当した奥寺佐渡子さんの脚本だというところに期待して鑑賞。(というか、西原理恵子原作だと知らずに鑑賞していた)
*『パーマネント野ばら』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、吉田大八監督、西原理恵子原作、奥寺佐渡子脚本、菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介出演。
パーマネント野ばら (あーうぃ だにぇっと)
昨夜は、妻、次女、三女と九段会館で「パーマネント野ばら」を観た。 評判良いようなので、とっても楽しみにしていた作品。 さてさて、その結果は?
【映画評】<!-- ぱーまねんとのばら -->パーマネント野ばら (未完の映画評)
高知の片田舎の小さな港町でただ一軒の美容室“パーマネント野ばら”に集う女たちの悲喜こもごもの恋模様を描いた、菅野美穂、8年ぶりの主演作。
「パーマネント野ばら」 (みんなシネマいいのに!)
 「いけちゃんとぼく」や「女の子ものがたり」など最近やたらと映画化されている西原
パーマネント野ばら (だらだら無気力ブログ)
『いけちゃんとぼく』『女の子ものがたり』と著作が次々と映画化されている 人気漫画家の西原理恵子の同名作品を『クヒオ大佐』の吉田大八監督が、 『Dolls ドールズ』以来8年ぶりの主演となる菅野美穂を迎えて映画化。 共演には、江口洋介、夏木マリ、宇崎竜童、池脇...
パーマネント野ばら (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  管野美穂が映画で主演を張ったのは、『Dollsドールズ』以来約8年ぶりである。今年33歳になるというが、まだまだ若くて清楚な美しさも健在だね。 男運の悪い女ばかりが住んでいる、とある海辺の田舎町。子連れ出戻り女の「なおこ」を演じる管野美穂は...
「パーマネント野ばら」恋をし続けた先にみた忘れられない恋の残像 (オールマイティにコメンテート)
5月22日公開の映画「パーマネント野ばら」を観賞した。 この映画は高知の田舎町で美容室を営んでいる母親の元に 離婚して戻った娘が男運の悪い者3人同士で繰り広げる 30代の恋のストーリーである。 女同士だから言える事、そして30代になっても恋を忘れられな...
*パーマネント野ばら* (Cartouche)
[[attached(0,class=popup_img_500_333 width=400 height=266)]]      ***STORY***                     2010年  日本             なおこは夫と離婚し、娘の一人娘のももを連れて実家に戻った。実家では母・まさ...
パーマネント野ばら (to Heart)
「ずっと好き」はどこにもないから 私は毎日、小さな嘘をつく──。 製作年度 2010年 上映時間 100分 原作 西原理恵子 脚本 奥寺佐渡子 監督 吉田大八 出演 菅野美穂/小池...
『パーマネント野ばら』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注。 と言っても原作ものです。 ただ、何も知らない方が楽しめると思います。 もうしわけありませんが、 公開されてからお読みいただくことをおススメします。 ----昨日、ちょっと話に出したら、 今日はほんとうに喋っちゃうんだ。 『パーマネント野ばら』。 ...
「パーマネント野ばら」:木場三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここから先は、高速道路だ。 {/hiyo_en2/}世の中、高速をスイスイ走るような人生もあれば、凸凹道をノラクラ歩くような人生もあるのよねえ。 {/kaeru_en4/}なに、気取ったこと言ってるんだ? {/hiyo_en2/}いや、凸凹道をノラクラ歩くような女たちが出てくる...
「パーマネント野ばら」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本:ショウゲート配給監督:吉田 大八原作:西原 理恵子脚本:奥寺 佐渡子 西原理恵子の人気コミックを、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」、「クヒオ大佐」の吉田大八監督が映画化。主演は北野
パーマネント野ばら (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
大人の女性たちの恋模様は、可笑しくて、たくましくて、そして悲しい。夫と離婚し幼い娘を連れて出戻ったなおこは、実家で母のまさ子が営む、町でたったひとつの美容室「パーマネント野ばら」を手伝っていた。そこは近所のおばちゃんたちが毎日集まっては男との思い出や恋...
試写会「パーマネント野ばら」 (流れ流れて八丈島)
九段会館で「パーマネント野ばら」の試写会を観てきました監督は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」とかの吉田大八【20%OFF!】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(DVD)原作は「女の子も...
女たちよ~『パーマネント野ばら』 (真紅のthinkingdays)
 寂れた漁師町で唯一の美容院、「パーマネント野ばら」。母が切り盛りするその 店に、幼い娘を連れて出戻ってきたなおこ(菅野美穂)は、...
パーマネント野ばら (菫色映画)
2010年 日本 監督:吉田大八 原作:西原理恵子 出演:菅野美穂  小池栄子    池脇千鶴  宇崎竜童    夏木マリ  江口洋介  好きやずっとはどこにもないから    私はまいにちうそをつく ネタバレ有りです。 なおこは離婚して一人娘のもも...
パーマネント野ばら (そーれりぽーと)
西原理恵子原作+吉田大八監督+菅野美穂主演て! 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を超えるパンチを予感して『パーマネント野ばら』を観てきました。 ★★★★ パンチパーマの下品なおばはん共の巣窟となっている美容院「野ばら」さんがあるのは、とある漁師町。 こ...
パーマネント野ばら 完成披露試写会 (メルブロ)
パーマネント野ばら 309本目 2010-13 上映時間 1時間40分 監督 吉田大八 出演 菅野美穂(なおこ)     小池栄子(みっちゃん)     池脇千鶴(ともちゃん)     宇崎竜童(カズオ)     夏木マリ(母まさ子)     江口洋介(カシマ) 会場 有楽町朝...
『パーマネント野ばら』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:吉田大八原作:西原理恵子脚本:奥寺佐渡子主題歌:さかいゆう出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠山紬鑑賞劇場 : ヒューマントラスト...
■映画『パーマネント野ばら』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
西原理恵子の名作コミックを、菅野美穂主演で映画化した『パーマネント野ばら』。 高知県の港町に生きる女性たちの、おかしくも悲しく、でも力強い生命力に驚かされる一作です。 何と言っても、出て来るおばちゃんたちが強い強い! きっついパンチパーマをあてて(...
パーマネント野ばら (愛猫レオンとシネマな毎日)
「腑抜けども 悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督の最新作です。 離婚して、一人娘を連れて海辺の小さな町に出戻ってきた主人公、なおこ。 威勢のいい母は、町に一つあるパーマ屋さんを切り盛りしている。 そこは、町の女たちの愚痴を吐き出す社交場。 泣いて、笑って...
パーマメント野ばら (単館系)
ずーと好きはどこにもないから私は毎日小さな嘘をつく 娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と、その母まさこ(夏木マリ)が営む町に一つ...
パーマネント野ばら (とりあえず、コメントです)
西原理恵子著の同名コミックを映画化した切ない恋の物語です。 主演が菅野美穂さんと聞いて気になっていました。 予想通り、心に沁みるような恋を描いた女性たちのラブストーリーでした。
パーマネント野ばら (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
「ずっと好き」はどこにもないから 私は毎日、小さな嘘をつく──。 <彼女の涙に秘められた、あまりにも切ない真実… 美しい空と海に囲まれた田舎町で起こった、すべての人の記憶に残る、ある恋の物語──。
パーマネント野ばら (シネマDVD・映画情報館)
大人の女性の恋心を赤裸々に描き、西原理恵子の新境地として話題となった同名作を映画化。主演は、数々の大ヒットドラマに主演、確固たる演技力で個性的なキャラクターを体現しながらも、独特の透明感で唯一無二の存在感を放つ女優・菅野美穂。2002年公開の北野武監督『DO...
パーマの女の子 (Akira's VOICE)
「女の子ものがたり」 「パーマネント野ばら」 
パーマネント野ばら (いやいやえん)
主演に菅野美穂さん。 自分が歩く道になんとか折り合いを付けながら生きている、そんな厳しさと優しさをもつ人生、愛したい、愛されたい、色々な欲求をもつ人生、テーマは人生なんですね。私にはまだちょっと早かった。彼女たちの人生はそれぞれアンハッピーであるが、...
観ました、「パーマネント野ばら」 (オヨヨ千感ヤマト)
吉田大八監督作品なので、なんか人間の滑稽さとか皮肉たっぷりのユーモアとか、「毒な